【画像編集】 『かわいい』 の方程式 【ドール】

【画像編集】 『かわいい写真』 の方程式 【ドール】

※画像クリックで拡大
DSC_0629_20180509210014940.jpg

はい、画像編集はやっていて楽しいですね?
写真の編集方法は人それぞれ。 
最近はフォトショップの代用になる無料DLソフトも増えてきました。
今回は、目とアイシャドウ(アイライン)のメイキングでもやってみようかしら? 
可愛いは正義!

続きを見る・・・ ↓ ↓



撮った写真画像を、編集するのは、別に悪い事では無いです。
撮ってきた、ありのままの画像が良い時もありますが、可愛い娘(ドール)の写真ともなれば、
フォトショなどで、少々鮮やかにしたり、明るい写真にしたりは普通ですね?

むしろ、現実の女性化粧の方が、やりすぎです・・・

あれは詐欺でしょ。

(´・ω・`) なんで、メイク前とメイク後で、ぜんぜん別人なんです? 
変装の達人なの? ルパン三世なの?

もう、暑さ1ミリくらいの仮面つけてるのと変わらないです。
そうやって男は、女に騙されるのです・・・・ 世の常です。

男子諸君は、決して 『詐欺メイク』 で画像検索してはいけません、絶対だゾ? 


写真の編集といえば、大抵はrawデータで撮ってから、
ライトルームなんかで現像して、JPEGデータなど軽いものに変換して投稿してるのかな?
僕は面倒なので適当に現像したJPEGデータ画像を、フォトショなどの、編集ソフト
少し華やかな感じにしてるだけ。

基本的には、彩度を少し上げたり、コントラストいじったり、明るくしたりです・・・


意外と、使われてないのが、レイヤー機能です。 

イラストや同人やってる人なら、説明は不要でしょう。
そもそも、フォトショは、写真編集のためのソフトですし・・・

フォトショ持ってない人でも、今では無料の代用ソフトを探してブラウザ上で使う事ができます。
レイヤー機能は、覚えてしまえば、どのソフトでも、似たようなものです。 
覚えてしまえば。


そもそも、どこまで編集が許されて、どこまでがNGなのか?

たしかに、やりすぎると、もはや別の画像になってしまいます・・・

せっかく撮った写真なので、元の良さも生かしたいですね?

ここの線引きは、人それぞれです。 

というか、この手の話題は荒れるのでスルーです。

つまり、深く考えたら負けです。 
DSC_0638_2018050922014849f.jpg
※名古屋は関係ありません。






まず、現像ソフトですが、好きなの使えば良いと思うよ・・・・ ライトルームとか?
僕は、ニコン使いなので、ニコンHPから無料DLできるものを使ってます。
Capture NX-Dなんかは、軽くて使いかっては悪くない・・・かな?
今回は、これを使ってみよう^^ あくまで参考にする程度で。


はい、初期常態がこれ。 この時点では、まだrewデータです。
すでに、ホワイトバランスは調整した後です、輪郭強調を強めに上げて、コントラストもやや上げてます。

※画像はクリックで拡大
青空01

やるのは、それくらいで十分なんですが、ついでに、青空を綺麗にしておきます。
青空なんて、レンズに PLフィルターつけて撮れば良いやん? とか思うかもしれませんが、
死にたくなるほどの綺麗な青空なんて、普段なかなか見れません(笑) 
野外では、うまくいかない時も多々くあります。
そのためのテコ入れとして使うのも悪くはありません・・・ やりすぎ注意で(笑)






通常、明るさや、色合いを上げたりすると、画像全体が影響をうけてしまいます。

肌の色が暗いから、明るくしたら、背景まで明るくなってしまう・・・などです。

これは、ある程度、回避することはできます。

まず、下のLCHエディターという所の明度(マスターモード)のところをクリックすると、
いくつか項目が出てきます・・・ ここでカラー明度というグラフを出します。
青空02





ここのカラー明度で、青色に該当する部分を、ぐぐ~と下げます
すと、画面上で青色の情報を含む部分が、暗くなります・・・
ドールなどは、肌の部分は、青色を含んでいないので、影響は受けません
ここで、青色を少し暗めにしておくと、次の工程で、青色が綺麗に出ます。
ちなみに、オレンジ色の部分を明るくすると、肌が綺麗になります(笑)
青空03




