【国際】 米国のシリア攻撃に対してボリビア大使が示した勇気ある行動

一つ前の記事に続く話題です^^
http://kado777.blog84.fc2.com/blog-entry-886.html
米国の暴力に対して、ここまではっきり言えるのは立派。
動画の14分10秒付近で、当時、うその理由を示し
イラクを攻撃した当時のパウエル国務長官の写真を掲げて(笑)米国の暴挙を非難。



「この写真を覚えておかなければならない。歴史から学んだことを思い出すことが重要」
いま、私たちの世界は、暴力が勝利するのか、英知が勝利するのかの瀬戸際に立たされている。
暴力が勝利すれば、人類は核戦争で自滅するだけです。

続きを見る・・・ ↓ ↓





国連安保理緊急会合 
ボリビア国連大使 写真を掲げ
「この写真を覚えておかなければならない‥」

o0640042513909150210.jpg

トランプ米政権が6日にシリア中部のアサド政権軍の空軍基地をミサイル攻撃したことを受け、国連安全保障理事会は7日、緊急会合を開いた。

シリアを支持するロシアは国際法に反する「侵略行為」と米側を非難

対する米国は「完全に正当化される」と反論した上で「さらなる行動の用意」を述べ、ロシアやシリアを牽制(けんせい)した。

日本も米国の攻撃に理解を示した。

 緊急会合の開会を求めた非常任理事国ボリビアの国連大使が最初に発言し、

米国の攻撃を「単独行動」と批判し、「武力行使は、国連憲章51条の自衛権の行使か、安保理の承認がある場合のみ合法だ」と訴えた。

 2003年のイラク戦争開戦前、当時のパウエル米国務長官が、イラクに大量破壊兵器(WMD)があると発言する写真を掲げて


「この写真を覚えておかなければならない。歴史から学んだことを思い出すことが重要」


と主張した。

イラクからWMDは見つからなかった経緯から、今回の攻撃でも、根拠となるシリアの化学兵器保有の証拠がないことを批判したものだ。

 ロシアのサフロンコフ国連次席大使も、シリアが化学兵器を使った証拠が示されていない点を指摘、「言語道断の国際法違反で侵略行為だ」と非難した。スウェーデンのスコーグ国連大使も「昨夜の攻撃は国際法との整合性で疑問視される」と述べた。

o0644043013909155613.jpg

これに対し、米国のヘイリー国連大使は「化学兵器の拡散と使用を阻止することは米国の安全保障上の不可欠な利益」と強調。化学兵器を使った攻撃に使用された航空施設を破壊したと成果を訴え、「完全に正当化される」と主張した。
o0630041913909150436.jpg

その上で「熟慮の末、措置に踏み切った。我々はさらなる行動をとる用意もある」と述べ、
シリア政府の対応次第では米国の軍事行動が続くと警告を発した。








『思いやりの心がお終いということは人類(人間性)のお終いということ。』
~Rael Maitreya's COMMENT
safe_image_201704082333161c8.jpg

’ニューヨークの精神状態’
ニューヨークの地下鉄車両のドアに頭を挟まれた婦人を撮影した
異様なビデオがオンラインで憤りを引き起こした。
彼女を助けようと誰も立ち止まらなかったことがビデオで分かって。
Bizarre footage of a woman with her head stuck i
n the door of a New York subway car has sparked outrage
online after the video showed no one stopping to help her out.
rt.com
https://www.rt.com/viral/383773-nyc-subway-head-stuck-doors/
スポンサーサイト
[ 2017/04/08 23:37 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

彼らは完全に発狂しているのか

テロと戦争を嫌う正常な人々から見れば、完全に発狂しているとしか見えない1%支配層の上位に居る者たちの・・
核戦争実行準備と
性悪説原罪思想サタニズムのカルトの軍需殺人利権・・・
そして彼ら一神教のダブルスタンダードである、アルプスの悪魔儀式 // 世界最長鉄道トンネル開通式
ttps://youtu.be/PvlFZEMMq4M

なぜ連中が極端すぎる犯罪を続けるのか
良心を無視し続ける最大の原因とは何なのでしょうか・・・
[ 2017/04/09 18:54 ] [ 編集 ]

Re: 彼らは完全に発狂しているのか

改名さん、こんばんは^^

彼らは心の病人ですね~ 哀れな人たち・・・
脳内のテストステロンのバランスが崩れているのかしら?
とっても攻撃的で、他者を支配したがる男性ホルモンですね・・・

連中は、あらゆる富を一人占めして、何でも思い通りになるので、
自分を神のような・・・あるいは、神に選ばれた存在と思い込んでる節があります・・・
いわゆるシオニズムというやつですかね~ カルトとも相性が良さそうです。

[ 2017/04/09 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/887-e9c69758