FC2ブログ
















【初秋】 茸狩やあぶなきことに夕時雨

茸狩やあぶなきことに夕時雨』 ~芭蕉
訳:きのこ狩りに行って帰ってきたら時雨が降り始めた。
もう少し山中に居たら危なく降り込められるところであった。

※画像クリックで拡大
DSC_3959 (2)

雨が降ったりやんだり・・・ カラ梅雨だった前半期と対照的に、雨が多い初秋。
キノコ的には良いのですが・・・ 撮影がやりづらいですね^^;
今回は、傘をさしながらの散策。 やはり今年は秋キノコ勢が早く発生してたみたい?

続きを見る・・・ ↓ ↓







※秋は、キノコ中毒が多い季節です。 ニガクリタケなんか食ったら死にます。
十分に注意してください・・・ 下記の記事の様な人が減ることを期待します^^;


(~中略)
『ハイキングコースの途中で出会った若い男女二人の会話が耳に入ってきた。
遊歩道のすぐ脇の倒木には、明るい色の若いニガクリタケが群生していた。
「わあ~きれい、まるでナメコみたいだね」
「みたいじゃなくて、これはナメコそのものだよ」
「でもスーパーで買ったばかりだから今日は採るのはやめるわ」
「そうだね、残念だけれどこの次にまた来たら採って帰ろうよ」
どうしてこれがナメコに見えるんだろうか?


元記事 『今日の雑記』 様より抜粋。
http://fungi.sakura.ne.jp/zakki_index_daily/2018/180908_day.htm





よし、キノコは出ているな!

DSC_3965_201809082237559eb.jpg




はい、今日は早朝からの出発です・・・ 眠い

朝5時か・・・ 今日は、お昼から雨だそうで、早めに散策開始しましょう^^

DSC_3962_20180908223639f2d.jpg




公園では、やはりというか、テングタケの仲間が多数出ていました。

今回は、イグチ科のキノコも再発生してると思われ・・・
夏の初めに出て、猛暑の間は休眠して、また夏の終わり頃から出るパターンですね^^
秋のキノコも出てきた様子・・・ 雨で、人気が少ない公園だが、キノコは賑やか。

DSC_3969.jpg





シメジっぽいキノコが出てきました・・・ やはり今年は早い

DSC_3966.jpg




イヌシデの周辺にはスミゾメイグチが多数、再発生してました^^
めんどうなので、変色は未確認。

DSC_3944.jpg




ウラムラサキが出てました^^
意外にも食菌?

DSC_3971.jpg




見覚えがあるキノコ・・・ 一見、古くなったクロハツみたいに見えますが・・・
裏返してみれば、歴然! 今年は、かなり多いですね~ クロカワさん。

DSC_3972.jpg





クロカワ(広葉樹タイプ)
DSC_3974.jpg
夏~秋にかけて。 広葉樹、または針葉樹に発生。
ほのかな苦味と、深い味わいで、伝説の酒のツマミとなっている。
地味な外見のため、見つけるのが困難とされ、
地域によっては、マツタケ以上の価格で取引される事もある。
広葉樹に出るタイプは、小型で苦味は控えめ。
針葉樹(富士山)などで見られる、針葉樹タイプは、
大型で、苦味も強いとか? ミヤマクロカワとも言われる。
味的には広葉樹タイプがオススメ。
炭火焼きにして、タレにつけて食べると絶品。





秋雨で、様々な菌が発生してる模様・・・
かなりの数のキノコが出てましたが、雨のせいで、落ち着いて撮影できません^^;

DSC_3981.jpg




DSC_3984.jpg






時おり、激しい雨が・・・ 機材が濡れる~><

DSC_3985.jpg






ちょっと、休憩所の軒下で休憩・・・
良く見たら、周辺に、キノコがたくさん^^

DSC_4116.jpg





DSC_4017_20180908223632c4c.jpg




ムラサキヤマドリタケ・・・・ そういえば、今年は綺麗な状態の見るの始めてだな~
見た目アレですが、高級食材です。 

DSC_4071.jpg


DSC_4070_201809082241453cb.jpg





毒キノコ御三家も出てきました・・・・
シロタマゴテングタケかしら?
試験液をたらしてみないと何とも・・・ どのみち猛毒ですけど(笑)

DSC_3986.jpg





地面からボコォ! って感じで出てきた何かの幼菌(笑)

DSC_3990.jpg





まるで、コンクリート材みたいな色のキノコ・・・ シャカシメジだ!
これもホンシメジと同じく、有名な人気キノコですね~
久しぶりに見たな・・・ 毎年ここに出てるのか・・・気づかなかった^^;

DSC_3999_2018090822393412f.jpg





シャカシメジ
DSC_3995_20180908223938dc7.jpg
晩秋~秋に発生。 広葉樹(雑木林)あるいはマツの混生林内に発生。
別名、センボンシメジ。 ハタケシメジやホンシメジと並んで人気の食菌
全体的に灰色を帯びている。 古来から食用菌として利用されてきた。
名前の由来は、お釈迦様の髪型のアレに似ているという事から。






時おり、強い雨が降って、捜索を妨害します(笑)

