【GW】 鯉のぼりと人だかり 【竜神大吊橋】

ゴールデンウィークですね^^
田んぼに水が入ってきました、もう田植え始まってる?

DSC_1503aa.jpg

実は、過去5年くらいは毎年、海外やら沖縄にいたので、地元でGW過ごすのは久しぶり・・・
正直、どうして良いかわからないの・・・  いいからドール撮ってこいって? わかりましたよ(´・ω・`)

続きを見る・・・ ↓ ↓









暖かくなってきました・・・アイスコーヒーが売れてますね~
皆さん、連休中は山や海に行くんでしょうか? 事故も多発してるしお気をつけて^^

自宅警備しながら動画見てるのが一番安全かもね(笑)
オフなんかで僕と会った方はわかると思いますが、僕は髪が長い・・
もう、腰くらいまであります(笑) 手入れが大変なのよね~
でも、切るのもったいないし・・おっさんのロングはともかく、
女性はロングが好みですね~可憐ですね?
そんなワケで今週の霊夢さん動画です^^

【ニコニコ動画】【東方MMD】 ロングヘアな霊夢さんでアンチグラビティーズ










田んぼに水が入った・・・風が無ければ鏡のように空を映します・・・

DSC_1494.jpg







ネットで買ったミニチュア鯉のぼり・・・
わりと弱い風でもなびいてくれます

DSC_1512aa.jpg








夜の田んぼ・・・

DSC_1455aa.jpg










タケノコの季節ですね(笑)

DSC_1564.jpg











緑が多くなってきた、ブナ~コナラ林

DSC_1562.jpg









竹林

DSC_1567.jpg









ツツジが綺麗

DSC_1568.jpg








自宅の藤が咲きました^^

DSC_1493aa.jpg







DSC_1493改aa








DSC_1487aa.jpg









DSC_2687.jpg









さて、今回やってきたのは、茨城県にある 『竜神大吊橋』
ここは毎年 鯉のぼり をやってるみたい・・・
何と、1kmものワイヤーに鯉のぼりをさげて、吊橋に設置するというキチガイぶり(笑)
ここは バンジージャンプ の名所としても有名です。 僕はやりませんよ?(高所苦手)

DSC_1632.jpg








DSC_1637_20160502235511142.jpg








DSC_1631.jpg









DSC_2709.jpg









DSC_2703.jpg








DSC_1643.jpg






なんという人の多さ! これがGWというものか(驚愕) 
これではドール撮影するヒマも無い!

DSC_1587.jpg









DSC_1621aa.jpg










帰りに、真岡市の道の駅に・・・ やはり人が多い。
ここにも鯉のぼりがありますね~

DSC_1662.jpg







長だの列・・・ 壁サークルかな?
どうやら、アイスクリームの行列のようです・・・トチオトメアイス?

DSC_1665.jpg








お土産買って帰りました(笑) 

DSC_1663_20160502235649ec7.jpg









さて、今週のキノコ!
DSC_1688_20160502235728bac.jpg








いつもの公園に・・・ 見かけたのは ・・・オツネンタケモドキかな?
広葉樹の廃材に発生してました・・硬くて食には適さない。
・・・と思ってたら、よく見たら杉の木から多く出てる・・・
模様も独特だし・・・ これはアミスギタケのようです^^;

DSC_1683.jpg


一応、サルノコシカケの仲間・・・表~裏面とも特徴的なキノコです。
DSC_1684_2016050223573088a.jpg










いつのも場所に行ってみると、謎のキノコが・・・


どうやらナヨタケ属のキノコみたい? 
間違ってたらごめんね? こういうのは苦手だ・・・

DSC_1673_20160502235732263.jpg








ヒトヨタケ科のキノコは種類が多い・・・
どのくらい ややこしい かというと・・・


ナヨタケ科
ナヨタケ科(Psathyrellaceae)は真正担子菌綱ハラタケ目に属する菌類の科の一つ。この科に分類される種の多くは、傘と柄を持ち、比較的もろい繊維質の子実体(いわゆるキノコ)を形成する。胞子は暗色であるものが多く、そのため胞子紋も黒色や暗褐色を呈するものが多いが、まれに赤色その他の明るい色の胞子紋を有するものも存在する。約半数の種では、胞子の成熟に伴い傘が自己融解し、黒い液状となる。

DNAの塩基配列の比較に基づく分子系統解析が行われる以前は、傘が液化するヒトヨタケ型の形質を示す種の多くが、ナヨタケ属菌とともに ヒトヨタケ科(Coprinaceae)に置かれていた。しかし、分子系統解析が行われるとヒトヨタケ科が単系統群でないことが明らかとなった[1]。この際、ヒトヨタケ科のタイプ種となっていたササクレヒトヨタケ(Coprinus comatus)がヒトヨタケを中心とする多くの種と異なりハラタケ科に分類されることが示されたため、ヒトヨタケ科という科名はハラタケ科のシノニムとなり、ナヨタケ属(Psathyrella)をタイプ属とする本科が新設され、ヒトヨタケ科を構成していた大部分の種はこのナヨタケ科に移されることになった。

ナヨタケ科に属する菌の担子胞子には、しばしば発芽孔が見られ、また胞子壁の中の色素は硫酸によって脱色が起こる(暗色系の胞子を有するものの系統的には遠縁なヒカゲタケ属(Panaeolus)のきのこでは、この反応は見られない)。この科の菌の多くは腐生菌だが、Psathyrella epimyces のように菌寄生性のものもまれに存在する。腐生性の種の多くは窒素源に富んだ(富栄養な)環境を好むため、腐葉土・動物の糞・朽木・芝生・庭園地などから発生することが多い。


DSC_1671_201605022356454f4.jpg









前回のアミガサタケの場所・・・ さすがに終わってました(笑)

アミガサタケ・・・・死亡確認!
DSC_1690.jpg








こちらは生き残りのアミガサ・・・ 長細いし・・・トガリアミガサタケの仲間か?
とりあえず、サンプルとして1本採取しました。

DSC_1680.jpg










そんなわけで、GWはまったり過ごそうかと・・・
そうだ! このキノコをドルパに持っていこう!(提案)

魔理沙『マジかよ!Σ(・∀・;)』
DSC_1697aa_20160502235812702.jpg
















スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/706-628fc4df