宇宙国家’アスガルディア’の正体

宇宙国家’アスガルディア’の正体

57fe99d6c36188ab508b4567.jpg

一見、凄そうな計画ですね? 何か、裏がありそう・・・
人気アニメ 『ガンダム』 に出てくる、宇宙コロニーみたいなものと言えばわかるかな?
既に、これに住むための市民権を募集しています。 条件は大金持ちであること(´・ω・`)

続きを見る・・・ ↓ ↓





人類が核戦争で死滅する確立は9割強です・・・回避は難しい。
1パーセント側の支配者は自分達だけ助かるためのシェルターを建造してるという話を覚えてますか?

【核戦争】 世界の1%の支配者だけが核シェルターに入れます 【動画】
前回の記事 http://kado777.blog84.fc2.com/blog-entry-730.html










宇宙国家’アスガルディア’
Plans for first space nation ‘Asgardia’ revealed, citizenship applications opened

(´・ω・`)アスガルデイアの正体は、宇宙用の核シェルターの可能性が高いです。
この程度の科学力でノアの箱舟の真似事などしても助かるわけが無いのにね~?
権力者たちの思想は、時おり、非現実的なものを感じます・・・しかも邪教という(笑)

57fe99d6c36188ab508b4567.jpg

COMMENT : this project looking beautiful at first sight but the 100 000 will be the 1 % (who are in fact 1 for 100 000) who are searching a safer place that their actual underground shelter to stay when the next world nuclear war they are preparing will start. You can be almost sure that the 100 000 selected will be predominantly the richest people on Earth as the project needs huge financing, plus a team of top scientist, medics, military experts... and beautiful girls. It is also well possible that among the 100 000 who will apply they will start by sending first the richest 60 families who actually rule the Earth , and the necessary scientists and military , and ask the other to wait for future space vessel to bring them....and in fact never bring them at all....

(訳:ちょっと見この計画は立派なものに見えますが10万人というのは1%(まさに10万人に一人の者たち)のことで、彼らが始めようとしている次の世界核戦争の際にとどまる実際の地下シェルターよりも安全な場所を探しているのです。選ばれる10万人は地球上で最も富んだ人達が圧倒的であることはほぼ確実です。というのもこの計画は巨額の資金が必要であり、それに加えて最高の科学者、医師たち、軍事専門家たちのチームがそれに加わります。。。そして美しい女性たち。こういうことも大いにあり得ます。それは10万人の応募者たちの中から、この地球を実際支配している最も富んだ60の家族、それと必要な科学者たちや軍人から始めて、その他の申し込んだ人達には将来乗せてくれる宇宙船を待つように要請し、実際のところその人たちは一切来させないようにする、のです。)




スポンサーサイト
[ 2016/10/16 00:08 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

誰か必ず阻止してほしいわ

 アスガルディアは、公式のトンデモナイ民事版宇宙計画ですね。
v-414 この名称見て、昭和のロボットアニメのタイトルの様で吹き出しました(笑い)。

 オウム教団じみた0.0000001%の連中がこんなもの作って核戦争やらかしたとしても、優れた人工知能シャア大佐が「犯人のボスたちだけが助かろうなんて、絶対に許されない」と、地表に叩き落とすかもしれません。

 「第三の選択」は、4月に放送予定のエィプリール版フィクションでしたが。
 がしかし放送後、現実に「政府機関のある種のビジネス」に関わった複数の人々が、番組製作者へ情報提供を始め、制作スタッフは偶然にも政府レベルの機密の中身に近づいてしまった。
 ジム・キースは「第四の選択」の中で、支配層の独自の軍事選民計画についても触れていた。第三の選択という番組の脚本はフィクションだったが、「その指し示す方向」は大方事実であると、史実も交えて指摘していた。

 ネットの普及が徐々に進んでいた頃。
 上位支配層の独自の軍事選民計画と宇宙植民地計画について、もう一つは、ダーウィン教団の進化説を否定する本物の異星人情報についても、私は掲示板上に書き込みました。
 そのことから、使用していたPCにネットを介してスパイウェアが仕込まれ、IE使用時にはHPやブログなどとは別の、ごく小さな窓が私を脅す文面と共に表示されました。
 それは、稚拙すぎる犯人側の異常な自己顕示欲でもあった。
 チャットの時も、使用PCに記録されてあるユーザー名のデータも盗まれ、脅しとして悪用されるなど、粘着質にネットストーキングもされた。
 その相手が、普通の一般人ではないことは、直ぐわかりました。そこまでやるのは、単なる趣味ではなくビジネスだと。
 犯人が政府機関の職務を兼ねていることは、性質上明らかでした。
[ 2016/10/19 22:20 ] [ 編集 ]

Re: 誰か必ず阻止してほしいわ

改名さん、こんばんは^^

1%側の連中って間違いなくシャア大佐が嫌いなタイプの悪人ですよね(笑)

ネット普及があまり進んでいなかった頃は、工作員なんて都市伝説あつかいでしたからね~
政府はずいぶん前からインターネットに脅威を感じていたのは間違いないですね・・・
安倍政権はネット規制にやっきになっているようですが^^;
日本にもウィキリークスみたいな組織が欲しいですね~
[ 2016/10/21 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/785-06dfc354