FC2ブログ










【散策】 森を癒すキノコ、枯らすキノコ

【散策】 を癒すキノコ、枯らすキノコ

※画像クリックで拡大
DSC_5300_20190915101915f56.jpg

散策に行ってきました^^
キノコも撮る、パンツも撮る。
両方できて一人前だってばっちゃが言ってた。

続きを見る・・・ ↓ ↓



朝起きて、急にドールにチャイナドレス着せて
写真撮りたくなる時って皆さんもよくある事ですよね? ないです?

写真撮ってて気がついたのは、ずいぶん日差しが傾いてきたな~と・・・
そういえば、日が暮れるのも早くなってきましたね~

DSC_5411_20190915100935b6e.jpg



9月は「十五夜」 10月は「十三夜」ですね~

我が家の月下美人の仲間が咲きそうですね・・・
白眉孔雀と十三夜美人があるんですが、もうすこし増やそうかしら?
姫月下美人が欲しいかも・・・

姫月下美人と白眉孔雀は多花性で、強健なので初心者にもお勧めですね^^
春と秋に咲きます。

DSC_5256.jpg







公園に来てみた・・・

夏のキノコと秋のキノコが混じって出ているようです。

DSC_5271_2019091510182190e.jpg





あ~ クロカワだ! 去年は豊作でしたが、今年はどうかな?

DSC_5263.jpg




ここにもあった。

見つけにくいキノコなんです・・・ 石ころにしか見えない(笑)

DSC_5269.jpg




ここにも・・・
クロカワは珍味で、マツタケ並みの高額で取引される事もあるとか?

高級居酒屋とかで出る、クロカワの網焼きとか絶品でしょうね~
酒のつまみに最高です・・・ ほんのり大人の苦味。


DSC_5270_2019091510182199c.jpg







クロカワ(広葉樹型) (可食・高級キノコ)
DSC_5266.jpg







今度はシャカシメジが出てました・・・・
高級キノコ祭りですね~ これぜんぶ同じ公園ですよ?

DSC_5282_20190915101853ac9.jpg



大仏様のパンチパーマみたいな頭に見えるからシャカシメジという・・・
ホンシメジやハタケシメジと並んで人気の食材です。

今では数は減ってしまったようですが・・・

目立つキノコなので、数日以内にキノコハンターにとられてしまうでしょうが・・・



DSC_5288_20190915101917bc8.jpg



DSC_5300_20190915101915f56.jpg



DSC_5300かい







シャカシメジ (可食・高級食材)
DSC_5317_20190915102021be3.jpg
キシメジ科シメジ属。晩夏~秋。
ブナやミズナラ、コナラといった広葉樹で
モミやアカマツなど針葉樹が混じった場所だと出やすい。
似たような毒菌も少なく、昔から食されてきた優秀な食菌。
最近は数も減ってきて、人工栽培も困難なため、
幻の高級キノコという位置づけになっている。
集束した幼菌が仏像の頭のように見えるため
「シャカシメジ」 別名「センボンシメジ」ともいう。








ホウキタケが地面をにぎわせていました^^


DSC_5277.jpg







ハナホウキタケ 危険度★★★☆☆(胃腸系の中毒)
DSC_5279_20190915101854c48.jpg
細分化が進んでおらず、紛らわしいものが多い。
激しい胃腸系の中毒を起こす。
重篤になるとショック症状も。








いろいろ咲いてました^^

DSC_5275_20190915101856883.jpg




DSC_5273_2019091510185849b.jpg





ニガクリタケ(猛毒)が再発生してました・・・
これからクリタケや秋のキノコが出始めるので注意してね~
さっきもキノコ狩りの人を何人か見かけました^^

DSC_5274_20190915101857315.jpg







ナラタケがいろんな場所で発生してました・・・

柄にツバが無いので「ナラタケモドキ」ですね~

生木を枯らしてしまうので、農家には嫌われてます。

DSC_5334_20190915102018cdb.jpg





ここにも!

