【国際】 核攻撃され得る日本の米軍基地

ロシア派のトランプ当選で、米国とロシア間の致命的な対決は遠のいたかに見えます。
米ネオコン軍産には、核を使えばロシアに勝てると考えるオカルト的な思想があります・・・
ヒラリーだったら第3次世界大戦(30分で終わる)になっていました。

2675514.jpg

実は、運よく、日本から米軍が撤退して、日本が独立しても、問題があります。
米ネオコンは、そうなった場合の事前の策、プランBをもっています。
これは、昔から言われていた事なんですが、日本に核武装させて、
中国やロシアと同士討ちさせるというもの。


・・・ところで、今度の参議院選挙で
「日米安保条約の破棄」を主張する人が一人でも居るの?おそらくゼロでしょう。

続きを見る・・・ ↓ ↓



「日本が核を持ってないと、外交でナメられて不利になるぅ~」
とか、小学生みたいな理論を振りかざすアホがネットには多いんですかね?
困ったことに、右にも左にもいます・・・マジでIQが低いのかな?

日本は核もっても不利益しかないんですがね・・・感情抜きでマジでな。
そもそも、日本には「原発もんじゅ」という北半球の自爆スイッチがあるんですが・・・
まずは日米安保の破棄からですね^^

日本が核戦争誘導されてしまった場合、まず沖縄は優先的に攻撃されます
おそらく水爆がメインになります。一瞬で蒸発できるなんて羨ましい・・・

o0665056513679716850.png

ロシアや中国も、できるだけ核は無駄な使い方はしないので、
日本の本土は原爆で十分と考えるかな?

一つのミサイルに十数発の拡散核弾頭を積んだ原爆で攻撃されます。
さながら、漫画はだしのゲンみたいな世界が日本中でみられるハズです・・・

o0600040713679716849.jpg

※佐世保も原爆。佐世保から長崎は約40キロ。
長崎は二度目のもがき苦しみとなるでしょう。
岩国と広島の関係も同様。広島の人たちも2度目になりますね。





☆”日本を利用する” だけの アメリカの軍事戦略

ch1332.jpg
孫崎 享さんの記事です:

Subject: 核兵器保有に関する私の立場、1986年オホーツク海のソ連戦略潜水艦攻撃に加担する危険性言及時、独自核の方がましの論展開は事実。米国保守系が日本に核兵器持たせようとする危険ある今日、核兵器保有に反対の立場

1:私も気付かなかったのですが、ウィキペディアで私の項目で、次の記載があります。

ハーバード大学国際問題研究所研究員として[編集]
1985年-1986年、ハーバード大学国際問題研究所研究員として、論文"The Changing Strategic Importance of the Far East: The New Role for Japan."(極東軍事戦略の重要性の変遷:日本の新しい役割)を発表[4]。

抜粋[5]
If Japan possesses nuclear deterrence forces, the Russians would never misinterpret Japan’s nuclear retaliation. SLBM could work as a deterrence force. Financially this is well within possible expenditure.

和訳
日本が核抑止力を持っている場合、ロシア人は日本から核の報復があることを決して見誤ることはない。潜水艦発射弾道ミサイルは抑止力として機能する。財政的にもこれは十分歳出可能な範囲である。

1986年の論文(二島返還論示唆として外務省内で配布禁じられた論文。したがってコピーは出回っていない、多分、日本国内では存在しない)が出てくることに驚くが

この論文の最大の趣旨は

ソ連がオホーツク海に戦略核搭載潜水艦配備し、これへの攻撃に自衛隊活用を米国決める。日本に大量のP3Cを購入させる。戦略核搭載潜水艦への攻撃は米ソ核戦争勃発前の行為だから極めて危険である。ソ連の核兵器に対抗するなら独自核の方がまし」との論調である。

2:しかしながら、1990年代以降米国保守の中に、


日本に核兵器を持たせ、「日中相打ちにさせたらいい」という考えの台頭


で、立場を変えました。現在の立場については『21世紀の戦争と平和』に明確に述べていますが、抜粋します。
米国のタカ派と呼ばれる人々はなぜ日本の核武装を歓迎する発言をはじめたのでしょうか
米国で「日本に核兵器を持もたせたらいい」と主張したのは、実はトランプ氏だけではないのです。米国のネオコン(新保守主義)につながる人々の中では、共通に持たれている考え方です。


二〇〇三年三月、米国のテレビ局NBCの報道番組「Meet the Press」の中で、
ディック・チェイニー米副大統領は「日本が核問題を書き直すか否かの再考を迫られるだろう(Japan,may be forced to consider whether or not they want to readdress the nuclear question)」と発言しました。

