FC2ブログ














ジャック・ジョンソン (ボクサー)

黒人初のヘビー級ボクシングチャンピオン
ジャック・ジョンソン

05165112454545sss.jpg

(´・ω・`)ジャック・ジョンソンで検索しても、
ミュージシャンの方のジョンソンが出てきますが、
ボクサーの方のジョンソンです。 念のため。

続きを読む・・・ ↓ ↓



(´・ω・`)当時のアメリカで、黒人が勝利するという事は、大変な事件だったようですね?
自信家で、白人だろうと黒人だろうと容赦ない暴言家で、女好き。
どっかの大統領にそっくりですね?

女性関係のトラブルで有罪にされましたが、彼は無罪になるべきでした。
彼の死後、名誉は回復されたようです。




トランプ大統領
本人の死後、黒人初のヘビー級
ボクシングチャンピオンで実刑になった
ジャックジョンソンの信用を回復させた。

彼の犯罪:隔離主義のアメリカで
白人女性と関係があったこと。

シルベスター・スタローンが知らせてくれたことで、
それを摂り上げ、赦免となった。

Sylvester Stallone, the actor
who brought the case to his attention, signed
an order pardoning Johnson.


o0600040014295690018.jpg

https://www.nofi.media/2018/06/jack-johnson-le-premier-boxeur-noir-
champion-du-monde-a-ete-rehabilite-par-trump/54324?fbclid=IwAR
0p822ySXZ1RMOpR2o4mDEeE53jsPoAP9KrTUxwJLOek3BsOoRGYFLLGWc





ジャック・ジョンソン (ボクサー)
64187effemmm.jpg

「ガルベストンの巨人」のニックネームでもよく知られていた。奴隷の子供として生まれた彼は、黒人として初の世界ヘビー級王者(1908年-1915年)となり、そのことは当時非常に大きな論争の的となった。

試合の行なわれた7月4日の夜、テキサス州やコロラド州からニューヨーク、ワシントンD.C.に至るまで、合衆国中で人種暴動が引き起こされた。ジェフリーズに対してジョンソンが勝利したことにより、ジョンソンを打ち倒す「グレート・ホワイト・ホープ」を見つけ出すという白人たちの夢は挫折した。多くの白人たちはジェフリーズの敗北に屈辱を覚え、ジョンソンのコメントに怒り狂った[1]。

一方黒人たちは歓喜して、ジョンソンの偉大な勝利を長く虐げられてきたその人種全体の勝利として祝った。黒人の詩人ウィリアム・ウェアリング・クーニーはのちに自作の詩 "My Lord, What a Moming" において、この試合に対するアフリカ系アメリカ人の反応を強調した。

国中で黒人たちが自然発生的なパレードを行ない、祈祷所に集合し、ギャンブルの配当金によって買い物などをした。こうした浮かれ騒ぎに対して白人から暴力的な反応が示されることもあった。ただし「暴動」と呼ばれている動きのいくらかは、たんに黒人たちが路上でどんちゃん騒ぎをしたというだけのものである。シカゴなどいくつかの都市では、警察も黒人たちがこうしたお祭り騒ぎを続けることを許可した。しかしそれ以外の都市では、警察や怒りに駆られた白人市民が騒ぎを止めさせようとした。罪もない黒人が路上で襲撃され、場合によっては白人のギャングが近隣の黒人宅へ押し入り、家屋を焼き払うなどといった事件も起きた。警察は黒人に対するリンチの仲裁などの対応にも追われた。全体として、25以上の州と50以上の都市で暴動が発生した。少なくとも23人の黒人と2人の白人がこれらの暴動によって死亡し、負傷者は数百人にも及んだ。白人の中には、黒人を殴打している群衆を止めようとして負傷した者もいた[1]。

ある州ではジョンソンが白人ボクサーに勝利する場面の撮影を禁止するという措置を取った。

アフリカ系アメリカ人の新聞は、黒人が優れているというイメージが出回ることを白人たちは恐れていると述べ、一方で黒人が勝つ場面の撮影を禁止しておきながら他方では黒人に対するリンチを無批判のまま放置している白人の報道を偽善的なものだと主張した[1]。Washington Bee紙は「白人はもはやその地位を脅かすものなく第一級の存在でいられるのが当然とは思うことができなくなっている。こうした事実を見てもわれわれはそのことを窺い知ることができる」と書いた。

1920年、ジョンソンはハーレム地区にナイトクラブを建てた。3年後に彼はこの店を白人ギャングのオウニー・マドゥンに売却し、マドゥンはコットン・クラブと店名を変えた。

メキシコでいくつかの試合を終えた1920年7月20日にジョンソンはアメリカへ帰国したが、マン法違反の嫌疑をかけられたため連邦捜査官に自首した。マン法とは「不道徳な目的のために女性を州境の外まで連れ出すこと」を禁じたものだが、ジョンソンが白人のガールフレンド、ベル・シュライバーにピッツバーグ-シカゴ間の鉄道乗車券を送ったことがこの法に抵触したのである。この起訴は法の意図的な不正使用であると考えられている。というのも、ジョンソンはガールフレンドを招いただけであるのに対し、マン法は複数の州をまたいだ売春婦の取引網を規制することを目的としたものだからである。ジョンソンは1年の刑期を科せられてレブンワース連邦刑務所へ収監され、1921年7月9日に出獄した[1]。

ジョンソンの死後には大統領による恩赦を与えるべきだという提案も繰り返しなされていた。

ジョンソンは1946年にノースカロライナ州ローリー近くで自動車事故によって命を落とした。68歳。おりしもジャッキー・ロビンソンがメジャーリーグの「人種の壁」を打ち破る1年前のことであった。彼はシカゴのグレースランド墓地のエッタ・デュリエイの隣に埋葬された。ジョンソンの墓石には銘が刻まれていないが、「ジョンソン」とだけ書かれた石が、彼と2人の妻の埋葬された区画の上に立てられている。

2018年5月24日、ドナルド・トランプ大統領により1913年にマン法に抵触し有罪になっていたことに対して死後恩赦が与えられた。

テキサス州ガルベストンの41番街は彼にちなんで「ジャック・ジョンソン大通り」と名づけられた。


~ウィキより。





[ 2018/11/02 21:38 ] 未分類・ニュース等 | TB(-) | CM(-)