【哲学】 常識を押し付けてくる人たちへ・・・ 【個性】

僕はいつも思っているのですが・・・周囲の人・・ 職場や公共の場、家族までも・・・ 考え方が合いません^^; 
もう諦めてますが・・・他人を変える事は不可能です、逆におせっかいをやかれるのがオチです(笑)
もう、大人たちは手遅れですが・・・皆さんのお子さんたちはどうです? 
注意欠陥障害って知ってるかい? もしかしたら、その子は天才かもね? 今日はそんな話題です^^


訳~
バカになる。ふざける。
人とは違っている。夢中になる。
自分で居ること。
幸せ以外の生き方をするには人生は短すぎるので。



続きを見る・・・ ↓ ↓






僕は、周囲の人とは考え方があまりも違うので、最近は徹底的なイエスマンに徹しています・・・

普通の人の フリ をしていれば良い・・・ みんな、そうしてるんやろ? 隠しててもわかるで?(笑)

トラブったらこう言えば良い 『イエス、ボス! そのとおりでございます(マジキチスマイル)』 

日本人というのは羊の群に似ています・・・ 『君はそう言うけど、僕は違うと思います・・・キリッ!』  なんて言ってみろ、
大抵は叩かれて、根にもたれる・・・ 特に、年配の人は自尊心が高いので、考えを変えることはできない・・・
それは学校でも、職場でも、家庭でも同じ・・・ 違うことをする人、変わっている人を叩く 『常識の範囲』 って何だろね?
特に、日本みたいな 上下社会で自分を出すのは難しいですね? 





【ADHD(注意欠如多動性障害) は作られた病】


4813687658_84432dc615_o_m.jpg




ADHDは作られた病であることを
「ADHDの父」が死ぬ前に認める


http://www.spiegel.de/spiegel/print/d-83865282.html


多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の注意欠陥・多動性障害(ADHD)
治療薬にメチルフェニデート という薬を必要とするとされていますが、
「ADHDの父」と呼ばれるレオン・アイゼンバーグ 氏は亡くなる7カ月前のインタビューで
「ADHDは作られた病気の典型的な例である」とドイツのDer Spiegel 誌に対して
コメントしました。アイゼンバーグ氏は2009年10月に亡くなっており、
インタビューはその前に実施されました。


8574916468_7d90c577a1_o_m.jpg





当初「幼少期の運動過剰反応」と呼ばれており、後に「ADHD」と名付けられた
注意欠陥・多動性障害は1968年から40年以上にわたって他の精神疾患と並んで
精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV-TR)に名を連ねています。

障害の定義付けに伴いADHDの治療薬の売上も増加し、1993年に34kgだったものが
2011年には1760kgになり、18年間で約50倍に跳ね上がっています。

薬の投与が広まった結果、アメリカでは10歳の男の子10人のうち1人が
すでにADHDの治療薬を飲んでいます。アイゼンバーグ氏によれば、
実際に精神障害の症状を持つ子どもは存在するものの、
製薬会社の力と過剰な診断によってADHD患者の数が急増しているとのこと。


4917891170_c9ba99dab7_b_m.jpg



「ADHDの父」であるレオン・アイゼンバーグ氏の作り出したADHDは
過剰な診断と相まって薬の売上を増加させました。


そして結果的に
2006年から2009年までの精神障害の診断と統計の手引き(DSM) Vや
疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD) XIIにも貢献。
子どもおよび思春期の精神医学研究に対する賞も受賞し、彼は40年以上もの間、
薬理学での試みや研究、教育そして自閉症や社会医学のリーダーでした 。

一方で、アメリカの心理学者リサ・コスグローブ さんらが調査したところ、
DSMの委員会のメンバー170人のうち95人、
つまり約56%は製薬会社と金融的な関係があることが発見されました。
気分障害と統合失調症およびその他精神異常については100%のメンバーが
製薬会社とつながっていたとのこと。

