【初夏】 老いた巨樹と、真っ赤なキノコ

5月も後半ですね~
今年の梅雨は、ちょっと早くなるとの見通しですが・・

※画像クリックで拡大
DSC_1277_20180527194014d99.jpg

雨は降ってるんですが、暑くなると、すぐに乾燥してくる・・・
キノコは、ほとんど見かけませんでした^^;
5月といえば、アレが出ているかも? ちょっと散策してきました^^

続きを見る・・・ ↓ ↓




今年は、草が生えまくって、除草が大変です^^
除草剤は、体に悪いので、あまり使いたくないですね~
草刈りが一番! でも、今年は、虫も発生が早い!

さっそく、ブヨに刺されました^^;
ブヨは、厄介ですね~ でもハチに刺されるよりはマシです、死ぬよりは。

草刈りしてると、ハルジオン(春紫苑)の多さにビックリ! 
貧乏神の紫苑お姉ちゃん、今年は元気すぎですね・・・
66274ca0.gif

そろそろ、妹の女苑ちゃんは出ないんですか?
女苑ちゃん食べたいです(意味深)

【東方ヴォーカルPV】Money Money【暁Records公式】







先週から、ずっとこのポーズのままだった霊夢ネキ!
そろそろ、野外行きませんか?  暑いのお嫌い?

DSC_1147_20180527193544307.jpg






突然ですが、抱き枕を改造してみた(笑)

胸に、シリコンバスト入れただけですがね・・・
これだと、お見せできないので、水着を装着させました!

これで、健全な表現に! どう見ても健全! 
これで親戚が遊びに来ても安心ですね! 

(´・ω・`) 天才すぎるよぉ~!

ミータン 『・・・バカがおる、無視しとこ!』

DSC_1140_20180527193545fbf.jpg






庭では、バラが終わってます・・・ 早い・・・・早いよ!
咲くのも、散るのも早い^^;

DSC_1148_20180527193543bd5.jpg





変わりに、クレマチスが旺盛です^^

バラや、ツツジなどにからませてます・・・
クレマチスは、他の植物を枯らしてしまうほどの力は無いので、
いろんな植物にからませて遊べます^^

DSC_1149_201805271935425b9.jpg




DSC_1279_20180527194013d74.jpg



DSC_1282_20180527194011804.jpg



オススメはこれ! 

クレマチス 『ロウグチ』  暑さや寒さに強く、対病にも優れる・・・
カラフルな植物にからませると、コントラストが映えます。

DSC_1285.jpg







拾ってきた、カワラノギクの種が発芽してました^^
日本原産だが、関東地方の相模川、多摩川、鬼怒川の水系の一部にしか生えていない
絶滅の危険がある植物ですので、育てて、増やしたいですね~
花言葉は 『清爽』

DSC_1150.jpg






5月といえば、ツバメ^^

この時期、コンビニに屋根に巣を作ってるのを見かけます・・・

なぜか、ファミリーマートに多いような・・・ ファミマ好きなん?

DSC_1156.jpg







公園に来てみました・・・   ありゃりゃ・・・ 草刈りがあったようです、大規模な。

DSC_1157.jpg




草刈り機で、キノコも蹴散らされてます・・・ これはお手上げですね~

DSC_1159_2018052719362421c.jpg





先週見つけた、キナラタケも、干からびてます・・・
やはり、まとまった雨が降らないと・・・ 梅雨待ちですな~

DSC_1170.jpg





去年は、1000本は出ていた、ノボリリュウが、全然見当たりません・・・
逆に、去年、少なかったキノコが、多く見られるような気がします。

※去年のノボリリュウタケ
DSC_1032_20170627221622ae7_2018052719350295f.jpg






ウラベニガサがやっと出てきました・・・ 今年は遅かったね~

DSC_1164_20180527193622186.jpg


ヒダが、淡い肉色なのがわかります・・・

DSC_1166_201805271936217ea.jpg





DSC_1163_2018052719362393d.jpg







ウラベニガサ
DSC_1225_2018052719384814e.jpg
春~秋に、広葉樹の朽木などに発生。
カサは、灰褐色なものが多い。 
名前の由来になっているとおり、カサの裏(ヒダ)が、
淡い紅色をしている。 
実は、食用としても優秀。
やや、水っぽく、土臭さがあるので、調理はコツがいる








天気は良好・・・ 午後から曇るという事なので、早々に撮影^^

公園のメタセコイアが綺麗でした・・・ 新緑!

