FC2ブログ














【散策】 スミレとスミレ 【交配種】

はい、もすぐに散ってしまいましたね~
今年は寒暖の差が大きいのかしら? 天気には注意しましょう・・・栃木は雷が多いのよ^^;

※画像クリックで拡大
DSC_9438.jpg

今年の春は、雨が多く降ったので、キノコや山野草には期待していいのかしら?
今回は、いつもと違う場所を散歩してきました^^

続きを見る・・・ ↓ ↓




どうも・・・

定期的にチャイナドレスを着せたくなります・・・
実は、もう一着注文したんですが・・・届くのいつになるのやら^^;

やっぱチャイナはいいね~ 体のラインが綺麗です^^

DSC_9407_201804082124517ba.jpg





ゲゲゲの鬼太郎(6期)が話題になってますね~
普段は、アニメはあまり見ないのですが、鬼太郎は見るんです。

鬼太郎は、不思議なアニメです・・・ ちょうど時代の節目に新シリーズが始まります
過去を振り返ると、いろいろあったんですね~ というか、声優人が豪華すぎますね・・・
ほぼ、ドラゴンボールとワンピースの声優陣になってます(笑)

今回は、ネコ娘が、大人っぽいと話題になってました・・・ ハイヒールがカッコ可愛い!

3d9d481b.jpg


鬼太郎がショタになってしもうた(´;ω:`) これもう、おねショタアニメやん! 
今回はツンデレのネコ娘(すぐデレる)と、絶対にデレなさそうな鬼太郎ですね~
鬼太郎は、このままブレないで行ってほしいです^^;

ねこねこ04


6期は、5期のネコ娘の人気を越えられるかな? (個人的に5期が好き)

83b4e3ba.jpg



ちなみに、6期のネコ娘ならドール(DD化)できそうですね^^
自分で作るのもいいかも? もしくは、公式で出してくれませんかね、水木先生!?

ネコ娘の服装を、赤いワンピースとか言ってる人いますけど、違うから・・・
あれは、オーバオールスカートだから・・・・しかもミニスカだとエロいから・・

基本的に、うちのルリ店長みたいな服装の事です・・・だれか赤いの作ってプリーズ?

DSC_6427_20180408234436544.jpg







はい・・・というワケで、新しい場所を散策してみます。

ここは、栃木県にある、大谷石のメッカである 大谷町 です。
ここには地下遺跡があり、観光地になってます・・
以前、霊夢さんと、ドール撮影しましたよね? 2013年ごろかな?

DSC_2324_20180408235921918.jpg

DSC_2356aa_20180408235920d63.jpg


ここは、大谷石の採掘がされていた歴史があり、
大谷寺では、日本最古の石仏 「大谷観音」 と、高さ27メートルの 「平和観音」 があります。
http://www.ooyaji.jp/



今回は、町を歩いてみましょう・・・
こういった、特殊な地形ならば、面白い山野草が見つかるかもしれません^^


DSC_9490.jpg


DSC_9455_20180408212543713.jpg

町全体がこんな感じです(笑) 断崖絶壁が続きます・・・

今回は、あそこの頂上まで行ってみます・・・ もちろん、柵やロープなど無い。
自己責任です・・・ 一応、安全なルートは調べました。

場所は秘密です・・・ なぜ秘密かというと、珍しいのがあったからですね(笑)
教えると、盗掘や乱獲にあいます・・ 
すでに茨城の筑波山や、東京の高尾山、群馬の鳴神山は、盗掘で穴だらけになってます。





第一スミレ発見!

普通のタチツボスミレでは無さそうですね~
よく見ると、葉っぱに、赤い斑が入ってますね・・・アカフかな?


