プーチン 「米国が原爆投下を繰り返さない保証はどこにある?」

プーチン 「米国が原爆投下を繰り返さない保証はどこにある?」
4650485.jpg

日本に原爆を投下したのは、やりすぎであり、間違っていたという
プーチンの主張は正しいです。 原爆投下は、無差別テロであり、ルール違反。
米国が次に、核を投下したいと思っている国はどこだろうか?

(´・ω・`)ところでプーさん、巨大魚雷カニヨンが強すぎませんかね・・・
皇帝ツァーリ・ボンバの2倍の威力とか・・・マジ恐ロシア。

続きを読む・・・・ ↓ ↓




プーチン大統領 米国が原爆投下を繰り返さない保証はどこにある?

プーチン大統領はドキュメンタリー映画『世界秩序2018』の中で、ロシア人記者からの核のボタンの使用に関する質問について、ロシアに対してこうした問いを投げかけるのは正しくなく、ロシアは一度も核兵器を使用したことがないと付け加えた。

「核のボタンだが、これについて質問すること自体、あまり正確なものではないと思う。それでもなお言えば、これはまず、我々の始めたものではない。原子力爆弾、核爆弾というものが最初に現れたのはロシアではなく、米国だ。これが第1点。第2に我々は原爆を使用したことは一度もないが、米国は日本に対してこれを使っているという点だ。

プーチン大統領は、日本の多くの教科書がこの事実について口をつぐんでいると指摘している

「(日本の教科書には)連合国が使用したと書かれているが、連合国とは何か? 
ソ連は米国の連合国であったが、このこと(原爆投下)については我々には一切知らされていなかった。
またその(原爆投下)必要性も多くの専門家が指摘するように全くなかったのだ。」

プーチン大統領は、「米国はこれを行った。それが繰り返されないという保証はどこにあるのか?」と強調している。


https://jp.sputniknews.com/russia/201803074650535/





ロシアが誇る「無敵」核兵器をアメリカは撃ち落とせない

※大統領選挙運動中、トランプはロシアとの友好のことを云っていた。
ところが反対勢力はそのことでありもしないウソをでっち上げて
トランプを引き摺り下ろす試みを今でも続けていますが、
このロシア兵器の現実の前には、
「核戦争をやってアメリカは勝てる」などという
迷信・妄信はもう続けられなくなるでしょう。




ニューズウィーク日本版

ロシアが誇る「無敵」核兵器をアメリカは撃ち落とせない

How The U.S. Could Shoot Down a Russian Nuclear Missile (It Can’t)
2018年3月7日(水)17時50分 トム・オコナー

<プーチンが大統領選直前の演説で披歴したロシアが開発中の最新核兵器の数々。アメリカの防衛システムを回避できるというプーチンの言葉は嘘ではない

3月18日実施予定のロシア大統領選で再選が確実視されているウラジーミル・プーチン大統領。その選挙を目前に控えた1日に行った年次教書演説で、核弾頭を搭載可能な一連の新兵器を披露した。世界最先端のミサイル防衛システムでも阻止できないと豪語した。

プーチンの言葉は嘘ではない。ロシアは現在、核弾頭を搭載し、アメリカの防衛システムを突破する能力を持つミサイルを複数開発している。

具体的には、西側諸国の北大西洋条約機構(NATO)から「SS-X-30サタン2」と呼ばれる新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RS-28サルマト」。さらに、原子力エンジンを搭載した巡航ミサイルや、大陸間の海中を進む戦略核魚雷「カニヨン」、さらに、超音速ミサイル「キンジャール」などだ。

プーチンは、ロシア政府はこうした「迎撃システムを回避する」兵器の開発計画を14年近く前から明らかにしていたと述べ、兵器を開発する大義名分について語った。

「ロシアはなぜこうした兵器を開発するのか? そしてなぜ公にするのか? ご覧の通り、ロシアは兵器開発計画を全く隠すことはなく、オープンに語っている。これは第一に、パートナーに対して対話の機会を持つよう促すためだ。もう一度繰り替えそう。ロシアは2004年から明らかにしている。経済や金融、そして防衛産業がさまざまな問題を抱えているにもかかわらず、ロシアが核大国の座を維持しているのは実に驚くべきことだ」。プーチンは演説で、議員たちを前にこう語った。

