【編集】 Capture NX-D で ドール写真の編集してみる 【ニコン】

今回は画像の編集です^^ 一発撮りも良いけどね・・・せっかくRAWデータで画像保存してるんだから
綺麗に現像してみたいよね? みんなソフトは何使ってるん? 

DSC_3548aa.jpg



自分はD750で撮ってるので、今回はニコンのフリーソフト Capture NX-D での現像をば・・・
まあ、大したことはしてませんが・・・けっこう奥が深いのよ・・・これが^^;

続きを見る・・・ ↓ ↓









はい、まず Capture NX-D を開いて、お目当ての画像(RAWデータで撮ったもの)を開きます・・・
ここらは説明は不要かな^^

今回は、室内での撮影で、カメラのモードは絞り優先、画像は最大サイズ、ピクチャはスタンダードで・・・
照明は背景は大きめのライトで照らし、正面に小さめの明かりを置いてアイに光を入れ、
さらに全体に拡散する形でスピードライトを当てています・・・ともかく綺麗に撮れていればええねんで?

編集R01







まず露光をいじって、明るくしてみました・・・白っぽい部分が露光オーバーしないように注意ですね^^

編集R02








次にホワイトバランスの調整・・・
右に上げると赤く夕焼けっぽい色に・・・左に下げると青っぽい色に・・
今回は肌色が綺麗になるように、やや色温度を下げて赤みを和らげました・・・
自分は青空なら左に下げ、夕焼けなら右に上げたりしてます^^

編集R03








次に、ピクチャーコントロール をクリック・・・ここがニコン機の上位機種じゃないといじれない箇所があります・・・
自分はD750なので何の問題もなし(笑)

まず、輪郭強調は上げておきましょう・・・画像がシャープになります。  コントラストはお好みで・・・^^
そして特筆すべきは、 明瞭度 です・・・これが素晴らしい機能です^^

※2 D810以降に発売されたカメラ、Picture Control Utility 2、ViewNX 2、Capture NX-Dのみ対応(2014年6月26日現在)。
※3 D810以降に発売されたカメラ、Capture NX-Dのみ対応(2014年6月26日現在)。

ここは、後で解説します・・・まだ弄りません^^

編集R04








下のほうに LCHエディター というのがあります・・・ 
ここの明度(マスターモード)をクリックすると何かいろいろ出てきます(笑) マスターのグラフはいじらない様に・・

編集R05






まず カラー明度のグラフ線をいじります・・・線をぐぐ~と上下にドラッグすると明度が変化します・・
ここでは赤と黄色の間のオレンジっぽい部分を少し上げてみました・・・ 
僕がいろいろドール撮影で試した結果・・・ここの領域は肌色に影響を及ぼしています・・・
顔が暗かったり、肌がいまいち暗かったりした時、上げると、露光オーバーせずに、肌色だけ明るくなります・・・

編集R06







次に、 彩度 の項目を選択・・・ここでは、赤を上げてみました・・・霊夢さんは 赤い服がメインですので(笑)
赤の領域は、肌色にも影響を及ぼすので上げすぎ注意です^^ 

編集R07









ちなみに、青色の明度を下げ、 青色の彩度を上げると 鮮やかな青空ができます^^ 
これは、ある程度、青空が綺麗にとれてないとうまくいきません・・・そのためには撮影の時、
露光を上げすぎない様にして、被写体にはスピードライトやレフ板で逆光対策せねばなりません・・・
全ては、ここで編集をスムーズに行うために計算して撮っているのです

DSC_1282例







ここで、ようやく 明瞭度 の出番です^^
明瞭度は画像の明瞭度※1※2(くっきり感)を0.25ステップ刻み※3で、[-5]から[+5]までの範囲で細かく調整可能。

わかりやすく言うと、上げると達人が掘った彫刻みたいなシャープでクリアーな画質に・・・
下げると、水彩画みたいな明るくソフトな画質になります・・・ここは普通は明瞭度を上げるが吉です^^ 僕の場合は・・
最後に、少し露光など細部を調整して終了です^^

編集R08






明瞭度を下げると、このようになります・・・ まあ、好みでどうぞ?

編集R09
 







Capture NX-D での編集はここまでにして、今度は JPEGで保存して フォトショップに回します・・・ まだまだ続くんじゃあ・・!

編集R10
 








ここまで・・・・判ったかな? 魔理沙君?



魔理沙 『判らん・・・判らん・・・?』
c62805cd.jpg









フォトショップではちょっとした効果をつけて見栄えを良くします・・・
僕はずいぶん古いフォトショ使ってますが(笑) 基本操作は同じだと思いますので^^;

ここでは、まず、画像を開いたら、元画像をコピー(複製)して上に1枚レイヤーをつくります・・
下の背景レイヤーは絶対いじらないように!

編集R11







これのレイヤーモードを変更・・・今回は 『通常』 から 『ソフトライト』 のモードにします・・・

編集R12








このように、色合いが強調されました・・・ しかし、このままでは効果が強すぎます

編集R13









この、ソフトライトにした画像レイヤーを ぼかします・・・
一般に 『ガウス』 といわれる効果で、 画像が溶けるようにボケます・・・
フィルタ → ぼかし → ガウス

編集R14






今回は、D750で最大サイズで撮った画像を 30ピクセルくらいのボカシを入れてみました・・・
ボカシ効果が入ったのは上のソフトライトにしたレイヤーのみです・・・元の背景レイヤーは絶対いじらないように!
良い感じに、昔のフィルム写真みたいなしっとりした画質になってきましたね^^ 
これは別にやらなくてもいい作業ですが、せっかくフォトショがあるので多少はね?

編集R15








霊夢さん・・・顔の部分もボケてしまってるので、ここで顔の辺りを 消しゴム(強さ15パーセントくらい) で削って
レイヤー効果をなくします・・・顔がシャープに戻りました^^
また、レイヤーの透明度を下げる事で、全体の効果を弱めることもできます

編集R16







画像を統合して、1枚のレイヤーにします・・・・ これで完成・・・なんですが・・・・

編集R17









最後に、ちょっとだけ シャドウ を上げてみました^^
シャドウは撮影で 黒潰れしてしまった影の部分を明るく鮮明に復活させることができます・・・
一見、黒くなった部分でも、データ上では、ちゃんと細部まで記憶しているのです。

これは、できればJPEGに変換する前の RAWデータ の時にやっておきたいんですが、
JPEGでもある程度は黒つぶれした部分を復帰させられます・・・ 

あまりシャドウを上げすぎると、明るい白けた画像になってしまうので上げすぎ注意!
その為には、やはり撮影の段階でしっかり被写体に光を当てておく必要がありますね^^ そういうことです

上げすぎるとこうなる ↓ ・・・けっこう細部まで情報が残ってるね?

編集R18









   完  成
DSC_3548aa.jpg

最後は画像度サイズは1500~1400ピクセルに収縮して、1MB未満で保存してます・・・
FC2ブログにアップする時は500KB未満までおとします・・・仕方ないね^^;








僕は、今まで公開した、全てのドール写真で、この作業をしています・・・



僕にとっては、写真というのは 記念撮影 ではなく 『作品』 と考えているのでこうなってしまう・・・
まあ、趣味でやってるんだからいいじゃな~い(笑) 過程が楽しければ良いんだYO!






DSC_3533aa.jpg


そんなわけで、ドール写真アレコレなお話でした^^ 
そろそろ新しいフォトショ欲しいわ・・・・





スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/29 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/576-14e13175