【散策】 食欲の秋、中毒の秋

10月、それは年間でもっともキノコ中毒が多く発生する時期でもあります。
キノコの他にも、秋の山菜採りなんかも十分に注意してね?

DSC_5478明るいaa

とりあえず里山や渓谷などの自然公園に偵察に行ってまいりました^^
林内もぼちぼち秋のキノコが出始めているみたいですが・・・

続きを見る・・・↓ ↓






はい、カラフルな落ち葉が地面に散ってきた今日このごろ・・・
クッソ暑い夏も終わって、良い感じです・・・
奥日光はすでに霜が降ってバケツの水が凍るという事態になってます(笑)

DSC_5369.jpg











もう10月ですね~
毒キノコ食べて中毒したというニュースもちらほらと見ます。
僕みたいな初心者は、スーパーで買ってきたエリンギ食ってるのが良いと思うの・・
最近はアギタケとかいう新顔がエリンギの地位を狙ってるとか?そうはいかんぞ!
でも、アギタケもエリンギの仲間なんだっけ? なら食っても良いのよ?

10月は、もっともキノコ中毒が多いと言われます。
でも、自分で採ってきたので食ってみたいという気持ちもわかります・・・
図鑑は最新のものにして、キノコに詳しい人と探しに行ってね? 
間違っても、僕の様な初心者のブログを参考にしてはいけません、死にますので。
DSC_5432aa.jpg









という訳で、公園に来てみた・・・何かあるかな?

DSC_5399.jpg










柿です・・・ 美味しそうですね

DSC_5427.jpg








ニガクリタケが出始めています・・・猛毒ですが、さらに細分化が進みそうなキノコです。
見分け方は簡単、かじって苦ければ毒(笑) クリタケの出来の悪い弟分。
DSC_5349.jpg







ここはアカマツやナラの木などが混合する公園。
出ていたのはアミタケやヌメリイグチなど・・・ 

??・・・・なんかありますね?

DSC_5345.jpg






ハツタケのようですね~
傷つけると赤いが・・・さらに時間が経つと青緑色に変色するという特徴をもっています。
DSC_5348.jpg






ハツタケ
DSC_5347aa.jpg
『初茸や まだ日数経(ヒカズヘ)ぬ 松の露』 と芭蕉の句にもあるキノコ。
秋キノコのシーズンの最初の頃に生えるので初茸という名前。
肉は傷つけると赤いが、時間が経つと青緑色に変化する。








また何か出てる・・・・いやらしいなぁ(意味深)

DSC_5357.jpg









コスリコギタケ
DSC_5356aa.jpg
ソウメンタケ科に属するキノコ。
棍棒のような形で、肌色~褐色色。
スリコギタケと似ているが、こちらはマイルドな感じ。










多かったのがこれ・・・アミタケ
煮ると紫色になるという特徴がある・・・食えるが、食べ過ぎると腹を壊すよ?

DSC_5360.jpg







アミタケだらけ(笑) 
似たものにコショウイグチというのがあるが、めちゃくちゃ辛いので判別できるとか?
DSC_5359.jpg








ここにもハツタケ!

DSC_5372.jpg







コトヒラシロテングタケさんが多い公園みたいですね? オッス、オッス!

DSC_5370.jpg








ここもアミタケだらけ・・・・

DSC_5364.jpg







謎のきのこ・・・ ケロウジ?
シシタケやケロウジのようなイボタケ科のキノコですね?
ケロウジの仲間で間違いないと思われますが・・・匂いは良いかも?

DSC_5408.jpg





ヒダはハリタケ型のキノコ・・・ 特徴的です

DSC_5352.jpg


DSC_5411.jpg








ここにもあった・・・ コナラなど広葉樹付近に多い。

DSC_5410.jpg








チャハリタケ(の仲間)
DSC_5351aa.jpg
夏~秋 アカマツ林などの地上に発生食用には向かない。
コウタケやシシタケは人気なのだが・・・










綺麗だな~(遠い目)

DSC_5343.jpg










DSC_5404.jpg









DSC_5442.jpg








燃え尽きたよ・・・真っ黒に・・・

DSC_5382.jpg









またまた出ていた、ホオベニシロアシイグチ
立派なアミアシ・・・ 味はいまいちで、食感を楽しむ程度だとか?

DSC_5373.jpg









ちょっと休憩^^

DSC_5392aa.jpg








DSC_5392改aa









よくわからないキノコ・・・何だっけ? 
なんか喉元まで名前が出かかっけるんだが名前が出てこない(笑) 

DSC_5365.jpg



上から・・・

DSC_5367.jpg










これは・・・・ コウモリタケかな?

