FC2ブログ














【散策】 春の足音、かなり近い。

最近、ようやく暖かいと感じられる陽気にはなってきました。
朝は、まだ地面が凍るくらいには寒いですが、日中はそうでもないですね?

※画像クリックで拡大
DSC_8063.jpg

今回は、渡良瀬遊水地の菜の花の状況を見てきました^^
遊水地は、本当に広いです・・・絶滅危惧種の植物も多く存在しています。

続きを見る・・・ ↓ ↓



関係ない話ですが・・・・ 炊飯器が壊れそうだぁ('A`)
何か、蓋の隙間から、お米が飛び出してくるんですよ、
こんなの絶対おかしいよ!(VC:悠木碧)

等身大ドールでも買って、皆を驚かせようとか
マクロレンズ欲しいとか言ってる場合じゃないですね~
ご飯食えないと困りますので。 やはり、長く使いたいので、
なるべく高価なものを選んだほうがいいんですかね?
花柄の炊飯器とか売ってないかしらね(笑) 売ってない?
うちは、貧乏なんで・・・・ 賃金上げる気の無い政府は、貧乏神以下ですよ。








はい、今回のお留守番組です(笑)
そろそろ魔理沙も冬服を解除しなくては・・・ まだ寒いからいい?

DSC_7951.jpg

DSC_8018_201803041121592b3.jpg







やっと、フキが出てきました。 去年より10日遅れかな?



フキ  花言葉  『公平』  『私を正しく認めてください』  『正義がなされるでしょう』
DSC_8169.jpg





ツクシも出てきました・・・

ツクシ  花言葉  『向上心』
DSC_7968_20180303225716219.jpg






自宅の山野草の苗ですが、アブラムシが湧いてました・・・ この寒いのに・・・
そろそろ花壇に移植したいんですが、まだ早いかな~? 寒の戻りがありますからね~
3月に大雪が降った事もあるし・・・ せめて15日あたりまで待つか・・・



ヒゴスミレと、ナンザンスミレが発芽
DSC_7964.jpg




よほど居心地が悪いのか、すでに閉鎖花を出して、逃げる気まんまんのヒナスミレさん
DSC_7961_20180303225719b0a.jpg




チャームから取り寄せた、タチツボスミレ・・・・ すでに花をつけています。
DSC_7962_201803032257183f7.jpg








というワケで、渡良瀬遊水地付近にある、菜の花ロードにやってきました

DSC_8039.jpg




ここは、過去に何度か来てますね・・・ 広いです。


渡良瀬遊水地
watarase11aa_201803032256351e9.jpg
渡良瀬遊水地は、栃木県の南端に位置し、
栃木群馬埼玉茨城の4県にまたがる面積33km²、
総貯水容量2億m³の我が国最大の遊水地である。

https://watarase.or.jp/about/






遊水地は、夏はあんまり来たくないんですよね~
なぜかというと、ハチが多いので^^;

冬場は、野鳥撮影などで人気の場所です。
最近、問題になっているのが、野鳥カメラマンのマナーの悪さ。
特に、中高年に多いのだとか? 

良い写真を撮りたくて、ついつい、エゴが強くなってしまいます。
僕も、気をつけないとアカンね^^;


