【キノコ】 栃木県民は何でチチタケを食べるの? 【疑問】

はい、栃木県民のわたくしが、チチタケについてお話します・・・
正確には、何で栃木県民はチチタケが好きだと思われているのか? です^^;
チチタケは白い乳液が出るキノコなので乳茸、という訳です、おっぱい。

(※本物のチチタケが見つけられませんでした、画像はイメージです)DSC_3228改aa


チチタケは栃木では 『チタケ』 と略されますが、心底どうでもいい話ですね・・
7月ごろからチチタケ狩りと称して、チタケ狂信者が山に溢れかえります。

熊に襲われる崖から転落 、マダニ病業者の抗争スズメバチの逆襲などなど・・
毎年、多数の死者が出ていますが、それが何? とうのが栃木県民であります。

続きを見る・・・ ↓ ↓









はい、梅雨が明けたら真夏です、暑くなりますね?
ちゃんとカラダ鍛えてるか~ 格好良くなって、海で綺麗なお姉ちゃんナンパするんやろ?
僕なんか、最近メタボ体ですよ・・・
もう遅いけど・・夏にむけて腹筋して筋肉つけたら? この動画みたいに・・








チチタケ   ベニタケ科
02323333333333333333333333333titake.jpg
【チタケ採り、無理は禁物 栃木県内で滑落多数】
栃木県民しか食べないといわれるキノコ「チタケ」を採りに山へ入り、滑落する事故が同県内で相次いでいる。
毎年二、三人が亡くなっているが、今年は既に六人が滑落死。危険と知りつつも山に踏み入る理由は、
「マツタケ以上」といわれるコクと香り高いだしが取れることにあるようだ。
チタケは薄茶色や赤茶色の傘で、コナラやマツがある場所に生える。
そのまま食べるとボソボソした食感で、だしを取るのが一般的。
栃木県きのこ同好会副会長の舘野孝良さん(60)によると、シーズンは七月中旬から八月下旬。
「栃木県は平地林が多く、子どものころは簡単に採れた」と舘野さん。
しかし燃料用の木の葉を集めることがなくなったため、平地林の手入れがされなくなり激減。
近年は山奥に入らないと採れなくなった。
ナスと煮込んだチタケが入る「ちたけそば・うどん」は人気の郷土料理。
栃木県高根沢町のうどん店店主大木利夫さん(63)も「だしの味と香りに引かれるから」と、
自ら山奥に入りチタケを採ってくる。
県警によると、同県日光市の山林で十三日、チタケ採りの男性(73)が
斜面から滑落して死亡しているのが見つかった。今年はこれまで六人が死亡。
二〇〇八年の三人、〇九年の二人を上回るペースに、県警は
「危険な場所には入らないように」と注意を呼び掛けている。
(東京新聞 2010年8月14日 夕刊)








はい、チタケですが・・・ 毎年、無茶して死人が出るくらい、栃木では人気です・・・
というか、栃木民しか食べないとまでいわれていますが、
正確には、我々が好き好きなのは、チタケでは無いのですよ・・・ 

皆さん、勘違いなされている、ウフフフ・・・

DSC_3209aa.jpg








正確には、チチタケから取れる、濃厚なダシが目的であり、
チチタケ本体は、食感はボソボソしており、美味しくない。
わかりやすく言うと、味噌汁のダシに使う煮干と同意義なのです。
したがって、搾りかすには、それほど価値は無い、飾りです。
チタケなんて飾りです・・偉い人にはわからんのですよ

0300000000000000000000000000000asssdio.jpg










そういうわけですので、栃木で人気だと聞いたから、実際に採って来て、
バター炒めにして食ったけど、美味しくなかったというのは、当たり前の話なのです。
実際、ベニタケ科なんて、食感はいまいちです、愚の骨頂!

栃木ではチタケは煮る一択! 

それ以外ありえないのです、
まさに漢の郷土料理!!!


shopping.jpg



しかし、福島原発事故を経て、チチタケが放射能をめっちゃ吸収しやすいとわかり、
乱獲は減りましたが、未だに栃木でのチタケの信仰は厚く、山に入っては遭難する人が絶えない。
今では、業者は、中国産のチタケがメインだとか? 栃木で中国産食うのか(笑)





しかも、今年は熊害が多いですね? 実は、今年の秋はヤバイのです!
今年のブナ科の実り凶作との見立てでしたが、調査の結果、
なんと凶作のさらに下である 『皆無』 という結果が出ました・・

tsukinowaguma13.jpg

・・・皆無って何だよ(戦慄)

つまり、クマさんが人里まで下りてくるわけですね・・

1467203377945.jpg




ちなみに、このチチタケ、ダシの味を生かすため、香りの強い蕎麦(ソバ)には向いていないので、
一応、チタケそば というのもありますが、淡白なチタケうどんが本来の売りです

ところが、ウィキ(Wikipedia)には、何故かチタケそばが郷土料理と書かれている始末・・・正直、どうでもいい。
0023336grtitake.jpg










さて、そんなこんなで里山に来ております・・・ここは熊は出ません^^
夜勤帰りで、今は朝方・・・
わたくしのテンションは最高潮に至っておりました・・・

というか眠気を通り越して実に危険な状態!
しかも雨が降ってきました・・・ でもキノコあるんでしょ?

