【絶滅危惧】 消え行く自然、消え去る老人 

さて、休日にの公園に行ってきました・・・
ここ、栃木の鬼怒川沿いの川原には絶滅危惧種の 『カワラノギク』 を見ることが出来ます^^

DSC_8269aa.jpg


レッドデータブック危惧IB類とされ、近い将来において絶滅の危険性が高い種で、各都道府県で手厚く保護されています
ちょうど、秋のコスモスの季節(10月)に咲きますので、今が見ごろですね?

さて・・・今回は哲学っぽい話・・・
絶滅に追いやられた生物たちと、その原因を作った人々の話にも触れてみようか? 
今回のキーワードは 『老害』 だ。

続きを見る・・・ ↓ ↓ ↓





DSC_8156.jpg

鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)にいって来ました・・・
ここにも保護区がある・・・さすがに休日なので人が多いね~ ここでちょとしたアクシデント!

僕はズームレンズを持ってなかったので、仕方なく境界線のロープをまたいで撮影していたら、散歩中の爺さんに
『こら、中に入ってはダメって書いてあるだろう!!!』 ・・と怒鳴られてしまった^^;

ああ、しまった! あの爺さん、知らないのか・・・ う~ん、困ったなぁ・・・
実は、ここには、立ち入り禁止区域は存在しない のですが・・・ 



ちなみに、入ってはいけないと書かれた看板などありません・・・

いかにも(笑) 入ってはいけないみたいな風潮がありますので・・ 

まあ、注意書きに書いてないことは、何をしても良いというわけではないですよ? 念のため^^;

DSC_8157.jpg


ここは花壇ですらない・・・誰のものでもない。


ロープが張られてるのは、芝生や保護区の上に車を駐車するアフォがいるから・・
クソガキが花を荒らしたりバイクで乗り上げたりと・・・要は、マナーの問題。 




公園は国の敷地内であり、こうした保護活動は、その地域の風土研究家や教授などが徒党を組んで地域活動のボスになっている・・・
しかし、そう簡単に立ち入り禁止区域にはできない、個人の土地ならまだしも、国の許可がいるしな~
そんなワケで、ここでのルールは 『花は取るな! でも、撮るのはOK』 というのがここのしきたりらしい・・・

動植物保護区の基本は 勝手に持ち去ったり、栽培すると、法的に罰せられる というのが基本 ・・・そんなわけで
日本人特有の同調圧力というか・・・ いかにも入ってはいけない(笑) という空気を作り上げることで進入を防ぐ手法か?
実際に立ち入りが禁止の厳しい所もあります。



要は、さっきの爺さんも、細かい事情はわかっておらず、とりあえずダメなものという思い込みからの行動である・・・
周りを見れば、奥様方が 『あらやだ、あの人、花壇に入ってるザマス・・ マナー違反よね・・・ヒソヒソ・・・』 などといった空気が・・・

いかん、撤退だ! 撤退! なんか自分、悪者っすか? サーセンww
002454887.jpg







以下の動画を見てみると面白い・・・ これ、日本人特有の行動(笑) みんな、誰も確認しないで避けていきますね~ 
これは、思い込みから来る行動・・・常識というのは疑ってかかるのが常識だろ?

















<世界の動物たちの半分は1970以降の 『戦後ジジイ共と団塊世代』 によって滅ぼされた?>

o0470024513085287807.jpg

さて、このカワラノギク・・・ なんで数が減ったのかというと、原因は、公園作ったからだろ?

高度経済成長期に伴って、河川敷の整備がなされた・・・ 人口増加に伴い、大規模な防波堤や公園の設立など・・・
カワラノギクの生息地は減少、さらに、公園や防波堤の整備で持ち込まれた 『大量の土や砂利』 には 外来種の
植物の種が含まれており、それらが繁殖して、すっかりカワラノギクは減ってしまった・・・
この、公園を作った連中が、今度は少しばかり残った、絶滅危惧種の土地を指差して、大事に育てましょう^^とか
片腹痛いわ! 団塊ジジイども・・・お前らのことだよ!




