FC2ブログ
















【キノコ】 雨の日の火炎 2018

またも週末は
キノコ的には良いのですが、撮影がめんどくさい^^;

※画像クリックで拡大
DSC_4326.jpg

しかし、後半は晴れたみたいです^^ 彼岸花が咲き始めた・・・来週には満開かな?
今年は、林内にヤツは出ているだろうか? 何か邪悪な気配を感じます(笑) 

続きを見る・・・↓ ↓



はい、部屋を掃除してたら、カタナが出てきた(笑)
うちの子で、こんな武器が似合う子はいないかなぁ・・

銃とかナイフは持たせたくないですね~ うちはそんなイメージです^^
お札とか、お祓い棒とかで十分です。

まあ、巫女さんだったら、ナギナタとか、弓矢あたりは似合うかも?
霊夢さん、銃刀法違反ですよ~

DSC_4141.jpg




気が早いんですが、今年の秋冬はどんなマフラーでいこうか検討中です・・・
東方キャラはマフラーとかブーツが似合う・・・・ 大正ロマンなので^^;
あんまり色が濃いのは、色移りが怖いし・・・

去年は、薄いピンクだったので、今年は、書籍原作風に、黄色いマフラーなんか良いかな?

※去年

DSC_5195_20180915233609c36.jpg

DSC_5482かい



奥日光では、紅葉が始まる気温まで下がったみたいですね~
今年も、紅葉は早く終わりそうです・・・

DSC_3640_20180915233612e5b.jpg

DSC_3545_201809152336160e0.jpg






さて、林内では燃えるような彼岸花が咲いています・・・

雨ですが、雰囲気出てますね~


花言葉は 『悲しい思い出』

DSC_4151.jpg


DSC_4182_20180915233713ab8.jpg





午前中は雨・・・ 誰もいません


DSC_4147.jpg





お? アカヤマドリがまだ出ていた・・・

このフィールドで見かけるのは始めてだ

DSC_4146.jpg





傘を持ちながらの撮影なので、めんどくさい・・・

キノコは出ているな。

DSC_4217.jpg






オニイグチが大発生してました^^ 前半期で見かけなかったので、久しぶり。




オニイグチ
DSC_4171.jpg
夏~秋。 中型のイグチ。
オニイグチには、他にコオニイグチ、オニイグチモドキなどがある。
全て食用になるので、間違えても問題ない。
見た目はアレだが、かなり美味しい食菌。
肉を傷つけると、赤く変色し、その後、黒くなる。





ちょっと変色を見てみましょう・・

最初は白

DSC_4173.jpg


1~2分くらいで赤くなりました^^
菌が乾燥してたり、老菌だったりすると、うまく変色しません。

DSC_4177.jpg




たくさん出てますね~
こちらはオニイグチモドキのようです。

DSC_4257_20180915233844962.jpg


DSC_4264_20180915233933c5d.jpg




オニイグチモドキ
DSC_4263_20180915233936e70.jpg





毒キノコもたくさん出てました^^


フクロツルタケ(広義)
DSC_4296.jpg




ドクツルタケの仲間
DSC_4184_201809152342263bc.jpg


ここのフィールドでは、本家ドクツルタケは見れません・・・ もっと標高の高い場所に行かないと・・
ここら辺は、ニオイドクツルタケやシロタマゴテングタケが多い感じ・・・
したがって、試験液をたらしても、反応しません、持ってても意味ない(笑)

DSC_4256.jpg




くそでかいイグチ(笑)

DSC_4185.jpg



こういうのは、撮影むきですね~^^

DSC_4251_20180915234531526.jpg


DSC_4251かい




何か、いっぱい出てますね~ クサウラか?