精神病の治療としてまず薬が投与されるタイプの病気に関しては、
特にこのつながりが強かったそうです。





また、カリフォルニア大学のアーウィン・サヴォドニック教授は
「精神医学の用語はまさしく製薬会社によって定義されているのです」と語っており 、
その一例として、マサチューセッツ総合病院の小児精神薬理学科や
ハーバード・メディカル・スクールの准教授は
2000年から2007年までの間に製薬会社から100万ドル(約1億円)以上を
受け取っていた ことが発覚しています 。




3004702559_5a39eeec14_z_m.jpg


Wikipediaによると 、DSM-IVのアレン・フランセス編纂委員長も、DSM-IV発表以降、
米国で注意欠陥障害が3倍に増加したことについて、

「注意欠陥障害は過小評価されていると
小児科医、小児精神科医、保護者、教師たちに思い込ませた製薬会社の力と、
それまでは正常と考えられていた多くの子どもが注意欠陥障害と診断されたことによるものです」


と指摘。
「米国では、一般的な個性であって病気と見なすべきではない子どもたちが、やたらに過剰診断され、
過剰な薬物治療を受けているのです」と述べています。医者や教育者、心理学者の果たすべき役割は
子どもたちを薬漬けにすることではなく製薬市場から自由にすることであり、
もう一度「教育とは何か」「心理学とは何か」ということに立ち返る必要がありそうです。







【天才は教育制度に潜在能力が抑え込まれている】


人はそれぞれ生まれながらにして違った能力を持っている。
特定の事柄に秀でているとそれは才能として扱われるが、
適切な環境や機会がないと才能は埋もれたままになってしまうと言われる。

要約:
知能において天賦の才を持つ(ギフテッド)子供たちは、
次世代の革新的研究者や指導者と成りうるが、右に出るものがいないほど賢い子供たちは
しばしば特別なカリキュラム、教師による学術的な入力、外的なモチベーションの不足によって
クラス内に埋もれてしまい、その潜在能力が抑えられてしまっているようだ。


この結論は、ヴァンダービルト大学のDavid Lubinski博士らによる30年に渡る
研究の結果導き出された。彼らは、共通試験SATにおいて
上位0.01%を占める320人の子供たちを対象に、
13歳から38歳まで学術成績、ビジネス、文化、医療、科学、技術などにおいて、
どれほどの成果を成し遂げたのか調査を行った。

彼らの成し遂げた成果はとても素晴らしく、対象者のうち203人は修士以上の学位を持ち、
そのうち142人は博士の学位を取得した。
これは対象者のうち44%が博士を持っていることになるため、全人口のうち2%が
持っていることに比べると非常に高い。対象者の多くはフォーチュン500に
入る会社や政府の指導的立場、優秀なソフトウェア技術者、医者、弁護士となっており、
大統領の相談役になっている人物までいる。

これほど素晴らしい成果を挙げているのにもかからわらず、
彼らは潜在能力の全てを発揮することが適わなくなるような障害を、
生徒時代に経験しているようだ。
通常の学校では、彼らのようにとても早く物事を学習し
消化できる子供たちのためのカリキュラムはなく、教師は特別優秀な子供たちではなく、
学習能力の低い子供たちへ向けた指導を行う傾向にある。
その結果、彼らは学ぶ機会の多くを失い、
フラストレーションを募らせ、学習不良を感じてしまうことになる。

研究チームの1人であるHarrison Kell博士によると、
しばしば天才的な子供たちには特別な助けは必要ないと言われることがある。
しかし今回の研究の結果それは間違っており、
例えば特別高いIQを持つ子供たちには、そのような子供たちに合った教育方法を行わなければ、
彼らは潜在能力の全てを発揮できなくなってしまうだろうという。