DSC_5416.jpg








ズキンタケさん、オッス、オッス!
DSC_5379.jpg










そろそろ場所を変えましょうか・・・

DSC_5377.jpg











やって来たのは渓谷! マスタケっぽいキノコさん、オッス!
アイカワタケにも見えるんですが、特徴があいまいです・・・これ系はわからん^^;

DSC_5456aa.jpg








何か、白い花が咲いてます・・・ 湿った岩肌が好きなのかな?

DSC_5444_20161002204554c51.jpg







ああ、これ ダイモンジソウ ですね! 原種系か?

DSC_5443_201610022045548c1.jpg






このように、花が 『大』 の形に見えるので大文字草・・・
様々な園芸種が人気ですが、原種系は白い花なんですね~

DSC_5438.jpg










ダイモンジソウ    花言葉  『自由』  『不調和』  『まぼろし』
DSC_5439aa.jpg
漢字の 『大』 という文字に見える花の形をしている。
属名はサキシフラガ(Saxifraga) 
ラテン語のsaxum サクスム(石)」とfrango フランゴ(割る)という語源からなる。
湿った岩肌の割れ目に咲いていることから名がついた。耐寒性は強め。
様々な園芸種が出ており、人気の花。 渓谷の妖精。











こちらは・・・アザミの仲間?

アサマヒゴタイ・・・もしくは近縁種かな?

DSC_5447_20161002204553339.jpg



アサマヒゴタイという名前ですが、ヒゴタイでもアザミ属でもなく、
キク科、トウヒレン属に入る種類ですね・・・ややこしいなぁ・・ キノコよりはマシか(笑)








アサマヒゴタイ  花言葉 ???
DSC_5450.jpg
キク科トウヒレン属
Saussurea nipponica subsp . savatiri
別名:ツクバヒゴタイ。
関東では里山や渓谷で普通に見られる。夏~秋











アザミはこっちですね~ よく道ばたに生えてます^^
黄色いのはキバナアキギリという花





ノアザミ   花言葉 『触れないで』
キバナアキギリ   花言葉 『華やかな青春』
DSC_5461.jpg









なんか白くてフサフサしたものが出てきた(笑) オオバショウマです。

DSC_5458.jpg








オオバショウマ    花言葉  『控え目』
DSC_5468aa.jpg
オオバショウマ(大葉升麻、学名:Cimicifuga japonica )は
キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。
根茎は太く、長く横に伸び、ひげ根がある。根出葉は1回3出複葉で、
小葉は大形の円心形で基部は切れ込み、長さは7-20cmになる。
縁は掌状に5-9中~浅裂し、裂片は鋭尖頭形になり、不ぞろいな鋸歯をもつ。
葉の表面の縁辺部に短毛があるかまたは無く、裏面は葉脈上に短毛がある。
花期は8-9月。花茎状の茎は高さ40-120cmになり、長さ30cmほどの穂状花序をつける。

~ウィキより











・・・・・これ、何ですかね~

まるで幼虫の蛹みたいな形・・・ 何かの種ですね。

DSC_5471.jpg







どうやら、この葉っぱから出てるみたい・・・ 
あらあら・・綺麗な葉っぱですね~

美味しそう・・・ヨモギの仲間かしら(⌒-⌒)ニコニコ

DSC_5462.jpg












ヤマトリカブト    花言葉  『騎士道』  『栄光』  『復讐』
DSC_5467aa.jpg
猛毒植物御三家。 
ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つ
花の形が鳳凰の頭に似ていることからトリカブトの名を持つ。

ヤマトリカブトはトリカブト属の中でも、最強クラスの毒性をもち、
花粉や蜜にも毒が含まれる。 傷ついた手で触ると中毒する恐れもあるが、
園芸や切花でも人気がある。扱いには十分に注意されたし。
基本的に痺れ毒であり、食べると嘔吐・呼吸困難、臓器不全などから死に至ることもある。

経皮吸収・経粘膜吸収され、
経口から摂取後数十秒で死亡する即効性がある。
半数致死量は0.2~1グラム。トリカブトによる死因は、心室細動ないし心停止である。
主な毒成分はジテルペン系アルカロイドのアコニチンで、
他にメサコニチン、アコニン、ヒバコニチン、低毒性成分のアチシンの他ソンゴリンなどを
全草(特に根)に含む。採集時期および地域によって毒の強さが異なるが、
毒性の強弱に関わらず野草を食用することは非常に危険である。

