FC2ブログ














【散策】 キノコの森の金と銀 【蘭】 2018

はい、ようやくコタツ撤去しました(笑)
さすがに・・・もう片付けないとダメかな~? 急に暖かくなったので、植物は元気ですが・・・

DSC_0311_20180503200903f64.jpg

関東では、ゴールデンウィークから咲き始めるラン科の植物があります。
今年は、植物に勢いがあります・・・ もう咲いてる気がしますので、見てきましょう^^

続きを見る・・・ ↓ ↓




はい、せっかくの連休なので、部屋の掃除をしてました・・・
コタツは撤去しましたが・・・ なぜか名残惜しい気分(笑)

逆に、ドール達は、そのまんまですね~

魔理沙なんか、下着のままやで? 次はサマーワンピ着せるか・・・

DSC_0290_2018050318402915f.jpg





こちらは、チャイナ~ズ(笑) これは、しばらくこのままでええやろ(´・ω・`)

DSC_0286_20180503184030aa7.jpg



チャイナ服は別腹! チャイナドレスは!






もうすぐボークス主催のイベント(ドルパ)ですね~
僕は資金難で、今年は行けません・・・ 行くなら、冬になりそうです^^;


GWは、東方イベントもありますね(例大祭)
やはり、資金難なのでパスです^^;

しかし、霊夢さんのエッチな抱き枕欲しいんよ・・・ 欲しいんよ・・・(´・ω・`)
というか、エロすぎで、会場では確実に停止食らうレベルなので、通販で買いましょう(笑)
↓ ↓ は、東方抱き枕を多く制作しておられるサイトさんですね(安心と信頼の)

【きつねのおやど】 様
http://きつねのおやど.com/%e3%82%a4%e3%83%99%e3%8・・・(略
※アダルト表現なので、リンク先に注意! 






玄関の鉢植え・・・ 今頃になって、黄色系のスミレが出始めた・・・
黄色系は暑さに弱かった気が・・・ どうしますかねぇ?

DSC_0292_20180503184028c91.jpg





もうクレマチスが咲いてます・・・ 今年は早いな~
やはり、急に寒く~急に暑く・・・といった気候なので、一斉に咲き始めた感じです・・

DSC_0421_20180503184602bf6.jpg






というワケで、庭の花壇を見に言ったら、ラン科のエビネが咲いてました^^

こちらは、園芸種として、ホームセンターなどで販売されてるものです。

ラン科は盗掘が多い品種ですね・・・
しかも、理由が、高値で売れるから・・・だそうで。
特に、オークションとかで、明らかに盗掘品と思われるのが売ってたりします・・・
そういうのは買わないようにしましょう^^;





エビネ  花言葉  『謙虚』
DSC_0276_20180503184032382.jpg
ラン科エビネ属の多年草。 環境省のレッドリスト準絶滅危惧(NT)
かつて、エビネがブームになった時、この花が日本中から姿を消した
現在も、ランの仲間は盗掘や乱獲によって、数を減らしている。
植物ウイルス感染しやすいという弱点があり、エビネのブームも終焉が見え始めた。
幸いなことにエビネは無菌播種による人工増殖技術が確立されており、
ウイルス感染個体でも種子を播くと病徴の無い実生を得ることができる。
花言葉の『謙虚』 とは、まったく逆の、人間のエゴによって数を減らした皮肉な現状がある。







日光市の公園です^^

ここに来るのは久しぶり~


DSC_0300_20180503184027116.jpg





あった!

やはり咲いてましたね~ ギンランですね^^

心なしか・・・ 今年は多く咲いてるような気がします。

DSC_0301.jpg





DSC_0339B








ギンラン(銀蘭)   花言葉  『おとなしい貴婦人』
DSC_0357_201805031842149bb.jpg
ラン科キンラン属の地生の多年草
キノコ・・・つまり地中の菌糸に寄生し、栄養をもらって共生している植物
野生のギンランを持ち帰って育てるのは、ほぼ不可能なので、そっとしておこう
キンランと比べて、かなり小柄。 そのためか、花言葉は『おとなしい貴婦人』など。
似た種に、同属のササバギンランがある。








去年のギンランはこち↓ ↓
http://kado777.blog84.fc2.com/blog-entry-916.html

DSC_0285aa_2018050320004237b.jpg






ギンランがあるという事は・・・ やはり キンランもありましたね^^


DSC_0304_20180503184120cfd.jpg





点々と咲いてます・・・ まだ咲き始め?