アカフタチツボスミレ
DSC_9294_20180408212039525.jpg







モモの花が満開でした^^ 散るのも早そう・・




桃花   花言葉  『天下無敵』
DSC_9282_20180408212040650.jpg





白っぽいタンポポも出てます・・・ キビシロかな?
わりと白系は珍しいですが、毎年、似たような場所に出るので、
覚えておけば、探しやすいです・・・ 探せばある! 探せば(笑)


シロバナタンポポ/キビシロタンポポ  花言葉  『私を探して、そして見つめて』
DSC_9254.jpg






ムラサキケマンも咲き始めました^^



ムラサキケマン  花言葉  『助力』  『あなたの助けになる』
DSC_9240.jpg






桜も終わりか~早かったね^^;

DSC_9235.jpg


DSC_9412.jpg







しだれ桜と、桃花は、しぶとく残ってました^^ 


DSC_9438.jpg






散った桜にまぎれて、何か咲いてますね・・・ スミレだ!

DSC_9460.jpg








フイリゲンジスミレ  花言葉  『貞節』  『小さな幸せ』
DSC_9459.jpg
葉に、非常にはっきりとした斑をもつスミレ
大陸の方から渡ってきた外来種であり、強健。 斑入りの方が母種とされ、
日本で見られる、普通のゲンジスミレは、ほとんど斑が見られない変種。
中国~朝鮮半島原産で、園芸種としても人気。
野生化したものが、街角で発見される事もしばしば。
葉の特徴から、シクラメンの葉に似ているので、海外では、そのまま
シクラメンリーフバイオレットという呼び名で通ってしまう。







ヤブレガサが出ていました・・・ そろそろ食べごろでは?
中国では「兎児傘」といって、ウサギがさす傘という意味らしい^^


ヤブレガサ  花言葉  『初恋』  『破れる』
DSC_9381.jpg






エイザンスミレもたくさん咲いてます^^

DSC_9297_2018040821215311b.jpg






フイリフモトスミレもありました^^




フモトスミレ/フイリフモトスミレ   花言葉  『小さな恋』
DSC_9341_201804082122452a3.jpg
小型のスミレ。 山の水はけのいい斜面や、マツ林などに多い。
他のスミレと相性が良いらしく、交配しやすい相手がいくつかある。
エイザンスミレや、シハイスミレ、マキノスミレといった
華やかなお姉さま方たちと、
自然交配して、珍しいハブリット種を作る事がある

例えば、シハイスミレと交配すると、フモトシハイスミレという品種になる。
お姉さま方にモテモテ、スミレ界のショタっ子










マキノスミレがありました・・・ ここはスミレが多いです(笑)





マキノスミレ  花言葉  『初恋』
DSC_9334.jpg
『雑草という名の植物は無い』 という名言で有名な
植物学者 牧野博士の名を冠するスミレ。
シハイスミレとは変種といった関係。 姉妹と言ったほうがよさそうだ。
マキノスミレは、葉が槍のように細長くなる傾向にある。
しばしば、花より葉が高く上がることも。









フモトスミレの葉の中央にだけ斑が入ってますね~
こういうのを、コンピラ形と言うらしいです・・・ シハイスミレによくあるそうです。

DSC_9342_201804082122440ea.jpg





またフモトスミレ・・・
紅色の強い固体が多いです・・・ これは、変種があるかも?

DSC_9315.jpg


DSC_9318.jpg






何だお前は!?

DSC_9321.jpg





一見、フモトスミレに見えますが、大きさが違います・・・
小型のフモトに比べて、3倍くらい大きいですね(笑)

葉は、太くて長い・・・ 裏面は、紫色を帯びやすいようです。

DSC_9325.jpg






こちらが、後日、花が咲いたもの・・・ まだ開ききってませんが^^;
やや、フモトスミレに似てますね~ 花弁に毛があります。 そして、紅色が強い固体。
これは、交配種の可能性が出てきました・・・ となると、片親は誰だろう?

