【金融】 ジム・ロジャーズ氏 「私が日本人なら日本を脱出するね!」 【アホのミクス】

はい、ちょっと経済のお話・・・
アベノミクスなんたらは僕たちに何をもたらしたのか? いったいなんだったのか? まあ、言うまでもないか・・・
例のイスラム国(イスラエルが黒幕でアメリカが支援する組織)問題で、安部ぴょんが今回の増税を越える金額
つまり消費税4%分にも及ぶ税金を
中東にポーンとくれてやったせいで、増税とは何だったのか?? とか思う今日この頃です^^;

2014年の実質GDP成長率0.0%!!「アベノミクス」が日本の経済成長止めた!
赤旗(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-17/2015021703_01_1.html)


ジム・ロジャーズ氏
img_4038c3f6f286f0883a1698abc9f76b1519211.jpg

さて、今回は
著名投資家のジム・ロジャーズ氏のお話を紹介
金融サイクルで判明! ジム・ロジャーズが語る「今から日本で起きる悲劇」
・・・でお送りします(笑)


続きを見る・・・ ↓ ↓




安倍晋三、中東へ消費税4%分にあたる6兆5千億円をばらまく 増税は意味なかった?
002554414000.jpg




PRESIDENT 2015年1月12日号

原賀真紀子=取材・構成

「安倍首相は日本を破綻させた人物として歴史に名を残す」とまで言い切るのは、
著名投資家のジム・ロジャーズ氏。その根拠は繰り返される金融の「歴史」にある。




──アベノミクスをどのように評価していますか?

【ジム・ロジャーズ】
安倍晋三首相は最後に放った矢が自分の背中に突き刺さって命取りとなり、
日本を破綻させた人物として歴史に名を残すことになるでしょう。



自国通貨の価値を下げるなんて、狂気の沙汰としか思えません。
円はここ数年で45~50%も下落していますが、
これは先進国の通貨の動きとしては異常です。
このようなことが起きると国家は崩壊し、時には戦争に発展します。



これまで英国、ドイツ、フランス、イタリア、アルゼンチン、エクアドル、ジンバブエなど多くの国が
この手法を試みましたが、成功例は皆無です。
米国は2度も失敗しました



一度目はアメリカ独立革命のとき、大陸会議が「コンチネンタル」という紙幣を発行したのですが、
暴落して紙屑同然になった。ところが、南北戦争で同じ過ちが繰り返されます。財政難に陥った南部連合は
紙幣を大量に刷りますが、ひどいインフレが起きました。救済策として綿花で保障しようとしましたが、
大戦に勝利した北軍兵に綿花を焼き払われてしまう。北軍も、やはり同じ失敗をしています。
いわゆる「グリーンバック」という裏が緑色の紙幣を大量に発行しましたが、価値が大幅に下がってしまった。






──2014年10月31日、日銀の黒田東彦総裁は追加金融緩和策を決定しました。これを評価する声もありますが。

【ジム・ロジャーズ】
短期的には株が上がりますから、投資家にとっては喜ばしいことです。私も日本株を持っていて、
黒田総裁の発表直後にも買い足しました。底を打ったときと比べると、株価は倍になっています。
今後3倍にまで上がるかもしれない。



安倍政権がバブルを起こそうとしているかどうかはわかりませんが、このままお金を刷り続けるのなら、
潜在的には2~4年以内にバブルが起こりうる。
しかし、インフレは国のためにならないことは歴史が証明しています。
「少しくらいは大丈夫」とインフレを容認した結果、どの国も失敗しています。
制御不能なほど勢いづいたインフレを止めるのは非常に難しい。







──インフレは社会にどのような影響をもたらしますか。


【ジム・ロジャーズ】
政府はやがて年金をカットするなどの過酷な政策を実施せざるをえず、
国民を苦しめることになります。歴史を紐解けば、インフレは生活費を上昇させ、
真面目に働いて貯蓄に励む人たちの暮らしを破壊することは明らかです。



そして、彼らの怒りが高まると、深刻な社会不安を招きます。
モラルが低下した人々は安易な解決策を求め、
白馬に乗った女性が現れて「私があなたがたを救う。私に従ってください」と言ってくれるのを待つようになる。


真っ先に非難の矛先が向かうのは外国人です。「体臭がきつい。食べ物まで臭い」などと言われ始め、
それが戦争へとつながっていく。



次のターゲットは銀行で、悪の権化のように言われます。聖書には、
激高したイエスがテーブルをひっくり返して神殿から両替商を追い出す場面が出てきます。



いつの時代も、生活が悪化すると金融関係者は嫌われる。
メディアも敵視され、「ろくでなしの記者たちが煽るから問題が発生した」と言われ、
これが検閲につながるのです。
インフレで苦しめられた国民がこの3者を責めるという図式は、いつの世にも当てはまります。






──日本が崩壊するシナリオが現実になるのを防ぐには、なにをすべきでしょうか。


【ジム・ロジャーズ】
増税ではなく、減税です。
財政支出も大幅に削減しなければダメです。
日本は先進国のなかでも突出して借金を多く抱えています。しかも少子高齢化で人口は減少している。
このような状況ですべきことは少子化対策か移民の受け入れですが、日本はそれもやろうとしない。




もし私が日本の若者だったら、外国語を習得して日本脱出に備えます。もしくは、
カラシニコフ銃を手に立ち上がり、革命を起こそうとするかもしれません(笑)。







───簡単に国外へ脱出することのできない人々が実践できる自己防衛策はありますか。

【ジム・ロジャーズ】
日本株と外貨を購入すべきです。私だったら米ドル、香港ドル、人民元を買います。
そして海外に銀行口座を開設すること。個人も法人も、ある程度の資産を保険として海外で保有したほうがいい。




