【シャラポワ】 スポーツを政治利用する傀儡国家 【薬物問題】

テニス界の妖精
マリア・シャラポワさんです^^ カッコイイですね~!
0233568_201603152217323a2.jpg

今回の薬物使用問題・・・彼女はアンチ・ドーピング機構に嵌めらた可能性がある。
残念ながら 『スポーツと政治は関係ない』 というファンタジーを信じてる人が多いです(´・ω・`)
もちろん、そんなわけないのが現実です。

何と言うか・・
我が物顔で 『俺はこんなミスしない』 とか 『ありえないミス』 とか彼女を叩いてる
スポーツ界の有名人
見てると脱糞しそうになりますね?
相変わらずツイッターのバカ発見機能は健在ですね~ 僕はやらないけど・・
そんなワケで今回の事件を、ちょっと変わった視点で見てみよう・・

続きを見る・・・ ↓ ↓







はい、突然ですが、
この花の名前は何ですか?

02336987.jpg

①向日葵

②ひまわり

③サンフラワー

④日回り

⑤日輪草(ニチリンソウ)

⑥天竺葵(テンジクアオイ)

⑦天蓋花(テンガイバナ)

⑧日車(ひぐるま)

⑨迎陽花

⑩照日葵(しょうじつき)

⑪望日蓮

⑫転日蓮

⑬西蕃葵(さいばんき)

⑭羞天花(しゅうてんか)




はい、正解は・・・ 

全部正解です




いやいや・・・ひまわりで良いじゃんって思います? 
でも、うちのシマじゃあ天竺葵(テンジクアオイ)って
言ってるんだよ! っていう人もいるかもしれませんね?
(※天竺葵で検索しても他の花が出てきたりしますゼラニウムとか)

そもそも知らないんじゃ意味が無い・・・ 普通はこんな名前は知りません・・・
まず、わかりやすい名前で言うのが礼儀ですよね?

ただし・・・貴方が相手を惑わせようと思ってるなら、話は別ですが。











マスコミに載らない海外記事

0233369hyaas.jpg


【スポーツの政治化】

世界最高の女性テニス選手の一人、マリア・シャラポワが、

彼女が合法的な医師の処方のもとで、
10年間服用していた薬が、突然遡及的に、
禁止物質の“代謝調整剤”だと宣言されたおかげで、


出場を停止された。




ミルドロネート、または、

禁止された名称メルドニウム

で知られている薬は、30年間、薬品として使用されている。

その発明者はミルドロネート禁止は“犯罪”であり、
選手の死亡を招くだろう
と述べた。

薬が選手の能力を強化することは証明されていないが、
心臓を過労から守ると彼は言う。




ミルドロネートは、
心臓障害やマグネシウム欠乏症

や糖尿病の治療に使われている。

シャラポワは、
マグネシウム欠乏症を病んでいる。


家族歴に糖尿病があり、医師は、
彼女が発症しつつある兆しを見ている。




薬は運動能力を向上させるよう作られたものではない。
しかしながら、薬は選手の心臓が限界まで
追い込まれた際に守る。

薬のこの点が、世界アンチ・ドーピング機構に、

薬が疲労回復を促進し、それにより運動能力を
強化すると結論を出させたもののようだ。




薬の発明者、世界アンチ・ドーピング機構どちらが正しいのかと、
私の論点は関係がない。

広く使用されている合法物質を、
選手の禁止リストに載せる場合には、

最初に公開で議論すべきだと言いたいのだ。





もし薬を禁止する決定が
正当であることを示したいのであれば、

糖尿病や、マグネシウム欠乏症などの
健康上の理由、あるいは疲労で
心臓がおかしくなることから守るため薬を服用している
選手が、体から微量の痕跡を無くすための時間をとれるよう、
十分に前もって行われるべきなのだ。




そういうことは行われなかった。







薬は、1月1日
シャラポワは気がつかない名前の
メルドニウムという名称で、禁止リストに追加された。







たとえ彼女が薬が禁止されたことに気がついたとしても、
1月1日から、1月のオーストラリア・オープンまででは、
物質が抜けるための十分な時間がない。





世界アンチ・ドーピング機構の決定は、
シャラポワが、女性テニスにおけるトップにのぼりつめる上で、
いつも受かっていたテストで、

必ず不合格になるようなやり方でなされたのだ。




世界アンチ・ドーピング機構の無能さを除けば、これは、
シャラポワをオーストラリア・オープンや、
それ以降のイベントから排除すべく、
世界アンチ・ドーピング機構が
賄賂を受け取ったという以外の解釈は困難だ。





事実という観点から、この事件を検討すると、
世界アンチ・ドーピング機構が、メルドニウムの
医療用利用を知らなかった、無能で無神経な
阿呆連中の一団で構成されているのか、


それとも、これが、ロシアとロシア選手に更なる
疑惑を投じるための 巧妙に
仕組まれた妙技だったのか不明だ。




多分、今我々が目にしているのは、
能力の低いアメリカ人とヨーロッパ人が、
高額の宣伝契約を横取りできるようにするため、
有力なロシア選手を排除しようという取り組みだ。




ナイキ、

タグ・ホイヤーと

ポルシェは、




シャラポワとの契約を中止した。

そのような臆病なふるまいは、
三社の品位にとってはマイナスだ。

これらの企業が
示した自社スターに対する忠誠心と支援の欠如
企業経営陣部の性格や製品品質に対する疑問をひき起こす。




記録が示す通り、シャラポワの薬使用は、成績ではなく、
明らかに医療目的で、この理由で、おそらく彼女は、
国際テニス連盟によって復帰が認められるだろう。
http://sputniknews.com/sport/20160310/1036043011/sharapova-unintentional-doping.html