DSC_5333_20190915102019af9.jpg






ゲンノショウコが増えてきましたね~
こいつはバネみたいにタネを飛ばすんです、面白いですね?



ゲンノショウコ  花言葉 『心の強さ』
DSC_5336_2019091510201765b.jpg
ゲンノショウコ(現の証拠、学名: Geranium thunbergii)は、
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。
日本全土の山野や道端に普通に見られる。
生薬のひとつであり、和名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する
玄草(げんそう)ともいう。秋に種子を飛散させた後で
果柄を立てた様が神輿のように見えることから、
ミコシグサとも呼ばれる。
優秀な整腸生薬であることから、イシャイラズ(医者いらず)、
タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。








クロカワ・・・ではない。 クロハツですね~毒ですね(笑)

去年はニセクロハツで数年ぶりにキノコ中毒で死者が出ました・・・
クロハツは食ってはならぬ!

DSC_5338.jpg


傷つくと時間をかけて赤くなる・・・・そのあと黒くなってきたらクロハツ
赤いままだったらニセクロハツ。 

DSC_5342_20190915102111252.jpg







まだまだ夏キノコが多い。


DSC_5323_2019091510201997e.jpg



DSC_5320.jpg








白い天使(死神)も出てきましたね~



猛毒キノコ御三家 危険度★★★★★(死の天使三姉妹)
DSC_5330.jpg
kkkjtrsづtftdく
テングタケ科の猛毒キノコ。 主に、
ドクツルタケタマゴテングタケシロタマゴテングタケの3つをさす。
夏~秋にかけて、広葉樹~針葉樹に発生。
画像のは、低地型のドクツルタケの仲間。
本家ドクツルタケは大型で、亜高山の標高のある針葉樹を好む。
低地型も小型だが同等の毒成分を含み、絶対に食べてはいけない。
毒成分のアマトキシン類は、ヒト細胞のセントラルドグマ内で、
DNAの転写を行っている真核生物のRNA ポリメラ-ゼ II と
結合してしまい、異物として活動を阻害。

細胞のコピーができなくなり、肝臓や腎臓を中心に壊死してしまう。
食べると、腹痛や吐き気、下痢などの典型的な中毒がおこり、
いったん収まって、助かったと思っていると、
数日後に肝臓などの破壊が進行し、死に至る。

有効な解毒薬は存在しない。致死量はわずか1本。
治療を受けても70%の致死率という驚異的な死亡率を誇る。

海外ではデストロイング エンジェル(死の天使)
と言われ、恐れられている。
ちなみに、生存者の話だと、味は美味しいらしい。

【本家ドクツルタケ詳細】
http://toolate.s7.coreserver.jp/personification/#amanita_virosa
http://toolate.s7.coreserver.jp/kinoko/fungi/amanita_virosa/index.htm







時間があったので別の公園へ・・・



DSC_5372_20190915102110e9b.jpg



シロオニタケやフクロツルタケ(広義)がほとんどでした


DSC_5383.jpg



DSC_5386.jpg








ここは大きい温室があるんですね~

冬場に遊びにきましたね?

オオゴマダラなど、貴重な蝶なども見れます^^

DSC_5375_20190915102108d20.jpg





オオゴマダラ (保護蝶にして毒蝶)
DSC_7478とうこう
前翅長7cm前後、開長は13cmに及び、
日本のチョウとしては最大級
別名「南の島の貴婦人」ともいわれる。
狭い場所でも生活環が成立するため飼育しやすいチョウの一つで、
各地の動物園などでもよく飼育される。
沖縄県の宮古島市や石垣市の市のチョウに指定されている。
オオゴマダラの幼虫はキョウチクトウ科のホウライカガミ及び
ガガイモ科のホウライイケマの葉を食べる。
いずれもアルカロイドを含んでいて、
オオゴマダラの幼虫はその葉を食べることで
毒を体内にため込み、他の動物から
捕食されることを防いでいる。

この毒は蛹や成虫にも残っており、
目立つ体色は毒をもっていることを周囲に知らせる
警戒色といえる。









あ~~~!!!

