【年末年始】 最近のニュースあれこれ 2013~14年 【考察】

どうも~ 最近のニュースあれこれです・・・ 
日本人として、日本で生活していると、本当にTVマスメディアウソしか言わないんだな~ と実感します・・・
最近僕がまずいな~ っと思うことで、

テレビが 『日本は海外に良く思われている(キリッ!』 みたいな番組と印象操作が酷いんじゃないかと感じる今日この頃

・・・まさか真に受けてないよね? まあ、いろいろとダメだしがあった2013年でしたが
そんなわけで、ちょっと小難しいお話なので興味ない人はスルーしてね(笑)  今回は長文になりそう^^;

00269987777.jpg

※訳) 皮肉の定義:地球温暖化の科学者たちが氷が溶けていることを研究するために南極に行ったところ、
    氷に閉じ込められてしまった(笑)

※訳2)大手のメデイアのスポンサーが触れないことの中の一つ


続きを見る・・・ ↓ ↓





やあ、正月休みはどこ行きました? 実家でまったりも良いですね~ ところでハワイに行った人いる?
この間は大雪だったようで(笑)  ええ、ハワイですよ? 南国の常夏! ハワイでスキーなんてどうです?

元記事 
http://www.bigislandvideonews.com/2013/12/28/hawaii-snow-mauna-kea-access-road-closed/ 

0023554877747.jpg

まあ、寒冷化は数十年前から始まっている・・・ 温暖化というのは 真っ赤な嘘です・・・ウソ・・!
当ブログでも何度かこの 「温暖化詐欺」 にはふれてますが・・・ ヒマラヤも南極も氷が激増!!

当のアメリカは 世界中のデータを改ざんしたり、学者にカネをばら撒いたりと 温暖化ビジネスに躍起になってます
日本のTVでも温暖化ごり押しでしょ? 見てればわかると思います・・・特にNHK お前だよ(笑)  
アメリカとそれに隷属する日本は常に連動している・・・常にそれを頭に入れて世論を見る必要があります・・


00264887.jpg


まあ、ハワイ好きな人は知ってると思いますが、ハワイには4000メートル級の山があります・・・当然、雪が積もっていて
現地ではスキーやスノボもできます・・・
今回はかなり降ったみたい? 記事を見ると 『Road closed (道路を閉鎖)』 とある・・・ 
Hawaii snow, Mauna Kea Access Road closed (ハワイ雪、マウナケアへのアクセス道路 閉鎖)


マウナケア って聞いて、ハワイに詳しい人はピンときたでしょうか? 
ハワイの霊山 マウナケア山 があるところです。

002458874.jpg



0025548487.jpg



ここには不思議な植物がある・・・ 銀剣草(シルバーソード) といわれる植物だ
ハワイ島の山でしか見られない固有植物・・・マニアは必見です!

0026488747.jpg


002355847.jpg
 

ハワイ語で 「アヒナヒナ」 というらしい・・・

アヒナヒナはハワイの神話で 月の女神・・・ アヒナとは 「銀の髪」 という意味

マウイ島にある山、ハレアカラに住むマウイという半神半人の男が、彼の母親である
女神ヒナの銀色の髪で作った縄で、7本の太陽の足を盗んだ・・・
 というくだり。

この植物・・・数十年に一度だけ花をつけると、枯れてしまうという・・ 日本の 「竹の花」 に似ているね^^

竹の花はちょうど時代の節目(50~100年)に咲くため、不吉の前兆として見られる花でもある・・・
※数十年おきに戦争が起こるからだとも言われている・・  


アヒナには 銀 のほか、 グレー(灰色) という意味がある。
そう、今回はちょっとグレーなお話です・・・
じゃあ、本題に行こうか?









