FC2ブログ










【PCR検査】南米で果物とヤギで試したらコロナ陽性(笑)

PCR検査キット】南米で果物ヤギ
試したらコロナ陽性で大統領困惑(笑)

;いうg8おtくdf6え00000
https://twitter.com/nakamuraclinic8/status/1258024403473805316
https://www.aljazeera.com/

(´・ω・`)こんな笑うわ~
今回はこの1つ前の記事の補足みたいな内容です。

続きを読む・・・ ↓ ↓




タンザニア大統領『何かが起こっている!??』


884858i_20200510162835b99.jpg
そんなん、こっちが聞きたいわ!


Ovn2lh3G (2)

→タンザニア大統領ジョン・マグフリ氏(化学博士)が、
大量のコロナ検査キットを輸入。

→大統領「本当に使えるのか?
そうだ!ヤギ(動物)とポポー(果物)に
こっそり人名書いて提出してみよう。

→検査員「コロナ陽性でした。」

→大統領「ファ~~~~~!!!(笑)」


(※ウイルスの影響を一貫して軽視してきたマグフリは、
日曜日に実験室で動物、果物、乗り物油をこっそり
テストしたと語った。 大統領によると、パパイヤ、
ウズラ、ヤギが陽性であることが判明した。)
https://www.aljazeera.com/




884858i_20200510162835b99.jpg
大統領、世界の茶番を見事に暴いてて草(笑)
こんなん、日本のマスコミは絶対に報道できないやん。



Ovn2lh3G (2)
なんか、PCR検査万能説が日本では根強いらしいな・・・
海外では多くの医師たちから疑問の声が上がっているのにな?


884858i_20200510162835b99.jpg
そもそもPCR検査とは何か?


Ovn2lh3G (2)
要は、遺伝子の断片を用いて検査するものだ。
鼻や喉から採取した生体組織からとったDNAを増殖させて検査する。

欠点としては、何のウイルスか判別する能力には乏しいという事だ。
風邪ウイルスはどこにでも存在する。バクテリアもな。
何らかのコロナ属のウイルスがあった場合、陽性とは出るかもしれんが、
それがCOVID-19である保証はない。


884858i_20200510162835b99.jpg
まあ、PCRなんて、医者が症状を調べて、
最終的に確認に使う程度のものやからな・・・
全てのゲノム解読できる代物ではないし。


Ovn2lh3G (2)
これを「ポポーゲート事件」と名付けよう。


884858i_20200510162835b99.jpg
誰がうまいこと言えと(笑)
今回タンザニア大統領が使ってた
「ポポー」というのが果物の名前か?


Ovn2lh3G (2)
ポポーは北米原産のバンレイシ科の果実だ。
アケビに似ているので「アケビガキ」の名前で流通しているぞ。
日本でも栽培している農家がある。


いyfgjんをいgjkぼf
収穫期を迎えたポポーの果実を確認する石川さん。
下野新聞。

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/gallery/82647?ph=1





884858i_20200510162835b99.jpg
日本では、最近デジタル「健康コード」とかいう単語を推し始めたが何なん?


Ovn2lh3G (2)
ああ、それか・・・
スマホの位置情報を経由して、市民の体温や健康情報。
濃厚接触者がいなかったかなどを”国が監視”するシステムや。
強制入院も可能だ。

人権無視することに一瞬の躊躇もない中国だからできる神業や。


884858i_20200510162835b99.jpg
メリットよりもデメリットの方が多そう・・・


Ovn2lh3G (2)
もちろん、国民のためではない。
日本は今、米国と中国の両方に逆らえない。

スウェーデン方式をやりたくてもできないので
中国式と米国式が混ざったような無計画な仕様だ(笑)

豪州とNZの人的交流の再開計画には、
カナダやシンガポール、韓国も入りたいはずだ・・・

カナダやシンガポ、韓国はコロナの国民監視システムを持っているが、
日本は持っていない。


884858i_20200510162835b99.jpg
この顔ぶれは・・・ TPP11のメンツか。 なるほどな~






884858i_20200510162835b99.jpg
しかし、コロナの特効薬はいつになったらできるんや?
茶番とはいえ、このままでは収束できんぞ。



Ovn2lh3G (2)
特効薬ならすでにある。
ぅftふぃlyg.106465


884858i_20200510162835b99.jpg
商品名プラケニル?

成分を見ると「ヒドロキシクロロキン」とあるな?



