【旬もの】 秋の食用キノコを探せ!

はい、奥日光は、紅葉真っ盛りですね~
あまりの渋滞に、まったく行く気がおきません(笑)

DSC_4507_201710151612052cb.jpg

さて、秋は、もっともキノコ中毒が多くなる季節ですね~
それだけ、秋は、キノコ狩りの季節というイメージが強いのですかね?
今回は、食えるキノコを探します・・・そして食います!
ルールとしては、食えそうなキノコを1種類持って帰る、とします。

ところで・・・なるべく、放射能の低い地域ので良いいですよね?
3万ベクレルのキノコとか、僕のデリケートなお腹は受け付けないので^^;

続きを見る・・・ ↓ ↓




はい、今頃になって、ようやく届いた、ふしげん霊夢さんの ラバーマット!

DSC_4609.jpg

あ~ダメダメ、えっちすぎます! こんなの興奮して作業になりません><
・・・ところで、季節的に、水着ってどうよ? もう晩秋近いというのに。


今年は、全然、海に行ってないな~ メタボ体形だし(´・ω・`)

ところで、体鍛えて、マッチョ体形にすればモテるって・・・・あれウソだからね?
面白い動画見つけたんで、参考にどうです?


ビーチだよ 男性編



女性編(肉食系ギャル)







さて、とにかく、森で見つけた、食えそうなキノコを食うというのが、今回のルールです。
県北の放射能高そうな地域は、観察のみにとどめます。 ちょうど山沿いが汚染区域となります。 
栃県木は、県南は、ほぼ汚染が皆無なのでそちらで探します。
もちろん、自己責任で。

このブログ記事は、他者に、野生のキノコを食すことを勧める事を目的としていません。
間違えば、命に関わるので、お店で売ってるキノコをお勧めします。





今週から、秋雨になりますね~

DSC_4446.jpg


亜高山では、紅葉が見ごろですが、雨ではね~
しかし、キノコは出ているはず・・・ ちょっと見てきましょう。

※画像クリックで拡大
DSC_4437_20171015160952b87.jpg





玄関に出ると、今年の春に植えた、スミレが咲いていました。

秋のスミレですね~
ナンザンスミレは、春は咲かなかったくせに、秋に咲きました^^;

DSC_4405.jpg





こちらは、春に、道ばたで拾った種が育ったもの・・・

なんと、斑入りゲンジスミレでした(笑)

DSC_4406.jpg

おそらく、園芸種の種が、こぼれて、野生化したものですね~







林内は、雨で潤ってました・・・
ここは、日光の公園なので、食えるキノコでもスルー対象にします。

DSC_4578.jpg




栽培用の廃材から、シイタケが出ていますね~
一応、食べれますが、スルーです。

DSC_4596.jpg






やはり、林内では、シメジの仲間が多かったです・・・
しかし、ここは、犬の散歩コース! スルーします。

DSC_4598_20171015161426250.jpg





いきなり出ました! クリタケ(幼菌)です。
日光方面では、すでに発生しているようです・・・今年は早いな~

DSC_4600_20171015161425800.jpg




日本では、なじみの深いキノコですね~
ここではスルー対象ですが・・・
どの道、後で、自宅栽培のクリタケが見れるのでいいか・・

DSC_4602.jpg





・・・これは・・・・クリタケ? いや、ニガクリタケの可能性もありますが。
かじればわかるんですが・・・苦いので(笑)
おそらく、クリタケモドキの可能性が高いです。 今回は不明菌とします・・・

