【原発問題】 ヒナギクの咲く頃に 2015 【天変地異】

どうも、猛暑ですね・・・ 夏の花真っ盛りですね^^ あら、可愛いお花・・・ヒナギクかしら?

safe_image_201508012136125de.jpg

野に咲くゥ~花のようにぃ~♪ 風に吹かれて~~~ 
野に咲く~花のように~~~人を爽やかにしてぇ~♪  うぇ? え? ええぇ~(´д`)ェェエエ工!!?

・・・・・・・・俺の知ってるヒナギクと違う!!

はい、そんなワケで、福島原発の話・・・上画像は原発付近の植物の写真・・・新種かな?(皮肉)
福島原発事故の現場で何が起こっているか。報道はない。実は極めて危険な状況継続!

続きを見る・・・ ↓ ↓



ちょっと温暖化寒冷化の話を先に・・・
今後、ゲリラ豪雨などの災害が増えてきます・・・湿度が高く、35度くらいでも熱中症になりやすいですね?

とにかく蒸し暑い・・・の一言! でも、日本が(体感的に) 暑いからといって、温暖化と決め付けるのは
早まった考えかもしれないね? 僕ぁ、気象学者ではないけど、海外ではもう温暖化詐欺はバレバレのご様子・・

日本だけ、クソ真面目にCO2温室効果ガスの削減にとり組んでるので、世界からは不思議な目で見られています・・
『何やってんだ・・あいつら?』 見たいな感じですかね(笑)

o0460034513371939161_20150801221342f7a.jpg



o0460035513371939159.jpg


災害が増えれば、当然、原発の処理も困難になります・・ 大雨や、台風、地震・・
今後、極端に暑い・・・極端に寒くなる・・・・つまり、寒害が増えると予測されますので、

国は、作物の不作や大雪などの対策に、税金を投入せねばならないんですが・・・
まあ、無理だろうね・・・



この間の 山梨県の大雪で県が陸の孤島と化した時も、呑気に天ぷら食ってた総理大臣がいるらしいゾ?
fc2_2014-02-17_12-45-03-511.jpg








近年の異常気象偏西風の蛇行が指摘されています・・・
これは温暖化は関係ないと判明してます。 過去にもあった現象です・・
TKY201306220056.jpg






もう一つは海流の流れ・・・ うねるだけではなく、渦を巻きながら移動している海流 
最近は学校でも海流は2000年かけて循環していると学ぶんです

動画を見ると分かりやすいね~^^  
北極の氷が溶けたり増えたりしているのは海温が原因の一つで、CO2温室効果ガスは
まったく、関係ありません・・・ その証拠に、山の氷は溶けずに増え続けています・・







最大の原因は 太陽 ですね~
太陽光線と地球の雲の増加が関係してると分かってきたみたい? 
曇りが増えるのは嫌だなぁ(写真趣味)
o0800068413371944274.jpg



エルニーニョ現象ってよく聞きますが、アレは赤道から日本に向かって吹いている風で、
太陽に温められた海水の熱を奪った風が日本の方に吹き付けるので、夏の気団が成長する・・・
つまり、この風が弱まると、赤道の海水表面が冷やされず、温度が上昇する・・・というカラクリ、
なので、CO2温室効果ガスは関係ありません・・・海流と太陽の活動が主な原因ですね~コレ^^


日本は、湿度が高いので、今後も夏は蒸し暑く冬は大雪といった最悪のパターンになります・・
国は、早急に対策を・・・(一応、言ってみる) 


自然の災害・・・・それともう一つの対策が急がれます・・・
人為的な災害・・・・つまり、原発事故ですね?