次に 『彩度』 のグラフをいじって、
青色の部分を、今度はぐぐ~っと上に上げます
青空04




はい、ここまで変わります(笑) 
意外と知らない人がいるみたい?
お手軽な方法なので、現像ソフトでこれができるやつがあったら試してみれば?
あとは、普通に写真形式(JPEGデータなど)で変換、保存すれは終わり。
さらにこの後、フォトショなどで、すこし色付けしてから、ネットに投稿できるサイズにします。
青空05






できあがり^^

※画像クリックで拡大
DSC_8942.jpg








アイラインを強くしてみよう(ドール)】

※画像クリックで拡大
DSC_0637 (2)


アイシャドウや、アイラインは化粧の基本ですね?
とはいえ、別にドールに何かを描き足す必要は無いのです。
ちょっと、彩度やコントラストをいじるだけで、印象がずいぶん変わります。



どうせなので、レイヤー機能をつかったやり方でやってみます^^
レイヤー機能って、使わない人に説明するのが難しいんだよね~
わかりやすく言うと、画像をセル画のように重ねて使うことができる機能です
使えばわかります、使えば・・・

layer01_004.jpg
【画像元】 http://www.clipstudio.net/oekaki/archives/151069



ここでは、すでにデジタル現像をして、JPEGデータで保存してある画像を使ってみます・・・
僕のは、かなり古いフォトショップ(パッケージ版)ですが、まだ動きます^^;

意外と、古いフォトショが人気なんです、シンプルで使いやすいので・・・
別に、フォトショで無くても、代用ソフトがたくさん出ているので、好きなもの使えば良いんじゃよ・・・

JPEGデータになってるものは、かなり画像の情報も低下してますが、
ちょっと見栄え良くする程度なら、まったく問題ないです。
むしろ、データが軽くて使いやすいので・・・




まず編集したい画像を出します・・・

今回は魔理沙で遊んでみよう



初期常態
レイヤーはまだ、元画像1枚のみです。

これは、片方の目にうまくハイライトが入らなかったのでボツになった画像。
うまく光をバウンスしないと、目に光が入らないのよね~^^;

※画像クリックで拡大
メイキング1





元画像を複製(コピー)して、まったく同じ画像をもう1枚つくります
複製した画像は、元画像のにきている常態。
下の画像は、上の画像に隠れて見えない常態とお考えください。
一番下の、元画像レイヤーには、手を加えません。

メイキング2





まずは、シャドウを上げてみます・・・
シャドウ値を上げると、暗い部分や、影になっている部分が明るく鮮明になります。
便利ですが、やりすぎると、白々しい安っぽい画像になってしまいます。
そもそも、暗く見える部分というのは、機械(カメラ)が、勝手にに判断して表示してるだけで、
実際には、影の部分なども、髪の毛1本まで、正確に記録されています。
JPEG形式で保存した場合、やや画質の精度は劣化しますが、気にしない方向で(笑)

メイキング3





ここでは、シャドウを50パーセントくらい上げてます。
暗い部分が明るくなって、全体が見やすくなりました。
でも、これだとシャドウ値を上げすぎで、変な感じですが、
このレイヤーはメインで使うものではないので、このまま次の工程にいきます。

メイキング4






このシャドウを弄ったレイヤーの上に、また一番下の元画像からコピーしたレイヤーを1枚作って、設置します。
先ほどのレイヤーは下にあるので見えなくなってます。 

ちょうどシャドウを弄ったレイヤーが真ん中になって、サンドイッチ常態になってるワケです。

メイキング5




ここで消しゴムの出番となります。
そう、描き足すのでは無い・・・画像を削っていく作業なんです。

1番上のレイヤーを選択して、
ここでは、眼球の部分ブラシ消しゴムの強さ15%くらいで、ガリガリ削っていきます

※眼球の部分のみです。 
周囲のまつ毛やアイラインは絶対に消してはいけません。

・・・すると、おわかりでしょうか?
一つ下の層にある、先ほどシャドウ値を上げた明るいレイヤーが見えてきました。
つまり、消しゴムで消した部分だけ、下のレイヤーの効果が浮き上がってくるのです・・・
この方が、いちいち丁寧にマスキングする作業を省けます・・・わりとごまかせるのです(笑)

