【狂いはじめた】 米政府、国民を3万機の無人機で監視 【アメリカ】

<米政府、3万機の無人機で米人を監視>
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=25402:2012-02-11-12-47-31&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
欧米は狂いはじめてきているね・・・ アメリカは何を恐れているのか? 
000058aad 040

ちょっと前なら、ネットで中国アメリカどっちが好き? とか言うと「アメ公のがマシ!」っていう
意見も少なくなかった・・・ だが中国とか「特ア」といわれるあたりの人々は、どちらかというと、
悪っていうより、モラルが遅れている・・っていう感じなんだよね^^ 新幹線埋めちゃったりとか
はたから見ると野蛮人なので、見下して優越感に浸るにはちょうどいい存在なのかもな・・・
ま、悪い部分しか見ないのであればの話・・・

だが、アメリカ(政府)は違う。  彼らはヤクザであり、プロの殺し屋でもある。
連中は古今、世界中の紛争に責任がある。 しかし、最近、どうも様子がおかしいのだ
なりふり構わなくなってきたというか・・・本性が出始めたと言ってもいい・・・・

アメリカは、世界中に無人偵察機を飛ばし、他国の航空領域とプライバシーを侵害している。
米国内でもこんなん↓飛ばしているので、国民は不信感をあらわにしている。
002665r.jpg

アフガン上空などを偵察する無人アメ機↓
002332a.jpg


この無人機によってソマリア、アフガニスタン、パキスタン、リビア、イラク、イエメンなどが空爆を受け、
何の罪もない民間人が犠牲になっている。

リビア戦争じゃ「民間人を守る」とかいう理由で戦争を仕掛け、守ると宣言した民間人を巻き添えにした。
そりゃそうだよな(笑)あの戦争は、ディーナール金貨主体の通貨を作り、欧米の不当な石油取引に対抗
しようとしたカダフィの殺害が目的で、民間人などどうでもよかった。 アメ公は世界中でこんなことばっか
やってました。

しかし、今や欧米の経済力と軍事力は逆転しつつある。
アメリカが何百年も虐めてきた国々が復讐の機会をうかがいはじめている様なのだ・・・
まるで、親に虐待されて来た子供が大人になり、親に復讐するかのようだ。 
イスラエルは、イランの核開発にかなりの危機感をもっている・・アメリカの、この過剰な行動の裏には、
復讐に対する恐怖や焦りがあるのかもね。

突然だが、金(ゴールド)を貯めておく事をすすめるよ^^ 自分も今年から始めようかね?
別に、投資で儲けろと言うんじゃない。 数年~あるいは十数年先、欧米の通貨が「崩壊」する恐れがある。
もう、暴落とか、そういうレベルではなく・・ドルが紙切れ同然になる危険性の事。
ゴールドは、価値がゼロになることは無いからね^^

昔、アメリカは、世界恐慌で通貨が暴落した時、自国民が金(ゴールド)を貯蓄出来ない様にして、ドルを買え!
とか鬼畜な事をやってたっけ・・・この自由の国は昔から「自由」など無かった。あるのはカネ持ちだけ!

アジア・中東あたりの軍事が、アメリカ経済と軍事力の差を逆転した時、おそらく、アメリカ(イスラエル)
の軍人が挑発的な態度をとれば世界戦争まっしぐらですな^^; 
イスラエルは自国の預言通り、再び国を失い、離散の民となるだろうね・・・
その時、日本はどうなっているのか? 興味は尽きないね~







戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由
(2002/10/10)
ジョエル アンドレアス

商品詳細を見る




スポンサーサイト
[ 2012/02/16 18:34 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/241-be3943a5