毎年、晩秋に大きなヒラタケが出ていた材木がなくなってる・・・・

撤去されてしまったようです。

DSC_5392_201909151021403cc.jpg



ここは撮影に最適だったんですが・・・ 
あと数年は見れると思ってたんですが、
人為的に撤去されるとは予想外でした・・・・残念!


ヒラタケ(晩秋にて)
DSC_6700_20190915100937748.jpg







お? この公園もナラタケモドキが侵食してるようです・・・

5分おきにナラタケまみれになってる木を見かけます^^;

ナラタケ病といって、厄介なんです・・・特に農家は。

キノコも共生したり、枯らしたりと、いろいろですね~


DSC_5380_20190915102143b84.jpg










そんなわけで、公園の散策でした~

最近は、少しは涼しくなったかな?

千葉県の台風被害が長引いてますね。 
この時期に停電はつらいでしょうに・・・ 
もうすこし涼しくなればね~


それではここら辺で~(o´・ω・`o)ノシ

DSC_5370_2019091510193105f.jpg


[ 2019/09/15 14:33 ] ドール写真・その他 | TB(0) | CM(4)

魅力的な芸術作品

秋に似合う霊夢さんの素敵な紅色衣装ですね。
外出して、可愛いドールを用いて、繊細優美な内面と童心を遊戯表現し作品を創造したい気分、分かります。
家で絵を描くのとは違う楽しみ方や気分転換。
野生の動植物たちは、自然の中で自然に開花して、瞬間瞬間を、本当に生きている。
そんな中で、無機物であるドールが、変化する豊かな自然と見事に調和する、kadoさんの魅力的な写真。

初夏、二匹のアゲハ蝶が上下に恋踊り飛んでいたら、モズがサッと飛行してその二羽の蝶を嘴で捕獲しました。
童心で観察途中、食物連鎖で自然の生命の厳しさを知らされる。「はい、それまでえー」的な。

所で、人間、野菜も肉もバランスよく食べるほうがいいですね(笑い)。
[ 2019/09/15 23:33 ] [ 編集 ]

霊夢さんとカメラ

天気予報が大外れで、日曜は快晴のむし暑い一日でした~
雨の予報も出ているせいか湿気が多いようにも感じられ、高温多湿という感じですし、こうした環境はキノコたちにとっては
発育のチャンスともいえそうです。
それにしても毒キノコも食べられそうなキノコも元気に育っているものですね。
これを見分けるには相当の熟練が必要なのかもしれないです。

カメラを手にされている霊夢さんがかわいいです。

霊夢さんがカメラを手にしていると、なんだか文ちゃんまたははたてから無理やり奪取したようにも見えそうですね~
[ 2019/09/16 01:09 ] [ 編集 ]

Re: 魅力的な芸術作品

解明さん、こんにちは^^

霊夢さんは四季折々に対応しております(笑)
秋が楽しみですね~

モズの狩りが見れるなんて羨ましいです
こっちじゃあまり見ないですね~

今日は牛肉の半額デーなので牛丼作って食いました、国産で(笑)
[ 2019/09/16 07:37 ] [ 編集 ]

Re: 霊夢さんとカメラ

ぬくぬく先生、こんにちは^^

週末は晴天で暑さがぶり返したかんじですね~
まだまだ夏キノコがでしゃばってる感じです^^

毒キノコ見つけると、オラわくわくすっぞ!
ってなってしまうのは僕だけでしょうか?(笑)

いいサイズのカメラ(ドール用)があってよかったです、
たぶん某天狗の記者からぶん盗ってきた可能性大です(笑)


[ 2019/09/16 07:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1460-08e9c65f