FC2ブログ










【ツツジ】小間々の女王と八方の貴婦人に会いに行く

【ツツジ】小間々の女王八方の貴婦人

※画像クリックで拡大(ブログが重い時は少し待つかクッキー削除してみてね)
DSC_3416_クイーン&レディ

栃木県の高原山にある八方ヶ原(標高1200m)
ここには大きなツツジがありまして、
「小間々の女王(クイーン)」と「八方の貴婦人(レディ)」と言われてます。
封鎖も解除されたので見てきました^^

続きを見る・・・ ↓ ↓



もう5月も半ば・・・ 花壇ではネモフィラが咲いてます。

いろいろありましたね~
うちの会社も仕事に影響が出て、
何人か他社に”応援”に行ってくれとかいう話が・・・

あ~これ、ロクな話じゃないよね? 
大抵とばされる先はキツイ仕事が多い・・
僕まで白羽の矢が立ってるようで戦々恐々ですな(白目)



ネモフィラ  花言葉 『どこでも成功』
DSC_3301_00001.jpg



未だにマスクも10万も届かないんですが・・・
経済回すために何か買えと・・・ラブドールでも買う?

最近のラブドールは、進歩が凄いですね~
中国製ですが、日本の半額で買えるとかね・・・

また新しいメーカー出てきたよ(笑)
なかり素敵なデザインですね~ 
最近は柔らかいシリコンを使ったタイプが多いみたい。
だれか人柱になってお迎えして感想きかせて(笑)

EXu1zAOU4AgSLrQ.jpg

EXUT6sAVcAEyFGs.jpg

これ血管のメイク!? かなりリアル・・・
EXzotFbUwAA4er6_20200517203804a6b.jpg

リンク先アダルト注意!!!
https://www.kuma-doll.com/
リンク先おっぱい注意!!!
https://twitter.com/DollSiliko/status/1258309348897337344
センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。






庭では、バラやレンゲツツジが咲き始めた・・・

やっぱりバラはいいですね~

バラは色だけではなく、本数でも花言葉が変化します。
面白いので調べてみてね?

DSC_3335_00001.jpg


DSC_3337_00001.jpg



花じゃなくて太ももに目が行きます・・・・

DSC_3476_00001 (2)


DSC_3476_00001.jpg






キレンゲツツジ  花言葉 『あふれる向上心』
DSC_3274_00001.jpg






花サボテンが咲く時期になりました。

サボテン  花言葉 『枯れない愛』
DSC_3331_00001.jpg







というわけで、八方ヶ原に来ました。


ええ? 登山なんかしませんよ・・・ 疲れるし。

ここまでは自動車で来れるので、一気にきました。

「山の駅たかはら」という場所にきてます。

そこから近くに「小間々駐車場」というのがあるので、
車でそこまで行きます。

DSC_3396_00001.jpg






「女王」は、駐車場の近くにあるので、すぐ見れます^^

DSC_3397_00001.jpg





これでもか! というくらい看板があってわかりやすいですね(笑)

歩いて3分もかからない場所にありました。


DSC_3405_00001.jpg



女王陛下との謁見は順番待ちです。
失礼のないように!



みんな、ここで女王を見た後、山頂を目指すのかしら?

DSC_3398_00001.jpg





見事ですね~

ツツジでここまで大きくなるのに、どれくらいかかるのかしら?

DSC_3416_00001_01かい








小間々の女王(トウゴクミツバツツジ)
花言葉  『節制』 『抑制のきいた生活』
DSC_3416_00001_01大
トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅
学名Rhododendron wadanum)は
ツツジ科ツツジ属の落葉低木。
関東の山地に多いことからこの名が付いた。
代表種のミツバツツジとは違い、
おしべが10本あり、主に5月中旬~6月上旬にかけて咲く。
ミツバツツジよりも花期がやや遅く、
標高の高い場所(概ね標高1000m以上)に見られる。
栃木県の高原山、小間々には「女王」と言われる
大型のトウゴクミツバツツジが鎮座しており、
花期には”女王”に謁見に訪れるハイカーで賑わう。








お次は「貴婦人」を探す・・・

広大な八方ヶ原放牧場のどこかにあるらしい・・・

しまった、場所聞いておけばよかった(白目)


DSC_3418_00001.jpg






1時間ほどさまよって、終着地点の八方湖まできてしまった・・

ありゃ? 通り過ぎたみたい・・・ Uターンします。

DSC_3422_00001.jpg





八方湖に向かう途中の右側の斜面という、
すさまじくルーズな情報をもとに徘徊・・

ネットで調べてもわかりにくいので、解説しましょう。


まず「山の駅たかはら」の駐車場をそのまま抜けて車で進む。

そのまま道なりにまっすぐ。

舗装されてない悪い道が多いがそのまま進む。

展望台を少し過ぎたあたりの空き地に駐車。

そこからハイキングコースに歩いて入り、
道に沿って歩くと、斜面を下るあたりで右手側に
大きなシロヤシオの木があります。


これが貴婦人!

DSC_3424_00001.jpg





まだ咲き始めのようです・・・

ほとんど新緑ですね~

木の幹が太い!

何年生きたツツジなんでしょうね?