世界の動物たちの半分は1970以降に消え去っ
http://www.telegraph.co.uk/earth/wildlife/11129163/Half-of-worlds-animals-have-disappeared-since-1970.html

世界の動物たちの半分は1970以降に消え去った。
抑えることができな人的拡張のため。最新の数字を見ると衝撃。
WWF野生動物基金の報告によると、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類及び魚類は平均で50%この40年間に減少した。
淡水動物は状況が更に良くない。同時期に3/4以上の数が失われた。
これらの減少の殆どすべては人間の活動に起因する。
生息場所が失われたり、森林が無くなったり、気候の変化、漁獲や狩猟過剰。
今の生活と比べると、1970年以前に生まれた人たちは動物たちが沢山いる世界に生きたことになる。






秋に、田んぼの隅に咲くノギク・・・その数は減ってきている?
DSC_8336.jpg






あんまり 『老害』 なんて言葉、使いたくないんだが・・・ 
まあ、僕が名古屋にいたときは、困ったご老人が結構いました^^;
老人とは 『心が老いてしまった人』 の事です・・・ 

肉体が老いても精神が若い人はたくさんいます^^ 僕は、そういう人は老人とは呼ばない、彼らは総じて謙虚


よくよく考えてみれば、僕は、若い人や婦女子から被害を受けたことは無い・・・ 黒人でも白人でも韓国でも中国人でもない・・・ 
日本中年~高齢者を見ると、僕はとっさに警戒してしまう!

>スーパーのレジで揉め事を起こしていたのは老人だった・・・

>急に横から割り込んできて事故りそうになったあの軽トラック・・運転手は爺さんだったっけ・・

>電車で優先席のトラブルで迷惑かけまくってたのはジジイだった・・

>僕がもれそうで駅の公衆トイレに入ったら、ウンコ流さないで出てきたジジイ・・・あいつ、絶対に許さねぇ!

>後ろで並んでるのに、コンビニの姉ちゃんにセクハラトークしてた団塊爺さん・・・はやくどいてくれ

>僕が植えたお花・・・除草剤が風で飛んできて枯れた・・・隣のおっさん、どうしてくれるのよ?

2ちゃんツイッターで「東方はオワコン」 「ボカロはオワコン」 「アイマスは・・(以下略)」 とか対立を煽ってた
 ネトウヨ(自称艦これファン)はおっさんが大半だった・・・たのむから荒らさないで><





DSC_8158.jpg






よくよく考えてみれば、僕の人生で、僕を攻撃してきやがったのは老人ばかりだった記憶が多い・・・
彼らは・・・老化した精神の病人である。

若かったけれども・・・そのときは、彼らにも夢があり、世界を変えてやろう! と希望に満ちていたけど、
次第に年をとるにつれ、心も老いていった・・・ もう、ピンクのシャツも、花柄のスカートも履かなくなって、

あとは死をなるべく考えないように静かに過ごす・・・ 彼らは、幸せな人々、若い、新しい人々が羨ましいのかもね?
・・・体が老いる、ずっと以前から、心が老いていたのだ・・・ずっと前から、彼らは、老人だったのだ。


人間の身体は、100歳ちょっとまでしか生きれらないけど、人間の脳は400歳まで、現役でいられるという・・
脳は使わなければ萎縮します、常識に凝り固まり、過去の経験が豊富ゆえに、
自分の考えがが正義と信じて疑わなくなる
あなたの周りに、そんな人、いません? 

抜粋~
人生80年時代に、人間は何歳まで生きられるのか、という話を聞いたことがあります。
脳以外を全部取り替えてしまったら、400年は自分の脳細胞で生きていられるそうです。脳細胞は
生まれてくるときの個数は100、000、000個のオーダーですが、それからどんどん死んでゆくために、
400年ぐらいで自分の脳細胞は全部、死んでしまうそうです。




老人の言うことには一切従う必要は無い、僕はそうしています・・・ 逆に、若い人は、何歳になっても 『若い』 のです。
若者の言うことに従いましょう・・・彼らは、よく見ているし、世間を知っている。




自然を・・・日本を破壊しつくした政治家や団塊世代は間もなく消え去るでしょう・・・
カワラノギクが消えるのが先か? 老人たちが消えるのが先か? それは良いことなのかは、僕にはわからない・・・







さて、塩谷町のとある場所・・・ ここにも保護区がある・・・ 見事な カワラノギク の群生!
新幹線も見れますね~ おっと、場所は秘密ってことでいいかな? あんまり人が来るとアレだしな・・・


DSC_8188aa.jpg



ちょっと、防波堤の下まで降りてみた・・・ 目の前は、カワラノギクの群生
きっと、地方の ~を守る会 みたいな団体があって、種をまいたりと、いろいろやっているのだろう。






DSC_8230aa.jpg






撮影中、後ろから がさがさと音が・・・?   ん?






ニホンマムシがあらわれた!   どうする?

※画像はイメージです
22587877000_20141012223258435.jpg


jfsdxzxzs0025.png


[コマンド]

たたかう

>にげる (´・ω・`)











00245482087.jpg





もちろん逃げたわw あ~びっくりした・・・ 尻尾をカサカサ振動させて威嚇するんですよね~
最近、毒蛇注意の看板を良く見ます・・山の方から、こっちまで下りてきているらしい・・生態系が壊れてきています

こういう場所にいっぱいいるみたい? ご注意を!