DSC_1262_201805271940171d8.jpg





DSC_1265_20180527194016a2c.jpg






『あら、起こしちゃった?』
・・・みたいな感じで、美少女にお昼寝を邪魔されたい願望!
でも、霊夢さんだと、早くおきなさいよ! とか言って、顔面踏まれそうです・・ それもご褒美

DSC_1277_20180527194014d99.jpg








益子町にある、西明寺というお寺に来ました・・

ここは、スダジイなどの、老木が多いのです。 

DSC_1186_20180527193715ca4.jpg


DSC_1204_201805271937550e6.jpg



立派なお寺ですね~

DSC_1173_201805271937219b2.jpg




ここは、以前にも訪れていますね?

そう、カンゾウタケが出ているのです・・

カンゾウタケは、5月ごろに、スダジイなどの、老木に出やすいので^^

DSC_1174_2018052719371982d.jpg



はたして、カンゾウタケは見つかるのでしょうか・・・?







あった!  

DSC_1175_20180527193719159.jpg



・・・・・もう見つかったん?  

まだ、入り口やん・・・ 

それって、ネタとしてどうなん?

出オチやん、出カンゾウやん!?

何か、一昨年の記事でも、同じ事言ってた記憶ががが・・・


【一昨年】
http://kado777.blog84.fc2.com/blog-entry-716.html



とりあえず、入り口のキノコは見なかった事にして、入ります・・・




出てますね~

大きいです・・・ ネバネバした後が・・・

どうやら、ナメクジにやられたようです・

DSC_1183_201805271937166d3.jpg






ここにも出ている・・・ 大体、毎年同じ部位に出てる感じです。

カンゾウタケを採る時は、
ナイフなどで、木の表面を破壊しないように注意して切り取ってください。
木の表面を剥がしてしまうと、菌糸が傷ついて、来年、同じ場所に出ない可能性があります。

DSC_1187_20180527193802df1.jpg






ここにも! 大体は、同じ木に発生してますので、覚えておけば、探すのが簡単。

DSC_1188.jpg





なんだか、変な形のが(笑)

外人の鼻みたいな

DSC_1190_20180527193759e93.jpg








カンゾウタケ
DSC_1180.jpg
カンゾウタケ(肝臓茸、Fistulina hepatica Schaeff.:Fr.)は、
ハラタケ目カンゾウタケ科カンゾウタケ属に属する一属一科一種のキノコ。
全世界に広く分布し、欧米では広く食用にされている。
アメリカなどでは"Beefsteak Fungus"・「貧者のビーフステーキ」
フランスでは「牛の舌」(Langue de boeuf)と呼ばれている。
梅雨期と秋に、スダジイ、マテバシイなど
(欧米ではオークや栗の木、オーストラリアではユーカリ)の根元に生え、
褐色腐朽を引き起こす。傘は舌状から扇型で、表面は
微細な粒状で色は赤く、肝臓のように見える。
裏はスポンジ状の管孔が密生し、この内面に胞子を形成する。
他のヒダナシタケ類と異なり、この管孔はチューブ状に一本ずつ分離している。
肉は、霜降り肉のような独特の色合いを呈しているうえ
赤い液汁を含み、英名のBeefsteak Fungusの名の通りである。
生ではわずかに酸味があるが、管孔を取った上で、
生のまま、またはゆでて刺身や味噌汁にしたり、
炒めて食べたりする。

~ウィキより。





カンゾウタケの断面はこちら・・・ 霜降り牛肉?

