【GW】 晩春の山野草探し 【ドール】

さて、GWはどこに行っても人がいますね~
里山の方も、いつもよりにぎわっておりました^^ 山野草のシーズンですね~

DSC_9880aa.jpg

自宅の庭にある藤の花とヤマツツジが満開ですね~
今年は雨量が少なかったのか、キノコの発生がいまいちでしたが・・・
やっと休暇がとれたので、里山へ足をのばしてみました^^

続きを見る・・・ ↓ ↓




はい、せっかくのGWでしたが、初日は天気が悪かったので、自宅待機^^;
ドール服の整理をしていたんですが、いつの間にか、
水着の試着に夢中になっていたでござる。

初夏を通り越して常夏、南国風になってしまった先代ですが^^;
これに合いそうなビーチって・・・関東には無いよな~ やっぱ沖縄?

DSC_9758かいaa






DSC_9758 (2)





白霊夢さんは冬限定と言ったな・・・あれはウソだ。
DSC_9791aa.jpg






普段は、こんな格好で部屋にいらっしゃる先代様

DSC_8149aja.jpg







今年も、自宅の藤棚が咲き始めました^^

DSC_9726.jpg







DSC_9880aa.jpg





家の花壇では朝顔が芽を出しました・・・気温が上がってきた証拠ですね^^

DSC_9727_20170503092201bda.jpg






公園のキノコはどうなったのか?

DSC_9748.jpg






!!?

草刈があったようです・・・ これはやられたかな~?
DSC_9731.jpg






やはり、草刈り機で蹴散らされてしまったアミガサタケ(笑)
ちょっとだけ生き残りを確認・・・

DSC_9733.jpg







向かいの土手にはチャアミガサタケが出ていました・・・こちらは無事でしたが、
ずいぶん乾燥ぎみですね~やはり水量が不足してるのかな?

DSC_9735.jpg





DSC_9736.jpg





田んぼに水が入りました・・・
GWは農家では田植えですね~ 忙しいのです

DSC_9795.jpg








鯉のぼりの季節ですね~

DSC_9794aa.jpg








はい、宮川渓谷にやってきました^^
ツツジがきれいですね~

DSC_9820.jpg







渓谷は・・・下流は、水が無い・・・
やはり水量が不足しています、去年と明らかに違います。

DSC_9807.jpg







さすがに山野草の季節・・・咲いてる咲いてる!

DSC_9824_20170503092406314.jpg






咲いていたのは ツルキンバイ
黄色い、綺麗な花ですね~ 山の麓なんかで見かけます
実は、ほとんど図鑑にも載ってない無名選手であり、マニアックな花です^^
花言葉も不明。


ツルキンバイ
DSC_9813.jpg
ツルキンバイは,山地の落葉樹林下に生える多年草。
ミツバツチグリやテリハキンバイに似ているが,葉の質が薄く,
小葉の鋸歯が粗いことで慣れてくると遠目にもそれとわかる。
ミツバツチグリは匐枝は短く,ブーケのようにまとまって花を咲かせることが多いが,
ツルキンバイは匐枝が長く,一面に生えひろがっていることが多い。
また,ミツバツチグリの小葉は楕円形で葉の鋸歯が丸い。
テリハキンバイは,長い匐枝を出す点などよく似ているが,
葉質が厚く光沢があり,鋸歯が低い。
また,テリハキンバイは普通越冬葉をもつが本種はもたない。










定番のフデリンドウが咲いていました^^

花言葉  「正義」
DSC_9796.jpg







ことらはハルトラノオ

花言葉  「星への願い」
DSC_9799.jpg






ちょっとうなだれてますが^^;
ヒゲネワチガイソウですね~
普通のワチガイソウにそっくりですが、やや標高が高い場所を好むみたい・・・
小さい花が咲きます^^

花言葉  「誤解を解きたい」
DSC_9801.jpg








少し上流に・・・ 水がありました

DSC_9816.jpg






チゴユリが咲いてますね~
これも小さい花ですね・・・

花言葉  「恥ずかしがりや」
チゴユリ






ムラサキケマン/ヤマエンゴサク
これも、山の麓なんかで見る花ですね~
拡大すると映画エイリアンの頭部みたいな変な形の花ですね(笑)

花言葉  「助力」 「あなたの助けになる」 / 「思慮深い」
DSC_9798.jpg







変な葉っぱを発見!

これは・・・ウスバサイシンの葉では?
花が咲いてる個体が無いか探してみた・・・

DSC_9822.jpg




ありました!

おわかりいただけるだろうか?