Ovn2lh3G (2)
そうだ、トランプ大統領が大絶賛している
"ヒドロキシクロロキン"
の事だよ。

もとは、マラリア治療薬だった。
実は、この薬は、日本のコロナ治療にこっそり使われてる。
副作用は低めらしいな? 

世界中の医師が絶賛しており、

1錠30円と価格が安い。


コロナ騒動の主犯格であるファウチ氏やビル・ゲイツ財団は、
自分たちの推しである
アビガン、レムデシビル、などの危険な薬品を売る事で必死だ。

「ヒドロキシクロロキンは突然死する」とか、
「十分な検証が無い」とか、
「これ使った医師は免許はく奪してやる!」とか(笑)

妨害に躍起になっている。



884858i_20200510162835b99.jpg
ヒドロキシクロロキンがコロナに効くと発見したのは、このおっさんか・・・
なんかロン毛でヒゲ伸ばしてて、研究者に見えなくて草(笑)

gchんじゅ0ぴjtn3654_974
いygふぃ9う67_
日本語:https://ovninavi.com/covid


Ovn2lh3G (2)
仏:マルセイユ医大のディディエ・ラウト教授だ。
感染症専門医で地中海感染症研究所所長でもある。

ヒドロキシクロロキンというのは、
マラリアの治療薬として70年前から使われている。


884858i_20200510162835b99.jpg
今回の黒幕さんたちは偽パンデミックを起こして、
自分らの高価な薬やワクチンで儲けるつもりやったんやろ?

安価で効果があるヒドロキシクロロキンが邪魔やったんやな・・・
TVマスコミからこの薬の名前すら聞いた事なかったわ。

Ovn2lh3G (2)
連中の野望が、どれほどのものなのか想像はつかん・・・
だが、その野望すらもトランプに利用され、潰されるだろうがな。
トランプは、自分の敵を自分の近くに配置するのがうまい(笑)

陰謀論好きな連中は、
「注射器にマイクロチップを入れて国民に打つ気だ!」
「5G電波がコロナ患者を生み出している!」とか大騒ぎしているが、
調べても、十分なエビデンスが無い。

妄信する前に、少し冷静になった方がいい。
周囲を怖がらせても免疫が下がるだけだぜ?



884858i_20200510162835b99.jpg
日本では、自粛派と経済再開派で対立しているな~
ネットでは「コロナ脳」とか「自粛警察(笑)とかタグが付いてて草。



Ovn2lh3G (2)
自粛警察24時とかいう動画できてて大草原や!
こんなん笑ってしまうやろ。


884858i_20200510162835b99.jpg
笑ったら負けの精神で見たが
「密だから!密だから!」あたりでダメだった(笑)


『実録!! 自粛警察 24時』













ビル・ゲイツは話せて、
医師たちは検閲されている。---YouTube


uytgcfxetqrrytugi555_202005132244488fc.jpg
ビルゲイツは、ソフトウェアの開発者だが
コロナウイルスCOVID19について話すことが許されている
でも医師たちはYouTubeで検閲されているが、
これで問題ないのかね?

https://www.facebook.com/







奴隷制の時代に、
奴隷たちはマスク着用を強制された

rthjh085
奴隷制の時代に、奴隷たちはマスク着用を強制された。
これは奴隷には声がなく他人に所有されて
支配下にあること
を象徴的に印をつけるためだった。









第二波は来ないよ。フランス医師
いygふぃ9う67_
どんな流行病にも第二波は存在しません。
不安に陥れる目的以外にはあり得ないのです。
The second wave doesn't exist in any epidemic.
One would like to scare, one wouldn't do it otherwise.
Dr. Didier Raoult(ラウト教授)










ポポー(アケビガキ) 花言葉 『健康』
y7y8お6r;97;0000
画像:メシ通https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/blues_harp/18-00394
北米原産のバンレイシ科の果実。
ポポー(pawpaw)。ポーポー、アケビガキなどともよばれる。
「まぼろしの果物」と言われるくらい珍しいフルーツ。
ポポーの実はクリーム状で柔らかく、甘みが強く
熱帯の果実のような独特の芳香があるといい
「森のカスタードクリーム」と呼ばれるほど濃厚とある。
町おこしのために、日本の農家でも栽培されている地域があるが、
長持ちしない果実なので、農園や直売場などで購入するとよい。



[ 2020/05/13 23:18 ] ゆっくり解説 | TB(-) | CM(-)