【国際】 アフリカはもうフランスに 『植民地税』 を払いたくない。

世界を平和にするには、
アフリカを救う必要があります。


フランスは貧しい国の人々から税をとっている。
これは14のアフリカ諸国からの植民地税で、
そのカネを払わない場合は(その国の)大統領は
殺されるかその政府は転覆されるかするのです。

o0301020813143900135.png

※一つ前の記事に関連する話題です^^
信じられない話ですが、アフリカは今でも 『植民地税』 という
税金をフランスに支払わされています。

アフリカは植民地だから、ご主人様であるフランスに税金を払えというのです。
これに反対したアフリカの大統領たちは、次々に暗殺されています。
フランスは年50兆円をアフリカ14ヶ国から徴収している といわれています。

続きを読む・・・ ↓ ↓





カマ (カーマ):アフリカという名称になる前の本来の呼称

アフリカ万歳!
本当の独立万歳!
植民地税をもう払ってはいけません!
自分たちの通貨を持つのです!
自分たちの言葉を、宗教を使うのです!


3185492.jpg




☆アフリカは地球上で最も富んだ大陸です

Rael Maitreya's COMMENT (日本語訳)

(~中略)
”そして大虐殺になったのです:諸民族グループが至る所で戦うことに。というのも別の民族グループから大統領が出て、権力を持ちその他の民族少数派を虐待する。実際にこういうことが起きて;ツツ族とフツ族の間でヒドいことが起きたことを知っていますね。一つの国の中で。とうとう、至るところで大虐殺。というのも自分たちの境界ではないところに住んでいるからです。そのような境界を決めたのは自分たちではありませんでした。歴史的なものではなかった。地理的なものですらなかった。境界は何かに基づいたものでは一切なかった。それは経験したように白人大災害が決めたのです。世界のその他のところよりももっと悪い。

というのもアフリカほど人が苦しい目に会ったところは世界に一カ国としてありません
南米から奴隷として他の所へ送られたことはありません。多分肌の色が比較して明るかったからかもしれません。そうだったのかもしれません。中国、アジア、インドから奴隷として他の所へ連れて行かれたことはありません;ノー、それは一切ありませんでした。アフリカは、イエス、あなたたちは黒人だったからという論理は成り立ちます。肌の色が黒かったということです;これがあなたたちの人生。


and that gives the massacres: ethnic groups everywhere fighting because another ethnic group is in the presidency, has power and mistreats the other ethnic minorities. It gives what you live;
you know that was terrible between the Tutsis and the Hutus in a country. Finally, it is massacres everywhere because you live in borders that are not yours. It was not you who decided these borders. They are not historical. They are not even geographical. They are not based on anything. They were decided by the White Catastrophe you experienced. Worse than the rest of the world. For there is not a single country in the world where one has suffered as much as Africa. There were no slaves taken from South America and sent elsewhere. Perhaps because they had a lighter skin. It may be possible. There were no slaves taken from China, from Asia, from India and sent elsewhere; no, it never happened. In Africa, yes, ah you were black that is logical, they had a black skin that is it; this is your life.

そしてそれを再度始める用意があるのです;いつでも全く同じことをする用意があるのです。
米国発の計画が既にあります。基地を作ることです。すると、民主主義をもたらすため、民主主義の人権をもたらすため、とか言って爆弾を持ってくるのです。もちろん、既に見ましたね。リビア、アフガニスタン、イラク、における大量破壊兵器のことを全ての人たちが経験しました。シリアでは今、独裁者アサドから国民を守らなければいけないと言って。ジョークです。全くのウソです。彼は国民から敬慕されています。でも、もちろん米国が欲しいのは石油、イスラエルを支援したい、カダフィ大佐は殺されましたが同様なことをしたいのです。。。

偉大、並はずれていたカダフィは私みたいにアフリカを愛していました。
彼は黒人ではなかったですが黒人のアフリカを愛していました。
彼はアフリカ通貨を創りたかったのです。
そしてそのために彼は殺されました。彼はアフリカ合衆国を創りたかったから。アフリカの通貨を創りたかった、そして突然すごい運命で自国の石油資源でとても豊になり、それをアフリカのために使いたかった。
並はずれていました!たちまち、犯罪人サルコジは直ちにカダフィを攻撃し殺すことを押し進めました。終わりは知っていますね。結果は知られています。サダム・フセインが同じことでした。到る所で同じです。


And they are ready to start it again; They are ready to start all over at any time. There are already projects from the United States, to make a base. Then they will come with their armies to bring you democracy, to bring you democracy human rights, with bombs. Of course, you saw it, you lived it, we all lived it in Libya, Afghanistan, Iraq, weapons of mass destruction. Syria now where it is a must to protect the populations from the dictator Assad. It is a joke, it is totally false, he is adored by his people. But, of course, one wants oil, one wants to support Israel and one does what one did with Gaddafi who was murdered ...
The great, the extraordinary Gaddafi who loved Africa like me. He was not Black but he loved Black Africa. He wanted to create an African currency, and that's why he was murdered, because he wanted to create the United States of Africa, to create an African currency and all of a sudden with the enormous fortune that he had amassed by the oil resources of his country, put it at the service of Africa. Extraordinary! It was quick, the criminal Sarkozy immediately pushed the attack and kill Gaddafi. We know the end, the results are known. Same thing with Saddam Hussein. It's the same everywhere.