DSC_0319.jpg









キンラン(金蘭)  花言葉  『華やかな美人』  『眠れる才能』
DSC_0311かい
ラン科キンラン属の多年草。
初夏に、黄色い花をつけるのでキンランという名前。
やはりキンランも菌根に栄養を依存しており、野生のキンランを育てるのは至難。
キンラン及びギンランが、養分を依存している菌は、腐生菌ではなく、
樹木の根に外菌根を形成するイボタケ科、ベニタケ科(担子菌門)などの菌種。
生きた木々と、それと共生するキノコ(菌糸)と、それに依存するキンランという、
極めて大掛かりな生体系を作らないと、育てるのは難しい。
つまり、自宅で野生種を育てるのは不可能
自生地からキンランのみを掘って移植しても5年程度で枯死してしまう。
そういった事実を隠して盗掘販売する業者もいるので、買わないようにしよう。
1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に
絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)として掲載された。








何だ・・・ これは!?


白い・・・ ギンラン?


DSC_0385.jpg







ギンラン(アルビノ個体)  花言葉  『おとなしい貴婦人』
DSC_0384.jpg
全てが白いラン科の植物。 アルビノ個体。
白花変種(はくかへんしゅ)という、花だけが白くなるものとは違い、
全体の光合成組織が白化した個体をさす。 わりと珍しい個体。
ラン科の植物では、寄生した個体に栄養を依存する傾向があるが、
これらの個体は、栄養をほぼ地中の菌糸から得ているため、
光合成するための色素が必要なく生存が可能。
キンランでもアルビノ個体は確認されている。
自分では働かず、他人に食わせてもらっている例。
・・・つまりヒモ。







湿地エリアでも花が咲き始めてます・・・

DSC_0359_201805031842136ed.jpg







リュウキンカ   花言葉  『富』  『贅沢』
DSC_0361_20180503184211f53.jpg






こんなのもあります(笑)




カワヂシャ/オオカワヂシャ  花言葉  『内向的でおとなしい』  『むこうみずな性格』
DSC_0365.jpg
カワヂシャ(川萵苣)は、オオバコ科クワガタソウ属。一年生から多年性の草本。
河原や水田、河川や湖沼の岸辺などに生育し、根茎を伸ばして繁殖する。
まず、カワヂシャが本家の在来種であり、オオカワヂシャが外来種となる。
そして、この二つが自然交配してできたハイブリット種がホナガカワヂシャとなる。
現在、外来種のオオカワジシャが増えて、カワヂシャの数が減り、交配種の
ホナガカワヂシャを見かけるようになった。 画像のはオオカワヂシャ。
そのため、オオカワヂシャが駆除対象になる事がある。
カワジシャは、オオカワヂシャの繁殖に押され気味なので『内向的でおとなしい』
外来種のオオカワヂシャはどんどん増えているので『むこうみずな性格』という花言葉になった。 
両方のハーフであるホナガカワヂシャは、中間的な特徴をもっている。
見分け方は、鋸葉のキザギザが目立たないのがオオカワヂシャ。
ギザギザが荒いのがワヂシャ。 ホナガカワヂシャはその間ぐらい。










こちらも水辺に多い植物ですね~
これは、けっこう有名な花ですね?




