FC2ブログ










【引き分け】 トランプ シリアからの米軍撤退を宣言も、米空軍は残留へ

トランプ シリアからの米軍撤退を宣言も、
米空軍は残留


images_20181223123600c5e.jpg

トランプ、シリア撤退を宣言するも、議会は徹底的に反対。
一部が残留・・・まあ、引き分けといったところかな?
どのみち軍産の影響力は弱体したので、これが狙いだったかも・・・
大きく出て、妥協させ、報酬の半分をもらうのがトランプ流。
このまま、イラン批判を強化して、米国を孤立化させる狙い。

続きを読む・・・ ↓ ↓




https://www.democracynow.org/2018/12/20/the_bombings_will_continue_phyllis_bennis


トランプ シリアからの米軍撤退を宣言も 有志連合軍と空爆で死者を出す米空軍は残留

トランプ大統領は、シリアに駐留する2000人の米軍すべての撤退を命令し、ワシントンおよび世界各国はショックを受けています

12月19日、トランプはツイートで「シリアの自称イスラム国(IS)を撃退した。私にとってのシリア駐留唯一の理由がなくなった」と書きました。

この命令は、自政府内であがった反対意見を押し切って下されました

シリア系カナダ人作家で研究家のヤザン・アル=サディに話を聞きます。

アル=サディは、今後も同地域への米軍駐留はつづくだろうと語ります。

「駐留軍の大半は撤退するかもしれませんが、米空軍が残留するのははっきりとしていると思います」とアル=サディは言います。

空爆はつづく:シリアにおける米国の軍事的役割が終わるわけではないと フィリス・ベニスが警告

トランプ大統領がシリアに駐留する米軍撤退を発表し、米国の平和運動家および一部の進歩派政治家や、ランド・ポール議員やマイク・リー議員を含む非介入主義共和党議員は歓迎しています。


imadddges

政策研究所(Institute for Policy Studies)フェローのフィリス・ベニスに話を聞きます。

ベニスは、米軍の戦闘機やドローンは今後もシリア空爆をつづけるだろうと警告します。

「自称イスラム国(IS)は『撃退』されたわけではありませんし、米軍はシリアに駐留しつづけるべきではありません」とベニスは言います。

テロリズムに軍事力で勝つことは不可能です。テロリズムは、社会的、経済的、国家的なものをはじめとする様々な危機から発生する現象であり、特定の国に限定されるものではありません。軍事力を使ってもぐら叩きのように対応するだけで止められるようなものではないのです」


[ 2018/12/23 12:39 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1314-ac99b181