【ロシア】 この男、有能につき・・・ 【シリア情勢】

はい、現在のシリア情勢です。
アメリカは、テロ討伐と言いながら、シリアに無許可で空爆を行なっています・・・
それもわざとらしく誤爆させて、民間人やシリア政府を狙って・・・ しかし、シリア政府は、今回、
正式にロシア軍に軍事介入を依頼しました、これは公式な依頼で、正当性のあるもの・・
ロシアの攻撃は正確だ。

ウラジーミル・プーチン    この男、有能につき・・・
safe_image_20151005091806e8d.jpg


日本人はいまいち、シリアの状況について理解が浅い・・・それは日本のマスコミが全く真実を報道しないからですが・・
そおそも、当初、シリア国民の大半は、アサド政権を支持していたにも関わらず、なぜか『反政府組織』というものが出てきて、
何故か、マスコミに、アサド政権が悪者扱いされてきて、お次は 『ISイスラム国』まで 介入してきた・・・ 
これがアメリカのやり方なんですね・・・卑劣極まりない・・・しかしロシア介入で状況は変わったきた
今回はそんなお話^^

続きを見る・・・ ↓ ↓









ここで、アメリカ・イスラエル、および西側の連中のやり方をおさらいしましょう・・・

①まず相手国に反政府組織を送り込み、混乱させます・・・
②次にマスコミに 「あの国の大統領は悪者だ!」 と報じさせます 
③さらに、ISなどのテロ組織を送り込み、泥沼化させます。
テロリストに資金提供し、武器を送ったりしてさらに泥沼化させます
⑤アメリカ、NATOが軍介入(無許可)して、民間人を空爆(もちろんテロリストは無傷)
⑥瓦礫の山となった政府に中央銀行を設置、植民地化させて乗っ取る。

・・・と、ここまでテンプレ(´・ω・`)
 しかし、今回は本物の正義の味方が来ちゃったのでアメリカは大慌て!







「シリアのIS戦闘員 ロシア軍機の攻撃の正確さに震撼」
動画はこちらで見れます。http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151002/982631.html

048959.jpg



ロシア軍機は、シリアのテロリスト集団「イスラム国(IS)」戦闘員陣地への攻撃を続けている。
ロシア連邦国防省が発表した画像では、まさに爆弾が投下される様子が映し出されている。
ネット上には、空爆地点から直接送られた映像もアップされている。



発射されたミサイルの一つは、テロリストらの地下壕を殲滅した。
現場には、異常に大きな漏斗上の穴が残っている。砲弾は、地下深くまで貫き、
地中で爆発し、主要な標的を殲滅している。

よく知られているように、テロ集団の多くの頭目は、
山岳地帯の砂漠に掘られた、こうした地下壕に潜んでいる。
なお着弾の際、破片が周囲に飛び散らないため、

目撃者によれば、
平和的に暮らしている一般住民には被害は出ていない。

目撃者の一人は「ミサイルの一つがこの場所に落ちたが、我々は、
爆発音を聞かなかった。幸い誰もケガをしなかった」と述べた。



加えて、戦闘員自体が現在、ロシアの空爆の正確さに驚き、恐れおののいており
テロ集団「エイヤド-アリ-ディク」は、自分達の頭目の死を悲しんでいる。





【シリアのロシア軍基地のショット、ラジオ「スプートニク」が特別公開】
9月30日、ロシアはシリア領内のテロ組織「イスラム国」に空爆を開始。
ラジオ「スプートニク」はラタキア郊外の航空基地に配備のロシア軍用機で撮影の写真を特別公開する。
o0800053313443673522.jpg



とっても良い知らせ!ロシア空軍とNATO空軍の違いは、ロシアは正統なシリア政府に要請されたもので、
一方NATOの飛行機は要請されたことは一切なく、シリアの領空を毎日侵害したもので、
それはリビアの違法な侵略をシリアで繰り返そうとしていたもので、

ISISを爆撃すると見せかけながら実際はシリアの正規軍を爆撃していたのです。。

ロシアのおかげで、これは再度起きることはないでしょうし、イスラヘル(イスラエル地獄)空軍ですら、
常にシリア軍を爆撃していたものの今や、再び爆撃する前に熟考するでしょう。

イスラヘルがNATOを操って、その全ての敵の領土にカオス混沌をもたらすことは終わりになったようです。
イスラへルはこのカオス混沌が違法に占領されているゴラン高原の領土を併合することを可能にし、
より大きなイスラヘル(Eretz Israel)へと拡大することを望んでいたのです。