ワスレナグサ(勿忘草)  花言葉  『私を忘れないで』
DSC_0307_20180503184118efe.jpg
ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。
数々の物語や歌に使われてきた水辺の草花。
ドイツ名は『vergissmeinnicht(私を忘れないで)』 なので、花言葉がそのまま名前になっている。
英名も、forget-me-notで、そのまま、勿忘草という意味になっている。

【ドナウ川の伝説】
その昔、若い騎士ルドルフが恋人ベルタとドナウ川河畔を散策していると、
岸辺に咲く美しいこの花を見つけます。
ルドルフはベルタのためにその花を摘もうと岸を降りましたが、
誤って川の流れに飲まれてしまいます。
彼は最後の力を尽くして花を岸に投げ、ベルタに「私を忘れないで」
という言葉を残して死んでしまう。
残されたベルタは、亡き人の思い出に生涯この花を身につけ、
その花は「忘れな草」と呼ばれるようになった。
http://rennai-meigen.com/wasurenagusahanakotoba/







シランです。
これもランの仲間ですね~ いつから植わってるのか僕は知りませんが^^;


シラン(紫蘭)   花言葉  『あなたを忘れない』  
DSC_0422.jpg






アマドコロが咲いてます^^

別名はナルコラン(鳴子蘭)


アマドコロ   花言葉  『元気を出して』   『心の痛みの分かる人』
DSC_0435_20180503230922add.jpg






トラノオの仲間が咲いてますね~ 今年は早いかも・・・

DSC_0369.jpg






キランソウですね~ 前回も紹介した草。
別名:地獄の釜の蓋(笑) 
薬草なので、別名、医者要らずとか、医者殺しとか、
変な名前もつけられている。 医者殺しはさすがに草。
http://kado777.blog84.fc2.com/blog-entry-1185.html

DSC_0377.jpg







こちらはキランソウの仲間ですね・・・
地面にへばりつくキランソウと違って、立てに伸びます。

DSC_0388_2018050318441487d.jpg






セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)  花言葉  『心休まる家庭』
DSC_0387_201805031842538f2.jpg
シソ科、キランソウ属。 アジュガという名前で広く知られる。
園芸種が野生化したものが多く見られる。
花言葉「心休まる家庭」は、親株がランナーを伸ばして子株をつけ、
親子一緒に花を咲かせていく姿が、人間の家族が団欒している様子に見えるから。
ジュウニヒトエは花穂に花が重なり合う様子を
平安時代の女官の衣装の十二単のたとえからきている。








光合成しない植物といえば・・・・これ!
やっぱり出ていましたね~ ギンリョウソウ

こいつも、地中の菌糸から栄養をもらっているので、白っぽいんですね~
ここはキノコが多いので、ギンリョウソウも出ます。



ギンリョウソウ   花言葉  『そっと見守る』
DSC_0302_20180503184121b7c.jpg





こちらは別の場所で見つけたギンラン ・・・なんか普通のギンランより大きくね?



ササバギンラン(笹葉銀蘭)   花言葉  『そっと見守ってください』
DSC_0399.jpg
ラン科 キンラン属
通常のギンランより大きいのですぐわかる。
どちらかと言うと、キンランの花を白くした感じ。
日本の山岳地帯や自然公園などで見かける。
葉が笹に似ているので笹葉銀蘭







草花ばかりじゃなく、キノコは出てないか散策・・・

そろそろハルシメジとか出てるはずなんですが・・・ 近くの梅林に来てみた。



うわぁ・・・ 

雑草が・・・ 伸びすぎやん(困惑)

DSC_0407.jpg






咲いてる黄色い花は・・・ ジバシリかな? 大きいのでオオジバシリですね?





オオジバシリ(大地縛り)  花言葉  『人知れぬ努力』  『忍耐』
DSC_0408.jpg
キク科 ニガナ属。 別名:イワニガナ(岩苦菜)
日本全国に生育する多年生の草本。水田の畦などに群生。 
地面を這うように茎を伸ばし、花を咲かせるので、地縛りという。
オオジバシリはやや湿った土壌を好み、通常のジバシリは乾燥に強い。
可憐な花だが、生命力が強く、繁殖力旺盛なため、農家では強害雑草あつかい









ありました! ウメハルシメジです・・・・ 乾燥してる!!?

DSC_0415.jpg


DSC_0410_2018050318440809c.jpg


やはり、急に暑くなったりしたのが原因ですかね?

