【政治】 騙されやすい日本人の性質を考察 【世論(笑)】

どうも、kadoです^^ いまだ、沖縄に滞在中>< 忙しくて遊びにも行けない状況です・・・
どうにか、ネットが接続できる環境になったので何か書きます(笑) カメラとかみんな置いてきちゃったので、
とくに載せるものはないんだけど・・・ 

002577849uy.jpg


さて、この黄色い実・・・ フォックスフェイス(キツネの顔) という名前の植物です^^
よくキツネは人に化けて騙すと言いますが、政治家も同じです・・・彼らは人の話を聞くフリをすることにかけては、
天才的(笑)です・・・いつも言ってることとは逆の事をしています・・・この実、美味しそうですが猛毒です
国民は毒を食わされないよう注意ですね?

フォックスフェイスの花言葉は 『偽りの言葉』  今回はそんな話です^^



続きを見る・・・・↓ ↓ ↓
 



さて、今、沖縄にいるんですが・・・
28日に、政府が同日を「主権回復の日」として式典を開催することに抗議する
「4・28『屈辱の日』沖縄大会」が宜野湾海浜公園屋外劇場で開かれてました・・・さすが沖縄ですね

00269948se.jpg

僕は左翼でも右翼でもない・・・というか、どっちなのか自分でもわからないんですけど・・・
ちょっと今の日本人のマスコミ依存には危機感を感じています。 沖縄では中国などから旅行に来やすい
空港の状況もあり、外国人の話を聞く機会がありました・・・

さて、日本人の皆さんは純粋すぎるというか・・・なんというか、みんながやってることに合わせる習慣がありますね?
でも、それが当たり前になっていて、もう国民の大半はメディアを疑うこともしない状況です・・・
TVをつければ、どこのチャンネルでも同じことばかり・・・これは洗脳に近いです。 


ちょっとこの動画を見てみよう(笑) こういった国民性は海外からは大ウケだったみたい^^;
これはこれでいいんだけど、こういった性質をマスコミは利用します。






<日中韓のマスコミが領土問題を煽る理由>

政治家やマスコミは恐怖で国民をコントロールします・・・ 中国が攻めてくるぞ!! などと仮想敵国を作り
国民を煽ってます・・・ ところで、武器のお金って、僕らの税金から出てるんだよね? もうわかるでしょ?

武器の輸出ランキングを見てみればこの通り! 

002669877d.jpg

逆に、武器の輸入国ランキングは 1位がインド そしてパキスタン、シンガポール、韓国など・・・
ちなみに中国は最近は武器を売る側になってます・・・

輸入国の上位すべてがアジア諸国という・・・つまりはそういうことですね?
完全に欧米にカモられてます。 これが真実です。 領土とか国民感情とか、そんなのは一切関係ない・・・
戦争はビジネスなんだよね?


インドとパキスタンの関係は知ってるよね? 今もすごくギスギスしていて、一触即発・・・
インドに入国する際、パキスタンに親戚や友人がいないか、しつこく調査されます><

0029987.jpg


インドに武器を売ってるのは アメリカ

パキスタンに武器を売ってるのはアメリカ  ・・・・(´・ω・`)


これは、そのまんま今の日本に当てはまるよね(笑)
日本はアメリカの言いなりですので言うまでもない・・・・

「国を守るのに武器は必要だ(キリッ!)」 
なんて言ってるコメントを見ると、この人には知性があるのだろうか・・・と疑いたくなる

安全平和はまったく別のものです、履き違えないよう注意が必要だと思う・・・ところでとなりの国はどうか?




<いまだに新聞やTVなどの情報源に頼っている中国>

沖縄で中国の人のお話を聞く機会がありました・・・とても親日な方でした^^
こういうのは、実際に会って話を聞いてみるのも良い・・・

中国では、いまだに新聞やTVが情報源です・・・ 
若者はインターネットが普及したおかげで日本好きは結構いる(オタク限定)

でも、人口が多いからね~^^; 
とにかく、中国人の殆どは日本人に会ったことは無い! そして情報源はマスコミのみ!
中国政府は、日本人は残忍で恐ろしいと国民に教えています・・・そして武器保有の正当性を主張するわけです。

また、中国は10人以上の集会は禁止されているそうです・・・統一を目指す中国にとって
新しい思想は脅威そのものですし・・・ なのでこっそり、雑居ビルなんかで集まって話をするんだとか?
ネットが普及するちょっと前までは、実際に日本人に会ったら、すごく良い人でびっくりしたそうな・・・

