【老木】 巫女さん、スダジイに会いに行く 【カンゾウタケ】

はい、暖かくなってきました・・・ 雨が降らないとキノコもいまいちですかね?
この頃から見れる、面白いキノコがあります。 今回は、シイ、カシの木に注目してみた^^

DSC_2106aa.jpg


カンゾウタケはスダジイなどの巨木に生える・・・
そこらの若木じゃダメです・・・ 大きな木は神社仏閣に多いです。
一応、場所は伏せるけど、神社仏閣マニアにはわかってしまうかな?
そんなワケで、県内を回ってきました^^

続きを見る・・・ ↓ ↓






神社仏閣をめぐるのはけっこう好きです^^
お面とか人形とか、日用品みたいのとかも祭ってあったり・・・
こういうのは魂が宿るとか言われていますが・・
九十九神は美少女! と勝手に脳内で変換されてしまう・・こころちゃん可愛いよぉ~








自宅のバラが満開です^^
今頃は、各地でバラ祭りやってるんじゃない? 見に行ってくれば?
僕ですか? ・・・キノコが見たいです(笑)

DSC_2050.jpg





DSC_2052.jpg





霊夢さんカラーのバラ(笑)
紅白のストライプで中央が黄色
DSC_2054.jpg









DSC_2057_201605212323367ea.jpg









そうそう・・・ 自宅の撮影スペースを新しくしてみました^^
すっきりした感じ? 普段はこんな感じで十分と判断。
DSC_2048aa.jpg









いつもの公園。

スダジイの木・・・・ ダメだ! こんな若造では・・・もっと・・樹齢数百年の老木が好ましい・・・
というワケで、ちょっと場所を変えよう・・
DSC_2149_20160521232647e89.jpg











ドドドドドドドド・・・・
DSC_2142.jpg

とある仏閣の入り口・・・
で・・・でかい! 
これだよ! 自分が求めていたのは!







ここは、かなり特殊な場所です・・・ 
他のブナ科の木はもちろん、シイやカシの木がほとんどの種類あります・・
地形的にも面白い場所ですね・・
DSC_2065_201605212324202e2.jpg








入り口で第一キノコ発見!

カンゾウタケ(老菌?)のようです。


DSC_2066_20160521232419dd3.jpg

(´・ω・`) え? それってネタとしてどうなの? 

出オチやん! 出カンゾウやん!







とりあえず、入り口のキノコは見なかった事にして、入ります・・・
カンゾウタケ見つかるといいなー(すっとぼけ)





立派な大木ですね^^

DSC_2072_2016052123241719f.jpg








DSC_2070.jpg








DSC_2064_2016052123242159e.jpg








DSC_2075_20160521232508838.jpg






これはひどい!
あたり一面の地面が掘り起こされています・・・
かなり広範囲ですね~ これでは地表型のキノコは厳しいかも?

DSC_2107.jpg









??? 『・・・・うう』
(´・ω・`) 『お前は・・チャワンタケ目のクロノボリリュウタケじゃないか! 何があった?』
クロノボリリュウタケ 『イノシシにやられた・・・あいつら大勢で来やがって・・・(カグッ』
(´・ω・`) 『・・・・・・・・・・・・とりあえず埋めとくか(適当)』
DSC_2110.jpg









ここは餌が豊富なのかな? イノシシ害が多いみたいです。 


おお~っと! さっそく発見! カンゾウタケです!
自然にまったく不釣合いな蛍光色! 人工的なゴミが挟まってるのかと思った(笑)

こういった大木の隙間に生えやすいみたい・・・ 
カンゾウタケは枯木には出ません・・ 生きた木の根元や隙間にあります・・ 
年老いた巨木の、特に、スダジイと共生してる事が多いみたいです。

DSC_2094_20160521232505a6e.jpg








ここにもあった・・・ これは採取できそうです^^

DSC_2071_201605212324187b8.jpg








はっきり言って、内臓みたいです!

ちょっと小柄なカンゾウタケ・・・というか心臓みたい((((;゜Д゜)))

なんというか、霊夢さん・・・・誰の心臓えぐり出してきたんですか?