→雨が降る 

→キノコ『お?そろそろ出るか!』 

→急に暑くなる。 

→キノコ『こんなに暑いなんて聞いてねーぞ!』

→ミイラ化。

・・・・こんな感じですかね? 今年は。





ウメハルシメジ
DSC_0418_201805031846037d9.jpg
漢字で書くと 『梅春占地』 イッポンシメジ科。
晩春梅林などに発生。 桜の木に出る種類もある。
一般に食べられるとされているが、中毒例もあるので、
十分に加熱してから食べることを推奨。 美味な食菌。
やや小麦粉っぽい香りがする。 
イッポンシメジ科は毒菌も多いので注意すべきだが、
ハルシメジは発生場所や時期も決まっているので、
まず他のキノコと発生が重なる事は稀。








林内では、よくわからない、干からびたキノコが出てました^^;


腐ってる?  ナラタケモドキかな?

DSC_0448.jpg






こちらも干からびてますね~

時期的に、ウラベニガサかしら?

DSC_0458_20180503184628019.jpg

DSC_0459.jpg







去年は、こんな感じで出ていたウラベニガサ・・・ 
ちょうどボークスのドールイベントが終わった頃に出ていた記憶が・・・今年はどうかな?

ウラベニガサ(2017)
DSC_0602_201805032208126c1.jpg

DSC_0558_20180503221141847.jpg

DSC_0582_20180503221140483.jpg







はい、そんなワケで、初夏の散策でした^^
もうすぐゴールデン連休も終わりですね~ ああ~仕事行きたくね('A`)

そろそろ虫も出てきましたね・・・ ヤブ蚊がすごい。
虫除けスプレー買わなきゃ!

それでは皆さん、良い連休をお過ごしください^^


DSC_0316_20180503184115113.jpg








Forget me not (勿忘草) ~尾崎豊





霊夢さんは金蘭のイメージなのかもですね~!

それにしても既に初夏のような暑さで、仕事で車で移動中に窓を全開にしていると気が付いたら腕が蚊に刺されまくっていて
「5月なのにもうこんなに蚊が・・」と思いましたし、今からこれでは7~8月の酷暑が今から戦々恐々ですね。
酷暑の際のミータンって外に出てないで室内で涼んでいるのかな・・??

幻想郷には、エビネという謙虚さの花言葉が似合う人とか銀蘭のおとなしい貴婦人という花言葉が似合いそうな人って
あんまりいないのかもしれないですね~(汗)
そうした中、金蘭の花言葉である華やかな美人・眠れる才能という言葉がお似合いなのはやはり霊夢さんなのかもしれないですね~!

霊夢さんはああやって普通の紅白巫女衣裳が一番合っているのかもしれないですけど、エロっぽいチャイナもJKさん的制服もお似合いだから
着せ替え人形的意味合いでは最高のドールと言えそうですね。

急に暑くなったり雨が降ったりしていますので、今年は早くも山のキノコたちが絶好調のようで、これは夏から秋にかけてが
いまから楽しみですね!
[ 2018/05/04 00:57 ] [ 編集 ]

Re: 霊夢さんは金蘭のイメージなのかもですね~!

ぬくぬく先生、こんにちは^^

蚊がいるんですよね~(笑)家でも刺されましたし・・・
公園では、管理者がスズメバチに注意してくれと言ってました・・・
今年は出会いたくないですね^^;

東方キャラはみんな自分勝手な人が多いので(笑)
霊夢さんは見た目だけは「おとなしい貴婦人」ですが、中身は逆っぽいです(笑)
今年の雨でキノコがたくさん出てくれる事に期待^^
[ 2018/05/04 15:13 ] [ 編集 ]

コタツ撤去許可

Kadoさんこんばんはー
ミータン環境大臣の許可が下りたんですね

イキナリ熱くなって ホンッと 体がついて行きません  
しかし 新緑の季節は 見ていて楽しいです
[ 2018/05/04 22:33 ] [ 編集 ]

Re: コタツ撤去許可

かつー さん、こんにちは^^

ミータンの反対を押し切ってコタツ撤去しました(笑)
まあ、暑い日は廊下で伸びきって変な生物みたくなってるミータン君・・・暑いから?

新緑は気持ちがいいですよ~ 散歩が楽しいです^^
しかし蚊が多い・・・ 
今年は虫も元気ですね~ 僕は刺されまくってかうゆま常態です^^;
[ 2018/05/05 09:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1189-b1cd7dba