【新緑】 5月の森の、金と銀 【ドール】

さて、ちょっと休みがとれたので、お散歩です^^
最近、日光市の公園には行ってなかったので様子見に・・・アレが咲いているだろうか?

DSC_0285aa.jpg

今日は、キノコは見つからなかったですが、キノコに関係するお話^^

続きを読む・・・ ↓ ↓






はい、あいかわらず水着のままの先代(笑)
もうちょっと暖かくなったら水辺にいきましょうかね・・・ええ沖縄? 無理ですってば!

DSC_0265aa_20170515202146ef1.jpg




久しぶりの日光だいや川公園・・・・ 夏も秋も冬もお世話になっております(笑)
ここはキノコが多くて有名な公園ですね~ 本場は梅雨が来てからですかね?

ここは、いっつもフリマやってんな~

DSC_0270_20170515202143c6c.jpg







駐車場でお出迎えしてくれたのは アリアケスミレ さん・・・
そういえば、今年初めて見ましたね?

DSC_0269_20170515202144c6a.jpg








ヤマツツジが咲いてますね~

DSC_0322_201705152023278e1.jpg








ツツジの下に・・・何か白いのが?
今日の主役となる山野草です^^

DSC_0321.jpg








公園に入ってみました・・・

あいにく、キノコは出ていませんね~

さっきから、チラチラと目に付く白い花・・・
どうやらラン科の植物のようです。

DSC_0277_2017051520213905a.jpg







咲いているのは、ギンラン(銀蘭)です。
この時期、この公園では見ごろになっているようです^^
銀があるということは金もあるのかな?

DSC_0275_20170515202140a7e.jpg






小さくて可愛らしいですね~

DSC_0272_20170515202141253.jpg





テナンショウ属も出はじめているようです

DSC_0280.jpg






ギンリョウソウも出ていました。

こいつは、光合成を行なわずに、
特殊な根を展開して、キノコの菌糸から栄養を奪っています・・・
そう、これが今回のテーマ。 

DSC_0318_20170515202330dbc.jpg





実は、先ほどのギンランも、キノコの菌糸と共生関係にある。

ランの仲間は、菌類と共生しているものが多い。

キンランやギンランは、1990年代ごろから山野草ブームで乱獲にあって、急激に数を減らしました・・


DSC_0298_20170515202301f75.jpg





しかし、いくら盗掘しても、育てる事は不可能なんです・・・

まず、コナラなどの大木の根に特定のキノコの菌糸が展開しており、
なおかつ、ギンランが、その菌糸と共生関係にある状態でないと、発芽すらしない・・・
一般家庭で育てるのは無理なんですね~

今では、絶滅危惧類になってしまいました。








ギンラン(銀蘭)  花言葉  『おとなしい貴婦人』
DSC_0285aa.jpg
絶滅危惧II類(VU)
北海道、本州、四国、九州に分布し、明るい林内に生育。
地下の、外生菌根菌という、特殊なネットワークを通じて、
特定のキノコ(菌糸)から栄養を得ている。 その依存度は高く、
光合成だけでは十分な栄養は得られない。
当時はよく見られたが、乱獲で激減している。花期は5~6月。








もうちょっと散策してみましょ・・

DSC_0281_20170515202221005.jpg







DSC_0293_20170515202219388.jpg






ありました・・・ キンランですね~

DSC_0295_20170515202217a39.jpg







ギンランより、ひとまわり大きいですね~

DSC_0296_20170515202216e06.jpg






DSC_0299_201705152023009ed.jpg








キンラン(金蘭)  花言葉  『眠れる才能』  『華やかな美人』
DSC_0304aa.jpg
絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)
キンランの人工栽培はきわめて難しいことが知られているが、
その理由の一つにキンランの菌根への依存性の高さが挙げられる。
園芸植物として供させるラン科植物の、菌根菌(ラン科に限ってはラン菌という言葉も習慣的に用いられる)
はいわゆるリゾクトニアと総称される、落ち葉や倒木などを栄養源にして独立生活している
腐生菌である例が多い。 ところがキンランが養分を依存している菌は腐生菌ではなく、
樹木の根に外菌根を形成するイボタケ科、ベニタケ科(担子菌門)などの菌種である[2] [3]。
外菌根菌の多くは腐生能力を欠き、炭素源を共生相手の樹木から得、
一方で樹木へは土中のミネラル等を供給し共生している。
キンランはその共生系に入り込み、養分を収奪し生育している。






・・・・・・???

見ると、キンランの横にが立ててあるようですね?

DSC_0312.jpg







こっちのも・・

DSC_0311_20170515202254511.jpg


・・・どうやら、通行人が、間違えて折らないように、保護してるようですね?
粋な計らいといった所ですかね~^^ 



金さんも銀さんも見れたので帰りますか~
間違っても、乱獲は止めようね? 
この花は、個人での栽培は不可能です。 というか盗掘ですので・・・

そんなワケで、今日はここら辺で~

DSC_0307aa.jpg








DSC_0308_20170515202256a04.jpg



スポンサーサイト

素敵な花言葉・・・

キノコの季節はまだ先なんですね・・・

だけど山にはこんなにも素敵な自然があるものなのですね!

金蘭も銀蘭も確かに小さいけどとてもチャーミングな雰囲気が伝ってきますね。特に金蘭の色がとても映えていますし、横にいる霊夢との
相性が素敵だなぁ・・と思わせてくれるものがあると思います。
それにしてもどちらも素敵な花言葉ですね。
銀蘭の花言葉は確かに霊夢には無縁かもしれないですけど(汗・・)
居眠りばかりの楽園の巫女にとって「眠れる才能」というのは素敵な花言葉だと思います!

ぺこん・・とお辞儀をする霊夢が可愛すぎます!!
[ 2017/05/16 20:15 ] [ 編集 ]

Re: 素敵な花言葉・・・

ぬくぬく先生、こんばんは^^

キンラン、ギンランは花言葉がおしゃれですね~

霊夢さんが「おとなしい貴婦人」になれる日は来るのでしょうか(笑)
まあ、才能だけで巫女やってるお方なので銀蘭の花言葉が合いそうですね^^

最近はお辞儀ポーズにこだわっております(笑)
[ 2017/05/16 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/916-4afc1480