DSC_2171_20180527194059d97.jpg







別の公園に来てます・・・ やはり、キノコは少ない・・

虫が多いです・・・ 蚊はいるし・・・ 


DSC_1234.jpg





針葉樹の切り株には、フサヒメホウキタケが出てました・・・

マツオウジを探しましたが、無かった・・

DSC_1235_20180527193844d8c.jpg





何かあります・・・ 大きいですね?

だいぶ古くなってますが・・・・ だいたい察しはつきます。


DSC_1221_20180527193849e01.jpg




近づこうとしたら、ガサガサ!っと音が?

猛毒のヘビ・・・ ヤマカガシですね!

幸いにも、ヤマカガシは臆病なので、逃げてくれる事が多いです。
マムシは逃げませんので、要注意です。


・・・・と思ったら、今度は羽音が!!?  

ヤツか!

B29のエンジン音みたいな羽音

オオスズメバチ・・・ ツマアカスズメバチかな?

どうやら、狩りの最中らしい・・・ 近くに巣が無かったのが幸いです・・
身を屈めていたら、去っていきました・・・  あの羽音は、いつ聞いても戦慄します・・・

毒蛇に毒バチとか・・・ 何の罰ゲームですか?





というワケで、キノコですが・・・ やはりオオワライタケのようです。
早ければ、今頃から出ているはずなので^^ 
老菌なので、褐色ですが、本来は、黄色っぽい色をしてます。




オオワライタケ(推定)
DSC_1230.jpg
初夏ごろから広葉樹の生木、もしくは朽木に発生。 大型になる。
海外のオオワライタケとは、やや成分が異なる
小型のワライタケや、海外のオオワライタケは、
幻覚作用のある、シロシビンが検出されているが、
日本のオオワライタケには、確認されていない。
地方によっては、毒抜きして食べる事もあるが、オススメしない。
毒性は、中枢神経に作用する。 
顔の筋肉が引きつって、笑ったような顔になるからという、怖い話も
黄色いので、コガネタケや、キツブナラタケと間違われやすいので注意。








今年は、虫も多いですね~ 昨日も蚊に刺されました^^
今年は、ハチや、ブヨも多いのかしら?

今年は、ホタルが出る時期が気になりますね~
近所にホタルが出る川がありますが、今年の気候でどうなるか?
タイミングが合えば、また撮影したいですね~ 

DSC_2733青改リボン










スダジイ  花言葉  『古風』
DSC_1193.jpg
スダジイ(学名Castanopsis sieboldii)とは、ブナ科シイ属の常緑広葉樹
暖地性照葉樹林を代表する樹種のひとつ。
中陽樹〜陰樹であるため、適地では優占種として
極相林の林冠部を形成する。また材が硬く、
耐潮性が強く、丈夫であるため巨木になりやすい。

日本では幹周が10mに達するにまで
成長したものも確認されている。





肝臓みたいなキノコ!

これはまたまるで理科の教科書に出てくるような肝臓のような赤いキノコですね~!

しかも名前がカンゾウタケという事で「そのまんまじゃん!」とツッコみたい気持ちもあったりします。

このカンゾウタケが食べられる事も可能という事ですけど、あの赤身は貧者のステーキというよりは毒が盛られてる牛タンみたいな
雰囲気ですね~
しかもああした巨大な老木に生えてきているというのも自然界の不思議さみたいなものも感じられそうです。

抱き枕の霊夢さんは水着を装着させると逆にエロっぽさも増しているような感じがありますけど、ミータンの冷たいそぶりも楽しいですね!

前回はさらしの霊夢さんでしたけど、今回はとてもすてきな巫女装束の霊夢さんでした。
青空と緑を背景にした紅白巫女さんというものは本当に美しいものですね!
[ 2018/05/28 20:45 ] [ 編集 ]

Re: 肝臓みたいなキノコ!

ぬくぬく先生、こんばんは^^

久々にカンゾウタケを見ました(笑)
ナメクジの害がなければもっと綺麗な状態だったんですが・・

霊夢さんと大木は合う感じがします^^
新緑に赤は映えますね~

珍しくミータンに完全シカトされました(笑)
変態さんに関わりたくないのは猫も同じみたいです^^;
[ 2018/05/28 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1202-6aa32bc5