彼らはいつでも再度始めます。彼らはあなたたちを再び植民地化する用意があります。彼らの支配から逃げる誘惑をあなたたちが殆ど持たないようなら。CFAフランを使わない、アフリカ軍を創る、のに必要な誘惑をあなたたちが殆ど持たないのであれば再度彼らはあなたたちを侵略することをためらいません。それは独裁者からあなたたちを守る、キリスト教をもたらすという口実が過去にあったのと同じように民主主義をもたらす、という口実のもとに。いつもニセの口実です。

They are ready to begin. They are ready to colonise you again if you have the least temptation to escape their control. If you have the least temptation necessary not to use the CFA franc, of creating an African army, they will not hesitate to invade you once more, under the pretext of protecting you from a dictator, of bringing democracy like they had the pretext of bringing Christianity. It’s always false pretexts.

彼らの関心事は何でしょう? 富、あなたたちの富です;私は再度云います。アフリカは地球上で最も富んだ大陸です。
あなたたちは純金の上に座っているのです。あなたたちの諸国の資源は無限です。世界中でこれに似た資源のある大陸は他にありません。そういうことですからそのことを考えないといけませんね。本当の独立を獲得しないといけません。そしてその独立は、悲しいことに軍事的抵抗で始まります。


What interests them? Wealth, your wealth; I say it again, Africa is the wealthiest continent on Earth. You are sitting on solid gold. The resources of your countries are infinite. There are no similar resources on any other continent in the world. So, you have to think about that, you have to acquire your real independence. And that independence, sadly begins with an armed resistance.

今の私、そして私はずっと非暴力的でした;今でも私は絶対的非暴力を支持します。それが私たちの価値観です。悲しいことに、その絶対的な非暴力は、その最も偉大な使徒はガンジーでしたが、人類史上私が最も敬服するのは彼です。ガンジーは非暴力で英国を追い出しました。これが理想です。

何故?どうやったらそうできるでしょうか。
アフリカのガンジーが出現できる可能性がないのは何故でしょう?それは不可能だからです
もっともな簡単な理由は、この惑星にはもう思いやりの心がないからです


I am, I have always been non-violent; I still am for the absolute non-violence, these are our values. Sadly, the absolute non-violence, the greatest apostle of which was Gandhi, who is the being that I admire the most in the history of humanity. Gandhi who chased the English away with non-violence. That is the ideal. Why? How could that happen? Why is that there is no possibility that an African Gandhi could come out? Because it’s impossible, for the good and simple reason that, on this planet, there is no more compassion.

ガンジーが断食で、影響を及ぼすことで、非暴力的なやり方で抗議することで、何百万人ものインド人が彼と一緒になって、インドの本当のインド人たち、アメリカのニセ・インデイアンではなく、本当のインド人たちが座り込みをし、座って英国人に服従することを拒否したのですか?英国が立ち去る原因となったのは何?彼らの素手ではありません。これら全てがメデイアで報道され、その当時の本物の英国メデイアですが、英国の世論はあきれ返り英国は去らなければならなくなりました。同じことがベトナム戦争の時にも起きました。アメリカ人たちは黄色人たちを虐殺の過程にありました。もちろん黄色人でした。悪くはない。アメリカのメデイアは国民に知らせました。平和への膨大な抗議、またアメリカは戦争で負けました。軍事的にではなく、国に引き揚げることを強いられました。というのもアメリカ人たちは反抗していたので。自分たちのためにベトナムにおいてこの犯罪が行われるということに関係したくなかったから。この全てはもう今は存在しません。

What made Gandhi, by fasting, militating, by protesting in a non-violent manner, bringing millions of Indians with him, the real Indians from India, not false Indians of America, real
Indians to do sit-in, to sit and refuse to obey the English? What caused the English to leave? It’s not their bare hands. All of that has been reported in the media, the real English media at the time, the English public opinion was scandalized and the English had to leave. The same thing happened during the Vietnam War. The Americans were in the process of massacring the Yellows, of course they are Yellows, it’s not bad, and the American media informed the populations.
Enormous protests for peace, and the American lost the war, not militarily, but because they were constrained to return home, because the Americans were revolting, they did not want to be associated to this crime being committed on their behalf in Vietnam. All that does not exist anymore.