しかし、テニス連盟は、大半の他の組織と同様に、
ワシントンの指示の下、アメリカ外交政策の
手段として利用された可能性がある





たとえ彼女が復帰しても、テニス連盟、
世界アンチ・ドーピング機構、
そして彼女のスボンサーは、彼
女の心を乱すのに成功したのだ。




2016年のブラジル・オリンピック・ゲームへの
ロシア選手出場を禁止しようとしている
世界アンチ・ドーピング機構幹部のディック・パウンドは、

シャラポワに付け込んで、彼の反ロシア・プロパガンダを推進して、
彼女は“言いようもないほど見境がなく”“大きな過ち”のかどで有罪だと発言し、

彼自身の品位の欠如を実証した。
パウンドのいいかげんな主張には正当化する理由がなく、
世界アンチ・ドーピング機構そのものの
品位に関する疑問をひき起こすものだ。




選手の成績にとって、成績を上げる薬品より、
選手の精神状態が重要だ。




RTさえもが、
シャラポワの立場を“大変なニュース”で、
彼女が“薬物検査に引っかかった”と誤って報じていることにがっかりした。

彼女はそのようなことはしていない!


医師の指導のもとで彼女が10年間服用してきた薬を、

突然別名で含めることによって、

彼女はおそらく、意図的にはめられたのだ。





シャラポワが復帰するまで、競合選手たちは、
さほど手ごわくない対戦相手のおかげで恩恵を受ける。



ローマ後ヨーロッパの研究で、
貨幣を鋳造できるほどの権力を得た様々な支配者連中が、
自分自身ではなく、ローマ皇帝を貨幣に刻んだのを覚えている。

この理由は、人々が貨幣をローマと結びつけており、
ローマの画像に慣れていたためだと私は教えられた。




自分たちの貨幣を受け入れ安くさせるため、
つまらない王連中は、自分たちの貨幣をローマと重ね合わせたのだ。




多分、現在我々が目にしているのは、
ロシアと中国が欧米支配を受け入れているということなのだ。

アメリカ合州国とヨーロッパ、つまり欧米こそ、承認の太鼓判なのだ。
ロシアと中国は、両国に自立する力があるにもかかわらず、
この承認を望んでいる。

欧米はロシアと中国が
認めてもらいたがっているのを知っていて、
欧米優位の証拠として、両国を認めるのを拒んでいるのだ。




過去15年間に、7つの国を破壊したのはロシアと中国ではない。
ワシントンと、そのヨーロッパの傀儡連中だった。
それが余りに酷いため、アメリカの手による死から逃れるべく、
何百万人もの人々がヨーロッパへと逃れている
人権侵害で非難されているのはワシントンではない。



ヨーロッパの難民問題の原因と責められているのはロシアのISIS攻撃だ。
人権侵害で非難されているのは、
真犯人のワシントンその傀儡でなく、ロシアと中国だ。




欧米は、不支持を武器として活用している。
ワシントン、ソチ・オリンピックを認めなかった。

プーチンがソチにいる間に、
ワシントンは、ウクライナ政府を打倒し、
ロシアにとっての問題を作り出した





プーチンが北京オリンピックに出席していた間に、
ワシントンが、ジョージアの傀儡に、南オセチア攻撃と、
ロシア平和維持部隊の殺害にゴーサインを出した
のだ。




プーチンは今年、
ブラジル・オリンピックには決してでかけてはならない


ワシントンは、不在中に、プーチンを打倒しかねない。

ワシントンが、プーチンを追い出したがっているのは確実で、
欧米に承認される国になりたいというのが
唯一の大望であるロシア国内の大西洋主義統合派も同様だ。




ワシントンがヤヌコーヴィッチを打倒するやいなや、
ワシントンの言いなりになるウクライナ傀儡政権を
権力につけたと同様、ワシントンは、
ロシアを乗っ取るための傀儡政権用に、
大西洋主義統合派を用意している。




認めてもらえない国々ではなく、
太鼓判を押された欧米が、文化的、
道徳的、精神的、経済的に衰退しているのは皮肉なことだ。




一体なぜ、アメリカ帝国的支配の欲望から自由な
ロシアや中国やインドや、他の国々が、世界の中でも、
腐敗し、不道徳で、衰えつつある、しかも欧米の利益のため
諸国を略奪すべく、連中以外の世界でも生産的部分に
覇権を拡張することに、経済的、政治的存在が
頼りきっている国々と付き合いたがるのだろう?




一体なぜ、ロシアと中国は、
欧米に認めてもらうことを気にするのだろう?




読者の皆様に
Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編
集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire
Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST 、The Neoconservative Threat to World Order . が購入可能。
記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/03/13/politicizing-sports-paul-craig-roberts/
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-d34d.html




※アンチ・ドーピングは5回ほどシャラポワ選手に通告したと言ってますが、
そのような事は無かったと彼女は証言してます・・ また、去年の知らせも
大量のスパムメールで流されてしまったとの事
もしかするとアンチ・ドーピングは
自分らにアリバイを作るために工作したとも考えられますね?
とりあえず彼女の今後が気になるところです・・・(´・ω・`)





スポンサーサイト
[ 2016/03/15 23:34 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/687-10167ce6