DSC_4559_20171015161346419.jpg





スミゾメシメジが、文字通り、真っ黒になってますね~
そろそろ、シメジも減ってきましたね~

DSC_4576.jpg






カキシメジですね~
食中毒キノコ御三家の一つ。

よく、チャナメツムタケと間違えやすいとかいわれますが・・・似てないです。

DSC_4582.jpg






猛毒のニガクリタケ・・・・ どこにでもあります。

DSC_4591_20171015161340ac9.jpg







さて、いつまでも日光市にいても、放射能高そうなキノコしか無いので、
県南の安全な地域に向かいます。

・・・・少女移動中。

DSC_4606.jpg






別の公園に来ました^^

雨のため、公園は誰もいない・・・・・

DSC_4462.jpg





まだ、テングタケの仲間がでています。

テングタケ科は猛毒が多いので、今回はスルーします。

DSC_4448.jpg






猛毒のフクロツルタケ(広義)
死にたくないのでスルーします^^;

DSC_4554.jpg





これも毒・・・・
イボテングタケの仲間は、イボテン酸という、うま味成分がある毒があるので、
食ったら美味いかも? 毒だけど・・・

DSC_4458.jpg







アブラシメジの仲間が多く出ていました。

DSC_4455.jpg







これも、アブラシメジ・・・・では無いですね~

これ、ウラムラサキシメジですね・・・ 裏返すと・・・

DSC_4452.jpg


このように、鮮やかな紫色になってます。
過去に、中毒事例があったとの事で、スルーです。

DSC_4454.jpg





またも、中毒キノコ御三家がきました・・・

クサウラベニタケですね~ もっとも中毒例が多いキノコ。

DSC_4464_201710151610346f0.jpg

ヒダはうっすら肉色です・・・ 小麦粉のような臭いがします。
中身は、空洞でスカスカ・・・

DSC_4466.jpg




実は、個体差はあるんですが、ヒダを拡大すると、ギザギザして、ノコギリみたいになってます。

DSC_4464かい





イヌセンボンタケが出ていました・・・ これは食えないですね(笑)

DSC_4482_201710151611195f1.jpg






ノボリリュウタケですね~ 加熱すれば、解毒できるキノコ。
ヨーロッパでは小麦粉でまぶし、ニンニクとハーブを加えて
バターで炒めた後、白ワインをかけて煮込み、
前菜として食べる
・・・・とあります。

とりあえず、キープ。
他に、何も見つからなかったら、これにします^^;

DSC_4476.jpg






白い、カヤタケ型のキノコ・・・ 食えるかな?
ちょっと、不明ですね~

猛毒の、シロヒメカヤタケとよく似ています。
症状は、非常に強力な胃腸系・神経系の中毒を起こす。

毒成分は、悪名高いムスカリン
その他の毒成分も分析でわかってきている・・・・ スルーですね^^;

DSC_4473_20171015161122b06.jpg






なぜか、季節外れのテングタケ科が多い・・・・
そんなアピールされたって、食いませんよ~

DSC_4556.jpg








キシメジ科のキノコですね~

広葉樹に生えているので、キシメジと思われますが・・・
これにそっくりな、シモコシというキノコがありますが、そちらは針葉樹にでる。
裏返すか、かじって味をみればわかりますが・・・やや苦いので。
海外では、似たようなキノコで、死亡事故があったそうです・・・
念のためスルー

キシメジ/シモコシ
DSC_4584.jpg








なぜか、毒キノコばかりに遭遇します・・・・何故だ!
食菌を探しに来ただけなのに。



とりあえず、最後に、廃材置き場を見てから帰ろう。







何という事でしょう。

DSC_4485.jpg




ここだけ、秋のキノコが集中してるんですが・・・
いや~ 食菌ばかりですね~
キクラゲ、エノキタケ・・・そして、ヌメリスギタケまで!



DSC_4492.jpg




ヌメリスギタケという名前ですが、ナメコの仲間です。
見てください、このヌメリを!