若い人は絶対に中国語を勉強すべきです。
日本に骨を埋めるつもりなら、農地を買ってトラクターを運転できるようにもなってください。
これからは農業の担い手が不足するので、食糧を生産できる人の将来は安泰です。
かなりのお金儲けが期待できます。




中国語の勉強と同じで、ライバルが少ないうちに始めれば、
15年後に農家として大成功したあなたのもとに「ここで働かせてください」と言ってくる人が現れますよ。




Jim Rogers(ジム・ロジャーズ)
米国アラバマ州出身。イェール大学卒、オックスフォード大学ベリオールカレッジ修了。
ジョージ・ソロスと投資会社クォンタム・ファンドを設立し、驚異的なリターンを上げる。
37歳で引退し、世界を旅する。
2007年、一家でシンガポールへ移住。著書に『中国の時代』『ストリート・スマート』がある。

http://president.jp/articles/-/14427








<借金は何処へ消えた?>


国の借金1000兆円、実はそれをはるかに越す財産の隠匿

日本国の借金1000兆円、さあ大変だ。年収450万
のサラリーマンの出費は900万 、借金は何と1億円に
たとらえる。このサラリーマン、一生かかっても1億円な
ど返せないので夜逃げだ。これと同じ、1000兆円の借
金をかかえた国はまさか夜逃げは出来ない。


 ところがこの借金の中身は郵便貯金などを通じた、国民
からの借金なのだから、実際には政府は気楽なものだ。そ
の気になれば預金引き出し権利を凍結してしまって、超イ
ンフレにして1000兆円の借金をチャラにしてしまえば
いいのだ。このような超インフレは戦後日本政府が実際に
やったことではないか。


 国民に対してそんなひどいことをやられるよりは政府の
『財政健全化』に協力して、社会保障を削り、年金減額を
我慢して政府に協力すればいいではないか。しかしこの論
理にはまだまだゴマカシがある。


 実は、日本政府は1000兆円もの借金をしておきなが
らとんでもない財産を保有しているのだ
。先の年収450
万の借金1億円のたとえで言えばなんとなんとこの男、数
億円の財産を持つ、『超富裕層』なのだ。まさに笑止千万
のゴマカシではないか。


 その財産はどこにあるか?たとえば特殊法人,独立行政法
人などの財産がそれである。


その例をあげれば


 国立科学博物館
 物質、材料研究機構
 放射線医学総合研究所
 国立美術館
 理化学研究所
 宇宙航空研究開発機構
 海洋研究開発機構
 高等専門学校機構
 原子力研究開発機構
 福祉医療機構
 国立病院機構
 国立がん研究センター
 その他5か所の医療研究センター
 農業研究関連4研究所、研究団体
 農業者年金基金
 産業技術総合研究所
 新エネルギー。。。。総合開発機構
 石油天然ガス、金属鉱物資源機構
 土木研究所
 鉄道建設。。。。。支援機構
 水資源機構
 都市再生機構
 高速道路保有、債務返済機構
 住宅金融支援機構
    などなど。



 国はこれらの特殊法人のために年間4兆円を支援してい
るが、これらの施設と人材の評価は所有する土地も含めて
およそその100倍、つまり400兆円の財産を持ってい
るのだ。


 国の所有する特殊法人などの価値は想像以上である。た
とえば国立病院、国立大学付属病院、癌研病院など国が持
つ病院の価値は施設と土地の評価だけでは決まらない。実
際にはその病院の日本有数の医療レベルの高さの価値であ
る。1か所10兆円としても100兆円を超す。 


 そのほか国が所有する美術館、科学博物館、国立大学が
所有する国宝、重要文化財などなど。これらはまともに財
産として評価できないほどの莫大なものである。


 これでもうお分かりであろう。日本国は世界有数の『富
裕層』であった。『1億円の借金のあるサラリーマン』な
どにたとえるならば、1億円の借金どころか数億、数百億
いやいや評価も出来ないくらいの金満家、富裕層だったの
だ。
 『国は1000兆もの借金をかかえているから社会保障
も我慢しろ、年金減額にも文句を言うな、とは真っ赤なウ
ソ。国民に貧困を強いる口実に使われているに過ぎない。



大槻義彦
http://29982998.blog.fc2.com/blog-entry-858.html










はい・・・・(´・ω・`)
つまり、これから僕たちがすべきことは、

①海外に資産を確保、もしくは金(ゴールド)などの通貨でも持っておくといいかも?

②アジアの中心が中国になるので中国語の勉強は必須です、
 最近の求人でも中国語が喋れる人を募集している所が多いですよね?
 ヨーロッパなど観光地ではすでに 『中国人を見たらお客様だと思え!』 の精神だそうで・・・

③そして、戦争には断固反対すること・・・
 これが一番重要ですね? 経済と戦争はセットですよ? お忘れなく!



こんな国とは付き合ってはいけません・・・
集団的自衛権はアメリカが先制攻撃でも適応されます・・自衛とは一体??

イランアメリカが行った 侵略戦争回数の

比較 イラン0件 アメリカ多数   ・・・なんやこれ(´・ω・`)
o0516048013221014725.jpg

      



ニュース速報
o0506028013222467089.jpg
訳:あなたの人生には無関係のことが 今発生しました。
今からそれを大げさに何日間も報道して、本当のところはどういうことが起きているのかから
あなたの関心をそらすことにします。






それではここら辺で~(^^)ノ





スポンサーサイト
[ 2015/02/23 01:37 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/549-8a15500d