それもロシアのお蔭でお終いです。ロシアの圧力の下にイスラヘルがゴラン高原を引き払って
それを正当な所有者であるシリアに返還することすら望めますね。












【プーチン、ワシントンを非難】


“世界の状況には、もはや我慢できません”  ウラジーミル・プーチン大統領



先の月曜日 (2015年9月28日)に、世界はロシアとワシントンの違いを目にした。
プーチンのやり方は真実を基にしている。オバマのやり方はただの自慢とウソによるもので、
しかもオバマはウソの種が尽きかけている。




欺瞞に満ちた時代に、真実を語ることで、プーチンは革命的行為をしたのだ。
ワシントンが、中東、北アフリカと、ウクライナにもたらした虐殺、破壊と、混乱と、
解き放たれた過激な聖戦戦士勢力に触れ、

プーチンはワシントンに問うた。

“自分がしでかしたことを理解していますか?”




プーチンの質問で、赤狩りの中心人物ジョセフ・マッカーシー上院議員に、
喚問された弁護士ジョセフ・ウェルチがした質問を連想した。
“あなたには品位はないのでしょうか?” ウェルチのこの問いは、
マッカーシー没落のきっかけになったとされている。




おそらくプーチンの質問は同じ影響力を持っており、
“アメリカ例外主義”支配を終わらせることになるだろう。




もしそうであれば、プーチンはワシントンへの世界の従属を覆す革命を開始したのだ。




プーチンは、シリア政府の要請によって行われる、シリアにおけるロシア介入の正当性を強調している。
シリアへの介入で、ロシアは国際法を尊重していることと、ワシントンやフランスの政府が、
要請されておらず、違法な軍事行動でシリアの主権を侵害していることを、彼は対比している。




世界は“国際基準に違反している”のは、ロシアではなく、
ワシントンと、その属国諸国だということを目の当たりにしている。





自分勝手な一方的な行動を隠す聖人ぶったワシントンの独り善がりが、
あらゆる人々の目にさらされている。




ワシントンは、ウソの武器庫に依存している。
マスコミを駆使したワシントンの偽情報機関は実に見境がない。




ちょうど、ビルがまだ明らかに背後に建っているのに、
ワールド・トレード・センター第7ビル崩壊を、BBCのTVレポーターが、尚早に説明してしまったのと同様、


ロシア空爆による最初の民間人死傷者に関する、
ワシントンのウソ声明は“我が航空機が離陸する前だった”と、
ワシントンの偽情報戦に触れて、プーチン大統領は述べた。





ワシントンに従属した結果、すっかり言うなりになって、可能にしてしまった、
ワシントンの戦争からの難民で、ヨーロッパ傀儡諸国は溢れている。




ワシントンの傀儡であることの代償が、しっぺ返しでヨーロッパに戻ってくれば、
ヨーロッパ各政党の地位も影響を受けることになる。




新たな政党や与党連合は、ワシントンの傲慢さと不遜から流れ出る途方もない過ちの
代償から自らを守るため、より自立した道を進む可能性が高い。




帝国崩壊は間近だ。



t01500150_0150015013270584566.jpg
Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、
ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。
ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと
、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。

彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。
彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West 、
HOW AMERICA WAS LOST が購入可能。

記事原文
http://www.paulcraigroberts.org/2015/10/02/putin-calls-washington-paul-craig-roberts/






関連記事です^^

ロシア軍参謀本部「IS戦闘員らは陣地を離れ、欧州への脱出を試みている」
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151004/989645.html#ixzz3nY3wThFN

「国境なき医師団」の看護士が証言、「患者はベッドに寝たまま燃えた」
(米軍が「国境なき医師団」の病院の「付近」で空爆)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151004/992776.html




スポンサーサイト
[ 2015/10/05 10:28 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

新聞で読む限り詳細で正確な情報がないので、プーチン・・・どうしたのって疑ってしまったけど。

ロシアの空爆は民間人に負傷者や死者が出ていないとは。本当に有能な男性ですね。
その行動と笑顔に惚れました。
ついでにIS戦闘員側にも負傷者や死者が出ていなければ完璧ですね。
戦争であれ人殺しはもうイヤ。
[ 2015/10/11 14:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

改名さん、こんばんは^^

西側及び、日本の大手でロシアの正しい情報を得るのが難しくなってきましたね・・・
今後、戦地でいざこざを起こして、ロシアに罪をなすりつける様な情報操作が予想されます。

アメリカの誤爆はワザとやってますからね~^^; 
真面目にやれば民間への被害はほぼゼロということが
ロシアによって証明されてしまったようですね。
[ 2015/10/12 01:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/623-262a231b