アメリカでは学習障害を持つ子供たちに対しては連邦政府に認められた教育プログラムがあるが、
逆に特別高い学習能力を持つ子供たちに対してのプログラムはない。
Lubinski博士によると、知的能力が高くなればなるほど適切な学習機会や
カリキュラムを与えることは難しくなっている。
彼らの研究は、
天賦の才を持つ子供たちのなかで更に優れた子供たちに対して、
どのようにして比較すべきなのかを示しているという。

Lubinski博士らは、特別優れた子供たちには彼らに合わせた課題を提示することで、
モチベーションを保つことができると結論付けた。

彼らは将来様々な分野で活躍することができ、ヒトという種において
重要なリソースとなる可能性がある。しかしそのような潜在能力を発揮するには、
能力だけではなく適切な機会が与えられ、モチベーションが保たれていなければならないだろうという。


『天才は教育制度に潜在能力が抑え込まれている?』  [科学ニュースの森]
http://blog.livedoor.jp/xcrex/archives/65778095.html


[英語版 元記事]
http://www.sciencedaily.com/releases/2014/01/140106155946.htm




o0450045012889750273.jpg
訳: 天才の秘密は子供の時の気持ちを年取っても持ち続けることです












他人からプレゼントをもらったら、何て言いますか?
普通は 『ありがとうございます』 って言うよね? 


でも僕は違うと思ってます・・・・ ほら、もう僕と話が合わない人が出てきたはずです(笑)

この動画 ↓ はプレゼントをもらうのを拒否している男性の図です・・・


0322gfyu.jpg

【動画】
https://www.facebook.com/ActorVarun/videos/807110309369187/?pnref=story



これ・・・ 日本人だったら、他人から何かを無料で出されて、それをもらうのを拒否した場合、その男性は
真面目
な人なんだなぁ・・とか思うんでしょうか?  逆です! このプレゼントを拒否した男性は、
とても自己中心的で謙虚さが欠けている行為なんですよね^^;

プレゼント(ギフト) っていうのは、与える行為です・・・
もちろん、プレゼントをあげて、気に入られようとか、良い人に見られたい・・・とかいう下心があるのは問題外

このように言ってください・・・ 
『わたしのプレゼントを受け取ってくれてありがとう』 ・・・と


プレゼントというのは、相手が受け取ってくれて初めて成り立ちます、双方に謙虚さが必要です・・・
ギフトをもらう側は、その相手の渡したいという望みを叶えてやる、という使命感をもって受け取ってね?

ほら・・・日本でもよくあるじゃない? 『・・・つまらないものですが^^』 
なんてお土産持ってくるの(笑) 

大抵は、ほんとにつまらないものなんですが(笑) お煎餅とかな・・・
でも、みんな、もらってくれるでしょう? ありがとう・・・って言って、

でも、本当にありがとうと言うのはどっちなのかね? そんな出来事です。








・・・ああ、やっぱ、僕は他人とは合わないなぁ~ 
彼女欲しいなぁ~ ああ~('A`) なんでできないんだ? 原因は性格かな? 
 
・・・でも面倒だし二次元美少女でいいやw(←コレ)


60c71665.gif







スポンサーサイト
[ 2015/05/31 22:00 ] 哲学・謎解き・その他 | TB(0) | CM(6)

あるあるww

>大抵は、ほんとにつまらないものなんですが(笑)
それを言っちゃあお終ぇだw

>・・・ああ、やっぱ、僕は他人とは合わないなぁ~ 
私も他人に合わせるのなんかトウの昔に諦めたわorz
[ 2015/06/03 22:02 ] [ 編集 ]

Re: あるあるww

さくらみこさんこんにちは^^

自分はお土産系で美味しいものに出会ったためしがありませんね
和菓子系はあまり好きではないので・・・
でも沖縄のちんすこうはなかなか美味でしたね・・・通販で買えますが(笑)


[ 2015/06/05 08:03 ] [ 編集 ]

kadoさん こんにちはー
えっ 彼女欲しいんですかー 普通の彼女は 巫女服やスク水 ゴスロリ衣装着てくれないし
幼女ですらない!!!(ココ重要) 