ローションたらしたみたいですね~ いやらしい・・・・

DSC_4528_201710151612022b3.jpg




こちらは、幼菌ですね~ 見た目に反して、柔らかいです^^

DSC_4488.jpg







冬のキノコの代名詞 エノキタケ・・・ もう出ているとは。
これも、美味しいキノコですね~

DSC_4530.jpg




アラキクラゲ・・・ 先日、スパーで買いだめしたので、採取は控えます(笑)

DSC_4460.jpg






成菌は綺麗な黄褐色をしています。
まず間違える事は無いですが、よく確認してから採取します^^


魔理沙くん! 今日の夕食やで!?

DSC_4513.jpg




DSC_4507_201710151612052cb.jpg





成菌を採っていたら、下から、新たな幼菌が・・・
明日から雨だし、まだまだ出てきそうですね~

DSC_4545.jpg






大量(笑)

DSC_4548.jpg







ヌメリスギタケ(滑杉茸)
DSC_4544.jpg
春、もしくは秋に、広葉樹の朽木に発生。
ナメコの近縁種で、全体がヌメっている。
とんでもなく美味しい食菌で、汁物などに合う。
近年では、その食感と栄養価から、
人工栽培が試みられているが、
まだまだ値段は高く、今後が期待される。
湿時は、恐ろしいほどのヌメりを出し、
まるでローションの原液を垂らしたようになる。
似たものに、モドキが存在するが、そちらも美味。









・・・・・・というワケで、今日の味噌汁にしました^^
残りは、市販のブナシメジと湯通しして、冷水で洗ってから、
酢物にして、保管してます^^

食ってから、24時間経ちますが、
今の所、毒キノコのような症状は出ておりません。

食感ですが、まさに巨大ナメコといった感じです^^
歯ごたえが凄いんです・・・ ツルツルでプリッとしてるのに、
噛むと、新鮮な野菜をかんだ時みたいに、シャキ! シャキ! 
やはり、野生のキノコは美味しいんですね~

まあ、キノコ狩りは、自己責任でお願いしますよ?
毒キノコの恐ろしさは知ってますよね?

それでは、ここら辺で~^^


DSC_4586.jpg





スポンサーサイト

雨でキノコもたくさん!

関東の最近のこの長雨は困ったものですね・・

しかも朝晩だけでなくて昼も思いっきり寒いしで結構答えています・・

だけどこうした長雨は山のキノコの皆様にとっては恵みの雨なのかもしれないですね。
こんなにたくさん生えているなんて壮観ですし、今がキノコの旬なのでしょうね。

だけどそれよりも冒頭のラバーマットの霊夢にノックアウトされてしまいました!
水着も素晴らしいけど、とにかくめちゃくちゃかわいい霊夢ですね!!
[ 2017/10/17 09:44 ] [ 編集 ]

Re: 雨でキノコもたくさん!

ぬくぬく先生こんばんは^^

なんか、ずーと雨降ってますね~
キノコは元気ですが、山の紅葉は諦めました(笑)
低地での紅葉はこれからですね~
近所の公園も色づいてきた感じです^^

ふしげん霊夢のラバーマットみたいな水着出ないかなぁ・・・
[ 2017/10/17 20:43 ] [ 編集 ]

今年はアカヤマドリを・・と採取したけど 茎細く硬いとか虫食いばかりで 止めました


kadoさんこんばんわ

旨味成分のある毒に
ムスカリン「ひとが五味のようだあー」に
ウラムラサキシメジが裏返しにされて
江頭の芸みたいに見えたり

難関突破して
食菌たちの収穫祭に出会えて
面白いですね
野生キノコの試食・・勇気・・あるなぁ

[ 2017/10/17 22:28 ] [ 編集 ]

Re: 今年はアカヤマドリを・・と採取したけど 茎細く硬いとか虫食いばかりで 止めました

改名さん、こんばんは^^

アカヤマドリは虫食いが多いですからね~
なかなか良い常態のが見つからなかったりいますーー;

今回は、無難なキノコにしてみました
来年はモリーユ(アミガサタケ)の試食に挑戦するかも(笑)
[ 2017/10/18 19:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kado777.blog84.fc2.com/tb.php/1035-681e5d6f