【新年】ウサギ年なので「ラビットイヤー」を栽培してみる【スイレン】

明けましておめでとうございます^^
今年の干支がウサギという事もあって水槽で熱帯スイレンを育ててみよう!

今回の植物は「ラビットイヤー ロータス」 スイレンの変わり種です。

ud454778465.jpg

「ラビットイヤー ロータス」

スイレン科 夜咲き系

通常の熱帯スイレンと違い、浮き葉を作らないので、水草に近い形態をしています。
開花が遅く、深夜に咲いて、すぐ散ってしまうので園芸種としては殆ど取り扱っていない希少種
欲しい人は熱帯魚や水草の専門店で探してみよう!

花は純白で非常に美しい。
なかなか開花せず、深夜1時~2時頃咲くので見逃しやすいです。

まさに 水中の月下美人と言わざるを得ない!!!

んで、これが届いた現物! もうちょっと大きい株が欲しかったんだが、気長に育てよう・・・
ud654654.jpg
ウサ耳の様な切れ込みが入った葉っぱ・・これが名前の由来とか?
ud365468ud.jpg

丁度、大晦日に届くとは・・・早めに水槽スタンバイしてて良かった・・
大きい方の水槽は、通常の熱帯スイレン「昼咲き」と「夜咲き」を入れて比較をとる予定。
冬に咲かせるのが熱帯スイレンの醍醐味なのぜ? 温帯スイレンは素人にはムリ・・
ud646851654.jpg
ud5468+9464.jpg



用意するもの・・・

・スイレン(熱帯、夜咲きが良いらしい)
・60cm水槽(小型~中型種)
・90cm水槽(2株以上入れる場合)
・サーモ付き水中ヒーター(20~27℃に設定)
・温度計
・鉢(5~6号)
・エアレーション、ポンプ(生き物を飼う場合必要)
・ろ過フィルター(必要に応じて)
・田んぼの土
・個形肥料
            など・・・



今回は一日中日が当たる廊下に水槽を設置!屋内式ビオトーブでいきたいです・・
暗い室内だと、太陽光に近い特殊なライトを長時間照射する装置が必要になります

太陽が当たる利点として、ろ過バクテリアの繁殖など、自然のリサイクルに上手く
のってくれれば、屋外の水連鉢のように水質維持にかなりの手間が省けます。
ちなみに我が家では地下水を使用しているので、カルキ抜きの手間が無い・・

ちょっと濁ってるのは田んぼの土を投入したため・・
少しずつ水換えすると綺麗になります・・水質が悪いわけではないのよ?
ud85498798.jpg
ud2564647.jpg
一年間屋外で生き延びた英雄(タニシとメダカ)を投入!ついでにエビもw
メダカは害虫退治に! 絶対必要ってわけじゃ無いんですが・・・

メダカは太陽光に当たる事を好むので、日向向きの鑑賞魚といえます。

さっきまで外飼いだったタニシ・・バクテリアの媒介者としても活躍か?頼んだぞ!




そんなこんなで、今年もまったりといきたいと思います。
新年明けましておめでとう御座います(≧o≦)ノ
ud116465498.jpg


スポンサーサイト
[ 2011/01/01 01:23 ] 未分類・ニュース等 | TB(0) | CM(2)

遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたしますー。

タコルカとズゴックの組み合わせがかわいいですねw
[ 2011/01/03 00:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あけましておめでとうございます^^
こちらこそよろしくお願いします。
良い年になるといいですね!

[ 2011/01/03 10:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/104-49478fd0