DSC_3425_00001.jpg







花と新緑がきれいでした^^




八方の貴婦人(シロヤシオ)
花言葉 『上品』
DSC_3433_00001.jpg
シロヤシオ(白八汐、Rhododendron quinquefolium)は
太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹である。
ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となる。
葉は倒卵形で、縁が薄く赤く色づくことがある。
枝先に5枚の葉が輪生状に付くことから、
別名としてゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも呼ばれる

その他、シロヤシオツツジとも。 県花 ヤシオツツジの一つ。
大木に一面に咲くのは美しいが、花は葉の影に咲く上に、
白いので遠くからは目立たない。
多数の木が群生している場合には、
その下に入って観賞すると楽しい。
天皇家では「お印」という花の紋章をシンボルにする
伝統があり、愛子さまは「シロヤシオ」をお印とされている。
お印の起源は、女性天皇から根付いたという説もある。
栃木県、八方ヶ原には、ひときわ大きなシロヤシオがあり、
ハイカーからは「八方の貴婦人」と言われている。









帰りに、県北の公園で軽く散策。

ここも封鎖されてましたが、ようやく解禁になりました^^


ベニタケ科のキノコ! 今年見たの初かも?

そろそろ梅雨・・・キノコの季節ですね~

DSC_3448_00001.jpg







ヘンテコリンな花を発見!

渓谷のヒカゲに咲いてました^^

DSC_3454_00001.jpg






クワガタソウ  花言葉 『忠誠心・人のよさ・頑固』
DSC_3463_00001.jpg
クワガタソウ(鍬形草、学名:Veronica
miqueliana )は、オオバコ科クワガタソウ属の多年草。
日本固有種。
本州の東北地方から関東地方・中部地方の
太平洋側、紀伊半島に分布し、山地の樹林下や
沢沿いなどのやや湿り気のある場所に生育する。
和名クワガタソウは、「鍬形草」の意で、
扁平な三角状扇形の果実と2個の萼片が、
兜とその前にある角状の飾りである
鍬形(クワガタ)に似るので、クワガタソウという。

この名は江戸時代の書物、水谷豊文著の
『物品識名』や飯沼慾斎著の『草木図説』に
出ており、その時代から名前が
知られていたことがわかる。









こちらはランの仲間? ゴマノハグサ科?

マツバウンランですね・・・
細いのでカメラのピントが合わせずらい^^;

DSC_3363_00001.jpg





マツバウンラン  花言葉 『喜び・輝き』
DSC_3360_00001_20200517225426207.jpg
マツバウンラン(松葉海蘭、学名: Nuttallanthus
canadensis)は、ゴマノハグサ科(オオバコ科)の
一年草または二年草。
葉の形が松葉、花がウンラン
(Linaria japonica) に
似ていることからこの名がついた。










というわけで帰宅~

やっぱお外で遊ぶのは良いですね・・・
日光浴したほうが免疫あがるそうです。
でも全裸になる必要はないですよ?

公園に行ってたくさん新緑を浴びましょう^^

それではここらへんで~ ヾ(。・ω・。)ノ

DSC_3433_00001かい








八方ヶ原のトウゴクミツバツツジ(小間々の女王)空撮





[ 2020/05/17 22:16 ] ドール写真・その他 | TB(0) | CM(2)

すてきな美の競演ですね~♪

一応うちの会社も6/1より全社員復帰しての仕事再開になりますけど、売上激減ということもありボーナスどころか雇用を果たして死守できるのか?という
点すら正直懐疑的ですね・・
他社の応援という事は、最悪の場合、片道切符での出向という可能性もありそうですけど、今年の夏~秋以降相当程度の失業者も出そうなので、
当面は仕事があるだけでもありがたや~という感じなのかもしれないです。

埼玉はまだまだ自粛モードが続いていて、ニュースでは人の混雑が目立っていると報じられているものの、印象としては混んでいるのは
スーパとホームセンターだけという感じで、まだまだ以前のような状態というのは程遠いです。
埼玉・東京ナンバーで他県に行くとなんだか袋たたきに合いそうな世相でもあるのが辛い所です。

霊夢さんと魔理沙を連れての野外撮影も再開できるようになって何よりです!

今回はいつもの紅白巫女の霊夢さんと白魔理沙がとっても美しくて、東方の美の競演という感じすらしていると思います。

魔理沙っていつもがいつもですので野生児という印象が強い中、純白の衣装は普段と異なる魔理沙の魅力発見といえそうです。
[ 2020/05/18 20:28 ] [ 編集 ]

Re: すてきな美の競演ですね~♪

ぬくぬく先生、こんばんは^^

うちの会社も人手が余って定時割れしそうな勢いです^^;
他社へバシルーラされるのは何度か経験してますが、
大抵キツイ仕事が多いのでやめて欲しいですわ~

まあ、仕事があるうちはまだ良い方ですね・・・
今年はほんと厄年かも(苦笑)

自宅でじっとしてるのは性に合いませんので、
さっそく野外です(笑)

標高がある山ですが、栗で行けるので楽でしたね~
自転車で来た中学生もいました(笑)

公園もかなりの人が来てましたね・・・
みんな閉じこもってストレス溜まってたのかしら?

今日はレイマリの豪華共演でしたヽ( ´¬`)ノ
白魔理ちゃんはお上品なイメージですね^^
太ももがチャームポイントになってます。

今年はツツジばかり撮っる気がします(笑)
そろそろキノコも撮りたいですね~

[ 2020/05/18 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1593-0e7960db