※今回は 孫崎 享 さんの記事をメインにシェアさせてもらいます^^
http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga






<警告:NHKは天皇陛下誕生日記者会見で最も重要な部分を削除している。安倍路線と違うから>


まず、以下の動画を見て欲しい・・・ 実は重要な部分がカットされてます(´・ω・`)
・・・・と思ったら動画が削除されてたw 真っ黒やな~w
こちら ↓ で我慢してね☆ミ




「天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
天皇陛下は、誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。



この中で天皇陛下は、80年を振り返って最も印象に残っているのは、日本人のおよそ310万人が
犠牲になったと言われる先の戦争のことだと述べ、
「前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、
本当に痛ましいかぎりです」と話されました。

そして、「戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の
わが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています」と述べられました。

また、「戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、
人と人の絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを
、本当に心強く思っています」と話されました。


そのうえで天皇陛下は、「傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、
わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています」
と語られました。

また、これからの人生の歩みについては、「年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたい」
と述べられました。


さらに、「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、
私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました」と話し、
「皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと
努力できたことを幸せだったと思っています」と語られました。


一方、オリンピックの招致活動などを巡って論議が見られた皇室の活動と政治との関わりについて、
天皇陛下は、「日本国憲法には『天皇は、国政に関する権能を有しない』と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています」と述べられました。


そのうえで、「問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。
そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を
聴くことにしています」と話されました。


皇居では23日に一般参賀が行われ、天皇陛下は皇族方と共に、午前中3回、宮殿のベランダに立ち、
お祝いを受けられます。

  
***********************

これと私が重要だと思う部分を比較してみてください。

1:戦争の位置づけ
陛下80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、
やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。
私が学齢に達した時には中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、
中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。
終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途に様々な夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましい限りです。


2:憲法の位置づけ
戦後、連合国軍の占領下にあった"日本は"、"平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、
日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。"戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、
改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。(略)
今後とも憲法を順守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。

*******************************

上記でわかるように、

「日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、
今日の日本を築きました。」
と天皇陛下が最も述べたかったであろう所を見事に削除しています。

つまり「平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、
日本国憲法を作り」は安倍政権の目指すものと異なっているからに違いありません。

NHK天皇陛下が最も伝えたかった部分を削除するまでひどくなっている。

孫崎 享
 駐イラン大使
外務省国際情報局*長 1997年-1999年
駐ウズベキスタン大使(初代) 1993年-1996年

*米国のCIA,英国のMI6などに相当する
日本の情報局です。



(´・ω・`) まあ、要するに・・・ 現政権は憲法を変えたがっている。 そのためには平和憲法が邪魔な存在になってきた・・・と
日本は 『国防軍』 と 『集団的自衛権』 という、セット技で 自衛隊をアメリカ軍の変わりに戦地に赴かせ、
傭兵として戦わせる・・・という計画
ご存知の通り、アメ様は、とにかく、戦争をして武器を消費しないと稼げない国家なので^^;

もうアメリカは アフガン や シリア で戦争ビジネスやっても 儲からなくなってきた・・・
今度はアジア、中東でやりたがっている・・・ そのためには、日本は周りの国と仲が悪くなってもらわないと困る。
小学生でも理解できる単純な理論です。 ここ最近、日本政府が 中韓 を煽ってるのは明らかでしょ?
見事に国民感情をコントロールし、ギスギスした雰囲気を作るのに成功している(笑)
言っておくけど、中国はちゃんと何度も日本に話し合いのアピールを続けてきた・・・そして安部政権がそれらを拒否してきたワケ

そう、残念ながら、日本は 世界から 嫌われ始めている・・・ 反米に伴い、それに隷属する日本も悪者という事。 
自国マンセー! なんて露骨に報じてるのは日本と北朝鮮くらいでしょ(笑) でも、国民は信じきっている・・・何でかなぁ^^;









<原発再稼働の動きが勢いを増している件>

002558787224.jpg


孫崎 享

「東電再建計画:16年度めど柏崎刈羽全7基を再稼働」という動きがある。

「東京電力と原子力損害賠償支援機構は25日、今後10年間の新しい総合 特別事業計画(再建計画)を決めた。
27日に政府に提出し、来年1月に認定される見通し。
2016年度までに柏崎刈羽原発(新潟県)の全7基を再稼働させて収益を改善させる」(毎日新聞 2013年12月25日)