今、もしアフリカのガンジーが居て立ち上がって1万人、10万人の人たちを路上に集めて非暴力的に抗議したら、皆殺しにするための爆弾を彼らは送るでしょう。彼らはアフリカのガンジーを捕まえて彼をグアンタナモに入れるでしょう。もう思いやりの心はないのです。もし思いやりの心がもうないのであれば、ガンジーはあり得ません。ベトナムの時のような”ヤンキーゴーホーム”はもうあり得ません。誰も気にしない・構わないからです。白人たちは気にしない・構わないです。
テレビが、虚しい娯楽番組が、歌唱大会、くじ、競馬とかサッカー試合とかが在りさえすれば良く、関心がないのです。たまには、彼らは井戸の底に犬が落ちたとか、アフリカで歯科医がライオンを殺したとか、で気持ちを動かされます。すると突然の大騒ぎ!何百万人ものイラク人、リビア人、シリア人。。。ガザ、ここは巨大な強制収容所で子供たちが死んでいき、水がなく、でも誰も心を動かされません。。。


Now, if there is an African Gandhi who stands and gathers ten
thousand (10.000), hundred thousand (100.000)Africans on the street to protest in a non-violent manner, they will send a bomb to destroy everyone. They will catch the African Gandhi and they will put him in Guantanamo.
There is no more compassion. If there is no more compassion, there can be no Gandhi, there can be no “Yankee go home” like in the time of Vietnam. Because nobody cares. White people do not care. As long as they have their television, their futile entertainment programs, their singing contest, lotto, horse races or football competitions, they are not interested.
From time to time, they are moved for a dog that fell at the bottom of a well, for a lion in Africa that was killed by a dentist, then all of a sudden wow! But the millions of Iraqis, Libyans, Syrians...Gaza, a huge concentration camp where children are dying, where there is no water, nobody moves...

でも井戸に落ちた犬のことでは大騒ぎ。全てのアメリカのメデイアにとってはその犬は救わなければならない。
ケニアで彼の分のお金を払って組織化されたサファリで歯科医師が人気のあるライオンを殺したら、全てのアメリカのメデイア、全てのアメリカ人たちは大騒ぎ。ライオンをどうやったら殺せるの? すみません;私にはライオンのことはどうでもいいです。ガザの子供たちに私が関心があるのは人間だからです。犬とかライオンには思いやり、イラク、リビア、とかガザの子供たちにはそれがない。この惑星はどうなっているのでしょうか?突然サタンが正しいのですか?
私たちは狂っているの、完全に? 泣かないようにするには笑って死ぬことです。そういうことでもはや思いやりはありません。ということはガンジーは出現し得ません。”


But for a dog that fell in a well, then it’s a scandal. All the American media, it’s a must to save that dog. For a popular lion that was killed by a dentist in an organized safari where he paid his place in Kenya, all the American media, the American population is scandalized. How can one kill a lion? I'm sorry; I do not care about that lion. What interest me are the children of Gaza, because they are human beings. There is compassion for a dog or a lion but not for Iraqi, Libyan or Gaza children. But what is this planet?
Is Satan right all of a sudden? Are we crazy, completely? It is to die of laughing to avoid crying.
So there is no more compassion, thus a Gandhi can no longer be.




世界的飢饉の脅威---西側の侵略と不安定化のせい
safe_imswえふぇりゅうage

西側製:戦争と混乱のせいで地球的飢餓の新しい時代
世界の多くのところで飢饉の脅威があり
一つの共通点は:西側の侵略と不安定化

The famines threatening many parts of the world today have one
thing in common: Western aggression and destabilization.
rt.com

【RT】 https://www.rt.com/op-edge/396469-west-era-famine-war-sudan/

スポンサーサイト
[ 2017/07/22 23:21 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

悪魔主義欧米支配層と奴隷たち

天才政治と楽園主義の実現
それしか
救済はありえませんね・・・・

普通選挙と国会のプロレスごっこも
もう終われ
[ 2017/07/23 21:49 ] [ 編集 ]

Re: 悪魔主義欧米支配層と奴隷たち

改名さん、こんばんは^^

日本国内の問題もひどいですよね~
アフリカなみに植民地化されてますので^^;

最悪の安倍政権はすぐにでも止めるべきですが、
その流れすらも、海の向こうの支配層の計画と疑わなくてはなりませんね・・・
いまの日本人は、それに気づけるでしょうかね。
[ 2017/07/24 19:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/965-48a0afd2