DSC_4224.jpg





クサウラベニタケ(推定)
DSC_4227.jpg
夏~秋。 中毒キノコ御三家の一つ。
名人泣かせの異名をもつ。
なので、これがクサウラという保障はないが、
このようなキノコは食すのを避けるべき。
カサの裏(ヒダ)が紅色なのでクサウラ。
しかし、変化に富むため、外見だけでの判断は危険。
柄は、中身がスカスカなのも特徴。
ムスカリン中毒の症状で発汗、流涙などの症状も出るので、
物理的に「名人泣かせ」ともいえる。






秋のキノコは何と言うか・・ 
渋い大人の魅力というか、地味だけどカッコイきのこが多いです^^

DSC_4219.jpg





まだクロカワが出ています・・・

高級キノコなのに・・・ 栃木県ではスルーされます^^;

DSC_4190_20180915234655f40.jpg


裏面は細かい官孔になってます。

DSC_4195_20180915234652aaa.jpg





紛らわしいキノコが近くにあったので比較・・・

偽者は、このようにヒダが針状になってます。
クロハリタケとか・・・意外と間違えやすい?

DSC_4197_20180915234649e1e.jpg




こっちにもクロカワ・・・ 今年は多いな

DSC_4284_20180915234646d34.jpg





いちいち、引っこ抜いて、裏面を見ていたらもったいないです、
希少キノコですので・・・ 

なので、鏡を使って確認。 傘は黒。 裏面は白。

DSC_4287.jpg



白黒コンビ(笑)

DSC_4295.jpg





繊維状の綿に包まれたキノコ・・・ カラハツタケのようです。

毒キノコですね~
けっこう重篤な中毒になるそうなので注意です。

DSC_4207.jpg





ヒロハチチタケ・・・・ 乳液が出てます。

DSC_4200.jpg





散らかった生ゴミみたいになってるハナホウキタケの仲間(笑)


DSC_4214.jpg





前回見つけた、シャカシメジは、全て持ち去られていました。

人気の食菌ですからね~

DSC_4216.jpg




前回のシャカシメジ

DSC_3995_20180908223938dc7.jpg

DSC_3999_2018090822393412f.jpg





雨でヌルヌルしたキノコ・・・

DSC_4279_20180915234909abb.jpg




裏面は、キシメジっぽいレモン色をしています。

DSC_4268.jpg





キヒダマツシメジ
DSC_4278_20180915235050281.jpg
夏~秋にかけて。
少し前まで、図鑑に写真が載っていなかったので、
キノコ好き達を悩ませていたらしいキノコ。
上から見るとカキシメジっぽい。
裏返すと、キシメジっぽい。
生で食すと、中毒するので、しっかりと火を通すべき。
オススメは鍋物。






フェアリーサークルがいくつもできてました^^

DSC_4281.jpg





!?

この邪悪な気配は・・・・!



ドドドドドドドドドドド・・・・!!!

DSC_4154.jpg



貴様! カエンタケ・・・!?

職員に駆逐されたハズじゃ?



カエン 『わたしの戦闘力(毒)は53万です』

DSC_4161.jpg




周囲を見ると、他の複数の場所でも、幼菌が出てました。

幸い、人が通るような場所では無いので大丈夫かしら?

DSC_4152_201809152353059c0.jpg




しかも、まだ成長段階にありそうです・・・

しばらくは、観察対象ですね~

mdfgsdhig_20180916160247bb7.jpg





カエンタケ  2018年
DSC_4160.jpg
カエンタケ(火炎茸・火焔茸、Trichoderma cornu-damae)
ボタンタケ目ボタンタケ科トリコデルマ属(ポドストロマ属)に属する子嚢菌の1種。
たびたびニュースにもなる、超猛毒菌。 肉質は硬い。
致死量はわずか3g(子実体の生重量)程度と極めて強力。
ブナ科などの広葉樹の枯木、もしくは半枯れの木に出やすい。
似たキノコにベニナギナタタケがあるが、硬さの違いで判別できる。
汁などに触ると、皮膚が炎症をおこすので、極めて危険とされる。
公園などに出ていたら、駆除される運命にある。
ただ、乾燥してたり、老菌だったりすると、触っても大丈夫な場合もある。
なかば地中に埋もれた倒木などから発生する。
子実体の基部は、地中に走る樹木の枯れた太い根につながっている。
腐朽した木材を栄養源とするのではなく、
木材の中に生息している他の菌の菌糸から栄養を得ている可能性がある。
症状は・・・
頭痛、 
喉の渇き、 
目の充血、
口内炎、
嘔吐、
腹痛、
下痢、
悪寒、
胸痛、
全身の皮膚の糜爛(びらん)、
呼吸困難、
言語障害、
白血球と血小板の減少、
造血機能障害、
多臓器不全、
小脳の萎縮による運動障害、
脱皮、
脱毛
・・・など。
類似のトリコテセン系化合物
ベトナム戦争の化学兵器としても使用されている。
近年、メディアが大げさに騒いで恐怖を煽っているが、
むやみに触ったり、体内に取り込まなければ、危険は無い。