000000000000000000000asssssdio_2016071002541006c.jpg











雨に濡れると嫌なので、手袋を調達しました・・・
濡れたキノコはあんまり触りたくないんだよね~

雨の日のキノコは、非常にもろいです・・・なので、
精密で素早い動きが必要になってくるのです。

【スタープラチナ手袋の作り方』
①台所にあるゴム手袋を使います。
②アルミホイルを適当に切って、ご飯つぶでくっつけます
③完成!
DSC_3243.jpg







ドドドドドド・・・・

※スタンドが傘をさしています。
DSC_3242.jpg








さすがにチチタケは見当たらないですね~ 雑魚のベニタケ科ばかりです・・・
梅雨前に草刈りがあったようです・・・おかげでキノコが見つけやすい^^


へんな形のミドリニガイグチ・・・かっこいい?
DSC_3157.jpg








よく見かけたのは コテングタケモドキ もちろん毒。

DSC_3195.jpg








ドドドドドド・・・・

『俺のスタンドは脳の針を正確に抜き
弾丸をつかむほど精密な動きと分析をする・・・』

DSC_3250.jpg









ヒダが真っ黒なキノコ・・・ 
老菌ですが ザラエノハラタケ の様ですね~ これも毒ですね・・ 

DSC_3254.jpg


DSC_3257.jpg








なんかいっぱい生えてます(笑)
DSC_3184.jpg










ニセアシベニイグチ のようです。 普通のアシベニイグチとほとんど変わらないみたいですが・・
どちらも孔が変色します・・ どちらも毒で、胃腸系の中毒。

DSC_3187.jpg


DSC_3191.jpg





ニセアシベニイグチ    ~イグチ科
DSC_3193aa.jpg








う~ん、毒キノコが多くてテンションがヤバイ(笑) 食菌は無いんですかね・・・

DSC_3265.jpg






アイタケ
いちおう食える? 無残に引っこ抜かれてました・・・
綺麗な藍色なので人目を引くようですね。

DSC_3181.jpg








これは・・・・!?

DSC_3266.jpg






これは・・・ キタマゴタケですね~ タマゴタケの黄色いやつ。
初心者は手を出さない方が良いでしょう・・・ 
これにそっくりな、猛毒のタマゴタケモドキがあるので・・・
見分け方はありますが、間違えれば死にます。 猛毒アマトキシン類。

DSC_3268.jpg








ということは・・・・ やっぱりあった! 
みんな大好き、タマゴタケさんだ~^^

DSC_3197.jpg









タマゴタケ    ~テングタケ科
DSC_3201aa.jpg
海外で食用菌として利用されているセイヨウタマゴタケと同様に
食用にされている。鮮美な色調を有することから、日本では
有毒キノコのように誤解されがちだが、実は無毒であり、
食用菌としてこれを採取するキノコ愛好家も少なくない。
しかし、後述の通り本種とよく似ている有毒キノコも存在するため、
採取の際には十分な知識と注意が必要である。
キノコ自体壊れやすいため、一般にはほとんど流通していない。
茹でると煮汁に黄色い色素が出るため、色を楽しむには
茹でずに焼いた方がいい。味は強いうま味があり、
フライや炊き込みご飯、オムレツなどによく合う。









さすがに、夜勤明けのキノコレビューは疲れた・・・ 帰って寝ないと死にます。
・・・と思ったら、最後に見つけたのがこれ。 まさかここに出ているとは・・・




イグチの女王ムラサキヤマドリタケですね・・・ いくつか生えてました^^

DSC_3170.jpg






こっちは老菌・・・
だいぶ色が変わってますが、立派なムラサキヤマドリですね^^

DSC_3261.jpg


特徴的な 網目模様の柄・・・ 暗紫色で淡い黄色の斑が入る固体も・・
変色性は無く、孔は初めは白い菌糸に覆われ、熟すと黄色っぽくなります。

似たような作りに、ミカワクロアミアシイグチ(猛毒にして希少)や
モエギアミアシイグチ(毒)やブドウニガイグチ(苦い)がありますが、
特徴をおさえておけば、まず間違う心配は無いでしょう。 
というか、全然違います。 気品が違う!







