【探索】 春の使者を探せ! 【ドール】

前回に引き続き草花の探索・・・ キノコはあんまり無かったよ^^;
菜の花も咲いてきましたね~ この独特の香りが良いのです・・・

DSC_0409_2016032022000435a.jpg

今回は普通の自然公園とかを歩いてきました^^ 
前回紹介してたスミレの花も平地で咲き始めた模様・・・・ひょっとしてアレは出ているだろうか?

続きを見る・・・ ↓ ↓







はい、暖かくなってきました^^
暖かくなるとテンションも上がってきます! でも暖かいと変なのも沸いてきますね~
最近は夜に珍走団不審者が徘徊してて・・・ ああ、春なんやな~ って実感してますよ!
そんなワケでテンション上がる曲でも・・

【東方Vocal】 深紅のBlaze / Trinity Note
原曲: 春色小径 ~ Colorful Path - 東方花映塚












はい、菜の花が満開ですね~ 魔理沙くんもご機嫌です。
渡良瀬遊水地の菜の花ロードも良い感じに満開になってる?
去年は洪水でどうなるか心配でしたが、問題ないようです・・・今回は近所の畑で撮影ですが^^;
DSC_0409kai aa











今年は、梅の咲き具合がいまいち? そんな事無い?? 僕の気のせいかしら~
まあ、異常気象だしね? 梅は、地主さんが枝を剪定するのでどうなるか分からないからね。
個人的には一昨年くらいの咲き方が最強かな・・・
DSC_5868マスターaa










今回は、さくら市ゆうゆうパークへ・・・ 街中ですが、貴重な自然が多い場所です。
さっそくスミレの花を発見! これからどんどん出てくると思われ・・・

梅の散り花にまぎれて咲いてるスミレさん・・・ 風流ですね~
DSC_0347aa.jpg







スミレ属は半日陰の湿った土が良いみたい?
大木の陰や斜面などに多い
DSC_0371_20160319215328722.jpg






DSC_0341_20160319215300c58.jpg







DSC_0362.jpg







DSC_0359_201603192152574de.jpg







こんな場所に多く見られた・・・
DSC_0367.jpg







北側の斜面・・・ 何かが咲いてます・・・紫色の花?
DSC_0350.jpg







どうやら 『ショウジョウバカマ』 のようですね~
これも春の花ですね? 中国の妖怪 猩々(ショウジョウ) の名前がつけられた花。
花言葉は 『希望』
DSC_0358aa.jpg

【ショウジョウバカマ】
ショウジョウバカマ(猩々袴、学名: Heloniopsis orientalis )は、
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。北海道から九州までの、
やや湿った場所に生える。垂直分布が広く、人里近くの田んぼの
畦道から高山帯の高層湿原まで生えている。
葉は広い線形でなめらか、根本から多数出てロゼット状に平らに広がる。
花茎はその中から出て高さは10~20cm、先端に横向きに花が付く。
花の色は生育場所によって、淡紅色、紫色、白色と変化に富んでいる。
花期は低山では3~4月であるが、高山では雪渓が溶けたあとの6~7月になる。
なお、花被は花が終わった後もそのまま残り、色あせはするものの、
咲いたときの姿を残しているので、夏に緑の花が咲いている、といった姿となる。
繁殖は種子のほか、葉の先にできる不定芽によっても殖えることができる。
名前は、花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、
根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとされる。










こちらは・・・ ニホンタンポポ の様ですね~
DSC_0374.jpg

アメリカタンポポニホンタンポポの見分け方は簡単です・・
花の付け根の弁が ・・・何というか・・・ 反り返ってるのがアメリカン。
反り返ってないのが日本のやつです・・

わかりやすく言うと、大きくてズルムケチ○ポなのがアメリカ、
小さくて包茎チ○ポなのがニホンタンポポです・・・・m9(^Д^)プギャー

DSC_0375_20160319215327809.jpg









城遺跡の北側・・・これは・・・ 茶色の斑がある葉っぱ・・
ああ、カタクリの花のようです。 ここにも自生してるのか^^ 
まだ咲いてないですね~ 4月かな?
DSC_0348_20160319215259487.jpg










結局、お目当ての花は見つからず・・・

DSC_0423aa.jpg






一応、それらしき葉っぱは見つけたんですが、花期はまだ先だったみたいです^^;
次回は見つかるかな~

DSC_0423改aa











・・・・と、思ったら、帰りに寄った直売所で売ってました(笑)



【イワウチワ】
イワウチワ(岩団扇、学名:Shortia uniflora)は、イワウメ科イワウチワ属の多年草。
本州の中国地方以北の山地帯の林内や林縁に分布し、雪解け後に広葉樹林帯などで
見られる。日本の固有種。基準標本は、岩手県のもの[2]。
富山県宇奈月町の町の花のひとつ。田中澄江の著者『花の百名山』で、
大岳山を代表する花として紹介された[3]。また『新・花の百名山』で雲取山を
代表する花としても紹介された[4]。山野草として苗が販売されている。
Shortia_uniflora_Iwauchiwa_in_Hiekawadake_2006-4-29.jpg





イワウチワは乱獲が問題視されている花です。
暑さに弱く、水はけ、水持ちが良い半日陰の斜面など・・・栽培が難しい品種
園芸店や直売所に売っているものの中には、山で盗掘にあったものもあるそうです・・
いわゆる、ヤクザのしのぎ というやつですかね~? 
今回はサンプルとして一株購入しまた^^ 頑張って育てて株分けして増やしていこうかと^^





花言葉 『春の使者』
DSC_0433.jpg







スポンサーサイト

こんにちは~。

ショウジョウバカマ…。
私の感性ではまだ、どの辺から希望がくるのか見えてこないですわ。

タンポポの見分け方って、ストレートすぎィw
意外と奥ゆかしい日本の心を持った花だったのですね。
m9(^Д^)

春の使者が育ちますように!
[ 2016/03/21 16:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ステルス紳士さんこんにちは^^

ショウジョウバカマ・・・
もろ妖怪の名前なのに『希望』というのがなんとも(笑)
たぶん何も無い早春に咲くので目立つからでしょうかね?

そう!ニホンタンポポはまさに日本人を体現した花なのです!m9(^Д^)
[ 2016/03/22 12:19 ] [ 編集 ]

タンポポは種子のふわふわ綿毛で遊べる

晴天と梅を背景に霊夢さん「天晴じゃ」みたい。カッコイイ。

春になると水色の小さな花が咲く草がありますが。子供の頃から身近で大好きだった。
名前を知った時は、オオイヌノフグリて・・・。(^_^;)ナンデーw
変更してあげてって思いました。

春ですね。
全国高校生未来会議なる安倍政権の珍走団とか、「巫女のくせに」発言のセクハラ不審者とか出没してますね。
去年は首相の一句『賃上げの 花が舞い散る 春の風』で景気一層舞い散ったけどwww。
[ 2016/03/25 23:44 ] [ 編集 ]

Re: タンポポは種子のふわふわ綿毛で遊べる

改名さんこんにちは^^

オオイヌフグリは毎年見るたびに、何でこんな名前を・・って思います(笑)

「巫女のくせに」発言で全国の巫女ファンを敵に回しましたね・・・
今年もまたどうしようもない俳句読むんでしょうかね?あのおっさんは^^;
[ 2016/03/27 19:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/688-c00d0b7e