【ドール】 星降る草原 【曙】

はい、やって来たのは県民の森。
ここらでアケボノソウが出ているとの情報を得たので散策してみる・・・良い天気ですね?

DSC_4865白改aa

まだまだ暑いですね・・・
彼岸花が咲き始めた様子です、見ごろは来週あたりかな~
今回は山の植物を探しに行きますので・・・キノコもあるかな?

続きを見る・・・ ↓ ↓









県民の森はけっこう広いのです・・・
ここは昭和57年に昭和天皇・皇后両陛下をお迎えして
「第33回全国植樹祭」が開催された場所

DSC_4782.jpg



ともかく、早朝に来すぎた(現在7:00)
アケボノソウがどこにあるのかわからない(笑)
事務所はAM9:00からなので、それまで渓谷でも散策しますか・・・

DSC_4818.jpg








いたる所でタマゴタケを見かけました・・・
9~10月はタマゴタケの季節なんですかね? 他のテングタケ科もけっこう出てました。

DSC_4819.jpg








シワチャヤマイグチと何か小さいやつ(笑)

DSC_4827.jpg








小さいけどフクロツルタケかな? 猛毒です。

DSC_4791.jpg










おっと? 綺麗なキノコ発見!

DSC_4790.jpg









チシオタケ
DSC_4790改
夏~秋、広葉樹の朽木などに発生。
淡い赤紫色で、新鮮な時は赤みのある液を出す。
傘は条線があり、縁にはノコギリ状のフリンジがあり美しい。
柄は細く、ストロー状。無臭。食毒不明。











ホトトギスが咲いてます。

DSC_4805.jpg











これは・・・だいぶ痛んでますが、
もしや コガネヤマドリでしょうか?
DSC_4832.jpg









コガネヤマドリ
DSC_4833_20160910233443ee0.jpg
文字通り黄金色のイグチ。
変色性は無い。本種の最大の特徴は、
柄の部分の上部に細かい網目が集中していること。
傘の色は状況によってバラつきがあるらしい。食毒不明。










ススキ原に出ました・・・

DSC_4804.jpg









ススキは逆光で撮ると、光って綺麗ですね^^ ストロボ必須ですが・・・

DSC_4795白aa








さて、事務所に行くと、窓口のお姉さんが、大体の場所を教えてくれました^^



お姉さん 『ここら辺はヤマビルが出るので注意してくださいね(ニッコリ)』

(´・ω・`)  『・・・・そんな~』









とりあえず、お姉さんに教えてもらった 『大体の場所』 に向かう・・・
日が昇ってきて暑いんですが^^;

DSC_4786.jpg







道ばたにはこんなのがいっぱい咲いてました^^

DSC_4787.jpg









お姉さんの地図だと、ここら辺に間違いないのですが・・・

え? ここ? ここを探せっていうの? ヤブの中を?


嘘だと言ってよバーニィ!

DSC_4857.jpg




ヤブ蚊『獲物が来たぜ・・・』
マダニ『病気うつしたるで!』
マムシ『俺の攻撃をかわせるかな?』
クマ『武器なんか捨ててかかってこい!』
イノシシ『いつでも出れる』
スズメバチ『シンニュウシャハッケン!』
ヤマビル『俺がガンダムだ!』



・・・・・・・(´・ω・`)









探すこと30分・・・

あった!

DSC_4839.jpg




全身、長袖、長ズボン、手袋、長靴・・・・このクッソ厚い中、ヤブを探すという地獄。
とりあえず、何事も無く見つかって良かった^^





アケボノソウ・・・ ハイカーや野草愛好家に人気の小さい花です^^
やや湿った場所に咲き、致命的な絶滅危惧種では無いものの、
特定の場所に行かないと見れないので、人気は高い。
山の湿地帯などに自生する2年草。場所は秘密な?

花の形が『星』 に見えるのが名前の由来。
その姿が暗い夜明けに輝く 『明けの明星』 に譬えられアケボノと言われる。


DSC_4838.jpg







リンドウ科の植物なんですね~ なんとなくわかります^^

DSC_4837.jpg










記念撮影(笑)
DSC_4850aa.jpg










アケボノソウ    花言葉 『今日も元気で』 
DSC_4855.jpg
リンドウ科センブリ属の多年草。比較的湿潤な山地に生育する。花期は9-10月。
生態:湿地や林床などの、比較的湿った場所に生える。
2年草であり、発芽後1年目はロゼットのまま過ごす。
2年目に抽苔し、高さ80cm程度まで茎を伸ばす。茎の断面は四角形で、
葉は10cm程度の卵状で互生する。ロゼットの根生葉は柄があるが、
茎生葉は柄がないことが特徴的である。
9-10月の花期、分枝した茎の先端に径2cm程度の白い花をつける。
花は5弁で星型。花弁には紫色の点と、黄緑色の特徴的な丸い模様がつく。
和名アケボノソウの名前は、この模様を夜明けの星空に見立てた名前。
別名キツネノササゲ。 
~ウィキより










帰りに、全国植樹祭跡地へ・・・ 眺めがいいですね~

トンボがいっぱい飛んでます^^

何故か霊夢さんはトンボに人気!? 絶対頭にとまるんだよな~
もう、毎年恒例の行事みたいになってます(笑)


DSC_4865白改aa








DSC_4865白aa








DSC_4874改aa








DSC_4874aa.jpg







そんなワケで、里山の散策でした~^^
今度は秋が深まった頃に来ましょうか?

DSC_4780aa.jpg












スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/769-1eb7ae94