更に浜岡原発でも動きがある。

「中部電力は25日、浜岡原発4号機(静岡県御前崎市)の再稼働に向け、新しい規制基準への適合審査を
、2014年の早い時期に原子力規制委員会に申請すると発表した。」(25日朝日)
上記の動きでも明確なように、電力会社に加え、金融関係も原発再稼働に動いている。

勿論経済産業省も推進の動きを強めている。

「経済産業省は13日、国のエネルギー政策の中長期的な方向を示すエネルギー基本計画案をまとめた。
原発を“基盤となる重要なベース電源”と位置づけた。原発の新増設は明記しなかったが、
“必要とされる規模を確保”と盛り込み、将来の新増設に含みを持たせた。」(14日朝日新聞)

多くの国民は原発の再稼働に懐疑的である。その中何故政府は再稼働にむけひた走りなのであろうか。


貴重な資料がある。


12月16日付朝日新聞は「原発迷走」の中で次の記述をした。
「東日本大震災から一週間後の2011年3月18日、東電は大手銀行にSOSを出した。
銀行団は2兆円融資の決定をした。大手銀行幹部はいう。“あの時川を越えた。今さら引けない。
(省略)事故後に世論を二分した”脱原発“の議論をよそに、
原発復活の道へと”逆走“する東電を金融機関が後押しする」

そして金融機関の融資額を掲載した。
金融機関主要11社の東京電力への融資額

 三井住友銀行    9900億円

 みずほ銀行等    7700億円

 日本政策投資銀行  7600億円

 三菱東京UFJ銀行等 3900億円

 主要11社合計  4兆1000億円

 77社融資総額  4兆5000億円




日本の社会において、原発の再稼働を求める勢力は単に電力会社だけではない。金融業界もそうである。

一旦間違いを犯すと、間違いが次の間違いを誘発する。そして負を拡大していく。
最後には支えきれなくなって自滅する。

小泉元首相の発言に次のものがある。

「昭和の戦争でも満州から撤退すればいいのにそれが出来なかった。
“原発を失ったら経済成長できない”と経済界は言うけれどそんなことはない。
昔も“満州は日本の生命線”といったけれど、満州を失ったって日本は発展したじゃないか。」
(15日朝日新聞)

満州進出という間違った政策は、中国との全面戦争、そして日米開戦まで突き進んだ。
原発推進と言う間違った政策をとり、東日本大震災後も2兆円追加融資するという愚をおかした銀行は、
国民の生命の安全と言う犠牲を払っても原発の再稼働を支援していく。

再稼働を阻止したいという国民の願い、そして正論は大変な抵抗勢力があることを認識しなくてはならない。
再稼働阻止の方は様々な力を結集する必要がある。



(´・ω・`) まあ、原発推進は政府と東電だけではない・・・という事。 
全ては 『利益』 によって麻痺している人々が暴走してるだけですね・・・
自民党は 「原発は安くてコスパ最高! 再稼動するべき!」 なんて国民に言いながら、
東電(去年は黒字)には税金で援助・・・ ボーナスで出たんだって? よかったね~
自民 「10兆円ほどポーンとくれてやったぜwww」 (←俺らの税金です) 
どこが安いのか? さすが、身内が○電社員で、東○の大株主様がいらっしゃる自民党はやることが違いますね(笑)










<日本で台頭する危険な国家主義>  ニューヨークタイムズ

0024887.jpg


就任以来、『対外危機』を作り上げ、煽り続けた安倍政権
靖国参拝国民に対する宣伝工作が、うまくいっているかどうかを確認するための試金石
アジア社会の信頼、平和、そして未来を破壊する安倍首相の政策

論説委員会 / ニューヨークタイムズ 12月27日



権力の座に返り咲いて1年となる12月26日、安倍晋三首相が、日本の戦没者を祀る神社であり、
第二次世界大戦中の戦犯を合祀していることで論争の的となっている神社靖国を参拝しました。
中国と韓国は直ちにこの参拝を厳しく批判、アメリカ合衆国もこれに同調しました。

諸外国が日本の侵略主義、そして植民地支配の象徴とみなす靖国神社への安倍首相の参拝は、
すでに緊張関係にあった対中国、対韓国との外交関係を一層悪化させることになりました。


アメリカ合衆国大使館は、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、
米国政府は失望している。」との声明を公式ウェブサイトに掲載しました。
問題は、エイブ(安倍)さんがなぜ現在靖国を訪問することを決心したかという点にあります。


前回日本の首相が靖国神社を参拝してから7年が経ちましたが、中国と韓国がともにその存在自体を快く思わない
神社に、参拝すれば中韓両国との外交関係に必ず悪影響を及ぼすと解っていながら、なぜ参拝を行ったのでしょうか?