DSC_8167.jpg





ここは、静かな場所・・・ それで良い・・・  
毒蛇は、この聖域を守ってるのかもな? 触らぬ神に祟りナシ、帰ろうか?

また来年、見にこれると良いな~^^





カワラノギク (危惧IB類)  
学名は 「Aster kantoensis」 ギリシャ語で 『星』 を意味する。kantoensisは関東の意



花言葉は 『清爽』 『障害』

DSC_8247aa.jpg
 





世界の絶滅動物&絶滅危惧種FILE世界の絶滅動物&絶滅危惧種FILE
(2013/07/30)
生物雑学研究倶楽部

商品詳細を見る




スポンサーサイト

老人はー

kadoさん こんにちはー
うーん 微妙な問題ですよね オイラもコキア撮りに行って花壇の中に 入れましたね
いや 特に注意書きは 持ち帰り禁止位しか無かったです  
まぁ オイラ達 少数派は 時に排除される側に周りますね 
庭園の雰囲気に 合わないと言う苦情で 撤収させられた事もあります

この前も コキアもっと中で撮りたかったですが 我慢しました 観光客は お構い無しでドンドン入っていきますが....
オイラは 他の人達の邪魔にならないように 場所を借りていると思って おります


たしかに お年寄りの ワガママが目立ちますね ラーメン屋でも 
なんだ!! 並ばなきゃいけないのかよ!! ぐぢぐち いつまで待たせるんだ
おれは〇〇が嫌いなんだ 食べてないから 金は払わん その後も 他のお客さんに注意されたら えらいケンマクで反論
並んでいたタクシー運転手さんの話では ホントああ言う人お年寄り多いと言ってましたよ

 まぁ 老人はね.....問題があっても 解決するまで冷静に出来ませんからね... 力が無いんです だから弱そうな反論出来そうも無い
人に 食い付いて来ますよ


マムシと 一緒に記念撮影の 霊夢さんは 無理でしたかー

うんオイラも チルノさんとマムシは いやですね
[ 2014/10/13 15:11 ] [ 編集 ]

Re: 老人はー

かつーさん こんにちは^^

カワラノギク・・・今回の台風で被害が出ないか心配ですね~ 鬼怒川は氾濫する川なので・・・
マムシ様はちょうど僕の1メートル後ろで威嚇してたので焦りました・・・
残念ながらツチノコは発見できず・・・どうみてもマムシでした(笑)
射程内距離だったら尻を噛まれていたところです・・・  
まあ、寒くなったら冬眠してもらいましょう
[ 2014/10/13 22:37 ] [ 編集 ]

初めまして(๑→ܫ←)

はじめまして♪おしゃれ宇宙人さん(kadoさん)。ヾ(๑^∇^๑)ノ

最近お人形を撮影する必要が出てきまして、勉強のために立ち寄らせていただきました。
娘さんはDDですか?霊夢さんかわいいですよね(´∀`*)若干寒そうではありますケド・・

質問なんですが、霊夢さんは自立できるんですか?
それとも見えない場所につっかい棒が・・・
もし宜しければお教え下さい。ご利益はおそらくボム一個分・・古いかorz

また近いうちに立ち寄らせていただきますねε(*╹◡╹*)з

※蛇足ですがイメージ画像の蛇、あの巻いた状態から飛びますのでご注意下さい。
動かないのでひるんでいるように見えますが、こちらの反応速度を遥かに超えていますので。
血清を打たなければ死亡しますよ(。☉౪ ⊙。)ノ゙
[ 2014/11/02 15:43 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして(๑→ܫ←)

さくらみこさん、いらっしゃいませ~^^

ドール撮影をされるのですね? 楽しいですよ~^^
僕はボークスのDDで、基本、ドールスタンドを使ってます。

ドールの種類にもよりますが、バランスが良ければ自立できますが、お勧めは出来ないかも?
転倒すると簡単にヘッドに傷がつきます・・・ソフビの場合修復は無理とおもわれます、
なので、ドールスタンドを使うことをお勧めしています。 大事なドールですので^^

安定していれば、つっかえ棒でもOKです。 
他には、フォトショップなどで編集時にスタンドを消してしまうのも手ですね・・・

僕は、『セレンズ』 というところのドールスタンドを使ってます^^ 使い勝手は良い感じです
三脚に固定できる種類もありますよ~^^ 

あとは、『あまりスタンドが見えない角度』 で撮ったり
足場を砂で隠したりとか(笑) 
ドール撮りは、けっこう奥が深いです、頑張って楽しんでください^^


毒蛇にはビックリしました・・・射程距離だったら病院直行でしたね^^;
ちょうど、お尻を噛まれる姿勢でした・・・くわばら、くわばら(怖
[ 2014/11/02 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/518-aa62ae2f