今回は、わかりやすいように、極端な値でやっていきます。

メイキング6






真ん中のレイヤーが、シャドウ値を明るくしたレイヤーですが、ちょっと明るすぎて不自然な感じがします・・・
そういう時は、該当するレイヤーを選択して 「不透明度」 を下げます。
すると、当然、そのレイヤーはだんだん薄くなって、最後は透明になっていきます・・・
そうすると、今度は、更に下・・・・一番最下層にある元画像レイヤーが見えてくるわけです・・
一番上と、一番下にあるレイヤーは同じものです、つまり、真ん中のレイヤーの強さだけが変わるわけです
真ん中のレイヤーの不透明度を下げれば、元の状態に戻っていき不透明度を上げれば、
真ん中のレイヤーが強く表れてきます。
 これで、ちょうど良い感じになるよう調節します。
今回は、真ん中の、シャドウ値を上げすぎた画像の透明度を70%くらいにしたら良い感じに落ち着いた。

メイキング7






レイヤーを1枚に統合して、これを元画像として、次の工程に行きます。

メイキング8






次からが、この作業の極意です。
ブログに上げといて何ですが、秘密の作業です、一子相伝の奥義です(笑)

せっかく上手く撮れた写真なのに、何となく目に光が入らなくて困っていませんか?
それは、機械がそのように見せているだけで、ある程度の矯正は可能です。

先ほどと同じ様に、元画像レイヤーのコピーを1枚上に作ります。

このレイヤーのモードを 『覆い焼きカラー』 という属性にします。

すると・・・・画面が 「うお、まぶしっ!><」 ってなります(笑)

目の部分が、非常に強調されてるのがお分かりでしょうか?

このレイヤーで使いたい部分は、目の部分だけです。 もうお分かりでしょうか?
あとは、さっきと同じ方法になります。

メイキング9






また、一番下の元画像レイヤーからコピーを一枚作って、一番上に配置します・・・
ちょうど、覆い焼きカラーにしたレイヤーがサンドイッチされて、見えなくなってる状態・・わかります?

メイキング10





それでは、先ほどと同じ作業! 一番上のレイヤーを選択して、
目の・・・眼球の部分だけを、ブラシ消しゴム(強さ15%くらい)でガリガリ削ります。
その部分だけ、異常に明るくなってるのがわかります(笑)

メイキング11





このままだと、目が明るすぎます・・・何かスペルが発動した時みたいになってます(笑)

というワケで、真ん中の覆い焼きカラーのレイヤーの不透明度を下げて効果を弱めます・・・
この時、画像を拡大したままやると全体が見えづらいです・・・
ちょっと拡大をさげて全体が見える状態で不透明度を調節するとミスりません^^

メイキング12





これで、魔理沙の目が、鮮やかな琥珀色になりました・・・
納得がいったら、画像を一つに統合して、これを次の工程で元画像レイヤーとして使います。

メイキング13






まだやんのか!?  と思いでしょうが、もうちょっとだけ続くんじゃ・・・
次は、アイラインの強調です。

要は、コントラストを上げればいいのですが、単にそれだけをいじっても、
画像全体のコントラストが上がってしまい、上げたくない部分までコントラストが強くなってしまう。
なので、さっきと同じ方法を使います・・・つまり、バカの一つ覚え(笑)

まず画像のコピーを作ります。

メイキング14





上のレイヤーのコントラストを限界まで上げてみました(笑)
すごく・・・コントラストです・・・

メイキング15





また、一番下の元レイヤーからコピーを作って、これを一番上に配置。
コントラスト上げたレイヤーは真ん中にサンドイッチ常態。

メイキング16




また一番上のレイヤーを選択して消しゴム・・・
今度は消しゴムのサイズを小さめにして(強さは15%くらい)
アイラインに沿ってガリガリ削っていきます・・・
まつ毛や、下まつ毛の部分が、強調されて、くっきりとアイラインが出てきました^^

