【米国】 トランプ政権とゴールドマンサックス

トランプ政権とゴールドマンサックス
・・・・行き着く先はロストチャイルド金融マフィア

gold-trump-grunge.jpg

当然といえば当然の繋がりですね^^ トランプの周囲を見れば、ゴールドマンサックス関係者が多い。
世界のスーパーお金持ちは、必ずロスチャ銀行屋に行き着く・・・
ましてやアメリカ不動産王のトランプ・・・たしかに裏取引とかやってそうですね(笑)
まあ、ネオコンに屈して核熱戦争になるよりはマシと考えるしかないかな?

続きを見る・・・↓ ↓



http://www.thedailysheeple.com/what-deal-did-donald-trump-make-with-goldman-sachs_012017

1月12日付け
編集者のコメント:トランプ氏はゴールドマンサックスと同様に
ロスチャイルドとも裏取引をしていると思います。




Wall Street On Parade (1月9日付け) が、トランプ次期政権の中枢にゴールドマンサックスの関係者が送り込まれた理由を以下のように説明しています。

トランプ次期大統領は、

ゴールドマンサックスに17年間務めたスティーブン・マヌーチン氏を財務長官に、

ゴールドマンサックスの元役員のステファン・バノン氏をホワイトハウスの最高戦略責任者に指名しました。
また、トランプ氏はゴールドマンサックスの社長のゲーリー・コーン氏を、国内外の経済政策決定機関である国家経済会議のトップに指名しました。
さらに、トランプ氏はゴールドマンサックスの外部弁護士のジェイ・クレイトン氏(サリバン&クロムウェル)を証券取引委員会の会長に指名しました。クレイトン氏の妻はゴールドマンサックスの副社長です。

Politicoによると、ゴールドマンサックスのパートナーであるゴールドマンサックス財団のトップ、ダイナ・パウウェル氏はトランプ氏の娘のイバンカさんの政策・人材の最高顧問を務めています。
また、2010年からゴールドマンサックスに勤務しているエリン・ウォルシュ氏をOffice of Corporate Engagement for Asia Pacificの事務局長に指名しました。
ウォルシュ氏はトランプ氏の政権移行チームの国務省担当としてエクソン・モービルの元CEO、レックス・ティラーソン氏が出席する上院の指名承認公聴会の準備を行っています。
さらに、ゴールドマンサックスの役員のアンソニー・スカラムッチ?(Scaramucci)氏はトランプの政権移行チームに加わっています。
トランプ氏とゴールドマンサックスの裏取引はトランプ氏に個人的な恩恵をもたらすのでしょうか。

Wall Street On Paradeは以下のように分析しています。
トランプ氏はウォール街の150社以上に債務があります。また、ゴールドマンサックスの住宅金融専門会社はトランプ氏が3割を所有するマンハッタンのオフィスタワーを担保に取っています。
トランプ氏の債務の一部はウォール街の複数の会社が保有しています。債務不履行になった場合の貸付金保険も含まれています。
トランプ氏のその他の債務の債権者は有限責任事業組合(複数)です。

トランプ氏が返済ができなくなった場合は、ゴールドマンサックスの裏取引が機能します。
トランプ氏はローン・プロテクション(貸付金保険?)で対応できます。
ゴールドマンサックスは、トランプ政権の中枢に入りこむことになります。

2010年のマット・タイビ氏の記事によると、
ゴールドマンサックスは世界最強の投資銀行であり、人間の顔に巻き付いた吸血鬼部隊です。

らは容赦なくお金の臭いのするものなら何でも血を吸いつくします



以下省略

~日本と世界と宇宙の動向~
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000891.html

スポンサーサイト
[ 2017/01/14 21:37 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/839-9cd6c01d