霊 『うふふふ・・・ 食べる?』
DSC_2082aa.jpg








『食べるわよね?』  
いや・・・・((((;゜Д゜)))

DSC_2082 (2)aa









ちなみに、カンゾウタケは生で食える、数少ないキノコだそうです・・
味は、酸味があって酸っぱいとか? 海外ではサラダとかにして食うらしい。

DSC_2084aa.jpg












おお~ これは いかにも カンゾウタケ といった風格! 
海外では 『牛の舌』 といわれる理由がわかります^^

DSC_2116.jpg









DSC_2126.jpg








DSC_2126改










他にもキノコがいろいろ・・・ 時間が無くてサーチできませんでした><

DSC_2156.jpg









DSC_2162.jpg









DSC_2095_20160521232504f4e.jpg









DSC_2106aa.jpg








DSC_2106改aa






大木というのは、何か、ワクワクします・・・
スダジイは成長すると、ユニークな形になりますね~
もののけ姫に出きそうな巨木ですね? コダマはいませんでしたよ(笑)
とりあえず、日が暮れてきました・・・夜行性のイノシシには会いたくないので帰りますか~

バイバイ、スダジイ・・・・また来るよ。





スダジイ    花言葉 『古風』
DSC_2142.jpg
スダジイ(学名Castanopsis sieboldii)とは、ブナ科シイ属の常緑広葉樹
暖地性照葉樹林を代表する樹種のひとつ。
中陽樹〜陰樹であるため、適地では優占種として
極相林の林冠部を形成する。また材が硬く、
耐潮性が強く、丈夫であるため巨木になりやすい。
日本では幹周が10mに達するにまで
成長したものも確認されている。












カンゾウタケ・・・ 断面はまさに、霜降牛肉(笑) 
ちょっと食うか迷います・・・とりあえず冷蔵庫に封印^^;




カンゾウタケ  
DSC_2171.jpg
カンゾウタケ(肝臓茸、Fistulina hepatica Schaeff.:Fr.)は、
ハラタケ目カンゾウタケ科カンゾウタケ属に属する一属一科一種のキノコ。
全世界に広く分布し、欧米では広く食用にされている。
アメリカなどでは"Beefsteak Fungus"・「貧者のビーフステーキ」、
フランスでは「牛の舌」(Langue de boeuf)と呼ばれている。
梅雨期と秋に、スダジイ、マテバシイなど
(欧米ではオークや栗の木、オーストラリアではユーカリ)の根元に生え、
褐色腐朽を引き起こす。傘は舌状から扇型で、表面は
微細な粒状で色は赤く、肝臓のように見える。
裏はスポンジ状の管孔が密生し、この内面に胞子を形成する。
他のヒダナシタケ類と異なり、この管孔はチューブ状に一本ずつ分離している。
肉は、霜降り肉のような独特の色合いを呈しているうえ
赤い液汁を含み、英名のBeefsteak Fungusの名の通りである。
生ではわずかに酸味があるが、管孔を取った上で、
生のまま、またはゆでて刺身や味噌汁にしたり、
炒めて食べたりする。
~ウィキより。








魔理沙と学ぶ東方珍キノコ講座5


スポンサーサイト

驚き!! なんと豊富な多様性

長寿の古木って浪漫ですね。
その歳月をえた木の意識とか。
神社などに行くと、見上げて樹皮や苔に触って、木と共に周囲の環境を感じ取って。
この木の個性は、どんなものだろうかと、思う。
何を感じてきたのか、様々な記憶があるのかなぁ。

美しいですねカンゾウタケも。出会えるなんてすっごく羨ましい。
顔を少し傾け皿手の霊夢さん、小悪魔っぽく見えるw。
ぞくぞくする魅力↑。

生で食べられるなんて、色からして意外です。
赤い靴みたい。
[ 2016/05/22 22:58 ] [ 編集 ]

Re: 驚き!! なんと豊富な多様性

改名さん、こんばんは^^

カンゾウタケというか、むしろスダジイに会いに行ったような感じでした(笑)
霊夢さん、撮る角度によっては、凄~く小悪魔ちっくになるんです^^;

カンゾウタケは食うか迷ってます(笑) マヨネーズつけたら美味しいかしら?
[ 2016/05/23 22:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/716-08a96212