これ、花が地面すれすれに咲くんです(笑)

DSC_9830.jpg






ちょっと地味な花ですね~
知らないと、見逃してしまう花ですね~

DSC_9837.jpg








ウスバサイシン   花言葉  「勇気」
DSC_9835.jpg
ウマノスズクサ科カンアオイ属に分類される多年草の1種。
花期は3-5月頃で[1]、暗紫色の花を咲かせる。花弁のように見える部分は萼である。
同種のアオイ類などと比べ、葉が薄いこと、味が辛いことが和名の由来となっている。
アリが種子を運ぶ。国内に分布するウスバサイシンは、形態、
含有成分の違いなどにより複数の亜種が指摘されている[3]。
本種は上胚軸休眠種子と呼ばれる特性があり、植物体が種子を飛散させる状態になっていても、
種子内部の胚は十分に成熟をしていない。そのため、湿潤埋蔵期間中(実際には、
土中で発芽時期までの期間)に胚が肥大成長し発芽に至る。
また、成熟は10℃および25℃・100日では進まず、至適温度は15℃・50日程度とされる[4]。
根は鎮痛剤に使われる。
ウスバサイシンの地上部に含まれるアリストロキア酸は腎障害発生の注意喚起がされている

~ウィキより。








さて、今はスミレが全盛期ですね~ 見渡せば、あちこちに咲いてます^^


タチツボスミレに混ざって、白っぽいスミレが・・・

オトメスミレかな?
これが、完全にまっ白な個体になるとシロバナタチツボスミレとか
シラユキスミレとか、そんな呼び名になります(笑)


オトメスミレ 花言葉  「誠実」
DSC_9934_20170504193617058.jpg
タチツボスミレの群生にまぎれてたまに見かける変種。
花の後部(距)にややピンク色がのこっている個体をさす。
完全な白い個体はシロバナタチツボスミレとよぶ。
なを、この個体は葉が毛深いのでケオトメスミレと呼ぶべき。
由来は牧野富太郎博士により、箱根の乙女峠で発見されたことに因む








キャンプ場付近の散策路です・・・・

ここはなんと、モミの木の純林があるんです!
これは貴重ですね~

DSC_9849_201705030924479a4.jpg


ちなみに、シャグマアミガサタケ(超猛毒)を探したのですが、見つからず・・・
やはり、奥日光まで行かないと見れないかな~

ちょうど、今頃の奥日光ではシャグマが全盛期なんです・・・
奥日光の弓張峠を下ったカラマツ林あたりで見れます。
なんで場所を教えるかというと、あそこはツキノワグマがたくさん出るところなんです・・・
日に3回見たという人も・・・ 絶対に一人で森に入らないでください。自己責任ですよ?

ここ、県民の森でも、熊に合う確立はあります・・・十分な注意を^^;
僕みたいに、事務所わきの渓谷で遊ぶくらいなら、
まだいいのですが、山に入るなら、準備は万全にね?




モミ林では、シハイスミレが全盛期を迎えてます・・・

立派な個体ですね~

DSC_9850.jpg






こちらはエイザンスミレ

DSC_9853.jpg


スミレやキノコ画像も集まってきたので、そろそろまとめますかね~




はい、そんなワケで、GWの山野草でした^^
もう少し、休みが取れそうなので、またどこかに遊びにいきたいですね~

でもGWはどこ行っても人が多すぎですね^^;
そういえばドルパもあるんだっけ? どうします、霊夢さん?

DSC_9723aa_20170503092203786.jpg



スポンサーサイト

霊夢の背景が素晴らしいですね!

霊夢の背景が素晴らしいですね!

霊夢と藤の花、霊夢とこいのぼり・・・うーーむ、とにかく見事に調和していると思います。
こういう素敵な霊夢を見てしまうと、エレガントな水着魔理沙すらも吹っ飛ばしてしまうような美しさがあると思いますね!

そしていつの間にか山里ではこんなにも豊かな自然の恵みが育っていたのですね!

つい最近まで「寒い、寒い・・」とか「春はまだかなー」と言っていたのが嘘みたいです・・(笑)
[ 2017/05/06 00:23 ] [ 編集 ]

Re: 霊夢の背景が素晴らしいですね!

ぬくぬく先生、こんにちは^^

もう、こっちは初夏なみの暑さですね~
全然雨が降らないのでキノコが出てません(笑)

藤花やツツジは、やはり霊夢さんが似合う感じですね^^
そろそろキノコの季節になって来ましたね。
来週は雨に期待です。
[ 2017/05/06 17:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/901-9adcb9cc