【国際】 「トランプよりプーチンを信頼」する国、6割に

トランプよりプーチンを信頼」する国、6割に
300816_2017081822014769b.jpg

過半数以上が、プーチンを支持・・・当然の結果です。
しかし、この質問は正確ではないですね? プーチンかトランプかではなく、
『アメリカ と ロシア・・・どっちの政府が信頼できるか』
という質問なら、米国の信頼度はさらに低かったでしょう^^ 
属国の日本は別として。

続きを読む・・・ ↓ ↓






「トランプよりプーチンを信頼」する国、6割に

8/18(金) 8:00配信    Forbes Japan

当人にとっては残念なことだろうが、米国の大統領を支持していないのは同国の「レガシー」メディアだけではないことが分かった。

世界各国の多くの人たちもまた、「ドナルド・トランプ」には魅力を感じていないようだ。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターは8月16日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に対する世界37か国の市民の信頼度に関する調査結果を発表した。その中で示されたトランプへの信頼度との比較によれば、国際問題への対応について、「トランプよりプーチンの方が正しい行動を取ると信じる」とした国は、22か国に上った。

2人の大統領に対する信頼度の差が最も大きかったのは、ギリシャだ。プーチンを信頼できるとした人が回答者の50%だったのに対し、トランプを同様に見る人は19%だった。

その他に信頼度の差が大きかった主な国は、
以下の通り(数字は左がプーチン
右がトランプを「信頼できる」とした人の割合)。

・ベトナム: 79%/ 58%
・韓国: 27%/ 17%
・ドイツ: 25%/ 11%
・コロンビア: 23%/ 15%
・ブラジル: 19%/ 14%
・メキシコ: 9%/ 5%

韓国民は自国を北朝鮮の脅威から防衛する米国の大統領を、ロシアの指導者ほどには信頼していないということだ。また、米国に友好的なコロンビアでも、プーチンへの信頼度の方が高くなっている。実際のところ、中南米諸国でプーチンよりトランプを高く評価した国は一つもなかった

一方、「アングロスフィア」と呼ばれる英語圏の国では、トランプへの信頼度の方が高いことも分かった。ただし、結果は驚くほどの僅差となっている。

・オーストラリア: 27%/ 29%
・カナダ: 19%/ 22%
・英国: 19%/ 22%

トランプが信頼度でプーチンを大きく上回ったのは、フィリピン(69%)、ナイジェリア(58%)、イスラエル(56%)など。

米国の方が「脅威」?

全調査対象のうち、ロシアの国力と影響力を「自国にとっての脅威だ」と答えた人の割合は31%(中央値)。中国に対してそのように感じる人の割合も、同水準となった。一方、米国は同35%だった。つまり、米国はロシア以上に、国際的な問題に干渉していると見られているということになる。

それでも、全体としてはロシアに対する否定的な見解が大方を占めた。特に、アジア太平洋地域や中東、サハラ以南アフリカ、中南米では同国に対する見解が割れている一方で、欧米諸国では批判的な見方をする向きが根強い。米国では47%が、ロシアの国力と影響力を自国にとって大きな脅威と考えている。

ロシアに対して過半数が肯定的な見方を示したのは、ベトナム(83%)、ギリシャ(64%)、フィリピン(55%)の3か国だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00017378-forbes-int


スポンサーサイト
[ 2017/08/18 22:16 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/987-3f13da27