DSC_4029_201809082239279d4.jpg




ウスタケの仲間が出てました・・


フジウスタケ
DSC_3989.jpg
モミの仲間がある林内に発生しやすい。
ウスタケと同じく、ラッパ状になる。
毒キノコだが、地方によっては、毒抜きをして食べる事例もあるが、
毒が体内に残留する可能性あるので、お勧めしない。







アカヤマタケ属と思われるキノコがチラホラ・・・ カラフルで綺麗ですね~

DSC_4055.jpg





DSC_4054.jpg





変なものを発見(笑) 粘菌のように見えますが・・・

DSC_4053.jpg



これ、実はキノコなんですね~ 

触ると、ロウソクの蝋みたいです

DSC_4052.jpg






ロウタケ
DSC_4051.jpg
ベニバナイチャクソウなどの植物と共生関係にあるとされる。
粘菌と間違われやすいが、立派なキノコである
不定形で、定まった形というのは無い。
ロウソクの蝋を溶かしたような形状をしている。
周囲の植物や、材を巻き込んで、
蝋細工のような、奇妙な芸術品になる事がある






ナラタケモドキが各地を侵食してます・・・
今年は多いな~

DSC_4050_201809082241036ee.jpg






また変なキノコが・・・

DSC_4062_2018090822415430d.jpg






キヒダタケ
DSC_4066.jpg
裏面がヒダ状になっているが、イグチ科のキノコ
傷つくと青変色するとあるが、変色しないタイプもあるらしい。
色が変わるものを、イロガワリキヒダタケとよぶ事もある。
毒キノコで、消化器系の中毒をおこす。






各所にアンズタケが出てました・・・ アンズのような香りがします。
食菌ですが、最近、微量に毒がある事が判明。
それでも食ってる人はいるという^^;

DSC_4057.jpg





硬質菌もいろいろ出てたみたい・・・

DSC_4075.jpg






ああああああああああハチだぁ!!!(トラウマ)

DSC_4058.jpg

蜂の巣注意ではなく 「ハチ注意」 というのがなんとも・・・

つまり、ハチが多いけど、巣は分からないという事か・・・ 
ビビリながら少し離れた場所を散策・・・ 
そういえば、ここら辺は、去年オオスズメバチを何匹か見かけた記憶が^^;




雨やまないかな・・・

DSC_4059_2018090822415798b.jpg





公園は水浸しになってました。

DSC_4084_20180908224256aed.jpg





雨が降ることによって、特徴が顕著に現れるキノコもあります・・・
特に、粘性のあるキノコ。

DSC_4078.jpg






ヌメリイグチ
DSC_4079_2018090822430535a.jpg
夏~秋。 強い粘性をもつキノコ
マツの木などが近くにあると出やすい。
ナメコのような強粘性で、日本人好みの食感。
しかし、強い粘液が消化不良などをおこす場合があり、
弱い消化器系の中毒が報告されているので、十分注意する事。
チチアワタケなどに似るが、ヌメリイグチの仲間は、
膜質のツバがある事で、判別できる









お? 晴れてきたかな?


DSC_4120_20180908224333e53.jpg






また夜になったら雨が降るんだよね~
そろそろ撤収します^^ 服もドールも濡れてしまったので^^;

DSC_3959 (2)




天気予報なんて無かった時代・・・ 松尾芭蕉も苦労したんだろうか?


次に来た時には、また林内の様子はガラリと変わってるとおもいますが・・・
それではここら辺で~

DSC_4079かい




霊夢さんが傘を手にされていると・・

最近は関西空港の浸水や北海道での大地震といい何やら天候異変ばかりで、
「関東だけはあまり被害が無い」というのも何だか不気味なものがありそうですし、「今度の地震は千葉だ」という学者もいるようですし、
とにかく「天災は忘れた頃にやってくる」とか「備えあれば憂いなし」というのを再度認識する必要があるのかもしれないです。

それにしても関東はまだまだ蒸し暑くて、埼玉も土日は普通に30℃越えでした。その暑さも今週から急に冷え込みも厳しくなるとの事ですけど、
森のキノコたちにとっては秋の到来の兆候ととらえるのかもしれないですね。
撮影者のkado様にとってはも雨や冷たさというのもかなりの難敵になりそうですね。

雨というと手放せないのは傘ですけど、紫・幽香が傘を持っていても凶器にしか見えませんけど、霊夢さんが傘を手にされていると
とてつもなく優雅でそのすてきな気品にうっとりとさせられるものがあります!
後ろ姿で傘を手にする霊夢さんはフランス人形そのものですね!
[ 2018/09/09 20:31 ] [ 編集 ]

Re: 霊夢さんが傘を手にされていると・・

ぬくぬく先生さん、こんばんは^^

確かに霊夢さんが傘持っても武器に見えませんね(笑)
お祓い棒振り回してるイメージです^^

東京の方は暑かったみたいですね~ 
我が県では蒸し暑い梅雨のようです・・・
前半期は兵糧攻めで、後半期は水攻という^^;
なるべく機材は濡れないように注意してます・・・
まだ急に暑くなったりしますし、寒暖の差に注意ですね。
[ 2018/09/09 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1258-5c86b0dd