ムラサキヤマドリタケ  
DSC_3178aa.jpg
食材は最高級の☆☆☆3つ星 
極めて優秀な食菌にして、イグチの女王。
関東では夏の初めに出て、猛暑の間は姿を消し、
夏の終わりごろに再び見ることができる。
近所にこれが出てたら幸運である。
人里近くに生えるが、その希少性や芸術性、
美味しさから、海外では高級食材である。


これに比べたらチチタケなんか雑魚ですね~ 
また初秋に出そうなので、見にきましょう^^ 











~おまけ~


ドドドドドド・・・・  

『(´・ω・`)俺のスタンドは脳の針を正確に抜き
弾丸をつかむほど精密な動きと分析を・・・』


DSC_3271aa.jpg

霊夢 『オラオラオラァ!(制裁)』

(´;ω:`) 『ウボァァ!』


To Be Continued ==⇒















スポンサーサイト

アイタケ 綺麗

kadoさんこんばんわ

今回特に強烈なエネルギーを感じました
霊夢さんがキッカケかなーw

図書館でムラサキヤマドリタケの写真を見て、kadoさんの写真見て、
益々茸の魅力にはまりますね

熊ですが、熊鈴着けても興味を持って近づいてくる個体もあるそうだとか・・
ラジオつけていても襲撃する個体もいるので(動画ありました)
人間が木に高く登って避難しても、熊が登ってきて前足でアタックもあり
厳重警戒が必要ですね!!
[ 2016/07/11 02:28 ] [ 編集 ]

乳祭り?

kadoさん こんばんはー
チチタケ聞いた事あります 良いダシが出るんですか
乳こい 乳こ~い♪ 
今度チタケうどん探して食さねば

スタープラチナ手袋(笑) もうキノコが肉の芽にしか見えません
霊夢さんのスカートを星の動きの様に精密に捲っている....

霊夢さんの前では 精密な動きも たとえ時を止めても 弾幕(コブシ)の餌食ですね
[ 2016/07/11 03:55 ] [ 編集 ]

Re: アイタケ 綺麗

改名さん、こんばんは^^

夜勤明けでテンション(と過労)がやばかったです^^;
ムラサキヤマドリは見たときは感動しましたよ~

熊さんは今年は荒ぶってるみたいです。
植えると、鈴もラジオもきかないらしいですね・・・
もう今年は海に行こうかしら・・^^;
[ 2016/07/11 22:38 ] [ 編集 ]

Re: 乳祭り?

かつーさん、こんばんは^^

雨傘もカメラ撮影も編集も、
すべてスタープラチナがやってくれましたので、
僕は楽ちんでしたね~(大嘘) 

さすがのスタプラも霊夢さんにはきかなかった??
もし昨夜さんが居たらロードローラーも食らっていたところです(笑)

手袋は捨てました^^;
[ 2016/07/11 22:42 ] [ 編集 ]

キノコと霊夢

すいません・・・

キノコというと完璧に魔理沙の領域なのに、kado様のブログに慣れ親しんでくると
キノコの世界=霊夢みたいな雰囲気にすらなってしまいますね・・・(笑)

だけどkado様の記事を読んでくると少しだけ「きのこ」の事もほんの少しだけ分かってきた事も増えてきて
なんかありがたいなぁ・・と思いますね!

それにしてもスクール水着の霊夢はエロ過ぎます・・・(笑)
[ 2016/07/11 23:55 ] [ 編集 ]

チタケといえば

コメント失礼します

随分と前に、すぎのやという和食のファミレスで、
ちたけきのこそば/うどんというメニューがあり
行く度に、それを注文していました

栃木県民しか食べないメニューだったから
消えてしまったのでしょうか・・・

ポソポソした食感が逆に新鮮だったのです。
栃木の山沿いを走っていると、無人販売で
ちたけを売っているところ、ありますね。

久しぶりに、その名前を聞いたきのこでした。
[ 2016/07/12 02:44 ] [ 編集 ]

Re: キノコと霊夢

ぬくぬく先生こんばんは^^

きのこといえば魔理沙、魔理沙といえばきのこですね(笑)
うちはどうしても霊夢さんが看板娘になってしまうので、
キノコとコラボが多いかもしれませんね~^^

スク水にチタケの汁がついて、洗うのが大変でしたよ・・・
白くてドロドロして生臭いのです(意味深)
[ 2016/07/12 21:49 ] [ 編集 ]

Re: チタケといえば

tsukasatan ⅹ教祖ⅹ さん、こんばんは^^

和食のファミレスでチタケメニューがあったとは・・・
あのポソポソした食感が好きだというマニアも多いですよ^^(栃木では)

メニューからチタケが消えたのは原発事故の影響もありそうですね
チタケ業界は壊滅的ダメージだったようです・・・
かといって、中国産が安全かはわかりませんが^^;

[ 2016/07/12 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/731-11c0b170