さっそくカメラマンの集団が(笑)
最近、フクロウ? コミミズクが出るので、それが狙いかしら?
高そうなレンズ・・・ 間違っても、僕を撮らないでね? いやマジで。

DSC_8118.jpg








咲き具合は、三分咲きといった所でしょうか?
まだまだ、これからですね~

DSC_8042.jpg



DSC_8044.jpg







DSC_8115_20180303225954111.jpg







DSC_8072.jpg






風が強いです・・・ あいにく、午後から曇りでした。

DSC_8063.jpg






あと、2週間もすれば、このようになります。 

2015032123192016b_20180303225614e10.jpg

201712311941368f4_20180303225616ac3.jpg

DSC_0409_2016032022000435a_20180303225614778.jpg

2235552014_20180303225617a20.jpg






もし、渡良瀬遊水地で、菜の花撮影するなら、注意する事があります。

それは、これ!  鋭い、ヨシの根元が残っています。

DSC_8066_201803032258001da.jpg


至る所にあって、かなり硬いです。 まるで、針の山を歩いているようです。

サンダルや、スニーカーなら、簡単につき破って、大怪我をします。

もし、転んだら、惨事ですね~ 

よく見ると、地元の人は、あんまり菜の花の中まで入らないのがわかります。

ここを歩くなら、底の硬い、マウンテンシューズや、安全靴などをはいてね?

安全第一!






さて、せっかく来たので、遊水地内の散策でもしようかしら?

ここは、珍しい、希少植物が多く保護されています。

まだ寒いので、あんまり山野草は無いと思いますが・・


DSC_8137.jpg





最近、イノシシが出るらしい・・・ 夜間は注意ですね~

DSC_8164_20180303230111a38.jpg





遊水地は巨大な湿地帯ですので、けっこうな数の、湿地植物があるはずです。

しかし、まだ寒いので、湿地植物は少ないんですが・・・ まあ、例外はあるのですよ。

寒さに強いやつとか・・・

DSC_8144.jpg







ドールおじさん移動中・・・・

DSC_8125.jpg







道ばたを歩いていたら、白い、小さな花が・・・

どうやら、タネツケバナの仲間のようです。

DSC_8148.jpg




まだ小さいですね~

DSC_8149.jpg






ミチタネツケバナ  花言葉  『勝利』  『不屈の心』  『情熱』 『燃える思い』 『父の失策』
DSC_8159.jpg
ミチタネツケバナ(道種漬花、Cardamine hirsuta)は、
アブラナ科タネツケバナ属の越年草または一年草。
田畑などでよく見かけるが、まだ、花が少ない
早春から咲き始めるので、貴重。
通常のタネツケバナは、湿った土地に群生し、
ミチタネツケバナは、乾いた土地に多くみられる。
本種は、外来種が定着したもの。 
よく春の七草のナズナと間違えられるが、どちらも食用になるので問題ない。
外来種である、ミチタネツケバナのほうは食えるか不明。
農家が、稲の種もみを、水につける時期に咲くので、タネツケバナという名前。
頼もしい花言葉が多いが、なぜか 『父の失策』 という不吉な言葉があるので、
最近、父親になった人や、実父に送るのは止めておこう。








とある湿地帯・・・ 場所は伏せておきます。


この小さい草が、希少植物です。 

かなり珍しい植物です・・

DSC_8127.jpg



小さいので、踏まないように、注意して歩く・・・ 緊張しますね~

よく見ると、小さい花をつけています・・・ 

遊水地なので、夏には水量が増えて、水没してしまうのです。

なので、ここで花を見れるのは、今から初夏ごろでしょうか?



幸いにも、花が咲いていました。 

直径2mmほどの、極小の花です。


DSC_8136.jpg



まだ、蕾をつけている個体も多いです。

DSC_8135.jpg




特徴的なのは、葉っぱ。
先端がやや膨らんでますね・・・ 
まるで、コーヒー混ぜる時に使うマドラーみたいな形です

DSC_8132.jpg




とにかく、小さい・・・ マジで、マクロレンズが欲しいです^^;