DSC_9465.jpg







ミドリミツモリスミレ  花言葉  『小さな幸せ』
DSC_9472.jpg
長野県の三ツ森山で発見されたので、この名前がついた。
フモトスミレと、マキノスミレの自然交配によってできたハイブリットスミレ。
主に、フモトスミレと、マキノスミレが混在する場所に、突発的に発生する
花や、葉の形は、両親から引き継いだ特長をしており、不思議な魅力がある。
株も大きめで、葉も立派なものが多い。 
自然交配種は希少なので、盗掘に遭いやすい。
葉に斑があるものがミツモリスミレで、
後に発見された、斑の無いものがミドリミツモリスミレと言う。








他にも、変な咲き方してるフモトとか、トウカイスミレなみに小さいフモトとか(笑)
とにかく、フモトだらけのエリアでした^^

DSC_9476.jpg


DSC_9473_201804082127099a3.jpg


DSC_9477_20180408212706971.jpg


DSC_9484.jpg









こんなのもありました(笑)
ちょっと虫食いが激しいですが・・・ アメリカスミレサイシンの仲間ですね?




プリケアナ   花言葉  『小さな愛』
DSC_9509_201804082128023b3.jpg
アメリカスミレサイシンの変種。 花の中心部に行くにつれて色が濃くなる。
非常に強健で、植えるときは注意しないと、適応した時の繁殖力が凄い。
品種名のpriceは、イギリスの植物学者の名前。








帰りに、道路わきで見かけました^^

ああ・・・ もう出ているのか(笑)

子供の頃は、よく、貧乏花とか、

クビチョンパとか・・・そんな名前でよんでました^^;

ハルジオンヒメジョオンですね~ 

DSC_9492.jpg




中が空洞になってるのがハルジオンで、中身がつまってるのがヒメジョオン
僕は、花がピンクだったらハルジオンって覚えてますけどね^^

空洞・・・ハルジオン?

DSC_9500_20180408212805509.jpg









ハルジオンヒメジョオン   花言葉  『追想の愛』『素朴で清楚』
DSC_9495_201804090217302c0.jpg
我が国では、庶民に親しまれた雑草花。
春にやや早く咲きだすのがハルジオン(春紫菀)で、
花は、ややピンク色である事が多く、花びらは細くて雑。
茎の中身は空洞になっている。 貧乏花という不名誉なあだ名がある。
ヒメジョオン(姫女菀)は、ハルジオンより遅く咲き出す。
白くてしっかりした花をつける。 茎の中身は空洞では無い。
人気同人ゲーム、東方projectで発売された 『東方憑依華』 で登場した、
新キャラの貧乏神疫病神姉妹の名前に使われている。
ちなみに先に咲くのがハルジオンだから姉なのか?
実は、ハルジオンとヒメジョオンは、非常に優秀な食用になり、かなり美味しい。
先端の柔らかい部分が食用になり、天ぷらや、おひたし、佃煮などになる。
道路わきや田んぼに生えているのは汚染や農薬が怖いので、山などで摘むのがベスト。
似たものに、ヘラバヒメジョオンがあるが、葉の形で安易に判別できる。














ネコ娘

こんな事書くと実年齢がバレバレになってしまいますけど(汗)
昭和の頃の初期の頃の白黒テレビ時代の鬼太郎に登場するネコ娘は今現在のようなメインキャラではなくてあくまでその他大勢みたいな
感じてもあったしあんなにかわいくなかっただけに、
あの第6期のネコ娘は私も大変なインパクトを感じたものですし、ネコ娘は今や美少女キャラにいつの間にかなっていましたね~!

平成初期の頃のネコ娘はお燐ちゃんみたいな雰囲気もありそれはそれでよかったと思いますけど、今現在のネコ娘を見てしまうと
昔のネコ娘みても何とも感じないものもありそうですね・・(笑)

ネコ娘もかわいいけど、相変わらずkado様の霊夢さんはとてつもなくお美しいです!

チャイナもすてきですし、なによりもしだれ桜・桃花を背景にした霊夢さんは美しすぎますね!

そして既にスミレを楽しめる季節にもなっていましたね~!
[ 2018/04/16 17:20 ] [ 編集 ]

Re: ネコ娘

ぬくぬく先生、こんばんは^^

今回のネコ娘はかなり好きですね~

5期もかなり可愛かったですが、今回はお姐さんキャラですね^^
しかもツンデレ(笑) 制作スタッフのこだわりを感じます・・
週末の楽しみが一つ増えた感じです^^
[ 2018/04/16 22:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1180-22750f8d