尖閣・日中艦船
中国、そして韓国と日本の外交関係は、2000年代中頃より現在の方が尚悪くなっています。

安倍氏が初めて首相に就任したのは2006-7の間でしたが、2012年2度目の首相になった時から、
中国と韓国の指導者は安倍首相との会見を拒否し続けてきました。

ひとつは東シナ海に浮かぶ尖閣諸島をめぐる領土問題、もうひとつは第二次世界大戦中、
日本軍兵士の性的奴隷とされた韓国の従軍慰安婦の問題のためです。

逆説的に、中国、韓国がこうした態度を明確にして圧力をかけているからこそ、
安倍首相が靖国参拝に踏み切ったという事が言えます。

尖閣諸島問題について中国側が徹底して対決姿勢をとったことは、
日本国民に中国の軍事的脅威について信じ込ませるために、日本政府にとっては極めて好都合なことでした。

安倍首相の目標到達点の一つは、どこで領土紛争が発生しても直ちに軍事力を行使できるように
日本の軍備の形を変えてしまうことです。
そのために安倍首相はこの一年間中国側が日本に送り続けた様々なサインを無視し続けましたが、
中国の『強硬姿勢』を内外にアピールし続けることで、その事実を隠すことが出来たのです。

安倍靖国 靖国参拝は、そうした国民に対する宣伝工作が
うまくいっているかどうかを確認するための、
作業の一部だったという事が言えます。

日本が従軍慰安婦問題に真摯に向き合おうとしない態度に対する韓国側の厳しい批判が延々と続いている事、
そしてパク・クネ大統領が安倍首相との会談を拒否し続けている態度は、日本の一般国民に対し、
韓国に対する不信感を植えつける事になりました。

それは世論調査の結果、日本人回答者の約半数が、韓国もまた日本に対する「軍事的脅威」であるとする結果に表れています。
日本人有権者のそうした意識は、安倍首相に中国政府や韓国政府の反応にとらわれる事無く、
思い通りに振る舞う自由を与える事になりました。

3357878444.jpg


日本の主要な日刊新聞である毎日新聞、朝日新聞、読売新聞の3紙は、安倍首相の就任以来、
靖国参拝には否定的な論調を続けてきました。
もっと重要な問題、それは安倍首相やその取り巻きの国家主義者にとって何より大切なはずの存在である今上天皇が、
前代の昭和天皇同様、靖国神社参拝を拒否している事です。

安倍首相が最終的に目指すもの、それは現在の平和憲法を書き換える事です。
この憲法は第二次世界大戦後のアメリカ軍による占領期間に交付されたもので、国家の交戦権を禁じています。

そして天皇は憲法の定めにより国政に参加する権限は持っていませんが、今上天皇もまた日本が戦争する事を認めてはいないのです。

日米艦船 安倍首相が靖国神社参拝を行う数日前、今上天皇は80歳の誕生日を祝う席上、
「平和と民主主義の大切な価値」を守り続けるため、
1945年に平和憲法を制定した人々に対する「深い感謝の念」を表明されたのです。

このような状況を考えれば、中国と韓国は歴史の解釈の問題について、日本国内に賛同者を見つける事は可能です。

中国も韓国も安倍首相と会談する機会を設け、正面から立ち向かうべきなのです。
これ以上会談を拒否し続ければ、安倍首相がさらに思い通りの政策を実現するための口実を与えることになってしまいます。

日本の軍事的な冒険は、アメリカの支持が無ければ可能ではありません。
アメリカ政府は安倍首相のやり方が、北東アジア地区にどんな恩恵も与えない事をはっきりとさせる必要があります。

