【マスコミ】 NHKはトランプ演説の重要な部分を削除して放送 【国賊】

NHKの受信料、高いよね~?
なんで、こんな無価値な放送にカネ払わないといけないのか? 月50円の価値も無いでしょう。
親がテレビ好きなので、仕方なく置いてるが、要らなくなったら即行で捨てて、犬HKは解約ですわ。

3260061.jpg

NHKは、トランプ大統領の掲げる「アメリカファースト」
つまり 『保護主義は繁栄と強さに結びつく』 という部分を丸々削除してました。
NHKは、過去にも、天皇陛下の演説を一部報道しなかったりと前科が多い。

続きを見る・・・ ↓ ↓




NHK 『俺は神!! 削除削除削除削除ぉぉぉぉ!!!』


・・・・・・・・・デスノートかな?(´・ω・`)





☆NHKはトランプ就任演説から
「保護主義は繁栄と強さに結びつく」 を抜かして和訳



~三橋貴明さんのブログ~
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12240382705.html

さて、メルマガにも書きましたが、昨日、NHKにトランプ就任演説の全文が載ったため、訳し方を確認してみたところ、何と、「保護主義は繁栄と強さに結びつく」が丸々「欠けて」おり、吃驚仰天(きっきょうぎょうてん)してしまいました。


元々の英文が、以下のようになっていたのを、

『We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies and destroying our jobs.
Protection will lead to great prosperity and strength. I will fight for you with every breath in my body and I will never ever let you down.』

NHKは、


『ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。わたしは全力で皆さんのために戦います。』
と訳していたのです。


「国境」を「国」と表現するのもどうかと思いますが、それ以上に「Protection will lead to great prosperity and strength.」を丸ごと省略しているわけですから、言い訳できません。

というわけで、

『三橋貴明
‏@TK_Mitsuhashi
NHKのトランプ演説の全訳、個人的に最も重要と思う「Protection will lead to great prosperity and strength.(保護主義は繁栄と強さに結びつく。)」の箇所が抜けている・・・・。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847631000.html …』

と、ツイートし、わたくしのツイートにしては珍しく200回以上もリツイートされ、さらに藤井先生や中野先生に報告し、藤井先生が、フェイスブックに、

『https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII
トランプの就任演説のNHKによる「全文訳」と呼ばれるものですが、この演説の中核となるセリフ、
「Protection will lead to great prosperity and strength」
(保護貿易が、偉大な繁栄と強さを導く)
が訳されていない、というお話を三橋さんから伺いました。
俄に信じがたかったので改めて確認したところ....まさに三橋さんがおしゃる通り、で愕然としました!!
何と言っても、米国ではこの部分こそが、例えば大手ニュース配信社のCNBCのニュース見出し(下記参照)に使われているくらいに、最もコアな超重要フレーズだったからです!
「Trump inauguration speech:
'Protection will lead to great prosperity and strength'」
http://www.cnbc.com/…/donald-trump-were-transferring-power -… (後略)』



と、書き込まれ、NHKの捏造、厳密には「最も重要な一文を日本国民に報じないという『報道しない自由』の行使」という悪行が広まっていきました。


結果、現在はNHKの全訳の該当部分は、


『ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国境を守らなければなりません。保護主義こそが偉大な繁栄と強さにつながるのです。わたしは全力で皆さんのために戦います。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847631000.html 』


と、修正されています。「保護主義こそが偉大な繁栄と強さにつながるのです」という一文が登場し、「国を守る」も「国境を守る」と正しい訳になりました。

大変、興味深いことに、NHKは「Protection 」を「保護主義」と、わたくしの解釈と全く同じ訳を充てています。ちなみに、他の各紙の該当箇所を見ると、


BBC「保護によって、繁栄と力は拡大します。」

読売新聞「保護することが、偉大な繁栄と強さにつながる。」
朝日新聞「防御が、大いなる繁栄と強さをもたらすのです」
産経新聞「保護することで繁栄と力が生まれる」
日経新聞「保護こそが素晴らしい繁栄と強さにつながる」

と、朝日のみが「防御」で、他の各紙は「保護」と訳しており、わたくしが個人的に最も適切と感じた「保護主義」を採用したところはありませんでした。逆に、NHKのみが「保護主義」と訳すという、面白い結末になっております。


ちなみに、わたくしが「Protection」に「保護主義」という訳を充てたのは(※本来、保護主義は「protectionism」なのですが)、WSJの部分訳で「保護主義」となっていたためです。


NHKがWSJに倣ったのかどうかは知りませんが、いずれにせよ、最初に「報道しない自由」を行使しようとしたNHKが、(わたくしが)最も適切に思える訳語を充てるという皮肉なオチになりました。


いずれにせよ、NHKは当初の段階で、なぜ「Protection will lead to great prosperity and strength」を略したのか。すなわち、日本国民に知らせようとしなかったのか。


思考停止的にグローバリズムを妄信しているNHKの誰か(マスコミ関係者の多くはそうでしょう)が、
「いや、まさか! アメリカがProtection(保護主義)などと言い出すとは! そんなバカな話はない! きっと何かの間違いだ! 日本国民のためにこの部分は省略しよう。それが正しいんだ」
という感じで、「Protection will lead to great prosperity and strength」を略し、ついでに「border」も国境ではなく、抽象的な「国」という表現にしたとしか思えないのです。


いわゆる、認 知 的 不 協 和の一種ですね。

ちなみに、アメリカにとって保護主義は、ある意味で伝統政策です。アメリカは覇権国イギリスが自由貿易を推進している最中、自国(及びドイツ)は保護主義政策を取り、世界の覇権を握るまで国力を高めたのです。この辺りの話は、中野剛志氏の「富国と強兵 」に詳しいです。


いずれにせよ、このまま本当にトランプ大統領率いるアメリカが「保護主義」の路線を走った場合、日本のマスコミ、学会、政財界はパニックに陥るでしょう。そして、誰もかれもが認 知 的 不 協 和に陥り、

「いや、違うよ。アメリカ様はきっと、本心では自由貿易を求めているんだよ。TPPも、本当はやりたいんだよ」
という感じで、迷走を始めることになるでしょう。


とはいえ、時代は間違いなく「過度なグローバリズムの是正」に進み始めています。この「現実」を認識せず、日本国が相変わらず周回遅れのグローバリズム路線を突き進むのであれば、我が国の将来は暗澹としたものにならざるを得ません。


ならば、どうする? について、真剣に考えなければならない時代が訪れたのです。




スポンサーサイト
[ 2017/01/23 18:23 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/847-85b3b933