二〇〇三年一月三日付の米紙ワシントン・ポストで、保守派でもっとも影響力のある論客と言われるチャールズ・クラウトハマーは、北朝鮮の核兵器開発を止める手段として「日本カード(Japan Card)」という表題の論考の中で次のように主張しました。

我々は中国に行って、北朝鮮に圧力をかけられないなら、我々は日本が独自の核抑止を持とうとする試みを支持するべきだ。我々の悪夢が核兵器化した北朝鮮なら、中国の悪夢は核兵器化した日本だ。ともに悪夢の中にいるときが来た。

二〇〇三年二月、ジョン・マケイン米上院議員は「北朝鮮の核危機に中国が積極的介入をしなければ、日本は核兵器を持つことを強制されるであろう(Japan will be forced to possess nuclear weapons)」と発言します。

私たちは、トランプ氏というとんでもない候補が日本の核武装化容認を主張したので、それは米国内では例外的な主張であるかのように受け取りかねないところですが、歴史を振り返ってみると、日本の核武装容認は一九九〇年代以後、米国の保守派の基本的な考え方のひとつになっているのです。
ここまで見てきた発言などから、米国保守派の意図が推察できます。



○中国、北朝鮮に対応するのに、日本の核武装というカードを使う。
核武装容認の下準備として、日本国内の「国家主義的な感情を高ぶらせる」。

こう見ますと、日本国内の「国家主義的な感情を高ぶらせる」ことは米国保守派にとって望ましいことです。

一九七〇年代後半、ソ連の対欧州核攻撃体制が強化されました。それに対し米国はドイツに中距離弾道ミサイルを配備しました。ドイツ人は抑止力が高まると歓迎したでしょうか

一九七五年、ソ連は核兵器を搭載する中距離弾道ミサイルを、欧州東部に配備しました。「SS‐20」というその弾道ミサイルの射程は、約五五〇〇キロメートルです。

米国はこれに対抗する手段として、最大四六四基の地上発射型巡航ミサイル(GLCM)、および一〇八基の弾道ミサイル「パーシング?」を、ヨーロッパ、とくに西ドイツに配備することを決めました。


問題はここからです。


ドイツにとって、ソ連による核兵器の脅威は増しました。米国は、それに対抗するため中距離弾道ミサイルと巡航ミサイルをドイツ国内に配備しました。いまの多くの日本人の感覚でしたら、ドイツ人は「抑止力が増した」と安心したのではないかと考えるでしょう。
では実際には、当時ドイツ人は喜んだでしょうか。喜びませんでした。
それはなぜでしょうか。


危険を察知したのです。


米国が、ドイツに配備された核兵器搭載ミサイルを用いて、モスクワなどを破壊する。その反撃に、ソ連はドイツを攻撃する。攻撃の主体が米国であろうとも、反撃対象になるのはドイツです。そこに中距離弾道ミサイルが配備されているからです。


そのとき、アメリカ本土はどうなるでしょう。被害なしです。
つまり、「ドイツとソ連が滅びて米国が生き残る」というシナリオです。ドイツ人はそれに気がついたのです

ここから、ドイツは米軍の核兵器に依存することをやめました。ドイツは独自の対ソ外交を開始しました。ドイツ自らが主体となって「ソ連とは戦わないシステム」を作る必要があると考えたのです。この流れは今日のアンゲラ・メルケル独首相にまで継承されています。

たとえば、クリミア問題でロシアと欧米の対立が強まったときには、メルケル首相はフランスとともに、ウクライナ、ロシア間の調停を行い、緊張を鎮静化しました。

米国の核運搬ミサイルをドイツ国内に配備することに対するドイツ国内の激しい反対運動を背景に、一九八七年一二月、レーガン米大統領とゴルバチョフ・ソ連書記長との間で「中距離核戦力全廃条約」(射程が500kmから5,500kmまでの範囲の核弾頭、および通常弾頭を搭載した地上発射型の弾道ミサイルと巡航ミサイルの廃棄)が締結されます。

日本の動きとはまったく逆です。


軍備を配備して抑止力を高めようとすれば、相手国は必ずそれに反発して軍備拡大がはじまります。そして思わぬ事件を契機に、武力紛争がはじまってしまうのです。
日本が独自の核兵器を備えれば、中国、ロシアに抑止力を発揮できるのでしょうか

北朝鮮はまだ核兵器を開発中の段階です。北朝鮮の核兵器にどう対応するかは、●章で論じますが、結論を先取りするなら、日本が北朝鮮の政権と指導者を軍事手段で排除する動きにくみしなければ、北朝鮮が日本攻撃する理由はありません。

