【2016】 チビ魔理沙 早春~晩春編 【自然】

小さい方の魔理沙くん・・・だいぶ画像がたまってきたのでまとめてみました^^
けっこう撮れたね~ ただ撮るよりは、美少女成分があると、写真も彩りが(笑)

DSC_1727.jpg

魔理沙は箒と二本足で計3本の支えがあるので、スタンド無しで立たせられるのが強み!
やはり、チビっ子は取り回しが良いです・・・ああ、チビは余計かな?
そんなワケで 早春~晩春までの里山での写真。

続きを見る・・・ ↓ ↓








キクラゲ    撮影:さくら市
DSC_9765_20160504144836c73.jpg
早々に出やがったのがコレ・・・ アラキクラゲではなく、普通のキクラゲです、プルプルゼラチン質!










セツブンソウ  撮影:栃木市 四季の森星野
DSC_0652_20160504144634ad8.jpg


DSC_0654.jpg
スプリング・エフェメラルの中でも、早春にでる激レアな植物・・・石灰質を好み、自生地は限られている。










フクジュソウ
DSC_0658.jpg
セツブンソウのついでに撮影(笑) 早春に彩りのある花は貴重ですね。









アオイスミレ  撮影:羽黒山神社
DSC_0347_201605041445556e6.jpg


DSC_0485_20160504144553092.jpg
スミレの中でも、早い時期に現れる1番バッター 駐車場で偶然見つけた。 











ショウジョウバカマ  撮影:さくら市
DSC_0358_20160504144554b28.jpg
中国の妖怪、ショウジョウの名をもつ花・・・ 水はけの良い斜面に群生していた。











ニオイタチツボスミレ  撮影:不特定
DSC_0596_20160504144552ba1.jpg
匂いは嗅いでません(笑) 良い香りがするんですかね?










エイザンスミレ  撮影:不特定
DSC_0545_20160504144552246.jpg
最初葉っぱが5枚に見えたのでヒゴスミレかと思った・・・スミレは判定が難しいですね~
花言葉:茶目っ気










カタクリ  撮影:宇都宮森林公園
DSC_0641_2016050414463549d.jpg
皆大好きカタクリ! 春先に里山に群生してるのをよく見ます。 たまに盗掘に遭う。










キクザキイチゲ   撮影:宇都宮森林公園
DSC_0637_20160504144551e85.jpg
これもスプリング・エフェメラルの仲間・・・ニリンソウなどと一緒に里山でよく見ます。










ナガバノスミレサイシン   撮影:筑波山キャンプ場
DSC_0672_201605041446323db.jpg
来るのが早かったせいか、あんまり咲いてなかった・・・
花が先に出て、後から葉っぱが地面から出てくる、せっかちな花。










フモトスミレ   撮影:不明
DSC_1029_201605041446302af.jpg


DSC_1158_20160504144654192.jpg
小さい花だが、ツボスミレよりは高級感がある・・・山の麓などに群生。
葉に白斑入ったものは斑入り(フイリフモトスミレ)とよぶ。











カラムラサキハツ   撮影:秘密
DSC_0955.jpg
カシタケと間違えやすい。 早春に出るらしい・・・
辛いらしいので味見・・・味も重要な識別方法。飲み込んだら負け 
味は・・・・・辛い!!











アミガサタケ 撮影:秘密
DSC_1243_20160504144738235.jpg

DSC_1166_20160504144653ac8.jpg


DSC_1389_20160504144822033.jpg


DSC_1697aa_20160502235812702.jpg

春キノコの定番。 食べられる毒キノコ。 買うと結構高い・・・
桜が散った頃に発生。 今回は群生地を発見できたのは幸運でした^^
けっきょく自宅にも生えてた・・・










ツチグリ  撮影:栃木県民の森
DSC_1249_20160504144737651.jpg
何故か生えてた・・・ 去年のなごりかと思ったら、新鮮なやつもある。










シハイスミレ  撮影:栃木県民の森
DSC_1267_20160504144737657.jpg
可愛い紫のスミレ・・・ 渓谷に多くあった。 艶のある葉っぱが綺麗。










フデリンドウ  撮影:栃木県民の森
DSC_1276_2016050414473648f.jpg
小さなリンドウ・・・筆の先のような形をしている・・・
花言葉はリンドウと同じく 正義。