尖閣諸島のデモもそうだったね? 結局、組織的なヤラセだったし・・・
広州にいた日本人Aさんが・・・

日本の友人B 「おい! いま広州ですごい反日デモやってるけど大丈夫か!」

Aさん    「・・・?  何もおきてないけど?」

友人B  「・・・・・・・・・・(´・ω・`)」

ちなみにテレビや新聞は信用できる・・・と答えた国民ランキングは日本が1位です、ご注意を・・・



<北問題で竹島どころではない韓国>


韓国は竹島問題で反日なのか?  っていうか、自民党はめっちゃ親韓ですよね?
なんせ、中国韓国大事な大事なお客様ですから(笑)  日本の被災地なんか当の昔に忘れてます、彼らは・・・
韓国の脅威はやはり北朝鮮です・・・ アメリカは北をうまく利用してるよね? アジアに不安定状況を作るのに
あの国は、もってこいですし・・
0029987uyt.jpg

でもやはり反日教育も盛んだそうで・・・韓国人の方からもお話を聞きましたが、とにかく日本人は残忍だ・・・
との恐怖を植えつけるような教育があったりするそうです・・・全ては軍事産業を潤わせる為です。

北と南の戦力は、武器の精度は韓国が上で、武器の数は北のほうが上らしい・・・?
結局、前面衝突すると、お互いの国が焦土になりかねない危険な状況です・・・竹島なんて、外交のカードに過ぎない・・・
米韓FTAで韓国はアメリカの属国に成り下がりましたが、直前まで抵抗してました・・・ある日突然、条件を飲んだ・・・どうしてか?
その年、北の砲撃事件がありましたね? アメ公にそれで足元見られて、ああなった・・・

今度は日本がターゲットの 『TPP問題』 もう手遅れだけどね~ どうするんだ?これ・・

<大新聞世論調査の大ウソ 地方紙の100%はTPP反対>
ロリ・ワラックさんが訴える 日本のTPP参加は主権の放棄





<台湾は親日か?>

台湾の方からもお話を聞けました^^   
台湾の現状ですが、まず親日が思い浮かぶと思います^^

確かに、向こう行くと、みんな日本人にとぉ~ってもやさしいよね! おねーちゃんは美人だし(←おい)
ただ、こうなったきっかけはやはりメディアの世論誘導があったと氏は語った・・・

要約すると、台湾独立のため、中国から分離するため・・・それによって利益を得ている一部の人々のため、
日本や西洋諸国に依存する意図があった・・・すなわち、マスコミや政治家の都合によって、親日か反日か
なんて簡単に先導できるということが、ここには見られる・・・今はどうだか知らないけど、台湾の親日は
最初は、世論誘導で作られたもの・・・たまたま政治家に都合がよかったから反日にならずにすんだ国・・・
でも最近は反日発言したりとブレまくってるこの国の政治家・・・右往左往w

台湾の人の話を聞くと、国民は、自分が中国人なのか、台湾人なのか分からなくなってきてると言う・・・
実に87%の人が、精神的に何らかの不安を持っていると語っていた・・・




<アメリカの世論は・・・>

アメリカでは新聞やTVを 信用しない と答えたアンケートで上位に来ている国である・・・
この間のボストンマラソンの爆弾テロ事件・・・尊い命が犠牲になりました・・・・しかし!?

0025578kuy.jpg


米国の新聞がアルカイダとの結びつきを示唆し始めたあたりで、めっちゃウソ臭くなってきたのは自分だけだろうか?

もうね、アメがアルカイダって言葉出したら疑ったほうが良いと思うよ?



