【新緑】 初夏の大芦川 2017

久しぶりに大芦渓谷で遊んできました^^
遊んだといっても、ドール撮ってきただけですが・・・

DSC_0409かいaa

今日はかなり暑かったですね~
キノコ的に雨も降って欲しいところですね?

続きを見る・・・ ↓ ↓






はい、暑くなってきましたね~

体調を崩してましたが、ようやく復帰してきました^^
胃腸の調子が悪い時はフルーツに限る^^

DSC_0332aa.jpg






5月バラが咲き始めましたね~^^
つぼみがアブラムシにやられていたので、心配してましたが、無事、咲いてくれたようです^^

DSC_0333_20170520220722257.jpg





DSC_0338_20170520220721c11.jpg





クレマチスも咲きました^^

DSC_0341_20170520220720bff.jpg





さて、やって来たのは、鹿沼市の清流 「大芦川」

毎年、涼を求めて、たくさんの人(釣り人含む)がやってきます。



DSC_0364_201705202209088a8.jpg







DSC_0357.jpg







さすがの透明度!

今日は、家族連れやバーベキューやってる人がけっこういました・・・
暑かったからね~

DSC_0353_201705202208022e1.jpg








川沿いを歩いてみた・・・
キク科の花が目立ちます^^

DSC_0351.jpg








飛び込み禁止やで!

DSC_0354.jpg







朽木に出ていたのは アラキクラゲ・・・・ カラカラに乾燥してます。

DSC_0362_20170520220759da4.jpg





春から初夏にかけては、アヤメ科の花が多く見られますね^^
ショウブやカキツバタが多いです・・


これもアヤメ科ですね



シャガ  花言葉  「私を認めて」  「友人が多い」
DSC_0363_20170520220909bab.jpg
シャガ(射干、著莪、胡蝶花、学名:Iris japonica)は、アヤメ科アヤメ属の多年草
シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物である[1]。
三倍体のため種子が発生しない[1]。このことから日本に存在する全ての
シャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に
行われたと考えることができる。したがって、人為的影響の少ない
自然林内にはあまり自生しない。スギ植林の林下に見られる場所などは、
かつては人間が住んでいた場所である可能性が高い。
そういう場所には、チャノキなども見られることが多い。
中国には二倍体の個体があり花色、花径などに多様な変異があるという。







いつもの場所に車をとめて、川に下りていきます。

最近はマムシが出るので注意だそうです・・・


DSC_0343_2017052022071823a.jpg






見えてきました! いつもの穴場です(笑)

DSC_0346_20170520220806086.jpg






相変わらずの透明度

DSC_0348_20170520220804fa8.jpg






ここは水面が緩やかです^^

ちなみに長靴を忘れたため、素足で入水となります。

DSC_0378_20170520220905e4d.jpg







水が冷たすぎる・・・><

※画像クリックで拡大
DSC_0388aa.jpg








風が吹くたびに、水面が荒れるので、
カメラ構えたまま、ひたすら待つ! 低姿勢なのでつらいです^^;

DSC_0388かいaa








広角を外して50mmレンズへ・・・・
こっちの方が、水鏡しやすいか?

DSC_0409aa_20170520220937849.jpg







DSC_0409かいaa








やはり風が吹くと水面が荒れる・・・・ 

いざ撮ろうとすると吹く法則が発動(笑)


DSC_0438kai aa







DSC_0438 (2)aa








気がつけば、お昼を過ぎてました・・・帰るか

やっぱり渓谷は気持ちが良いですね^^

だた、ここら辺はキノコが少ないイメージ・・・
次回は、日光市の方かな? 雨が降ると良いんですがね~

それではここら辺で~ ^ ^ノ


DSC_0368.jpg


スポンサーサイト

この透明感が素晴らしいですね!

こういう川の撮影時は、魔理沙が出動で霊夢先生はお休みなのですね・・(笑)

だけど川とか自然と魔理沙の相性は最高ですので、たまにはこういう魔理沙単独も素敵ですね!
ドレスの裾をたくしあげる魔理沙がとても可愛いです!

バラがとっても綺麗ですね! ちなみに我が家の「青いバラ」も今年もkado様同様アブラムシに部分的に食われながらも
元気に咲いてくれました!

とにかくこの川の清涼感・透明感が素晴らしいですね!
こういう透明感溢れる川とドールの皆様の相性も抜群ですけど、撮影される方にとっては、ドールのみなさまを川に叩き落す事が
できないプレッシャーみたいなものがありそうで、これはこれで大変そうです・・・

[ 2017/05/21 04:19 ] [ 編集 ]

スリルでも脳活性できるかな


こんにちわkadoさん

十分な水の量と深さで岩が無かったら
夏季に一度は飛び込んでみたいですw

晴れ日の水鏡で幻想的なエロスに見えますね
ふんわりした感じが素敵

ドールの自然と調和した野外撮影憧れます
でも常売りタイプぐらいしか野外では使えないみたいだし
何か起きたら取り返しがつかないので・・・・
kadoさんの言ってた 「自己責任で」 になりますねw
色んな意味でそれもスリル

私は少限定品とかで野外撮影したくても
コレクション優先の見撫でになります

自然の撮影は在るがままの野外環境を正しく観察して受け入れるのが好きなので
意図しない以上は出来る限り近現代の人工的なものは一緒に映さないようにしてます
竹内敏信さんの感性や姿勢からも少し影響受けました
[ 2017/05/21 16:28 ] [ 編集 ]

Re: この透明感が素晴らしいですね!

ぬくぬく先生、こんばんは^^

ここは県でも有数の清流なので、透明感もバツグンですの^^
とはいえ、ドールの入水撮影は緊張しますね~
コケたら、どんぶらと流されてしまいそうです(笑)

某掲示板でもよく間違われるのですが、
魔理沙のように見えるのは実は銀髪にした霊夢さんなんです^^;
ウィッグ変えると西洋っぽくなるので(笑)
[ 2017/05/21 21:31 ] [ 編集 ]

Re: スリルでも脳活性できるかな

改名さん、こんばんは^^

自然との調和は楽しいですね~
僕は、もともとドール撮影メインでキノコや山野草に
出会ってるうちに、興味が出てきた派になりますね(笑)

自然撮る時は、やっぱり気を使います・・・
人工的なものはあまり写したくないですね~ 
構図が良いのに自動車とか写りこんでるとガッカリです^^;
ドールは別として(笑)
[ 2017/05/21 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/919-3245caae