古来より、アイヌが毒矢として狩りに使ってきた毒草(エゾトリカブトなど)
ヨーロッパでは、魔術の女神ヘカテーを司る花とされ、
庭に埋めてはならないとされる。ギリシア神話では、地獄の番犬といわれる
ケルベロスのよだれから生まれたともされている。 花は紫色。










危ない危ない・・・危うく即死するところでした(笑)
花が咲いていればわかりやすい草なんですがね~ 実が生っているの初めて見れたわ^^;
もし、手に傷があって、葉っぱの汁なんかが手についたら即死ですよ・・・
これでも、活花や切花に人気なんですよね・・トリカブトって^^;

さて、オチもできたし、帰りますか・・



帰りに墓場に咲いていたコスモスが綺麗でした^^



DSC_5478明るいaa







DSC_5478明るい改aa








彼岸花の隣りにうわっていた植物はキョウチクトウ・・・夏の花ですが、花は散ってしまいました^^
キョウチクトウも猛毒の植物ですね。 悲しい死亡事故も起きています。

花言葉は 『危険』 でも危険だから魅力があるんです・・・
夏の終わりですね・・・短い秋がやってきます^^ 涼しくなると良いな~

DSC_5493_20161002204710721.jpg













スポンサーサイト

霊夢とコスモス・・・

魔理沙とキノコはもちろん最高の相性だと思うのですけど
霊夢とコスモスも見栄えがしますね!
も――――、霊夢が可愛過ぎて生きているのがつらい・・という感じさえ漂っていますね!

それにしても・・

山には色々な「猛毒」があるものなのですね!

これじゃ、魔理沙も魔法の道具として選ぶのも大変なのかもしれないですけど、こういう時にうってつけなのが
やっぱりメディスン・メランコリーなのかもしれないですね。
メディスンはアリスと仲が良さそうだから、魔理沙に対しては敵愾心を燃やしちゃうのかも・・??
[ 2016/10/04 22:52 ] [ 編集 ]

Re: 霊夢とコスモス・・・

ぬくぬく先生こんにちは^^

やはり霊夢さんは花が似合います^^ 魔理沙はキノコ(笑)

たしかメディスンは人形なので一切毒は効かないという設定があったような・・・
実際、毒が操れるという能力は強そうですね~ 
アイヌ民のトリカブト毒矢は一撃でヒグマを仕留めたとありますし^^
モウドクフキヤガエルは触っただけで死にますし(笑)

[ 2016/10/05 06:40 ] [ 編集 ]

野生キノコ食べたい・・・かも

kadoさんコンです

奥日光は水がもう凍ってるんですか
今年は秋に近づいても台風で蒸し暑さがぶりかえったりしてましたがw
地域の部分的な気温上昇ですが
地球は結局、小氷期へ突入中みたいですね

ヤマトリカブトはケルベロスのヨダレからって話も面白かったです

こちらでは、人面模様のブッキーなキノコを発見しました
呪われてますw
次は何が出るかです
ttp://livedoor.blogimg.jp/makimu/imgs/9/d/9d4a74e5.jpg
これは地球の異常現象です天変地異の前触れです(大嘘)
[ 2016/10/05 19:14 ] [ 編集 ]

Re: 野生キノコ食べたい・・・かも

改名さん、こんにちは^^

奥日光はぼちぼち紅葉が始まってますね・・・
そろそろ日光市名物のいろは坂渋滞が見れそうです^^;
今年はぜひ樹氷を見たいので、奥日光はガチガチに凍って欲しいものです。

改名さんもなかなか良いキノコスポットを見つけてますねw
ブッキーキノコ・・・・シュールです(笑)
[ 2016/10/06 07:32 ] [ 編集 ]

いろいろなキノコがあるのだなぁ、と勉強になります

昔の人は、1つ1つチャレンジして
毒に当たっては、それを事例にしていたのでしょうか

トリカブトも、その辺に生えてそうな草なのですね、怖い感じもします
[ 2016/10/07 11:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tsukasael696ⅹ埼忍居士さん、こんにちは^^

キノコは中毒があって初めて毒キノコ認定されるので
数々の中毒の歴史があるんでしょうね・・・食って初めてわかるというのは怖い^^;

唯一例外で、一人の中毒も出さずに研究のみで毒キノコと認定された
キノコに ミカワクロアミアシイグチ というのがありますが・・・

トリカブトは寒い地方ほど毒性が凶悪になるそうです・・・
一見、普通の草にしか見えないですね(笑)
[ 2016/10/08 05:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/778-13fec245