【福島原発事故現場。報道なし。実は極めて危険な状況継続】


孫崎 享 さんの記事です~




o0800043313372383982.jpg




福島原発事故の現場で何が起こっているか。
報道はない。実は極めて危険な状況継続



福島原発事故の現場で何が起こっているか。報道はない。
こうした中、松本 和広氏がフェースブックで現地にいる人の連絡を掲載しています
貴重な証言ですので紹介します。




先週、原発内で作業している友人から久々の連絡がありました。
まとめましたので紹介します。





581435.jpg



1.汚染水について


6月の梅雨の大量で敷地内や山側に大量の雨がふってるせいか、

ポンプの吸い上げがまったく間に合わない。


7月になってから雨もやんだが地下水は容赦なく流れ込んでる。


前は、汚染水を別のタンクに移送させたときに、ホースや、ジョイント部からも、
大量にもれでているが、とりあえず若い連中が汚染水なぞ関係なく止めろ
といわれて作業をやってる。


いま、巨大な汚染水をいれている簡易タンクの接合部からも漏れでてる場所もある。


接合部のゴム部からの漏れは建築していた業者いわく、予想していたとおり。
だから、さらに出てくるのは、時間の問題だそうだ。


我々は、とりあえずの応急処置。わからないから、
ビニールテープやガムテープ使って水を止めたりしている状況

でも、大量の汚染水が入ってるから漏れが止まらない。


ボルト締めするが、応急なのか恒久対策なのかさえ分からない。


やっかいなことに、タンクには高濃度の汚染水だから、
漏れ出ている付近とかに近づくとAPD(警報付きポケッ ト線量計)が鳴る。


これでも作業してるんだから、結局は危機感なく、APDだけがうるさい。







2.凍土壁


凍土壁をやっているチームもいて、1メートル間隔で、
約30メートルまで掘って配管を埋めてる作業している。


しかし、作業をやっている方も、とりあえずの作業で、
誰もが凍土壁になるは思っていない。


掘っているところから、水が出たりするのだから。


1本掘るだけで、線量が高い水がでたりで、交代制で作業をやっている。


なにせ30メートルというけどかなり時間がかかる。


現場にいたらわかるが、凍土壁は無理。


効率的な方法として、周辺を掘って壁を造る提案をしても、
東電に聞いても上からの指示だし、とりあえずやれって言うだけで聞いてもくれない。


たぶん、本当に壁をつくったら、
原発下部の地下水があがってきて、液状化現象がおきるのは承知なんだろう。


すると建屋がいまよりさらに大きく傾くことは理解出来る








3.線量


最近はやっぱりサーベイメータで測定すると全体的に最近高いんだよ。
空間放射線量は、事故当時にくらべたら、
半分以下まで下がっているが、地上5センチ付近では放射線量が高いんだよ。


とりあえず、砂利を引いて線量低くしてるだけで、くさいものに蓋をしてるだけの状態。


そりゃそうだよな。ホースから漏れ出ている量が最近増えて地下に漏れていて、
1リットルあたり150万ベクレル程度ある。


これって濃度がどんどん高くなってるんだよ。
結局は、処理仕切れておらず、蓄積された汚染水濃度が高くなっている。


我々の一般の作業員は全く知らされていない。


しかし、昔からいた先輩作業員からしたら、4年間で確かに綺麗になってきた。


線量は低くもなってきて作業は比較的やりやすいが、さすがに敷地内はやはり高い。


カウンターで測定して、1mの空中放射線量を見ると、
毎時3マイクロシーベルト/時になる場所もある。


しかし、場所によっては、470マイクロシーベルト/時の場所もあるから、
その場所は短時間だし、あまり近寄れない。








4.教育


この前、このタイミングでか、東電からの依頼人から話があって、
福島の放射線は安全。だから、心配なく。
しっかり放射線量をカウントしているから問題ない。
頑張って仕事しろ
と教育をうけた。




こんなこと、今更言われても、怖いものは怖い。





ただ監督はとりあえず「黙ってやれ」の一言。相
変わらずだけど、毎回、作業する来るメンバーが違うから、 誰が誰だかさっぱり分からない。


俺も毎回、来るやつに同じ事を教えているんだよ。










5.作業員


作業員と、たばこ吸いながら話をしたら、四国からきた方がいた。


彼は、四国で仕事がないらしく、いまこうやってきていると。


マスクして暑いが、いわれた仕事をしていたら、衣食住が与えられて、さらにたばこも吸えるし、
酒も飲める。いまとなっては健康とか気にするより、
被爆を気にするよりこうやって食ってられるだけ幸せだ。