別のフィールドでは、食菌が多数出てました^^


ヤマドリタケモドキが十数本も出ていた・・・


DSC_4354_20180916141316695.jpg






こちらはタマゴタケ^^

たくさん出てますね~

DSC_4337.jpg



酒飲みキラーヒトヨタケが出ていた・・・
食えますが、アル中は食ってはいけない。
というか、これ食ったら、一週間はお酒飲めなくなる^^;

すでに液化が始まってますね~

DSC_4341.jpg





ヒトヨタケの仲間
DSC_4340.jpg
有名なナヨタケ科のキノコ。
マルミノヒトヨタケや、ウシグソヒトヨタケなど、
紛らわしいものが多く、胞子鑑定が確実。
成分の一つである、コプリンは、人の体内で、お酒の代謝を阻害
しばらくは酒が飲めない体になる。
老菌になると、傘が黒いインク状に溶けて、胞子を拡散。
そのため一夜茸とよばれる。
なお、ササクレヒトヨタケにはコプリンは含まれないので、
酒のツマミにてもOK。




※ササクレヒトヨタケ
DSC_6139aa_20180916162631f3d.jpg







これ・・・・ タマゴタケでしょうか?  大きくない?


DSC_4334.jpg





でけ~~~~(笑)

スーパーで売ってる、鶏の卵の

Lサイズより大きいです

DSC_4364.jpg







持ち帰って、孵化させてみる事にした(笑)

ペットボトルのキャップがついてる方を
ハサミで切り取って、フタを閉めて、さかさまにして地面にセット。

そこに水を浸して、そこに、タマゴタケの卵を入れてみた。

これで孵化したら、新鮮な胞子が、自宅の裏庭に定着しないかなぁ・・・?


DSC_4369_20180916141343c15.jpg



(´・ω・`)


・・・・・・・(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2時間後



ニョキッ!

DSC_4371.jpg


お? 出てきたやん(笑)

問題無さそうですね~ 続きは次回^^


それではここら辺で~^^

DSC_4141かい




東方で刀が似合いそうなのは・・

東方で刀が似合いそうなのは妖夢ぐらいなのかもしれないですね。

だけど妖夢の未熟な腕前では斬られたとしても成仏できないでそのまま幻想郷内の幽霊化しそうな感じでもありそうです。

巫女さんは刀よりもなぎなたとかお祓い棒がお似合いそうですけど、霊夢さんの場合は焼き芋とかお煎餅の方が似合いそうな雰囲気も
ありそうですね。
そして霊夢さんがお祓い棒を手にしていると「さっさとお賽銭箱に寄進しなさい!」と言いたげでもありそうです。

霊夢さんと紅葉は本当に見映えがして美しいと思いますし、マフラーがとてもよくお似合いだと思います。
レティーさんみたいな白くたなびくマフラーも似合いそうな気もしますね~

それにしてもカエンタケは怖いですね~!

こんな物騒な猛毒キノコが誰しもが通りそうなところに生えているというのがシュールでもありますね・・・
[ 2018/09/17 19:35 ] [ 編集 ]

Re: 東方で刀が似合いそうなのは・・

ぬくぬく先生、こんばんは^^

霊夢さんはお祓い棒とお賽銭箱で十分ですね(笑)
とりあえずマフラーは白いのと黄色いのを注文してみました^^
早く届かないかな~

キノコ観察も秋になって、いよいよクライマックスといった感じです。
秋の毒キノコに期待(笑)
[ 2018/09/18 19:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1263-365a5b61