【南極】 地球上の寒さの新記録 摂氏マイナス93.2度 

温暖化というのは地球上でもっとも馬鹿げたジョークです ・・・・寒いですね~(笑)

safe_image_20160313212631eee.jpg
地球上の寒さの新記録 摂氏マイナス93.2度 
南極で

Record Cold - 93.2 °C in the Antarctic
data from the is the Antarctic recently analyzed show that this isolated region had
beaten a record cold on earth, with a temperature of - 93.2 degrees Celsius.
Here.radio-canada.ca

続きを見る・・・ ↓ ↓







(´・ω・`)ここまでの状況をまとめると・・・

☆地球は10数年前からプチ氷河期に向かっている。

☆アメリカの情報操作の影響を受けていない国(ロシアなど)は温暖化など信じていない。

☆NASAが南極の氷が、実は増えていると白状する。

☆温暖化に温室効果ガス(CO2) は関係ない。

☆海水温の変化は海流と海底の地下活動による影響が大きい。

☆南極の氷が急速に増えれば、溶ける氷も多くなるのは当然。

☆山々の氷は溶けていないとの観測結果。

☆夏は蒸し暑く、冬は極端に寒くなる。

☆自然災害の増加。

☆赤道付近の海面の表面温度は太陽によって温められるが、アジア方面に吹く風によって冷やされている
  これが弱まると海面温度は上がり、強いと下がる、これが夏の気団に大きく影響する。(エルニーニョ/ラニーニャ現象)

☆クライメートゲート事件

☆太陽の活動が弱まる周期であり、地球はゆっくりと冷えていっている。

☆太陽の活動が弱まると、宇宙線の影響が強まり、大気圏に雲が多く発生する。

☆温暖化科学者は政府から資金(賄賂)を受け取っている。

沖縄で雪

☆オーストラリアのシドニーでは1836年以来初めての雪

☆台湾で雪

☆中東で雪

☆ハワイで・・・




ペンギン 『寒ぃ~よ!』
0213335499974.jpg







台湾の記事・・・皆大はしゃぎです(笑) 雪害もありました。
c0178b53.png

b8473b73.png








地球で最も気温が低い場所は
南極大陸、ドームふじとドームアーガスの間


636760.jpg


地球で最も低い気温は、南極大陸 東南極高原のドームアーガスからドームふじの間で、
摂氏マイナス93.2度に達する。

アメリカ国立雪氷データセンターの研究者がアメリカ地球物理学連合総会で発表した。

アメリカ国立雪氷データセンターのTed Scambos博士を中心とする研究チームは、
32年間にわたり複数の人工衛星にで観測されたデータを総合した。
今年2月に打ち上げられた地球観測衛星LANDSATの最新機、
LANDSAT8号や、NASAの「Aqua」衛星搭載のMODISセンサーも利用して
地球上でもっとも気温が低い場所を特定した。

「東南極高原」と呼ばれる氷床に存在する頂点のうち、ドームアーガス(ドームA)とドームふじ(ドームF)の
間の尾根に十数カ所ほど点在するくぼんだ場所で急激な気温の低下が起きることがわかった。

2010年8月10日、最も低い気温 摂氏マイナス93.2度を記録したという。
2013年7月31日にも、マイナス93度を記録している。

これまで最も低い気温とされたのは、南極東側にあるロシアのヴォストーク基地で1
983年に記録された摂氏マイナス89.2度。

Scambos博士は、ヴォストーク基地よりさらに標高の高い場所では気温が
より低いのではないかと考えていたという。

今回、LANDSAT8が打ち上げられたことで、詳細なデータが得られるようになったとしている。

研究者が注目したのは、東南極高原に風で形成される雪の丘。
丘の間の雪の表面には冬季に雪の層が縮んで裂け目ができ、
そこで気温が下がるという。

まずはNASAの「Terra」「Aqua」衛星に搭載されたMODISセンサー、
アメリカ海洋大気局の「NOAA」衛星に搭載されたAVHRRセンサーによる、
地球の表面から放射される熱のデータを集めた。

研究者は、最も低い気温はドームアーガスとドームふじの間、
約990キロメートルにわたって伸びる尾根で観測されると考え、
LANDSAT8号に搭載された熱赤外線センサーTIRSによって、
場所の特定を行った。

研究チームが考える、気温低下のしくみは、晴れた日に起きる。
晴天が数日続くと、地表から熱が逃げ続け、雪と氷の地表の上にきわめて
温度の低い空気の層ができる。この温度の低い空気の層は、
さらに上空の比較的暖かい空気よりも密度が高く、
斜面に沿って低い場所に下っていき、さらに氷床の裂け目に
たまって急激に気温の低下を引き起こすという。

Scambos博士は「私たちは、極端な気温低下のおきる不思議な場所を
探しているのだと思ってきましたが、むしろ南極の標高の高い帯状の地域で、
定期的にこうした記録的な気温の低下が起きているのだということがわかりました」
とコメントしている。


《秋山 文野》
http://response.jp/article/2013/12/10/212713.html







カンガルー 『寒ぃ~よ!』
bhg00125488804.jpg






スポンサーサイト
[ 2016/03/13 22:15 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/684-7a2a9764