メイキング17





これで完成ですが、最後に僕は、全体に、ソフトライトをかぶせてます^^
完成した画像の上に、コピーを一枚作って、レイヤーモードを 「ソフトライト」 にします。

不透明度が100%だと強すぎなので、いったん、0パーセントまで下げて、少しずつ上げて、
やや画像がしまってきたところで統合します
。 これは消しゴムで消す所は無いです。
ソフトライトは、上げると、画像にメリハリが出ますが、
やりすぎると、細部の表現がつぶれるので、ほどほどがいいでしょう^^

ちなみに、上記で説明した消しゴムの方法で、髪の毛だけソフトライトの効果を出せば、
銀髪や金髪なら、すごくキラキラした感じになるようです(笑)
逆に、黒髪は、暗くなるだけでした。

メイキング18






今回は、片目だけやってみました・・・ 対比するとわかりやすいですね?

メイキング19

これに、ハイライトが入ってれば、さらにいいのですが・・・
別に、それくらいなら描き足してもかまいませんが、
そもそも、撮影の段階で、ちゃんと目に光が入るように撮影すればOkなので^^;








というわワケで、こんな感じに、キラキラ画像が出来上がりました・・・

DSC_0637 (2)


DSC_0637かい


DSC_0637_20180509210013979.jpg


今回は、レイヤーを駆使して、色彩や明るさを部分的に調節する雑で簡単な方法ですが、
こんな感じでやってます(笑) 適当でええんじゃよ! 

ネットに投稿するだけなら、画像の幅は1400~1500ピクセル くらいで、
サイズは1MB前後くらいで十分な気もします。
大きいサイズは、バックアップとして、保存しておくといいですね^^
小縮してからだと戻りません^^;




他にも、いろいろレイヤーで遊べますが、長くなるのでここら辺で^^;

ためしに霊夢さんでもやってみました。


こちらが現像で出したばかりの画像(無編集) 
しっとりた感じです、個人的にこっちが好き。

DSC_9807_20180509210034261.jpg





顔や背景を鮮やかにしてみました・・・
華やかな感じになりましたね? これは個人の好みでOKでしょう^^

DSC_9807 (2)

別に、どちらが良いとか悪いとかは無いです・・・

撮影時にちゃんと撮れてないと、編集しても面白くないですね^^;
やはり、撮影の基本は大事なのかな~と(笑)




そんなワケで、フォトショで遊んでみました^^
そろそろ新しい編集ソフト使ってみたいですね~ 何かオススメあります?




リアルの女の子もドールも同じなのかもしれないですね~

リアルの女の子たちは、JC・JKの皆様ですと「自然体の方がいいじゃん」と感じるものですけど、
20代以降はご指摘器の通りあの「1mm程度の魔法の厚さ」によって世の男性の皆様は陥落させられたりだまされたりも
するものなのかもしれないですね~(汗・・)
そうした魔法を解除した状態の事を人は「すっぴん」と呼ぶのかもしれないですね。

そうした事は人間もドールの皆様も基本的には同じなのかもしれないという事を本記事では大変分かりやすく説明されていたと
思います。
というか、編集機能・レイヤー機能によって相当印象度も違って見えるものですし、
彩度・カラー明度等によって同じ素材でも編集によってかなり加工する事も可能なものなのですね!

そうしたある程度の魔法を施されて、あのいつもの霊夢さんたちがいるという事なのだと思いますし、そうした編集のご苦労を日々されている
kado様には敬意を表したいものです!
[ 2018/05/11 19:56 ] [ 編集 ]

Re: リアルの女の子もドールも同じなのかもしれないですね~

ぬくぬく先生、こんにちは^^

写真編集は奥が深いですね~ 
僕もまだまだ修行の身です^^;

意外にも、ドールイベント会場で霊夢さんに対して言われたのが、
「ネット(写真)で見たのより、実際に見た現物のが可愛いくてビックリしました」という一言(笑)

ドールは実際に見たときの可愛さが凄まじいので、
いくら写真でがんばって編集しても、
実物の感動をお伝えできないという奇妙な現象がおきます(笑)

僕の未熟な編集では、まだまだ実物の霊夢、魔理沙の可愛さを
半分も表現できていないので修行あるのみです~(汗
[ 2018/05/11 21:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1194-d410f329