「しかし、誰も問題の核心について、ロシアと話をしようとせず、ロシアの声に耳を傾けなかった。今ならこちらの話を聞くはずだ」と、プーチンは続けた。

Putin: New hypersonic Sarmat ICBM capable of overcoming missile defense systems
https://youtu.be/fym8DAPbUOI
(プーチンが言及した新型核兵器について報じるロシア・トゥデイのニュース動画)

開発が遅れているICBM「RS-28サルマト」は、750キロトンの破壊力を持つ核弾頭を10または15基搭載可能とされている。これは、老朽化が進むRS-36M(冷戦のさなかの70年代には、NATOにより「SS-18サタン」と呼ばれていた)の代替兵器と位置づけられている。

RS-28サルマトは、北極上空を通るルートに限定される従来型のICBMと違い、南極経由のルートを取ることもできる。米外交専門誌ナショナル・インタレストによれば、このICBMを迎え撃つアメリカの弾道弾迎撃ミサイルはわずか30基しか配備されていない。さらに、完璧に条件を整えた実験でも、ミサイルを迎撃できる可能性は50%しかない。

プーチンはRS-28サルマトについて、「射程距離には事実上制約がない」と語り、「世界最先端のミサイル防衛システムにも捕捉されない」とその性能を強調した。

1日にプーチンが言及した新兵器の中でも、原子力エンジンの巡航ミサイルは特に注目に値する。というのも、これまで開発されたことがない、全く新しいタイプの兵器だからだ。これに最も近い兵器としては、アメリカが20世紀半ばに計画したものの頓挫した、超音速低高度ミサイルが挙げられる。これは原子力エンジンによって最高速度がマッハ3に達する巨大なミサイルを開発するプロジェクトだった。

しかしポピュラー・サイエンスによれば、こうした兵器は実験を行うことさえ非常に危険なため、計画は放棄されたという。アメリカのミサイル防衛システムは、高高度からのICBMによる攻撃を想定して設計されているため、ロシアの新しい巡航ミサイルは、防衛網をかいくぐる可能性がある。

プーチンは、「これは、核弾頭を搭載して低空飛行するステルス・ミサイルだ。実質的に射程距離に制約はなく、その軌道は予想不能で、迎撃システムを回避する能力を持つ。既存の、そして今後登場するであろうすべてのミサイル防衛システムや対空防衛システムに対して無敵だ」

超音速ミサイルのキンジャールも、アメリカにとって恐るべき脅威になるだろう。プーチンによると、高速爆撃機に搭載されるこのミサイルは、音速の10倍のスピードで飛行し、飛行中の爆撃機からも発射が可能だという。これにより、既存のものだけなく将来的に登場するあらゆるミサイル防衛システムを回避し、核兵器あるいは通常兵器によって約2000キロ圏内にある標的を破壊することが可能だという。

また、巨大核魚雷カニヨンは、18年2月に米国防総省が概要を明らかにした核戦略見直し(NPR)において、「世界を破滅させる兵器」と名指しされていた。2015年にこの資料が誤って公開された際のBBCニュースの報道によると、この兵器は100メガトン級の核爆弾を搭載可能で、水中では最深1000mの軌道を経由し、射程距離は1万kmに達するという。

カニヨンの100メガトンという威力は、
これまで実際に製造された中で最も強力な核兵器である
「ツァーリ・ボンバ」(「爆弾の皇帝」の意)の2倍に相当する。


旧ソ連が開発し、1961年に大気圏内実験を行った
水爆「ツァーリ・ボンバ」は、約50メガトンの威力があった。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9680.php




【動画】 原爆投下の映像を見て、
大笑いで拍手するオバマ大統領と、十字をきって祈りを捧げるプーチン
この2つの国の大統領の違いが、そのまま、お国柄に表れていますね?




[ 2018/03/15 20:46 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1168-9557c69f