アリアケスミレ  撮影:不明
DSC_1182改
石垣の間などに多く見られた・・・
花の変化が著しいので 『気が多い』 という花言葉がついた。










アケボノスミレ   撮影:栃木県民の森
DSC_1318_20160504144824e02.jpg
曙菫。 花が先に出る様子が、立ち上がる曙に例えられたといわれる。
日当たりの良い殺伐とした場所に多く見られた。











ヒナスミレ    撮影:秘密
DSC_1324_20160504144823fa2.jpg
スミレ界のプリンセスと言われる。スミレファンなら1度は会いたいと思うスミレ。
葉は変化が多く、葉裏が赤っぽかったり、普通だったり、斑が入っていたりと、面倒だが
圧倒的な可憐さから、見た瞬間に ヒナスミレだ! と確信できる存在感は凄い(笑)
なお、盗掘されやすい品種。











ハルシメジ  撮影:秘密
DSC_1377_20160504144822523.jpg
春に桜や梅などのバラ科の近くに発生する。
今回は大群生してる場所を二つも見つけた・・・こちらは梅林にあったのでウメハルシメジと呼ぶらしい。
ベル型のUFOみたいな形が特徴。










コザラミノシメジ  場所:秘密
DSC_1147_20160504144654f75.jpg
人によっては桜タイプのハルシメジという人もいるかも?
コザラミは胞子が特徴的らしいので、顕微鏡で見ればわかる筈・・・どちも食べれますので問題ない。











ウラスジチャワンタケ   撮影:自宅
DSC_1395_20160504144821a63.jpg
もっと綺麗な状態のもあったんですが・・・ こちらは肥大化して奇形になったもの、
ちょっとグロいですね~ なお自宅・・・










タケノコ  撮影:宇都宮ろまんちっく村
DSC_1564_201605041448203f7.jpg
春はタケノコの季節・・・かってに掘っていったらダメ! 盗掘ですよ。











アミスギタケ   場所:さくら市
kkkkdgyyy0236855550.jpg
硬くて食用にはならないみたい・・・古木の廃材に発生していた。
実は、自宅にも大量発生していたと知って動揺する。












ナラタケ  場所:栃木飛山城史跡公園
DSC_1727.jpg
ナラタケは晩秋と晩春に出やすい・・・ 細分化が進んで、細かい種類がある・・・
これは狭義のナラタケと思われる。 ほとんどの切り株に発生していました。
ナラタケ病は農家にとっては厄介なものです・・・キノコは美味しそうですが(笑)











そんなワケで、5月になってしまいました・・・
今は、季節の変わり目で、あんまり面白い植物は無さそう? 
そろそろ虫除け対策考えないとね~それではここら辺で ^^ノ
DSC_1732.jpg
スポンサーサイト

春よ来い! はーやくこい!

かなり古い記事のコメントで大変失礼します・・! (汗・・!)

こんなに寒い日が続き、木曜あたりは関東も雪の可能性・・??みたいなニュースを耳にすると
早くリリーホワイトが外界にも出没して「春」をもたらしてくれればいいのに・・と思わず愚痴りたくなる寒さが恨めしくなったりもします。

そんな時こうやって気分だけでも春が来たかのようなこのちびっこ魔理沙記事と春の身近な自然とのふれあいには
癒されるものがありますね!
やはり魔理沙は、霊夢よりは「野生児」みたいな雰囲気も持ち合わせていると感じますね!

それにしてもスミレ一つとっても色々な種類のスミレがあるものですね!
特にナガバノスミレサイシンと魔理沙のツーショットが大変印象的でした!

こういう場合は霊夢はお休みなのですね(笑)
[ 2017/02/07 23:35 ] [ 編集 ]

Re: 春よ来い! はーやくこい!

ぬくぬく先生、こんにちは^^

今年もスミレ探しが楽しみですね~
去年の散策で、大体の場所は押さえたので、探すのは楽になりましたが・・・

魔理沙は魔法の森に住んでいるくらいなので、森が似合いますね^^
たまにはチビ霊夢も連れて行きますかね(笑)
[ 2017/02/08 08:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/708-ffc5eb24