【菫】 春の野花と小さいアイツ 

週末は里山歩きです・・・ 4月になりましたね~ 
桜も綺麗ですが、今は春の野花全盛期の時期ですね~

DSC_0637aa.jpg

そんなワケで、栃木の里山です・・・
あまり奥地までは行かず、軽い散歩コースで見れる所に限定しました^^
今日は何が見つかるのか・・・?

続きを見る・・・ ↓ ↓









はい、新学期ですね~ 駅前なんかでは初々しい新学期 J K が眩しい・・・
ああ・・・何でうちの近所には女子高が無いのか! 
朝、可愛い子を見れるかどうかで1日のテンションは決まってしまうのです・・・マジ会社しんどいわ~









最近、会社の外で、ブユ(ブヨ)に刺される人が多数・・ もうそんな季節か・・
虫除けスプレー必須ですね。

森を歩いていると、シマヘビやヤマカガシを多数見つけました・・・
もう冬眠から覚めているようです・・ 特にマムシは逃げてくれないので注意ですね?
ズボンは2重にするか、長靴などが良いです・・・ヤブには入らないようにね^^






さて、前回見つけた ヒゴスミレ ですが・・
後日確認したら、エイザンスミレの白いタイプでした・・・スミレの判別は難しい・・

エイザンスミレは葉っぱの基部が3つに分かれています・・・
ヒゴスミレは更に細かく5つに分かれているのが大まかな判定方法。

エイザンスミレは葉っぱが変異しやすく、一見、5分割に見えますが、よく見ると3つだったりします・・
希少度は ヒゴ>>>エイザン といった感じですが・・・
両者ともスミレには珍しい、葉先が細く裂けている品種で、一日山歩きして見つかるかどうか・・
といった分布率です。 見つけても、掘り返しちゃダメよ?

5枚葉に見えますが・・・よく見ると3枚ですね。



DSC_0545_20160327224845a2d.jpg

※これは白いエイザンスミレなので 

シロバナエゾスミレ という名前になる。 


葉が変異した場合、ヒトツバエゾスミレになる。

さらに白くて、葉も変異した場合は
伝説のナルカミスミレにクラスチェンジします(笑)

生息域は、長野~栃木~群馬あたりかな?






3枚葉・・・エイザンスミレ?
DSC_0594_2016040200252695d.jpg











はい、気を取り直して、スタート! とりあえずこの前の場所から^^






日当たりの良い場所にあったのは ノジスミレ 
スミレ(無印) や コスミレにも見えますが・・・特徴がちょっと違う。
ここら辺では普通に見かけるスミレのようです。

DSC_0565_20160402002321cad.jpg








DSC_0566.jpg











参道です・・・ タチツボスミレが変異して白くなったのがシロタチツボスミレ、
少し色が残ってるのがオトメスミレ・・・・ちょっと分かりにくいですね~

オトメスミレ・・・では無いですね? 見かけたのは マルバスミレ でした^^

葉が丸っこいですね~毛深いのがケマルバスミレ
これは毛深いのでケマルバスミレで間違いなさそうです・・・

DSC_0576_20160402002317bb1.jpg








DSC_0578.jpg











こちらは オカスミレ のようです・・・
全く同じ形の アカネスミレ があるらしいのですが、違いは毛深さ。

毛が無いのがオカスミレ。 毛深いのがアカネさん(意味深)だそうで・・・

DSC_0573_20160402002318284.jpg











DSC_0571.jpg










ヤマザクラはもう少しで満開ですかね~

DSC_0569.jpg











では前回のポイントから! 
栃木県 羽黒山~宇都宮森林公園までの里山を検証




やはり、エイザンスミレでしたか・・・ 
今回は特徴がはっきり出ているので分かりやすいですね^^

DSC_0588aa_2016040200243654d.jpg









うすいピンク色でお茶目な花です^^  白いものもある。

DSC_0579.jpg












群生してますね~

DSC_0591_20160402002434b01.jpg







タチツボスミレ と エイザンスミレ

DSC_0590_201604020024351af.jpg









大きいドールと小さい花は、撮影が難しいですね~

DSC_0605aa_20160402002524bae.jpg










やはり 小さい子が相性抜群!

DSC_0596aa.jpg









DSC_0587_201604020024370ec.jpg











ここは 宇都宮森林公園・・・ 

DSC_0651.jpg









ダムの東側から散策・・・   ここにも エイザンスミレがちらほら・・

DSC_0618.jpg








いろいろ咲いてます・・・
DSC_0610_2016040200252308a.jpg









電気柵・・・わりと危険! イノシシかな? 鹿? 
ブナ林付近で熊の糞らしきものを見ました・・・ 熊さんも冬眠明けで腹が空いてるからね~

DSC_0652.jpg









DSC_0621.jpg









ツボスミレ かな? 

スミレの中では極小の部類に入る・・・ 可愛い花ですが、撮影が難しい^^;

DSC_0629.jpg









キクザキイチゲ が咲き始めたようです^^

花言葉 『静かな瞳』
DSC_0637aa.jpg








各地でカタクリの花も・・・

花言葉 『初恋  嫉妬  寂しさに耐える』
DSC_0641aa.jpg







さて、そろそろ撤収です^^
栃木、群馬は珍しい スミレ の宝庫なんだとか? 今からが旬ですね^^

茨城の筑波山や 富士山・・・
あと奥多摩などもスミレの名所ですね~ ヒマがあれば行ってみたいですね?

DSC_0650_20160402002602a3e.jpg









それでは~^^ノ

DSC_0606.jpg

エイザンスミレ

花言葉 『茶目っ気』

スミレ科の多年草で,各地の山地の木陰などに生える。
草名は比叡山に生えるスミレという意。
別名エゾスミレともいうが,北海道には生えない。
葉は根生し,葉柄があり,葉身は深く3裂,外側の2片は
それぞれが2裂したのち,各裂片はさらに細かく分裂する。







スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/692-318d0d5b