アジアの建設的な未来は、国家間の信頼関係を築いていく事の中にこそあります。
安倍首相の行動は、その信頼と未来とを次々と破壊していく行為に他ならないのです。

http://www.nytimes.com/2013/12/27/opinion/risky-nationalism-in-japan.html?ref=asia&_r=0



(´・ω・`) う~ん、今回は 日本の 「右翼化」 が進んでるかどうかの行動だったんでしょうか?
俗に言う B層 と言われる人々・・・ 比較的IQの高くない平凡かそれ以下の知性しかもたない一般人・・
つまり、僕ら国民のことだけど、いつもマスコミの作る 『世論』 にコロッと流されてしまう・・・
とりあえず流行りモノには 「右に習え」 は、日本人の悪いクセだよね~ TVなんて洗脳装置ですよ? 最近は見てませんが(笑)











<韓国側が欲しがっていない銃弾を,日本は武器三原則を逸脱し何故提供しなければならなかったか>

孫崎 享

0025587777474.jpg


日本は今危険な道を歩み始めている。銃弾提供の次は軍か。

1:先ず韓国軍への銃弾提供は武器輸出三原則を逸脱するものであり、
 初めての行動で、日本の安全保障政策上極めて深刻な行動である。

「政府が23日、武器輸出三原則の例外として、陸上自衛隊の弾薬を国連を
通じて韓国軍に譲渡したのは、事態の緊急性に加え、悪化する日韓関係にプラスになるとの計算も働いたためだ。

しかし、これまで武器・弾薬の譲渡を「想定していない」としてきた国連平和維持活動(PKO)協力法を根拠に、
例外への道を開いたことで、内外で論議を呼ぶことは必至だ。」(毎日新聞 2013年12月24日)

「PKO協力法に基づく措置で、銃弾のような殺傷能力のある武器の他国軍への供与は初めて。
従来の政府方針との整合性の観点から議論を呼びそうだ。」(2013/12/23日経新聞)


2:日本がこうした歴史的転換を行ったのに、当の韓国はこの供与に何らの謝意も持っていない。

「政府が23日に決めた南スーダンで活動中の韓国軍への弾薬の譲渡は、 国連平和維持活動(PKO)で
武器・弾薬の供与はしないとしてきた政府方針と、武器輸出三原則という二つの「枠組み」を
一気に飛び越えた形となった
。緊急事態への対応とはいえ、議論の蓄積の不十分さは否めない。

治安情勢が悪化している南スーダンで、国連平和維持活動(PKO)で展開中の韓国軍に銃弾1万発を日本が提供したことに関し、
韓国国防省報道官は24日、「予備量を確保するため臨時で借りたものだ。(銃弾は)不足していない」と語った。

日本側の説明では、施設を警備する韓国軍に銃弾が不足し、提供がなければ避難民の生命に危険が及ぶ可能性が高いと
国連が判断、日本に提供を要請。日本は「緊急の必要性・人道性が極めて高い」とする官房長官談話を出している。
韓国国防省の説明は、この状況と矛盾する。(2013.12.24産経ニュース)

3:何が見えるか

安倍政権の何が何でも自衛隊を戦闘部隊として海外に派遣しようとする 性格は異常な状況にある。

相手国が感謝しない状況で、これまでの慣例を平然と破り、既成事実を積み上げようとしている。
それにしてもスーダンという現場に、戦闘をしないという建前の自衛隊が、戦闘している他国軍隊に提供できるだけの
銃弾をいつのまにか持っているという事態に恐ろしさを感ずる。




(´・ω・`) なんというか・・・武器三原則ぶっちぎりで無視! という・・ もうキ○ガイのレベル!
ここまでお上がアホだとね? でも、海外は、このアホを選んだのは日本国民の責任という見方だからね?
同情なんかしないって^^; だって、日本は 民主主義国家 でしょ? 民衆が自民を圧勝させた・・
それらのツケは国民に帰ってくるということ・・・海外は冷めた目で見ている・・  アベノミクスなんて単なる撒き餌ですよ? 撒き餌!