これが作業員の現状だから。




俺もそのうちの1人。だけど、危険手当なんて無い。
明らかに何とかしようという方と、お金をもらいに来たという違いがあるのは確か。


こうやって我々の仕事も6次までおりてきてる仕事。


でも、いまはこれしか仕事がないからやっていくしかない。










6.原子炉建屋


建屋なんて、周辺は地盤沈下が発生したり、建物が傾いたりしているが、
現時点で内部もわからない。


本当に原子炉格納容器内含め、
どうなっているかなんてメーカーも国内外からもきているが、誰も分からない。


俺からしたら、
マルチムーブ解体機(先端がかにの爪みたいなクレーン)で壊していけばいいのにそれすらしない。


なぜしないか?あいつら(東電)は分かってるんよ。

あれ(解体機)をつかって、建屋をこわしたら、すぐに建屋は崩れる。放射能を帯びたコンクリートは老朽化が激しい。


だから、コンクリートが予想していない場所におちた衝撃で、
メルトダウンした部分に落ちたりしたら、


その衝撃で再臨界なんておこした日にはアウトだ。


今以上に放射能が漏れ出して近寄れなくなるから。


解体作業すらできないのが分かってる。
結局、どこから手をつけたらいいかってことだ。


東電経由で言われたことを実施しているが、
結果としてスケジュールは、どんどん先送りとなるよ。


あんなの、机上計算であって、ま、40年後なんて、
進むどころか、建屋自体が持たないよ。











7.最後に


我々作業員からしたら、安保情勢なんかより、
こっちの方が問題。


日本国内のリアルな状況だから。


みんな一生懸命やってるが、 本当のベテランが居なくなってきているから、
手探りになってる。この先不安だがやっていくしかない。
本当に汚染水を止めないと、 将来、海の魚さえ食べれられなくなる


他のチームは、器材の設置や片付けとかの軽微作業から、
建築までやっているが、東電は将来像として結局何がやりたいのか、


やっている現場からしても、さっぱり分からない。


国は、戦争を想定問答なんかしてる場合じゃないんだって。
作業者は儲かるが、税金とか電気代だしな。。




複雑なんだよ。でもやるしかない


safe_image_201508012136125de.jpg


 

記事をシェアするにはこちらから:
http://ch.nicovideo.jp/article/ar841524





最後に、この動画を紹介して終わりにしましょうか^^
僕らが、地球でやっている事の縮図みたいですね~ 
でも、僕は希望は持ってますよ? たとえ、1%の希望でもね? 皆さんだってそうでしょう?

ヒナギク花言葉は 『平和』 『希望』 『あなたと同じ気持ちです』










スポンサーサイト
[ 2015/08/01 23:06 ] 原発・震災関連 | TB(0) | CM(2)

核汚染

kadoさんこんばんわ
 銀河系の白い部分に太陽系が入ると、受ける宇宙線量が増え地球の気象に影響することを天才スベンスマルクが発見していますね。次に太陽の影響だそうで。

 放射能汚染水は地震起きた時から地下に漏れ出ている。東電が発表する以前から。ですから、実際には報道されているより桁違いの天文学的量になっています。
 2015年4月10日、イルカが150頭座礁して打ちあげられた事件ありましたよね。
 実は、死んだイルカを解剖してみると、専門家も「見たことがない」と言うほど、ほとんどのイルカの肺が真っ白になって、血液が流れていない状態でした。
 地殻の電磁波とかアメリカ海軍ソナー説がありましたが、これでは科学的に説明できません。
 福島第一原発からの大量の汚染水が親潮にのって南下する150キロほど南の海域に面した海岸。
 人間ではセシウム心筋症がありますが、人間と同じように肺呼吸する動物であるイルカは、心筋梗塞のような状態だった。
【東京が壊滅する日】広瀬隆著 ダイヤモンド社 より
[ 2015/08/03 00:42 ] [ 編集 ]

Re: 核汚染

改名さん、こんばんは^^

海底のホットスポットについての情報が全く無い(調査しない、公開されない)ので困りますね~
大気でこれだけの汚染なのだから、海の中は相当深刻なはずです・・・
これでは、安心して寿司も食えませんね^^;

そういえば・・・どっかの総理大臣も寿司が大好物らしいですね?(笑)

「アベ寿司友」と原発の浅からぬ関係
http://tanakaryusaku.jp/2015/08/00011683

[ 2015/08/06 21:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/600-fb778df4