【健康】 電子タバコは危険?

電子たばこ、
「ポップコーン肺」関連の化学物質含有



僕はタバコは吸いませんが、喫煙は個人の自由だとは思います。
ただ、人間の肺は煙を吸うようには出来ていませんが^^;
世界一長生きしたおばあちゃんは、喫煙家でしたし、お酒も飲んでいました・・・
どうせやめられないんであれば、喫煙してた方がマシですかね?
「ポップコーン肺」って何だよ、怖いよ~

続きを見る・・・ ↓ ↓





ウオールストリートジャーナル
電子たばこ、「ポップコーン肺」関連の化学物質含有

rtjtyityiklk02.jpg

By Saabira Chaudhuri
2015 年 12 月 10 日

原文 (英語)
 ハーバード大学が8日公表した新たな調査で、風味を加えた電子たばこの安全性をめぐって疑問が生じている。こうした風味の多くが「ポップコーン肺」として一般的に知られる呼吸器系疾患に関連する化学物質を含んでいることが分かった。

 ハーバードT・H・チャン公衆衛生大学院の研究者は「主要な電子たばこブランド」が販売している電子たばこの51種類の風味について検査した

その結果、51種類の風味のうちの39種類で、ジアセチル(通常、バターやキャラメル、イチゴ、バタースコッチキャンディーといった風味付けに使用される化学物質)が含まれていることが分かった。

ジアセチルは閉塞性細気管支炎など、重い呼吸器疾患に関連するとみなされている

 米労働安全衛生局(OSHA)は、閉塞性細気管支炎について、細い気道が炎症を起こして傷が付き、その結果、気道の壁が厚くなって気道が狭くなるときに生じると説明している。

米環境健康科学研究所(NIEHS)が公表したこの調査の研究者たちは、最大手のたばこ企業数社が販売する電子たばこと、子供や10代をはじめとする若者たちに人気があると思われる風味について主に調査した。

 ほとんど規制のない電子たばこ業界はここ数年、争点となっている。一部の健康関連機関は、喫煙を始める人や未成年の喫煙者にとって電子たばこが喫煙のきっかけになるとし、風味付き電子たばこは特に若い世代の喫煙者をひきつける可能性があると指摘している。米国医師会雑誌(JAMA)で8月に公表された研究で、電子たばこを使用する中学3年生は、電子たばこを試したことのない同級生よりもたばこや葉巻、水たばこを吸う可能性が高いことが分かった。

 ジアセチルを吸い込むことに関連する「ポップコーン肺」は、電子レンジ用ポップコーンの製造業者の従業員が発症した肺病に関する2000年初期の報告を受けて、その名前が付いた。

 ハーバード大の研究者たちは、電子たばこで液体を電気で熱し蒸発させて風味付きの化学物質を吸いこむことで、喫煙者は電子レンジ用ポップコーンのメーカーの労働者と同じ状況にさらされると指摘した。

 ハーバード大の研究で、2,3ペンタンジオンとアセトインという他の2種類の化学物質も検出された。検査した51種類の風味のうち、それぞれ23種類と46種類の風味で見つかった。

今回、検査した電子たばこの約92%でこれら3種類の化学物質のいずれかが検出された


http://jp.wsj.com/articles/SB12063707009372514535404581407023361222228


スポンサーサイト
[ 2017/04/02 16:49 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/881-1a608be5