<ボストン爆破犯、米国諜報関係と結びついていた?>
以下、転載記事

ボストン爆破事件の犯人像は大体、次のように描かれている。

「ツァルナエフ一家はチェチェン出身で2002年に米国に来た。しかし、兄は米国社会に溶け込めなかった。
その中、次第次第にイスラム過激派の思想に染まっていった」

この人物像で十分である。米国人は「そうか。イスラム過激派か」と思う。
従ってイスラム社会に対して米国が厳しい対応をとるのは自然だと、思う。

しかし、彼が米国諜報関係をの接点があったら。見方は一変する。

ボストン爆破事件の犯人については報道されてない部分が多すぎる。

どこで爆弾の知識を得たのか。どこで爆薬の材料を集めたのか。

米国の新聞はアルカイダとの結びつきを示唆しているが、どうも方向は違ったようだ。




ボストン爆破事件の犯人は米ロの諜報戦の中に巻き込まれている。


4月25日日経は次のとおり、報じた。「ボストン爆破容疑者(兄)についてロシアの情報機関から
警戒を促されたCIAの要請をうけ、国家テロ対策センターが監視者リストに2011年10月頃登録していた」


容疑者を家族が2002年頃に難民としてアメリカに移民した二人兄弟で、26歳のタメルラン・ツァルナエフと
19歳のマサチューセッツ・ダートマス大学生ジョハル・ツァルナエフとした。




2002年から約10年米国に居住している者についてロシアの情報機関が米国に対して警戒を促す、
何かが不自然だ。

この中、4月24日イズベスチア紙は次の報道を行った。
「タメルラン・ツァルナエフをグルジアの基金を通じて雇った」
(標題:Тамерлана Царнаева завербовали через грузинский фонд)




テロ犯の一人、タメルラン・ツァルナエフはグルジアの秘密機関が米国人と一緒に行ったセミナー(複数)で
学んでいた、

イズベスチア紙はグルジア内務省防諜部の文書(複数)を所有している。この文書はグルジアの
組織「コーカサス基金」は以前ブレジンスキーが理事会メンバーであった米国の非営利団体
ジェームスタウン(Jamestown Foundation)と協力し、北部コーカサスの住民を米国および
グルジアの利益に働くために雇用した。グルジア内務省防諜総局大佐グリゴリ・チャンツリイの
内務大臣ガリバシュビリへの報告(複数)によれば、グルジアの組織「コーカサス基金」は
「ジェームスタウン基金」と協力し、2012年夏ロシア領を含むコーカサス地方の若者の居住者のための
セミナー(複数)を開催した。そして2012年1月から7月までロシアに居住した
タメルラン・ツァルナエフもこれら(複数)に参加した。


「コーカサス基金」はグルジア・オセチア紛争後、2008年11月7日に創設された。


「コーカサス基金」の主な任務はロシアの南部地域の不安定化、過激的傾向の強化のために
北部コーカサスの若者をリクルートすることにあった。」

このイズベスチア紙報道からいろいろのことを考えさせられる。




・タメルラン・ツァルナエフは2012年1月から7月までロシアに居住している。
 誰が資金を提供しているか

・チェチェン関係で外国に育った人間がロシアに長期滞在するのは異常である。
 チェチェン人はロシア内でテロ活動に従事してきている。


・長期滞在であるから、当然、ロシアが関与を疑われる。従ってロシア側としては早期にロシアと関係ない
 ことを示す必要があった。


・米国側がロシアとの関係を述べなかったことは、ロシアの説明を受け入れたことになる。


・タメルラン・ツァルナエフはセミナーなどで爆弾つくりの技術を身に着けた可能性が高い。


・米国の諜報機関と一時期密接な関係が深かったとみられる。



その彼が何故米国国内で犯行に及んだのか。



単なる精神異常者や、孤独でイスラム過激化に走った者の犯行以上のものが秘められていそうだ。
ここでも実行犯は殺されてしまっている。真相は迷宮入りだ。






沖縄でいろんな出会いもありました・・・実際会ってみないと分からないものです。 自分は何人か? と聞かれたらどう答えます? 
僕は 「地球人です(キリッ!)」 って答えるのが正解だと思うんだよ・・・肌の色や言葉が違うってだけで
こんなに争ってたら・・・もし宇宙人が地球に遊びに着たらどうするんだよ!? やっぱ差別するのかね?

もし皆さんがネットで他国を憎むような発言や誘導を行っている輩を見かけたら
是非やめさせるか誤解を解いてほしい・・・そのままにしておくと、ROM専が信じてしまうからね・・・日本人は
良くも悪くも純粋なんだよね^^





さて、夜もふけてまいりました^^ そろそろここら辺でお開きですかね・・・
皆さんおやすみなさい


2013.5.2 kado
0029987ki.jpg








ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2004/02)
マハトマ ガンジー

商品詳細を見る






スポンサーサイト
[ 2013/05/02 00:05 ] 哲学・謎解き・その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/395-e76712a2