漫画の話しですが 銃夢って 漫画好きでして そこに出てくる マッドサイエンティスト
ディスティ・ノヴァが 良い感じの名言が オイラの 活動原理です
コピペでぃすー

「人は場所・時代・環境を選んで生まれることはできない…ゆえに生まれた瞬間にそれぞれの人間の生きる条件は異なっている。これが宿命です。 そして世界が残酷なのは、当たり前のことです。 生の始まりは化学反応にすぎず、人間存在はただの記憶情報の影にすぎず、魂は存在せず精神は神経細胞の火花にすぎず、神のいない無慈悲な世界でたった一人で生きねばならぬとしても…なお…なお我は意志の名の元に命じる。『生きよ』と!! 君はまだ若い。世界のカルマの負荷に膝を屈するのもやむを得ぬかもしれない。 悪を目指すも良し!善を目指すも良し!道を探るのもいいでしょう…。 しかし生きていなければ、生きていなければどんな才能でも実を結ぶことは決してないのですよ!!」


あぁ 素敵  オイラ的には 世界は自分の遊び場 遊び切れないから みんなにも遊んで貰っている そんな感じです
ああっ...ガラにもない事を (/ω\) ハジカシー
[ 2015/06/06 16:28 ] [ 編集 ]

七歳の童心を活かす

私も真面目な男のイエスマンを演じるペルソナ使いですわ
でも必要なんですねぇ 自分の身体の性別にも合わせるしかない
職場の上司がセクハラしてきてBL展開でも我慢していたり
バーから出て女性に電話頂戴て言われてもバイだけどしない冷酷さw
幼少期からソッチの人間だけど封印してる
いきなりお姉とか少女みたいな内面性出したらドンビキされるだろうからwww
二次で欲望の形式を作るとか飽きる時も多いけど・・・

ハローワークにてどうも「貴方ADHDじゃない?」みたいな話しされて
他のハローワークで元精神科関係者の話聞いたら
内科だの勧められて「精神薬は風邪薬と同じ」だと言われたのw
自分「えっ!?(何売り込んでるのこの人・・・ヤベー)」

一応精神科連中がアブナイの知ってたから警戒して内科には行かなかったけど
後に内海聡の「精神科は今日も、やりたい放題」や織田淳太郎の「精神医療に葬られた人びと」読んだら
精神科と製薬企業の正体を知った
精神薬は自害行動や他害行動を引き起こすこともあります
[ 2015/06/06 21:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かつーさんこんばんは~^^

彼女といっても理想にかなう人には会えなそうですw 
恋愛観が他人とはずれ過ぎているので・・・^^;

銃夢スキーでしたか^^ 自分もファンですよ! 
僕が言いたい事は、ほとんどノヴァ教授が言ってくれましたので(笑)
変人でプリンが好きなところとか他人の気がしませんね~ 「プリンおいちぃ!」
[ 2015/06/07 20:32 ] [ 編集 ]

Re: 七歳の童心を活かす

改名さんこんばんは~^^

昔から、おちつきの無い子・・・とか言われてる子は、実は天才かもしれませんね^^
よく難病にかかったら3人以上の医者を探せといわれますが ・・・
とにかくこんなご時勢だと
本当に良い医者様を探すのに苦労しますね・・・


内面的な 『女性らしさ』 というのは重要ですよね~ 
それは 『優しさ、謙虚さがある』・・・という意味ですが^^

ヒラリー・クリントンは次期大統領候補になる可能性が高い人物ですが、
あの女は 「女性らしさを失った女性」 の良い例ですね・・・

攻撃的、支配的な性格のため
戦争を起こす可能性が高いと言われています。

『男らしさ』 はほどほどが良いかもしれません^^

[ 2015/06/07 20:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/578-14e389a7