<【隠蔽】IAEAと秘密指定条項 福島、福井 共有情報非公開に 【秘密】>   東京新聞:2013年12月31日 朝刊




国際原子力機関(IAEA)と福島、福井両県が結んだ相互協力の覚書に、
IAEAか県か一方が要求すれば、共有している情報を非公開にできる条項が含まれていることが分かった。
この条項については、県議会でも問題視されず、「特定秘密保護法の先取りにつながるのでは」という批判の声もある。

IAEAとの覚書は、福島県が昨年十二月、福井県が今年十月にそれぞれ交わした。

福島県では、除染や放射性廃棄物の管理については県、放射線による健康影響調査については県立医科大が
IAEAと締結した。覚書の詳細として「実施取り決め」文書があり、文書には「他方の当事者によって秘密として
指定された情報の秘密性を確保する」と記された条項が含まれていた。

福井県でも原子力分野の人材育成に関してIAEAと協力を結んだが、その覚書にも秘密指定の文言があった。

両県とも、現段階で秘密指定された情報はないとしているが、事故情報や測定データ、子どもの甲状腺がんなどについて、
県側かIAEAが、「住民の不安をあおる」などとして秘密指定すれば、その情報は公開されない恐れがある。

覚書の調整を担った外務省の担当者は取材に
「国際的な交渉ごとなので、日本とIAEAのどちらが秘密指定条項を求めたかは言えない」としている。

ただ、両県の関係者によると、IAEAには各国の行政機関と覚書を交わす際、
秘密指定の文言を盛り込む規則があるという。

IAEAはチェルノブイリ原発事故で「被ばくによる健康の変調はなかった」との報告書をまとめている。

福島原発告訴団の武藤類子団長は
「IAEAはチェルノブイリの健康影響について情報隠しをした前例がある。福島も二の舞いになるのでは」
と懸念している。



(´・ω・`) これは分かりやすく言うと、福島の都合の悪い情報は 何でも隠蔽可能ということ・・
たとえ、両者が共有してるものでも片方が隠蔽したい! て言えば隠蔽できる。 これは、秘密保護法でモメたときも
危惧されていた事だね・・・ もう遅いが・・・
甲状腺ガン は100万人に1人という低確率の病気だが、福島では、10万人に18人が罹患している可能性がある

00255454887.png









・・・・さて、2014年は、どんな年になるかな~^^ 
こんなご時勢ですが、僕らは決して落胆することなく過ごしていかないとね~ 
TVやネットを見る時は、1歩下がって、斜めに構えて見てみよう
・・・何か、違うものを感じるかもしれません^^

0025545457.jpg


何というか・・・グレーというか、真っ黒な話題ばかりでしたね~(笑) 
まあ、若者の皆さんは自分の方向性を決めておくといいでしょう・・・
ええ? 僕ですか? 僕の物差しは 『愛』 です(キリッ) それにそぐわないものは断固として No!です
愛だよLove!  これ、重要!
『中立』 なんてものは存在しません。 善も悪も、右でも左でも・・・ 
犯罪的な行為を目の当たりにして、中立的な立場をとる人は、せめて心の中だけでも決断をしておいて欲しいですね・・・
最後はこの言葉で〆シメましょう^^





<南アフリカのツツ大司教の発言>

訳)不正がある場合に中立であるというのは、迫害者側であることを選んだことになります。” 
国連、EU、アラブ連盟及び概して国際社会はイスラエルのアパルトハイト政策による残虐行為が
行われているのを知りながら沈黙を保った。そういうことでこういう人達はイスラエルの側です。


00269887474447.jpg







マスメディア・政府機関が死にもの狂いで隠蔽する 秘密の話マスメディア・政府機関が死にもの狂いで隠蔽する 秘密の話
(2013/05/21)
ジム・マース

商品詳細を見る



日本を疑うニュースの論点 (単行本)日本を疑うニュースの論点 (単行本)
(2013/08/24)
孫崎 享

商品詳細を見る




スポンサーサイト
[ 2014/01/04 00:44 ] 哲学・謎解き・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/463-8e1fb5e6