DSC_8132かい




DSC_8134.jpg








キタミソウ   花言葉  『山椒は小粒で』
DSC_8131.jpg
キタミソウ(北見草):ゴマノハグサ科 キタミソウ属
希少植物 レッドリスト:絶滅危惧Ⅱ類
日本では、北海道の、北見市で最初に発見されたのでキタミソウという。
現在では、北海道のキタミソウは、ほとんど見られないが、
なぜか、関東や、九州の泥地で確認されている。
渡良瀬遊水地にも、わずかに点在している。 
広大な遊水地で、これを見つけるのは、骨が折れるだろう。
昭和25年に植物学者「大井次三郎」氏によって発見。
その後一時絶滅したものと思われていたが、
昭和53年に再びその存在が確認された。
非常に小さい花をつけており、直径は2ミリほどしかない。
幻の花と言われ、見れた人は運が良い。
花言葉 『山椒は小粒で』 とは、諺にある、
『山椒(サンショウ)は小粒でもぴりりと辛い』 からきており、
からだは小さくても、気性や才能が鋭くすぐれていて、
侮れないことのたとえ。 山野草の一寸法師である。






さて、日が暮れたので、帰りますか~

暖かくなったとはいえ、まだまだ朝夕は寒いですね~
帰りに温泉でもよってくかな?


それでは、ここら辺で~ ^^ノ

DSC_8145.jpg








渡良瀬遊水地からそう遠くない場所にある 『別府沼公園』




ゆうた君と春のお出かけしてきました


kadoさんこんばんわ

ほんとうに季節の変化って早いですね
霊夢さんお腹冷えないかなw

そういえばヨシの根元、幼少期に履いていた靴を破って足に突き刺さった覚えがあります。
傷を負ってもでも、野原で遊ぶのは楽しかったかと(笑い)。

バードウォッチングもあんなにカメラ集まって群れてたら、なんか自分的には違う様な感じがしますね。
一人孤独に自然に溶け込んで意識が謙虚に交感してる瞬間にチャンスが出来るのに。
私だと鴨がタイミングよく移動して構図に入った後、ありがとうって意識で虚無感有って見つめたりしますけど。

自然の中でドール撮影って、意外と簡単にはいきませんね。風対策とか、損傷しないように汚さないようにとか。
ドールに似合う、引き立つ風景がないと。自然の風景や、生物や無機物などをアップで撮影するのとは他の、何かがいる
自分でやってみて初めて知りました。
[ 2018/03/04 23:38 ] [ 編集 ]

春ですよ~

「春」を感じさせる素敵な記事ですね!

つくし・ふき、そして菜の花と見ているだけで「春がこんなにも近づいていたのだ!」とすてきに感じさせてくれていたと思います。

今週の半ば~終わりころはまた冬に逆戻りという予報が出ていますけど、こうやって三寒四温を繰り返していたら
いつのまにか桜の開花宣言が出そうでもありますね。

今回の霊夢さんはさすがに首にマフラーを巻いていませんでしたけど、マフラー霊夢はまたまた来年までのお楽しみということに
なりそうですね。
[ 2018/03/05 11:04 ] [ 編集 ]

Re: ゆうた君と春のお出かけしてきました

改名さん、こんばんは^^ ウサ耳ゆうた君、可愛いですね~

地面から突き出たヨシは本当に危険ですね~
ためしにスニーカーでぐりぐりやったら簡単に穴が開きました^^;
けっこう硬いんですよね・・・
今回は、あえて菜の花が少ない時期に行きました・・・
満開だと、足の踏み場も無くなるので^^;

鳥カメラマンも、何か異様な雰囲気でしたね~
あれだけ密集してるのに、一言の会話もない・・・ピリピリしてる(笑)
みんなライバル同士という認識なんでしょうか?

僕も、ドール撮影してずいぶん経ちますが、ほんと難しいですね~
普通の撮影のノウハウが通用しないので、自分でいろいろ試していくしかなですね^^
とにかく、安全第一ですね^^
[ 2018/03/05 19:23 ] [ 編集 ]

Re: 春ですよ~

ぬくぬく先生、こんばんは^^

後一回くらいは、寒の戻りで寒くなりそうですね^^
その後は、暖かくなるかもしれませんね~

そろそろ、霊夢さんのマフラーは封印ですね(笑)
マフラー可愛いんですが^^
[ 2018/03/05 19:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1158-dad78526