日本が自国の核兵器を持ち、武装拡大による抑止という論理で他国からの核攻撃を牽制するとすると、その対象国は、具体的には中国とロシアです。

いわゆる「抑止論」の最大の弱点は、もし日本が核攻撃を行えば、相手国に報復攻撃の口実を与え、こちらの先制攻撃の何倍にもなるであろうその報復攻撃に、日本は耐えられないということです。


考えてみましょう。

日本と中国のあいだの外交問題がこじれます。

中国は、日本が中国の言い分を飲まないなら、核兵器で攻撃すると脅します。

日本は、そのような事態になったら中国を核兵器で報復攻撃すると言います。

中国は「わかりました。どうぞ攻撃してみてください。その代わり、我々は東京、大阪、名古屋、京都、横浜、神戸を核攻撃します。それでも不足なら、福岡、北九州、札幌、川崎、広島、千葉、さいたまを核攻撃します」と言います。

日本政府はどうするでしょう。それでも私たちは核兵器で報復攻撃すると言えるでしょうか。

抑止力とは、こちらが圧倒的な力を持っているときに有効な戦略であって、軍事小国が軍事大国に向かって使用できる戦略ではないのです。

抑止力のために核兵器を持っている国があります。
フランスです。

ではフランスは何発の核兵器を持っているでしょうか


米国とソ連は、互いに世界一の座を争って核開発競争をしてきました。中国も同じく、米国との覇権争いのなかで、核兵器の開発に腐心しています。

インドとパキスタンが核兵器を開発したのも、インド亜大陸での両国の勢力争いが背景にあってのことです。

その点、フランスはちょっと異なります。自ら核兵器を持って、それをロシア(旧ソ連)に撃てる能力を維持することによって、ロシアに攻撃させないというものです。これは明確にこれまでに見てきた抑止力の論理に基づいた核保有です。

ではフランスは、何発の核兵器を持てばいいと考えたでしょうか。

フランスは「抑止をする相手国、つまりソ連の六〇%か、七0%を破壊できる状況になって初めて抑止力が生ずる」と判断しました。今日のフランスの核兵器は、約三五〇発程度と言われています。

また、核兵器を持つだけでは十分でありません。ロシア領土まで核兵器を到達させる運搬手段が必要です。

運搬手段には次の三つがあります。


○大陸間弾道弾
○戦略爆撃機
○戦略潜水艦(原子力潜水艦)

フランスはこれらの軍備も保持しています。このように、核兵器自体に併せてこれらを持って初めて、信頼できる抑止力が出てくるのです。

現在の日本にも核武装肯定派がいますが、彼らの意見は「一〇発程度の核兵器を持てば抑止力になる」というような、極めて楽観的なものです。そんな程度では相手国はひるみません。相手がひるまなければ抑止力ではありません。


スポンサーサイト
[ 2016/12/05 18:44 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

「黄色い猿を処分せよ」という連中の罠に落ちないことを願います

私は自分が少し右翼的であっても、日本が核武装すべきではないと願います
黄色人種の人口を最後は核戦争で削減させよう」ってのが、狂信的なグローバリストの戦略にありますからね

日本の原発から廃棄物として出る核物質が
フランスとイギリスを通じて核兵器に転用されてます

六ヶ所村の核処理施設が地震で(またはテロや老朽化で)重大事故が起これば
地球の生態系が終焉を迎えます
核戦争が起こされるよりも前に
その時が来るかも、しれませんから・・・

【 日本の原発からどうやって全世界へ原爆材料が流れ出ているのか? 】
「東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命」広瀬隆 ダイヤモンド社より
[ 2016/12/05 20:37 ] [ 編集 ]

Re: 「黄色い猿を処分せよ」という連中の罠に落ちないことを願います

改名さん、こんばんは^^

あまり報道されませんが、そういえば、六ヶ所村もやばかったですね~
安倍政権は、もんじゅ2号を作る予定だそうです、
地球自爆スイッチは2つも要らないと思うのですが^^; 

どう考えても日本の核武装は国益にマイナスにしか働かないですね~
日本は唯一の被爆国という最強の外交カードもってるのに・・・
反戦的、平和主義であった方が、日本国は有利な外交ができそうですね。

例外ですと、アフリカのような国土なら、一時的に核武装して、
居座っている米・仏軍を追い出すことは出来るかもしれませんが・・
そのくらいしないとあの連中は食い下がるでしょうね。
フランスによるアフリカ荒らしは目に余る行為ですね~
植民地税とか。
[ 2016/12/05 21:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/814-ece2dda8